FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

女にとって気持ちのいい体位・男にとって気持ちいい体位

 ある体位でスラストしていても、女と男では、気持ち良さが違う。端的に言うと、女にとって気持ちのいい体位と、男にとって気持ちいい体位とは違うのだ。もちろん、重なる部分もあるが、完全には重ならない。
 それでも、「どんな体位であっても、最終的に男は射精するではないか、射精するということは気持ちいいからではないか」と言われそうだが、問題はそこまでの過程だ。それにそこまでの過程が気持ちよくなければ、射精そのものの快感も決して高いものではない。

 女にとって気持ちいい体位とは何か? それは膣内の快感エリアである膣口、膣天井、そして子宮口を刺激される体位だ。言い換えると、直ぐにイカされてしまう体位、連続してイカされてしまう体位、さらには、イキっぱなし状態にされてしまう体位のことだ。
 具体的には、膣の構造や相手の男のペニスとの相性もあるので、個人差があり、この体位、ということは難しい。正常位が一番という女性もいれば、バックがいい、あるいは女性上位がいい、という女性もいる。それに、それぞれの体位の中でも、細かなバリエーションがあって、一概にはいえない。

 それでも、敢て例を挙げるなら、正常位なら女性の両脚を折り曲げる屈曲位とか、(女の)片脚上げ、寝たままロディオ、側位ならクロス側位(松葉崩しの変形)、バックなら、男が中腰になる「膣天井直撃四つん這いバック」、(女の片脚上げ)四つん這いバック、(女の上体を起こした)跪きバック、開脚寝バックなどがあるかな。慣れた女性なら座位や駅弁でも簡単にイってしまう。

 ポイントとしては、深く入る体位であること、膣天井をダイレクトに刺激する体位が、特に女性にとって気持ちいい体位といえる。膣奥を突くなら、屈曲位が一番かな。膣天井をダイレクトに刺激する体位というのは、「膣天井直撃四つん這いバック」「跪きバック」など、挿入に角度をつけるか、(女の)片脚上げ正常位、クロス側位(松葉崩しの変形)、(女の片脚上げ)四つん這いバックなど、女の体にひねりをいれて、膣天井を緊張させる体位ということになる。

 では、男にとって気持ちいい体位とは何か? それはペニスの快感エリアである、亀頭の下側、裏筋、および棹の下側(尿道側)が強く擦られる体位だ。寝バックや跪きバックなど、体位そのものによって、このエリアが強く刺激されるというのはあるが(但しこれらの体位は深く入らないという欠点がある)、そうでなくても、男が自分で下側を擦りつけるようにスラストすれば、正常位でも側位でも、気持ちいいスラストにはなる。入れて直ぐにそうしないのは、すぐに射精してしまわないように、敢て下側を擦らないようにしているのだ。ニュートラル・スラストがそれだ。

 男が正常位が好きな理由はここにある。いろいろな体位を楽しんでも、最後のフィニッシュは正常位で、という男は多い。それは、正常位が自分でペニスの快感エリアを直撃するように角度を調整しやすいのだ。四つん這いバックも男が中腰になれば、それもできなくはないが、多くの場合は、ニュートラル・スラストになりがちだ。

 逆に、女性上位が好きな女性というのは、自分で快感エリアに当るように角度を調整できるからだろう。しかし男にとっては、挿入角度などは女性まかせなので、うまくはまれば男にも気持ちいいが、往々にして、そうではない。男が女性上位で射精することが少ないのは、これが理由だ。言い換えると、女性上位は、女性には気持ちいい体位であっても、必ずしも全ての男にとって気持ちいい体位というわけではない。まあ、女に犯されているというMっ気が刺激はされるけどね。

 では、(女の)片脚上げ正常位、クロス側位(松葉崩しの変形)、(女の片脚上げ)四つん這いバックなど、女の体にひねりをいれて、膣天井を緊張させる体位はどうか。これって、女には気持ちいい体位でも、男にとってはそうでもない。もちろん、スラストそのものの快感はあるが、女の体にひねりを入れるために、男としては余分な神経と体力を使わなければならず、快感に集中できないのだ。
 同じ理由で、座位や駅弁も、女にとって気持ちよくても、男にとってはそうでもない。特に、駅弁や立位、片脚上げ立ちバックなど、アクロバティックな体位は、男としても姿勢の維持で神経と体力を使うので、これで射精しようという気持ちにはなれない。

 まあ、不安定な姿勢で集中できない、というのはされている女性も同じだろうが、それでも責め続けられると、駅弁であろうと、片脚上げ立ちバックであろうと、あっさりとオーガズムに達してしまう。しかも、こうしたアクロバティックな体位の方が、拘束感もあり、「やられている感」が強くなるので、Mな女性には精神的な興奮も加わる。

 では、なぜ男はそれほど気持ちいい訳でのない上に、体力も使う体位でセックスをするのか? それは、それらが女にとって気持ちのいい体位だからだ。女が気持ちよくなってくれるなら、それぐらいのことは喜んでする。
 言い換えると、奉仕系Sな男ほど、アクロバティックな体位も含めて、いろいろな体位をやりたがるものだ。実際、草食系男子だたったり、真性のM男は、ただ横たわって、女性に全てをしてもらうだけだ。

 但し、奉仕系Sな男でも、最後のフィニッシュだけは、わがままを言わせてもらい、正常位なり寝バックになってがっちりと女を押さえ込み、ペニスの快感エリアを擦りつけるようにして、マックスのスピードで腰を振りまくる。時には女性が痛がっても、膣奧まで突きまくる。もっとも、男のこうした射精に向けた激しい動きに、女もまた興奮し、男の射精と同時にオーガズムを迎えてしまうんだけどね。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | セックスの体位 (エッセー) | CM(0)

春は駅弁

04.26.2018
春は駅弁

 清少納言の 『枕草子』 にならって、季節ごとのベストな体位を選ぶなら、きっとこうなるかな。四季折々の風情にあわせ、セックスの体位も、衣替えしないと。

 春は駅弁。春って、寒かった冬をすごし、心も体もウキウキする季節だ。おまけに新緑の緑に象徴されるように、生命力に満ちあふれ、体中の細胞がなぜか活性化しそうな気がする。こんな季節は座位で結合し、そのまま起き上がって、激しいい欲望をはき出すかのような、情熱的な駅弁が似合う。

 夏はバック。夏って、どうしても汗をかきやすい季節だ。つねに薄着だし、浴衣でも着れば、どこででも直ぐに挿入に持ち込める。室内でも室外でも、素早く全裸になって激しく動ける季節。こんな暑い夏はあまり体を密着させず、それでいて激しく動けるバックに限る。
 四つん這いバックでもいいし、野外なら立ちバックでもいい。もちろん、射精を迎える最後の時は、寝バックに崩れてもかまわないけどね。汗びっしょりのセックスも、また夏の風物詩かな。

 秋は騎乗位。秋の夜長は、おいしいものを食べ、お風呂に入り、マッサージをしあうなど、まったり系のロングプレーがお似合いだ。となると、体位もあれこれと楽しむことになるが、やはりロングプレーとなると、体位変換の合間に、女が上になって好きなように腰を振る騎乗位がお勧めだ。
 激しいプレーの後は、騎乗位で男が体を休め、女がイキ疲れたところで、男に体の預け、そこから座位なり正常位なりに持ち込み、そしてまた騎乗位で一休み。長い夜は騎乗位を軸に、体位変換を楽しめばいい。

 冬は正常位。寒い冬は、体を密着させる正常位につきる。なので、直角正常位よりは、抱きしめ正常位がいいかな。さらに密着感を高めたければ、女が両脚を男の背中や腰にからませるといい。あるいは、結合したまま、女性が両脚を伸ばすのも、密着感が高まる。この場合、女は両脚を閉じてもいいし、開いてもいい。閉じると、男の両脚が左右から挟み込む形となるし、開くと、男の両脚を女が挟み込む形となる。
 できれば、冬のセックスは、生、中だしがいいかな。互いの粘膜の熱さを体感したあとは、膣奥で精液の熱さを味わえるからね。




    posted at 00:00 | セックスの体位 (エッセー) | CM(0)
ヒトの進化とセックスの体位

 セックスの体位には、アクロバット的な体位も含めれば、実に多様性に溢れている。しかも、基本の3体位 (正常位、バック、女性上位) それぞれの 「変形」 もくわえると、セックスの体位って、48手どころではない。それどころか、まだまだ 「新発明」 ができそうだ。

 これだけ豊富な体位で性交している動物はいないだろう。なぜ、これほどまでに、多様な体位が可能なのか? 身体論的には、ヒトの手脚や腰の関節の可動範囲が広い、ということがいえよう。野外で交尾をする動物と比べると、室内には、布団、ベッド、椅子、テーブル、ソファーなどなど、さまざまな家具もあり、これらを使って、バリエーションを増やすこともできるようになった。

 しかし、これだけ豊富な体位が生み出された最大の理由は、ヒトが直立二足歩行を始めたことによる。四つ脚の状態から立ち上がることによって、下に隠れていた性器が前面に露出されるようになった。その結果、背面からオスがメスの上に跨がるという交尾から、対面して性器を結合することが初めて可能となった。しかも、前脚が腕となったために、自由度が広がり、これにより、ヒトは異性を抱きしめることができるようになった。このように、ヒトへの進化が、豊富な体位を可能としたのだ。

 ここで、進化の流れと体位が豊富になっていく過程を大まかに整理してみたい。進化の流れの基本は 「背面性交から対面性交へ」 というものだ。
 背面性交には、四つん這いバックや立ちバック、背面横寝バック、背面女性上位、背面座位などがある。こららのうち、最も原初的なのは、四つん這いバック、もしくは寝バックだろう。
 しかし、厳密には、動物の交尾は、現在のヒトがやっているような四つん這いバックとは微妙に違う。動物 (哺乳類) の四つん這いをヒトが正確に再現するなら、両手を床につけた立ちバックに相当する。なぜなら、ヒトの四つん這いは膝を折っているが、動物は両手、両脚を伸ばしきっているからだ。背後にまわるオスも、半分立ちあがっていて、ヒトのように跪いていない。ヒトのオスが跪くのは、メスも跪いているからだ。

 この意味では、本来の動物的な性交の体位を再現するなら、女性が両手を床につけた立ちバックがこれに相当する。この状態って、オスはすでに立ち上がっているのだ。もしかすると、ヒトが直立二足歩行を始めたのは、背面性交がきっかけだったかもね。

 背面での座位は、動物もしそうなので、これも原初的かな。寝バック、背面寝バックとなると、動物はすることができない。なぜなら、両手、両脚を動物は水平に伸ばしきることができないからだ。なので、これも進化の過程でうまれた、新しい体位といえる。背面女性上位は、メスがオスの上になる、という点では画期的な体位だけど、背面性交という点では、動物的なものを引きずっているかな。

 そしていよいよ対面性交全盛の時代へと移行する。対面性交としては、正常位、座位、女性上位などがある。正常位にも、「直角正常位」から 「抱きしめ正常位」 まで、いろいろなバリエーションがある。どちらかといと、抱きしあうことができる 「抱きしめ正常位」 の方が、ヒトならではの体位か。女性が男の愛情が感じられるこの体位を好むのも当然だ。だって、挿入しながらキスまでできてしまうからね。その意味では、対面座位も同じかな。
 女性の両脚を折り曲げる 「屈曲位」 も、正常位の変形だけど、これも体や股関節、膝関節が柔らかくないとできない体位だ。

 対面での女性上位は、進化論的には、最終段階かも知れないね。対面性交の中でも、とくに、メスがオスの上に跨がり、時にはセックスの主導権を握る、というのは、動物の世界では見られないからだ。
 アクロバット的な体位の中でも、駅弁は、ある意味、対面女性上位と同じように、進化の最終段階ともいえる。だって、対面性交しながら、オスが直立二足歩行をするんだから。もっとも、この理屈でいえば、男女が逆転した駅弁 (女性がペニスバンドを着け、対面で男のアナルに挿入し、抱きかかえて立ち上がる体位、逆駅弁とでもいうのかな) がさらにその先にある体位ということになってしまう。まあ、ここまで 「進化」 する必要はあまりないんだけどね。
 
 面白いのは、背面から対面へ、四つん這いから立ち上がったにも関わらず、ヒトは、動物であった時代の性交体位を未だに放棄していないことだ。動物的な体位には、進化の過程が隠されており、その歴史を大切にしている、ということなのかな。あるいは、文化的な体位を獲得しても、なお動物的な体位の持つ迫力や魅力を捨てきれないのかな。いづれにせよ、それがまた、ヒトの体位を豊富にしていることは間違いない。




    posted at 00:00 | セックスの体位 (エッセー) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: