FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

膣奧を亀頭で突かれたときの女の感触

 女性の膣内にあるいくつかの快感エリアの中でも、膣奥を突かれた時の快感はどうやら別格らしいというのは、経験を積んだ男なら知っていることだ。膣奥を突かれると、子宮口を直撃されるわけで、膣口や膣天井とはまた違った奥深い快感なんだろうな、というのは想像がつく。男の快感に喩えて言うと、亀頭への刺激よりも前立腺への刺激に似ているのかな。体の表面ではなく、体の奥深くから湧き出る快感といっていいかも知れない。

 まだ膣奥を刺激されることに慣れていない女性の中には、快感よりも痛みを感じることもあるようだ。もし痛みを感じるとしたら、大きすぎる (この場合は長すぎる) ペニスでガンガンと突かれる時かな。なので適度の長さのペニスで突かれるか、膣に対して長すぎるペニスでも優しく突かれると、快感を感じるようになるものだ。それと女性の生理の周期(排卵日の方が膣内も柔らかくなり痛みを感じにくい)や、興奮状態にもよるかな。
 逆に、短すぎるペニスだと、奥まで届かないので痛みどころか快感を感じることもない。長くても、勃起しても柔らかめのペニスだと、亀頭も柔らかめとなるので、奥まで突かれても女性が強烈な快感を感じることはない。

 この長さのバランスの理想は絶妙で、ほんの少し足りなくても物足りないし、長すぎると痛みになる。目一杯奥までついて「イタキモ」ぐらいがちょうどいいのかな。でもって8分目ぐらいのストロークで突きながら、「もう少し奥まで突い欲しいかな」 という時に、たまに 「グン」 と奥までくる、という感じが女性にはいいみたいだ。あるいは、長いペニスでも、少し柔らかめの勃起だと、奧までガンガン突いてもそれほど痛みがないかな。なので、長いペニスの場合、柔らかめの時は、目一杯奧を突けるチャンスでもある。

 さて、この膣奥の気持ち良さだけど、当然のことながら、突いている男には女性がどのように感じているのかは、よく分からない。実際、女性が痛がっているにも関わらず、がむしゃらに突きまくるのは、女がどう感じているかが分からないからだ。まあ、同じことは女性にもいえて、気持ちいいところを突かれても、その時に男がどのような感じなのかは、分からないものだ。では、女はどう感じ、男はどう感じているのか?

 男のペニスの中でも、粘膜は亀頭部分だけなので、快感センサーは亀頭部分だけとなる。なので、膣内に挿入すペニスが最初に感じる快感は、狭くなった膣口の粘膜の感触だ。これは女性も同じだ。粘膜どうしが擦れ合う感触の相性がいいからね。
 さらに中に入っていくと、亀頭が感じる快感は、膣内の粘膜に擦られる気持ちよさだ。女性も同じ快感を味わう。ここでも、ともに粘膜どうしだからね。しかし、ペニスが膣口から受けていた快感は、棹の部分まで入ると半減どころか殆どなくなっていく。しかし女性の膣口にとっては、棹の部分であっても、大きく広げられた状態だし、ピストンされると、それなりの摩擦があって気持ちいいものだ。

 さらに奥まで突くと、やっと膣奥に突き当たる。この時、ペニスが長くて、亀頭が十分に硬ければ、「これ以上は入らないかな」 という壁のようなものに当った感触がある。しかし、これは硬い壁ではなく、亀頭を包み込むようなしなやかな壁で、押し込むとさらに1~2センチは奧に伸びていく感じだ。

 この時の亀頭がどんな快感を得ているかというと、実はそれほどない。狭い膣口を通過する時のような摩擦もないし、膣天井を擦る際のザラザラした粘膜の感触もない。膣奧で亀頭が包まれているだけで、動きがないぶん、刺激もないのだ。「ペニスは動かないと膣に快感を与えない」 という原理が、男にも当てはまるということを納得する。奧を突いたまま、ピストン運動をせずにグリグリと回転させたり、小刻みに突いても、男の射精感が高まることがないのはこのためだ。

 ところがだ、「ペニスは動かないと膣に快感を与えない」 という原理は、女性の膣奥だけは例外なのだ。膣奥に亀頭を押しつけられるだけで深い快感がある。もちろん、より快感を与えてくれる動きは、押しつけたままグリグリと回転するように動かされるか、小刻みな振動を与えられることだ。
 この時の女の感じは、自分の膣の中でも一番感じる奧の壁に、男の一番敏感な亀頭が押しつけられているという感触で、身震いしてしまうほどの快感のようだ。男の亀頭が感じている快感とはかなりかけ離れている。

 もちろん、大きなストロークをされても、膣奥まで突かれると、また別な快感が得られる。但し、痛みを覚えないという前提だけどね。男も射精に向けて腰を振る時は、どうしても大きなストロークになる。これは男にとっても射精にいたるほど気持ちのいいものだけど、それは女にも言える。ストロークの度に、棹の部分で膣口を擦られるし、亀頭や棹の部分が膣天井を擦っていく。そして奧まで突かれると、一番感じる膣奥の壁と熱い亀頭とが、何度もぶつかりあう感触を味わう。

 そして男が突く度に、女の快感曲線が上昇し、やがてオーガズムに至る。男の方も、膣口を通過する棹への刺激と、亀頭が味わう膣内の粘膜の摩擦でもって、ついに射精に至る。ここでも男の射精を促す直接的な刺激は膣奥の壁ではない。しかし、女性にとっては、膣口や膣天井への刺激に加えて、膣奥の壁と亀頭とのぶつかり合いがより深いオーガズムにとって決定的な刺激となる。

 それ故、この時の女の快感は、ペニスにスキンが被せられていても、そほれほどレベルが下がることはない。男にとっては、受ける刺激が微妙に違うので、生の方が断然、気持ちいいんだけどね。
 つまり、オーガズムに至る刺激に関して言うと、最後まで、男と女には微妙なズレがあるのだ。まあ、そうした微妙なズレがあるからこそ、男と女は何度も求め合うんだろうけどね。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | 膣の構造と快感スポット | CM(0)
膣の入り口派

 女性の膣内には、膣の入口、膣天井、子宮口の上奧の3個所の快感スポットがある。なので、中イキするためには、この3個所のどこかを刺激すれば可能となることになる。細くて繊細な指を入れて、ピンポイントで快感スポットを刺激してみると、女性がどの部分の刺激でイクのかが分かる。

 意外なのは、全ての女性がこの3個所の快感ポイントが感じるかというと、個人差があることだ。膣口の狭い女性は、指を入れただけでも痛がる。また、膣が浅い女性は、膣天井や膣奥への刺激をしても、快感どころか痛がるだけだ。膣口と膣天井は快感だけど、奧は痛い、という女性もいる。もちろん、3個所全てか快感スポットとなっている、という恵まれた女性もいる。

 中イキのポイントとしていちばん多いのは、やはり膣天井かな。続いて膣口かな。膣奥は、快感のレベルからいうと強烈なのだけど、どちらかと言うと痛がる女性も多い。
 まあ、指ならともなく、実際のセックスでは、ペニスが与える刺激って、複合的なものなので、膣口と膣天井、あるいは膣天井と膣奥の複合快感でオーガズムに至るケースが多いと思う。

 しかしながら、ペニスの挿入による中イキでも、膣口だけの刺激でオーガズムに至る、100%の 「膣の入り口派」 がいることが分かった。数は多くはないと思うけど、そうい女性も中にはいるものだ。
 その女性は、なんと挿入前、クンニで膣口に舌先を差し込んだだけで、イッテしまったのだ。「え、うそ!」 と思い、また差し込むとまたイッテしまった。3回も繰り返してイッテしまった。クンニをしていて、クリでイクという女性は多いけど、膣口への刺激だけでイッタ女性をみたのは、初めてかもしれない。確認のために、後で指の第一関節だけを膣口にいれて出し入れしてみたけど、やはりその刺激でもイッテしまった。

 こうなるともう、完全な膣口派だ。聞くと、ディルドで練習しているうち、膣口の快感に目覚めたというか、開発されてしまったという。舌先を入れたぐらいでイクのなら、ペニスを挿入したら、大変なことになるかも、と期待しながら入れたら、予想通りというか、予想以上の凄い反応がかえってくる。

 奥まで入れると痛がったので、入口付近を高速ピストンで擦りまくった。するとものの数分で下半身を痙攣させながら、最初のオーガズムに。その時、なんと膣がぺたんこにへこみその圧力でカチカチのペニスが押し出されてしまった。少しの休憩を挟んでまた入れ直して擦ると、すぐさま次のオーガズムへと面白いようにイク。最初の4~5回、どうしても浅めに入れているペニスが押し出されてしまうので、イク瞬間だけは、少し深めに入れて、中に留まるようにした。
 
 こうなると、連続で何回イカせられるのか、新記録に挑戦とばかり、20分ぐらいのなんと14回もイッテしまった。最後の方になると、「もう無理無理、いくら擦っても、もうイケない」とか訴えていたけど、容赦なく擦り続けた。最後の方になると、愛液も枯渇してきたのか、少し痛がってもきたので、さすがに抜いてあげることにした。

 その後、休憩をはさんで、再び挿入、入口付近への高速ピストンを繰りかえして4回、イカせたあと、最後は同時オーガズムで射精となった。クンニの時のオーガズムも入れると、なんと合計で21回もイッタことになる。ペニスを挿入してももうイキまくりという感じだ。

 後で、オーガズムの感じを聞いてみたら、膣口からじわ~と快感の波が登り詰め、そこから下半身、そして全身へと快感が広がっていくのだという。膣口だけの刺激とはいえ、イッテいる間は、子宮も降りてくるのか、膣の中がへこんでいるからこそ、ペニスも押し出された訳で、これはもう立派な中イキだ。膣の変化としては、潮を噴いている時の感じに近いかもしれない。

 いやはや、いろいろな女性とセックスして、中イキを味あわせてあげてきたけど、膣口だけの刺激で20回以上も連続でイク女性というのは、生まれて始めてだった。試しにと、奧を突くと、膣天井と膣奧とも痛がった。となると、完全なる膣口派は、膣の浅い女性に多いのかも知れない。もっとも、彼女の場合は、ディルドでさんざん、膣口の快感を 「自己開発」 した結果かもしれないけどね。




    posted at 00:00 | 膣の構造と快感スポット | CM(0)
ペニスが感じる膣の構造(1)上下の壁
 
 童貞のころは、オマンコの穴、つまり膣って、ぽかんと四六時中、穴が開いているものだとばかり思っていた。今でも童貞の男はきっとそう思っているに違いない。なにしろ、女性の性器を図解した本にも、穴ららしきものが描かれているからだ。
 だから、初めてのセックスで、いざ入れようとしても、 「穴がない!」 とあせる男が出てくるわけだ。 「どこに入れるんだ?!」 とね。

 しかし経験をつんでくると、膣は、常に空洞になっている通路ではなく、普段は上下にペタンと押しつぶされているということを知る。使ってない寝袋のようなもので、その中に潜り込むと、上下に押し広げられるようになっている。
 オマンコの写真を何枚か撮っていくと、この膣口にもいろいろなパターンがあることがわかる。多くは、指で大陰唇を広げると、処女膜の残りの向こう側に、膣の穴の入口が小さく見える。中には、指で広げなくても、ぽっかりと膣口があいているものもある。これはいかにも緩そうな感じを与える。

 中には、開けられた膣口の奥に、この上下からぺったんこに押しつぶされている状態の内壁をはっきりと確認できるものもある。これを見たときは、 「やっぱり、こうなっていたんだ!」 と、ちょっと感動というか、長年の謎が解けたという感じがした。膣口しかみ見えない女性も、大きく開いている女性も、同じように、奥は上下でぺったんこになっている。

 この上下から押されている、という構造が、どうやら挿入の時に、ポイントとなるみたい。正常位でも、バックでも、ペニスを挿入すると、亀頭がぺったんこになった膣内を、上下に切り開くように侵入していくのだ。特に亀頭の下側には快感神経が集中しているが、挿入すると気持ちよく感じるのは、膣の下側が擦られるからだ。この感覚は、膣口がきつい、というのとは、また別な感覚だ。膣の入口が緩くても、膣壁の下側が擦られる気持ちよさは凄い、というケースだってある。

 だから、亀頭はその左右でなく、上下の部分の皮膚感覚で快感を感じ取っているのだ。もっとも、ペニスが一定以上の太さになると、上下の 「伸び」 だけでは収まらず、左右も加わり、円となって広げられることにはなるだろう。しかし 「円」 を感じるのは膣口だけで、男にはあくまで上下の感覚しかない。
 ペニスを膣の中でこねくり回すと、左右にも十分に広がる。しかし角度をつけてスラストした場合、やはり上下の方向の方が、広がる 「伸びしろ」 がより大きいように感じられる。ペニスの感覚としては、左右方向が最大60度ぐらいまで広がるとすると、上下方向は最大90度ぐらい広がる感じだ。例えていうなら、メガホンの細い口からペニスを入れて、広がっている奥の方でペニスが自在に動き回る、という感じだ。

 ペニスとしては、やはり構造的に左右よりは、上下の方が感じる。だからこねくり回しても、左右に当たった時はそれほど感じない。
 ところが、膣はというと、どうも、上下だけでなく、左右も感じるみたいだ。いや、普段は当たらない部分だけに、時には、左右の方がより新鮮な快感があるみたいだ。この膣の左右を擦る体位が、女性が横向に寝た体位だ。正常位からバックに移るときなどによくやるが、女性の片脚を高く真上にあげて、体を横向にし、挿入する。この時には、男のペニスの上下の部分が、(正常位の時の)膣の左右に当たるのだ。これがいいみたい。
 しかしこの時も、ペニスが感じている快感はあくまで、亀頭部分の上下の刺激だ。多少は左右がより擦られている感覚がしないでもないが、意識しなければ、正常位のときの膣の感覚とそれほど大きな差はない。だから、側位からじきにバックにしてしまう。

 側位の状態で女性をイカせたことは、考えて見れば一度もないし、射精したこともない。今度、試してみる価値がありそうだ。この膣の左右をどう刺激するか、これはかなり上級者のテクニックかもしれない。 「松葉崩し」 という体位がまさに、膣の左右を擦りつけるものだ。男からみても不自然な体位ではあるが、上下の刺激とはまた違った快感が女性にはあるのだろう。

 


    posted at 12:00 | 膣の構造と快感スポット | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: