FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

超性感帯としての大陰唇

 女性の性感帯は基本的に同じところにあるが、その感度の違いには個人差がある。例えば、乳首はどの女性にとっても高感度な性感帯だけど、乳首への愛撫だけでオーガズムに達することができる女性がいるように、その感度には個人差がある。
 股間まわりの性感帯も同様だ。クリトリスは乳首同様、女性にとって例外なく高感度な性感帯だけど、クリトリスよりも尿道口が感じるという女性もいるし、膣中の方がいい、という女性もいる。お尻の穴も高感度な性感帯だけど、中には心理的な抵抗からか、素直に快感に浸れない女性もいる。

 概して、大陰唇はクリトリスや膣口に比べると、それほどの感度がある場所とは思われていない。ところが、女性によっては、この大陰唇が高感度な性感帯へと豹変することがある。
 発生学的には、女性の大陰唇は陰嚢 (男性の睾丸を被う袋の部分) にあたるという。男性なら経験があるとおもうが、この袋の部分を濡れた舌先でチョロチョロと舐められると、「キーン」 となるような不思議な快感に襲われる。亀頭への刺激が直接的であるのに対し、間接的な刺激なのだけど、なんともいえない心地よさがある。実際、舐められていると、中の金玉が動いていくのが分る。同様の感覚を、女性も大陰唇を舐められると味わっている、と思えばいい。

 このことを確認したければ、パイパン状態の大陰唇(現物を見れなければ画像でもいい)をよく観察してみてみるといい。天然パイパンではなく、剛毛な女性が陰毛を剃った後の大陰唇を見ると、男の縮んだ時の陰嚢の表面そっくりだ。シワシワになっていて、その小さな山のところに毛根がある。毛に被われた大陰唇だと気がつかないけど、脱毛した大陰唇を見ると、このことがよく分る。

 但し、大陰唇が高感度の性感帯となるのは、個人差のほか、女性の体調や情況、興奮度などによっても変化する。情況としては、パンティーを脱がして、クンニを始めようとする瞬間がいいかな。野外で、パンティーを脱がさず、脇にずらした状態でもいい。要は、相手の予想を裏切るかたちがいい。四つん這いバックだと、大陰唇が寄せ集められてしまうので、大陰唇が目一杯広げられるように、M字開脚の大開がベストな姿勢かな。

 もちろん、舐め方にもよる。コツは、濡らした舌先で、触れるか触れない程度に 「チョロチョロ」 と広い大陰唇を這い回る感じだ。舌をべっとりとつけて、強く圧迫しては、むず痒いような快感にはならない。
 もし「べろ~ん」と舐める場合、毛並みにそって舐めるのも重要なポイントだ。特にパイパン女性だと、舐めやすいこともあって、ついつい下側から (つまりお尻の穴側から) 舐めあげてしまいがちだ。しかし、これだと毛並みにさからう方向となりやすく、される女性は気持はいいけど、心地良さを感じない。濡らした舌先で、触れるか触れない程度に 「チョロチョロ」 と広い大陰唇を這い回る愛撫がベストなのは、このためだ (大陰唇の毛並みは外側に向って不規則に展開している)。


 こうした刺激で、女性が大きな声をあげたり、身をよじったりしたら、大陰唇が高感度の性感帯となっていると考えていい。もっとも、女性が感じているのは、クリへの刺激のような気持よさではなく、くすぐったいようなむず痒さだ。例えるなら、足の指を舐められている時に感じる、ムズムズした快感かな。

 女性の大陰唇が高感度な性感帯となったら、これを徹底的に責めない手はない。それに長時間の大陰唇への愛撫は、小陰唇やクリトリスに至るまでの 「焦らし」 の意味もある。その効果のほどは、膣の濡れ具合でも分るはずだ。なお、大陰唇が濃いめのヘアーで被われている女性は、ヘアーが邪魔するのか、刺激も鈍くなるようだけど、剃るなり、脱毛している女性の場合、舌先の刺激がダイレクトに大陰唇のシワシワに伝わるので、高感度の性感帯となりやすいようだ。

 ところで、男の陰嚢の場合、季節、あるいは外の気温に応じて、伸びたり縮んだりする。これは中に納めている睾丸の精子製造能力を維持するため、熱くなると、伸びて中の睾丸を冷やすためだ。いわば、ラジエターのような役割を果たしている。女性の大陰唇も、陰嚢のように伸びたり縮んだりするのかな。まあ、中に温度調整が必要な睾丸に相当するものがないので、男のようには伸び縮みしないのかな。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | 女性器の大研究 | CM(0)
おまんこの毛が剛毛で毛深い女

 最近は、デリケート・ゾーンの手入れや、永久脱毛をしている女性が多い。しかし、たまにそういうケアーを殆どしていない女性がいる。おまんこの毛が剛毛で、毛深い女だ。こういう女性は、脱がす前から、パンティーからのはみ毛がすごい。
 本人もそのことは自覚していて、「私、おまんこの毛が濃いんだよね」 なんて言い訳している。「大丈夫、そういうのも好きだから」 なんて答えるけど、いざ、目の前にしてみると、凄い迫力だ。

 股間全体が真っ黒で、小陰唇まわりやお尻の穴のまわりも濃い陰毛で被われている。毛深いだけ、気のせいか、匂いもきつい気がする。
 そして、いざクンニしようとすると、これがゴワゴワの陰毛にじゃまされて、クンニしずらい。というか、はっきりいって陰毛で被われている大陰唇まわりは、手が着けられない。仕方なく、小陰唇や割れ目の粘膜、そしてクリトリスを責めるしかない。つまり、あまりに剛毛だと、クンニする部位が限定されてしまう、ということが改めて分かった。

 顔面騎乗クンニなんかしていて、股間をグリグリと顔に押しつけられると、抜けた陰毛が唇や顔にまとわりつく。もっとも自分ではわからない。女性の方から 「やだ、抜けたおまんこの毛が顔にいっぱいついている」 と言いながら、1本1本、丁寧に取り除いてくれて、初めて顔が陰毛だらけになったいたことを知った。

 たまにはこういう剛毛のおまんこも新鮮だけど、純粋にクンニをたっぷりと楽しむには、やはり、薄毛か、パイパンがいいかな、と思ってしまう。とはいえ、視覚的には、剛毛の迫力は捨てがたいものがある。なんか、エロさを通り越して、限りなくグロに近いんだけど、このリアリティーがまた何とも言えない興奮を誘う。

 女性が上になるシックスナインをしていたとき、ふと頭を下げて一休みし、女性の股間を見上げてみると、真っ黒い茂みの真ん中に、1本の赤い粘膜の筋がとおり、愛液でテカテカに光っていた。「うわ~こんなの舐めていたんだ」 とちょっとびっくり。だけど、これって、どこかで見た光景だよな、と思った。そう、これこそ春画の世界で描かれている日本女性のおまんこ、そのものだ。

 こういう女性のおまんこに挿入すると、これまた凄い光景だ。毛を剃っている男は少ないので、毛深い男だと、まさに股間は互いの陰毛で被われ、ペニスや割れ目も、ペニスを抜いた時にしか顔を出さない。深くいれてグリグリすると、互いの陰毛が擦れ合って、じゃやりじゃりする。

 このまま中出ししようものなら、こぼれ出た精液が互いの陰毛をべっとりと濡らしてく。まるでシャンプーの原液を陰毛に振りかけたかのようなベトベト状態となる。まあこれはこれで、迫力があって、いかにも 「性交」 をしたという達成感はあるかな。とても子供には見せられない光景だ。おっと、パイパンでも、性交は子供に見せるものではないけどね。




    posted at 00:00 | 女性器の大研究 | CM(0)
膣の穴が分からない女

 とある女性と女のオナニーの話題になった時のことだ。20歳になり、もうセックスの経験もあるけど、イッタことはまだないという。そこで、指マンではあるけど、生まれて初めての中イキを体験させてあげた後の会話だ。

 セックスにも興味津々で、オナニーもよくするし、最近は電マも買ったという。で、どんなオナニーをするのかと聞くと、やはり指でクリトリスをいじるか、電マを当てるやり方が多いという。セックスも経験したことだし、クリトリスよりも、中の刺激に目覚め、指入れをするようになったかと思っていただけに、これは意外な答えだった。まあ、生まれて初めての中イキの快感を知ったので、これからは変化していくいかもしれなけど。

 で、その理由を聞いたら、指を入れようとしても、穴の位置がよく分からない、という。これには正直、驚いたね。自分の体なのに。でも、よく考えたら、確かにその通りかも知れない。
 男と女の性器の違いは、体の外側に露出している男と違って、女の場合は、体内にあり、しかも位置からして、鏡でも使わない限り、よく見えない。

 股間の割れ目に指を持っていっても、ザラザラした陰毛があり、その内側には小陰唇によって閉じられた粘膜がある。割れ目の上の方には、クリトリスがあるけど、これも普段はフードを被っていて、直接見ることはできない。クリの下側は粘膜の溝が広がり、上の方に穴らしきものがあるけど、それは尿道口だ。まあ、さすがに毎日おしっこをしているので、尿道口ぐらいは自覚できるのかな。

 しかし、さらにその下側にある膣の穴も、普段は閉じられている。小陰唇を開いても、膣の入口は、ぽかりと口を開けて待っているわけではない。穴自体は少し深いところにあるし、その回りもグチュグチュした処女膜(実際には膜というよりは、膣口の回りに残っている粘膜のでっぱり)に囲まれていて、内臓みたいだ。
 
 小陰唇を左右に開いて指を穴の入口に差し込んでいくと、穴は左右ではなく、上下につぶれており、それを押しのけるように入れていかないと、中には入らない。ましてや、指入れに慣れていないと、指が膣口を通過する時に痛みを覚えるかもしれない。まあ、男が初めて指先を自分のお尻の穴に入れる時のような、背徳感というか、異物感を感じるだろうね。

 これは、正直、驚きだった。女なのに、膣の穴の位置が分からないなんてね。まあ、考えてみれば、尿道口は、毎日おしっこを出しているので、嫌が上でも位置が分かるが、膣の穴って、毎日、定期的に大量に液体を出しているわけではないからね。おりものや経血、愛液は膣口から出るけど、これも毎日、大量というわけではないしね。

 当の女が、膣口の位置が分かりづらいぐらいだから、男が、とりわけ童貞の男が分かるわけがない。男としては、おまんこの穴って、ぽっかりとではないにしても、股を開くとすぐ分かるように穴が空いているものだと、考えがちだ。ようやく見つけた、穴らしきものも、想像していたよりも下の方にあり、限りなくお尻の穴に近いのに驚くものだ。真っ暗な中だったら、間違えてペニスがお尻の穴に入ってしまうのも無理ないかな、と思える近さだ。

 まあ、こういう状態も、さらにセックスを重ねていき、中イキの快感に目覚めると、クリオナから指やディルドを膣内に入れるオナニーへと変化していく。女にとっても、セックスの経験によって、膣の穴に目覚め、意識がいくようになり、自分でもかわいがるようになる、というのが面白い。




    posted at 00:00 | 女性器の大研究 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: