FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

フニャチンで挿入した女の反応

 膣内に挿入を果たすには、ペニスはある程度の勃起が不可欠だ。なんとか芯らしきものが出来ているのが、最低条件かな。M字開脚にして、手を添えればなんとか潜り込ませることはできる。しかし、女性の側が膣口を締めつけたらこの程度の勃起では無理かな。
 目の前に「入れてもいいよ状態」のおまんこが口を開けているのに、勃起不足で入れられない、ということほど、男にとって情けなくて、焦ってしまうことはない。まあ、女にしてみても、気分を害するかな。なので、こんな時は、男の方も初めから「負け戦」はしない。

 ところがだ、先日、面白い体験をした。もう何度も生で挿入し、何度もオーガズムを与えているRちゃんと久しぶりにセックスした時のこと。正常位から側位にして、そこで一回、イカせた後、一旦抜いて、近況を語り合った。さすがにエッチモードではなくなり、さっきまでカチカチだったペニスも、フニャチンとなってしまった。

 普通なら、ここでキスや手コキ、あるいはフェラをしてもらって、完全勃起状態にしてからまた挿入するのだけど、目の前でピンク色の膣口を見ていると、このまま入れてみたくなってしまった。
 先ほどのセックスで、中も十分に潤っていただけでなく、大きなペニスで膣口も広げられていたし、何よりも白い本気汁がピンクの粘膜に滲み出ていて、なんともいやらしいおまんこに見えたのだ。衝動的に、フニャチンであろうと、亀頭の粘膜を擦りつけたくなった。

 だけど、いい訳が必要だった。自分でも果たして入るのか、自信がなかったので。そこで
「挿入するには、最低限の硬さというのが必要なんだよ、これぐらいのフニャチンだと、入らないかも………」と言いながら、手を添えて、挿入体勢に入った。
「小さくなっても、長いね!」とかいう彼女。この一言で、ちょっと勇気づけられたかな。よく使う裏技で、フニャフニャの棹の根元を指先でぐっとつかみ、瞬間的に棹全体に血流を流し込んでなんとか硬さを創り出し、亀頭部分を膣口に押し込んでみた。すると、濡れていたのと、広がっていたせいか、なんとか棹の半分ぐらいまで入った。

 勃起したペニが膣内の粘膜を押し広げると言うよりは、反対に膣の粘膜によってフニャチンのペニスがさらに押しつぶされる感じだ。ここで彼女が膣を締め付けらら、ポロンと抜け出してしまうとことだ。なんか互いの柔らかい粘膜が溶け合っている不思議な感じ。射精後の膣内で小さくなっていくペニスの感覚に近いかな。なので、腰を動かしてペニスを前後に動かすこともできない。無理にしたら、押し込むことができないので、抜けてしまいそうだった。しかし、じっとしていても、生の粘膜の気持ち良さはあった。

「どうなの?このフニャチンを入れられるってのは?」
「うん、なんか小さいのが入っている、という感じ」
「柔らかいというのも分るの?」
「分るよ」
抱き寄せてキスをしているうちに、なんとなく膣内のペニスも少しづつ、芯が出来てくるようだった。起き上がって、彼女の両脚を大きくM字に開き、ニュートラル・スラストになるように、抜けない程度にゆっくりと腰を動かした。面白いことに、こんな動きでも彼女は感じ始めている。もどかしさがいいのかな。

 そしれこれを繰り返しているうちに、あっという間にフル勃起状態となった。それは彼女のあえぎ声の変化でも分った。さっきまでのフニャチンがまるで嘘のようだった。考えてみたら、ここまで柔らかなフニャチンを入れて、膣内で硬くしたことってなかったかも。そもそもこれだけ柔らかいと、初めから入れよともしないしね。

 彼女にしてみれば、あれだけ柔らかかったフニャチンが、膣のなかでこれだけ膨張し、硬さを取り戻して、また女を責める男の武器になるまでの、その過程を楽しめたのではないかな。よく、フニャチンをフェラしていて、口の中で硬くなる感覚がすき、という女性がいる。それと同じことを膣内で味わえたことになる。

 こんな遊びができたのも、何度もセックスをして、フル勃起状態の凄さを彼女が知っていたからかな。だからこそ、僕も男の見栄を張ることなく、甘えることができたんだと思う。女にしてみれば、勃起したペニスを男が入れてくるのは当たり前だけど、入りそうにもないフニャチンを入れてこようとする男って、もしかしたら、かわいく映るのかな。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | 体験談-大きなペニスがいいの | CM(0)
スラスト中にスキンが着いているか確認する女

 とある女性と、セックスした時のこと。生で入れたかったけど、スキンをつけて挿入してとのリクエストだったので、XLサイズのスキンをつけてスラストしていた。彼女にとっては、久しぶりのセックスだった上に、生まれて初めて入れる大きなペニスだったらしく、挿入する時は痛がったものの、大きさに慣れてくると、「おっきい……」と何度も一人ごとのようにいいながら、僕の容赦ないスラストを受止めていた。きつめのおまんこに、僕のペニスの硬さも絶好調だった。

 スラストの滑りの良さから、膣内に愛液が分泌されているのは分るが、どれぐらい濡れているのかは分らなかった。女の濡れ方が激しいと、スラストしていても「グチュグチュ」という音が聞こえるものだが、彼女の場合は、そんな音もしない。直角正常位でスラスト中に股間に目をやってみると、ペニスを引いた時に一緒にネバネバした愛液がまとわりついていて、棹の根元から愛液が糸を引いてシーツに垂れていくのが見えた。
「すごい、愛液が糸を引いて垂れているよ!」
「そうなの、大きすぎて分らない……」
どうやら、きつめの膣に大きなペニスが入ると、膣内が目一杯広げられ、棹との間に隙間がなくなり、愛液は棹を引いた時にしか外に出ようがないようだった。

 あまりの滑らかな動きに、彼女の方から「大丈夫?スキン、ついている?」と心配になったようで、指を伸ばして棹の表面を確認している。まるで生で出し入れしているかのような感覚になったのだろう。
 僕はスキンをつけていることを忘れるほどでもなかったが、彼女がそう感じるのも分る気がした。勃起が弱いと、スキンとの間に隙間が生まれ、スラストしていても、スキンのたるみが感じ取れるものだけど、パンパンに張ったペニスだと、スキンを押広げるので、まるで皮膚のようにペニスの表面に密着する。その上に、十分な愛液で濡れていたので、まるで生で出し入れしているような感触を覚えたのだろう。

 スキンが着いているのを確認すると、安心したようでまた背中に手を絡めてくる。僕としては、疑われたことよりも、「この女、生の感触がどんなものか知っているということは、生でもやりまくった経験があるのかな」と思って、なんかこの女がイヤらしく思えた。体位を変えて、四つん這いバックの時や、再び正常位に戻った時にも、彼女はまた手を伸ばしてスキンが着いているか、確認してきた。それほどまでに、彼女にとっては生で入れられているような感覚になったということだ。

 最後、正常位で射精した時も、彼女はちゃんとスキンがついているか、心配しているようだった。柔らかくなるまで膣内に留まったので、僕自身も、スキンがついているか、心配になってきた。というのも、キツキツの隙間で長時間、スラストしていると、僕自身も段々と、スキンを着けている感覚が薄くなり、最後、射精した時には、スキンを着けていることを忘れるぐらいになっていた。亀頭を濡らす精液の暖かさで、かろうじてスキンの中に出したことが分る程度だった。なので、棹を抜いたときにちゃんとスキンが着いているのを見た時には、ちょっと安心したかな。

それにしても、今まで、こういう経験があまりなかっただけに、凄く印象に残るセックスとなった。滴るような愛液で濡れたきつめの膣と、パンパンに張った大きなペニスとが組み合わさると、スキンを着けていてもまるで生で出し入れしているかのような感覚になる、というのは新鮮な発見だった。スキンを着けている男がこれを全く忘れるということはないが、少なくとも入れられている女には、生のような感触を味わうことも出来るということだ。




    posted at 00:00 | 体験談-大きなペニスがいいの | CM(0)
巨根の男に女性上位で跨がる女

 久しぶりのセックスということと、僕のが入れたこともない大きさ(長さ18センチ)ということもあってか、正常位でも挿入される時に痛がり、1分ぐらいかけて何とか挿入を果たした女性がいた。しばらくスラストして、大きさに慣れたと思ったところで、女性上位にトライした。繋がったままの体位変換ではなく、一旦、抜いて、僕がベッドに横たわった。
 実は、これには意図があって、女性上位は、決して女性が優位に立つ体位ではない、という兼ねてからの持論を、改めて検証してみたい、という思いがあったのだ。

最初は、入れやすいように、僕が手でペニスを真上に固定し、彼女が腰を降ろしてくるのを待った。膣の入口に亀頭をあてがいはするのだけど、うまく入らない。
「おっきいから………」
「最初だけ……」
それはそうだろうね。正常位でも無理やりに押し込んでなんとか入ったような訳なので、あの痛さを自分から味わおうとする女はいないだろう。亀頭が割れ目を捉えてはいるのだけど、そこから先に進めない。ぐっと腰をさげてくればいいのだけど、入らないのだ。何回もトライするけど入らない。

 彼女が自分の手であてがった方がやりやすいかなと思い、手を離して、彼女の手をペニスに導いた。僕の意図を察した彼女が、亀頭をずらしながら、穴の入口にあてがっているのが分る。それでもうまく入らない。重い体重をかけてくる度に、ペニスがゆがむ。この日はスキンをつけていたことも、入れにくさと関係あったかな。亀頭を穴の入口にあてがっても、押し込む時にゴムが動いてしまうのだろう。

 普通の男なら、1分近く、こんなことをされたら、ペニスも柔らかくなってしまうことだろう。幸い、この日は絶好調だったので、何ともなかった。次に彼女がとった行動は、ペニスの角度を真上に向けるのではなく、僕のお腹側に斜めにすることだった。膣口との角度の関係で、どうやらこの方が入れやすいというのは新発見だった。亀頭を垂直の90度から、お腹側に45度に向け、彼女が股間を調整してくる。すると、柔らかな割れ目の窪みに亀頭がフィットする感覚があった。この角度なら入りそうだ。

 確かに、正常位でも四つん這いバックでも、挿入の時には、クリ側からではなく、お尻の穴側から亀頭をなぞっていった方が穴を捉えやすい。きっと、彼女は亀頭を真上ではなく、斜め下側に向けて、腰を下げておしりの穴側から亀頭を滑らせ、穴にあてがったのだと思う。しかし、なんとかしてこの巨根を飲み込もうとする彼女がいじらしくもあった。

 しかし、角度がついているだけに、彼女が腰を降ろしても深くは入らない。そこで僕も協力して、腰をグイっと斜め上に持ち上げると、膣口のきついところを亀頭が通過するのが分った。「痛い!」と一瞬、悲鳴を上げる彼女。その後、ペニスを垂直になるように体勢を立て直した。これでなんとか、挿入は果たした。

 僕としては、当初の検証が十分に証明されたので、満足だった。つまり、女性上位は決して、女が主導権を握る体位ではない、ということが改めて検証されたわけだから。だって、巨根すぎて女が痛がったら、挿入すらできない、と言うわけだからね。今回、何とか入れることが出来たが、それとて僕が協力して腰を持ち上げたからだった。

 実は、その後も、検証を兼ねて、跪いた騎乗位から、完全M字の騎乗位をやってもらった。彼女もこの騎乗位は生まれて初めてとのこと。そのせいもあるが、やはり大きなペニスだと、これがスムーズにできない。最初は小刻みに上下していたので、長いストロークでゆっくりとやってもらった。
 すると、「凄い、抜かれる時に長いのが引き抜かれるのが分る!」と感動している。そして、また腰を降ろす時も、こわごわとやっている。理由を聞くと、「大きいし、奥まで当ると痛いから」とのこと。
「このM字の騎乗位、イヤらしくない?」
「うん、いやらしい」
「覗き込んでご覧」
頭を下げると、抜いた時に露出するペニスの棹がはっきりと見えたはずだ。
「凄い、長いのが入ったり出たりしている」
しかし、あまりの迫力からか、激しく、男を責めるような動きはとても出来ない。体位は男を攻めているようで、全く責めていないのだ。

 続いて、逆向きのM字騎乗位もトライしてみた。今回は抜かずに一回転してもらったけど、やはり途中で痛がった。同じように、ゆっくりと上下に動いてもらう。
「どう、この体位、イヤらしくない?」
「イヤらしい………」
「下を覗いてごらん」
「凄い、よく見える」
しかし、この姿勢だと、体力もいるし、なによりも大きなペニスを受け入れているということだけで相当の負担のようで、あまり動けないという。

 それが分れば僕としては十分だったので、そのまま彼女の両手を前に着かせ、僕が起き上がって、四つん這いバックになった。そしてガンガン突きまくった。腰砕けとなったところで、さらに寝バックに持ち込み、さんざん突きまくってあげた。やはり、男が腰を振る方が、何倍も激しいセックスになる。それに、女がイッテも止めないからね。




    posted at 00:00 | 体験談-大きなペニスがいいの | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: