FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

男の中4日の法則

 男の射精したい、あるいはセックスしたい、という欲求には、一定の周期があると思う。精子の製造が盛んで、毎日でも射精したくなる10代、20代は別として、ある年齢になると、やはり毎日はつらい。かといって、一週間も射精しないと、「溜っている感」が出てくる。しかし、不思議なもので、その期間を過ぎてしまうと、それまであった、強烈にセックスしたい、という欲求が下がるような気がする。
 
 経験的にいうと、どうやら男の「セックスしたい」という周期は、セックスした日から3~4日が経った時が最初のピークだと思う。自分が書いた体験談を読み直して見ても、「中4日なのに、驚くほど大量の精液が出た」などと書いている。当時としては、たった4日前に大量に射精したのに、という意識があったのだろう。中4日は、周期としては短い、と感じていたのかな。しかし、この周期は、実は本来のあるべき姿だったようだ。

 生理学的には、射精しても、3~4日もあれば、新たな精子が作られるという。逆に、あまりに溜めすぎると、精子の鮮度も落ちるし、さらに射精しないと、体内に再吸収されてしまう。なので、射精後、中4日というのは、肉体的に新たな射精が可能な時期なのだ。 実際、さすがに、射精した次の日は辛い。しかし、2日目あたりから、体内で新たな精子が作られている感覚はある。そして3日も経てば、セックスしてそれなりの量の精液が出そうな感覚が生まれるものだ。

 では、精神的に、中4日って、どうなのだろうか。激しいセックスの場合、体力も使うし、ペニスそのものにも、疲労感がある。しかしその疲労感も、徐々に回復してくる。そして4日も経てば、ほぼ普通のレベルに戻る感覚がある。しかし、激しいセックスをして、気持ちいい射精をした、という記憶は、セックスした翌日も、その翌日も残るものだ。その記憶は4日位までは鮮明に残るものだ。このまだ記憶が残る最後の日と、体力的にも射精が可能となる日とが重なるのだ。

 これが男の中4日の法則の理由であろう。しかしこの日を過ぎてしまうと、精子は溜っていくものの、セックスした記憶が薄らいでいく。そして最初に書いたように、1週間以上も経つと、「前回、いつセックスしたって?」という感覚になってしまう。特に仕事の忙しい時や、体力的に疲れている時など、性欲も下がってくるので、そうなりやすい。

 男としても、この中4日の法則の法則を自覚しておくのもいいかな。しかし、これを知っておいて損がないのは、女性の方だろうね。どんなに激しいセックスをしても、男の性欲は中4日で最初のピークがくる、ということを知っていれば、次のセックスのタイミングも計りやすいというものだ。
 中4日だと短いと女性も思うかも知れないけど、実はそうではないのだ。それに、この方が男としても、精子を作る度に女に空っぽにされる感覚があるので、毎回、出し切る充実感もあるかな。もっとも、反対に浮気はできなくなるけどね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 射精のモード | CM(0)
射精している瞬間だけは素のオスになる男

 男はペ二つが勃起したからといって、自我を忘れたオスになるわけではない。多少は興奮するけど、至って冷静だ。それもそのはず、勃起したペニスを女のおまんこに挿入するまでは、ある程度冷静でないとできないからだ。

 慣れていない男だと、挿入したとたん、あまりの気持ちよさに我を忘れ、激しく動いて一気に射精までいってしまう、ということもあるだろうけど、セックスに慣れた男だと、挿入したぐらいでは、まだ冷静さを失っていない。女の感じ具合を観察する必要があるし、どのタイミングで体位変換をするか、どうやって女をイカせるか、などを考えている。

 女が一度でもイッテしまえば、いよいよ今度は自分の射精について考えるようになる。射精を我慢してもっと女をイカせるか、そろそろ自分も射精するか、どの体位でフィニッシュを迎えるか、などを考える。
 そして、射精モードに入り、射精に向かって激しく腰を振る。こうなると、さすがに我を忘れるが、まだ完全に頭が真っ白になっているわけではない。自分の意思で激しく動いている段階だ。

 ところが、いざ射精が始まると、もう誰にも止める事ができない。ここから先は、最後の噴射が終わるまで、理性も自我も飛んで、脳天を突き抜ける快感とともに、射精という神聖な行為にただ身を任せているだけだ。そう、この瞬間だけは、どんな理性的な男も、完全にオスになりきる。
 たとえ、女の目の前で射精するところを見せていたとしても、それまでの恥ずかしいという気持ちも吹っ飛び、射精の間だけは自分一人の世界に引き戻される。

 女が、男が射精している姿に感動し、興奮するのは、男が一瞬、オスになる瞬間をしっかりと見ているからだろう。普段、決してみることのない男の素顔だ。そこにオスの生命力を感じ、美しさを見いだす女性すらいる。

 目の前で射精する瞬間を見れば、その転換をダイレクトに見ることができるが、セックスしていて、膣内に射精されても、女はこの瞬間を感じ取ることができる。暴れていた腰がピタリと止まり、膨張したペニスを膣奥に押しつけながら、ビクビクと痙攣しながら、体の奥深くに精を放っている男。柔らかな女の体の上で、全身の筋肉を硬直させて射精という営みに身を任せている男。そして荒い息の中で、弛緩してゆく男の全身の筋肉………硬い筋肉に、重さが感じられるようになる。この瞬間を自分の膣内で感じ取れる女は、男の知らない一面を見る思いだろう。

 もっとも、オーガズムの瞬間だけは素になるというのは、女にも言えることではある。ただ、男の方が 「演技」 が入り込む余地が女性よりも少ないため、この転換が際立つのだ。 こうしてみると、同時オーガズムというのは、互いに素になる瞬間が一致する時、ということになる。素になったオスとメスどうしが 「融合」 できる時間は数秒と短いけど、それだけに生命の神秘に触れるような感動がある。




    posted at 00:00 | 射精のモード | CM(0)
なぜ男は一回目の射精で全ての精液を出し切らないのか?

 僕は普段、一回の射精で精液を出し切ってしまうタイプなので、あまり連続射精するということはない。だけども、時には、興奮のあまり、二回連続で射精してしまうこともある。すると、もう全て出し切った、と思っていても、案外、二回目もそこそこの量の精液が出るものだ。もっとも、その比率は一回目をの量を80とすると、20ぐらいだけど。

 逆レイプなんかの体験談を読むと、二回の射精どころか、一晩のうちに、強引に勃起させられ、5~8回ぐらい、射精させられた、なんていうのもあるようだ。
 さすがに僕の場合、三回目となると、100%使い果たしてしまっているので、予備タンクから10ぐらい出す感じかな。こうなると、残りは0というよりも、マイナス10となってしまう。さすがに、もうしばらくはいいとなる。一晩で何回も射精できる男って、きっと体質が僕と違うのではないかな、と思う。つまり、一回で出す量が少ない代わりに、小出しにできるタイプなのではないかなと思う。

 それにしても、なぜ、なぜ男は一回目の射精で全ての精液を出し切らないのか? ふと、最近になって、こんなことに疑問を持つようになった。
 物理的な理由としては、射精する器官の機能が追いつかないのでは、と考えられる。特に僕の精液は量が多いので、無理があるのかも知れない。

 もう一つ考えられるのは、極度に興奮した時、直ぐにもう一回戦を戦えるよように、量は少ないけど、二回目に出す精液をちゃんと用意してくれている、とも考えられる。精液がないと、さすがに勃起したとしても、スラストの意欲もなくなってしまうからだ。なぜって、男のペニスが勃起し、スラストをするのは、射精のためだからだ。出す精液がゼロになったら、スラストそのものが辛くなってくる。

 もう一つの理由は、全て出し切ってしまうと、しばらくはセックスもいい、となってしまうからかな。敢えて、少量を残すことにより、性欲が途切れることを回避し、最悪、次の日でもやとうと思えばセックスできるように、体が準備している、とも考えられる。
 充電式のバッテリーだって、ゼロまで使い切ってしまうと、そこから充電し直しても、劣化が早くなる。長持ちさせたかったら、こまめな充電が一番だ。これと同じ原理だ。

 三つ目の理由は女性の側にあるのかも知れない。懐妊というセックスの本来の意味では、二回に分けて射精した方が、何かメリットがあるのかもしれない。実際、量は少なくなっても、二回、三回と射精すると、精液の追い打ちというか、波状攻撃にはなるね。膣内の精子も、先発隊と後発隊とでライバル意識が生まれ、より活性化するのかもね。




    posted at 00:00 | 射精のモード | CM(0)
精液を遠くに飛ばすテク

 多くの女性が思っているほど、精液を遠くに飛ばすことと、年齢とはあまり関係がない。若い時だって、トロリとした射精もあるし、年を取っても、数メートルも飛ばすこともあるからだ。
 実は、遠くに飛ぶためには、いくるかの条件がある。これを満たしていれば、年齢に関係なく、遠くまで飛ばすことが出来る。

 一つは、まず大量の精液を溜めておくことだ。特に、寸止めを何回もしていると、精子が射精にむけて、精子が睾丸から膀胱近くにある「精管膨大部」に移動する。ここで精嚢や前立腺から分泌液が出て、精子と混ざり、射精の律動に備えるわけだ。
 男なら体験的に知っていることだけど、こうして寸止めを繰り返していると、精子が分泌液で薄められる感じがする。もちろん、移動する精子の量も多いと思うが、それ以上に分泌液がた溜まってくる。
 もちろん、寸止めをしなくても、ホントに溜まりに溜まっていると、大量の 「コクマロ」 の精液がでることがある。ただし、この場合、量は多くても粘りけがあって、あまり遠くまでは飛ばないものだ。

 第二の条件は、最大限に勃起していることだ。もちろん、そのためには、精神的にも興奮状態でなければならない。なぜ勃起していると遠くまで飛ぶかというと、ホースで水をやるときの原理を思い起こせばいい。最大限に勃起している状態だと、中の尿道がめいっぱい押しつぶされた状態となっている。この細くなった線の中を精液が押しのけるように出ていくわけだから、細いほど遠くに飛ぶ訳だ。

 第三の条件は、手の指の刺激のタイミングだ。擦りながら射精が近づいたら、さっと手を離すわけだけど、全くフリーにするよりは、ある程度、亀頭の裏側部分を握っていた方が、遠くに飛ぶ。握りすぎていると、逆にせき止められて出なくなる。コツは、噴射の直前まで指で押さえておいて、出る瞬間に指を開いて開放してあげるのだ。そのまま開放しつづけると、次ぎの噴射の勢いが衰えるので、またすぐに亀頭の裏側を軽く握りしめ、次の噴射でまた開放するのだ。これを繰り返すと、7~8回続く最後の噴射まで、きれいに遠くまで飛ばすことが出来る。
 女性のテコキであまり飛ばないのは、この最後の握る強さとタイミングがずれるため、手元にトロリとこぼれ出るような射精となるからだ。 
 
 第四のコツは、遠くの飛ばすには、ホームランと同じ原理で、斜め上45度にペニスを向けることだ。そうするときれいな放物線を描きながら、遠くに着弾する。水平のライナーだと、相当の勢いがないと、遠くまでは飛ばない。




    posted at 12:00 | 射精のモード | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: