FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

男が思うほど女性はアクロバティックな体位が嫌いではない

 男のホンネとしては、セックスの経験を積んでいくと、いろいろな体位を試してみたくなるものだ。まあ、これはされる方の女性も、ある程度までは同じ気持ちだろう。それに女性の場合、体位を変えるごとに膣内の擦られる場所が微妙に変わってくるので、新鮮な驚きがある。自分が最も感じる体位、イキやすい体位、というのも見つけるようになる。さらにMな女性なら、「やられている感」が強い体位がある、ということを知っていく。

 しかし、男としては、あまりにアクロバティックな体位をすると、女性が嫌がるのではないか、という気持ちもある。「何なの、この体位は?」「AVの見過ぎなんじゃないの?」と言われてしまいそうだしね。実際、あまりに曲芸的な体位だと、女性が新体操でもやっていないとできそうにない体位もある。体の硬い女性にとっては、こうなると苦痛にすらなってくる。

 まあ、あまりに曲芸的な体位は別として、経験からいうと、女性は男が思っているほど、アクロバティックな体位に違和感はないようだ。といっても、これには条件がある。それはアクロバティックな体位でも、ちゃんと気持ちよくさせてくれ、できればその体位でオーガズムを味あわせてくれるのなら、というものだ。
 めまぐるしく体位を変えられ、オーガズムどころか気持ちよくなる前に次の体位に移ったりされると、まるで「体位の勉強会」「体位の実験台」になっているみたいで、不満に思う。しかし、しっかりとその体位でも気持ちよくされ、イカされると、むしろ女性としてもセックスの世界が広がっていくような気になり、大歓迎だ。

 ここで言っているアクロバティックな体位とは、具体的にどんな体位か。正常位なら、閉脚の屈曲位、V字開脚の直角正常位、寝たままロディオなど。側位なら、開脚のクロス側位(表側、裏側)、開脚の横向き寝バックなど、バックなら、開脚寝バック、跪きバック、片脚上げ四つん這いバック、片脚上げ立ちバックなど。女性上位なら、クロスや横向きの女性上位、背面のけぞり女性上位など。立ち位だと、片脚上げ立ち位や駅弁、背面駅弁などだ。

 セックスに慣れない間だと、こうしたアクロバティックな体位は、どちらかというと遊びの体位、結合部をよく見えるようにするためのAV的な体位、というイメージが強いと思う。実際、僕もそう思っていた。ましてや、こうした体位で女性をイカせることなど、難しいと思っていた。
 ところがだ、女性が十分に興奮していると、これらのアクロバティックな体位でも、女性はあっさりとオーガズムに達することができる。中には、連続でイキまくる体位もあるし、開脚寝バックやクロス側位など、イキっぱなし状態にもっていくことも可能な体位もある。

 これらのアクロバティックな体位でイカせたあと、女性に「クロバティックな体位って、AV的でイヤじゃないの?」と感想を聞いたことがある。その女性がMっ気が強いということもあるかも知れないけど、アクロバティックな体位って、「やられている感」が強いのだという。なるほどね。

 確かに、「抱きしめ正常位」のように、抱きしめ合ってキスをするような体位に比べたら、これらは皆、不安定な姿勢だし、男に「好きなようにやられている」という感じはするだろうね。
 ただ結合しているだけならまだいいが、ピストン運動をされると、気持ちよさが加わるので、「やられている感」が半端ないとのこと。そんな萌える状態で、オーガズムまでもっていかれると、女としても、違和感を覚えるどころか、新しい快感の世界を教えられるようで、むしろ歓迎とのこと。

 もっともイキにくい女性が、こうしたアクロバティックな体位でイクことは難しい。姿勢の維持に神経がいって、快感の世界に没頭できないのだ。もちろん、体の硬い女性も難しいかな。
 アクロバティックな体位でイカせるためには、その前に、普通の体位でさんざん、気持ちよくさせておくか、何度もイカせておいて、イキやすい体にしてから、体位変換するといい。一度でもアクロバティックな体位でイカせてあげると、今度は女性の方が、その体位をして欲しくなるものだ。




スポンサーサイト
[PR]

立ち正常位

 男女とも直立に立った状態でペニスを膣に挿入して、抱きしめあう体位が可能なんて、若いころは考えもしなかった。同じ体位を、ベッドの上では時たま、することがあるのにね。定着した名前もないようなので、ここで「立ち正常位」とでも名付けておきましょうか。
 さすがにAVでもこの体位はあまり見かけない。もっともその理由は見た目の過激さがなく、結合部分が全く見えないので、絵的にインパクトがないからだろう。おまけに男も激しく腰を振ることができず、動きも全くない体位となってしまうので、見栄えがしない。

 ところが、駅弁をするようになってから、たまに床の上で、駅弁の姿勢から女性に両脚を床に降ろさせてみたことがある。あまりに身長差があると、女性の足が床につかないけど、大抵はなんとかなる。
 すると、案外、ペニスも抜けることなく、しっかりと膣内に収まっている。まあ、駅弁をする時って、男もペニスがカチカチの時しかしないし、そもそもそれなりの長さのペニスでないとしないものだ。
 
 「立ち正常位」のいいところは、密着感だろう。しかも、抱きしめ合ってキスもできる。欠点は、男女とも、姿勢を維持するのに精一杯で、腰を動かせないことだ。歩いて移動するにも、二人三脚みたいに、息を合わせてやって数歩、動けるぐらいだ。なので、長時間は続けられないかもしれない。
 駅弁からこの体位になったのであれば、また女の両脚をヒョイと腕で抱え上げると、もとの駅弁に戻れるので、鏡の前とかに移動したいのであれば、駅弁に戻ってから移動すればいい。

 この体位を鏡の前でしてみると、実に美しい。傍目には、挿入しているようには見えず、ただ全裸で抱き合っているように見える。しかし、挿入されているという事実が、女の気持良さそうな表情や、体全体の緊張感にそれとなく出ている。動けない、という制約が逆に二人を興奮させる。動かせるのは、互いに相手をきつく抱きしめている両手と、激しく吸い合う唇だけだ。
 この体位で射精までもっていくのは難しいけど、はじめからイク寸前の状態にしておいてから、この体位に移行すれば、なんとか射精は可能だ。

 例えば、セックスショーなんかの舞台で、この姿勢で抱き合っている男女が舞台に立つというのもかなりエロいと思う。静かに幕が開けられると、観客は全裸の男女がただ抱き合ってキスしているものと思う。
 ところが、やがて二人がもぞもぞとしながら、皆の目の前でオーガズムを迎えてしまう。それでもまだ抱き合っている二人。「あれ?」という表情の観客らが固唾をのんで見守る中、柔らかくなったペニスが抜け落ち、男の股間の後ろから見え隠れしたかと思うと、精液が糸を引きながら舞台の床に垂れていき、観客はここで挿入されていたこと、そして射精したことを知る。このまま幕を降ろしてもいいし、正面を向いて互いの股間から精液を垂らしながら、挨拶をして立ち去ってもいい。




対面立位

07.23.2016
対面立位

 男女が互いに向かい合った状態で立ちながら、結合する体位で、あまりポピュラーな体位とはいえない。僕もアダルト・ビデオで見たり、自分で実際にしてみて、初めてこんな体位があり、やろうと思えば可能、ということを知った。

 この体位は、肉体の構造からいって、多少の無理のある体位なので、男性が女性よりも背が低かったり、男性のペニスが短く、かつ柔らかめだと、直ぐに抜けてしまうか、挿入そのものが不可能だ。また、女性が大柄だったり、膣の位置が極端に 「下付」 (お尻の穴側に膣が寄っている) でも、不可能だ。

 男女とも肩幅で立ったままだと、いきなり挿入するのはかなり難しい。女もがに股気味になって股間を突き出し、男も中腰になって腰を下から突き立てなければならないからだ。どうしても立った状態から、挿入したければ、女の片脚を膝を折りながら持ち上げて、股間の割れ目を露出させるのが一番だ。
 AVには、よくこの女が片脚を挙げた状態での、変則的な 「対面立位」 が使われている。この方が、結合部も見えやすく、AV的なせいもあろう。強いて名付けるなら 「片脚挙げ対面立位」 とでもなるかな。片脚になると、女の姿勢も不安定になるので、壁際に女の背中を着かせて挿入、スラストすることが多い。

 ところが、これ以外にも流れの中から自然に 「対面立位」 にもっていくいい方法がある。それは座位で結合した状態から、男がベッド脇に移動し、両足を床につける。この状態から立ち上がれば駅弁となるが、そうせずに、ペニスが抜けないように女のお尻を抱き寄せておいて、男が立ちながら、女の両足も床に降ろしていくのだ。

 ペニスが長く、十分に硬ければ、深く挿入した状態で、二人して向かい合いながら立つことができる。但し、激しくというか、あまり腰を振ることはできない。しかし、このやり方のいいとところは、壁際でなくても、 「対面立位」 ができる点にある。
 動きはないものの、全裸で抱き合い、性器を結合させながらキスするというのは、なんとも興奮するシチュエーションだ。それは女も同じで、なによりもこんな体位が可能なんだ、という驚きも加わって、なかなかエロチックだ。横に鏡とかがあると、完璧かな。

 もっとも、ペニスの角度からいって、必ずしも膣内の快感スポットを直撃できないので、この姿勢でイクことは難しい。また、歩いて歩けないこともないけど、かなり遅い歩みとなるし、途中で抜ける可能性もある。

 しばらく 「対面立位」 を楽しんだら、その姿勢から片脚の膝に腕をもっていって持ち上げ、もう片方も同様にして持ち上げて、駅弁にもっていくのがいい。この方が、男の逞しさも強調されるし、男の好きなようにされている、という刺激も加わる。

 駅弁になると、室内を移動するのも自由だし、女の体を上下に揺することもできるし、壁際に女の背中をつけて男が突きまくることもできる。




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: