FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

座位のバリエーション

 座位と聞いたら、多くの人は、ベッドの上で男女が両脚を投げ出し、上半身を起こした状態で結合する体位を思い浮かべると思う。これって、正確に言うなら、対面座位だ。当然、座位には背面の座位もありうる。背面座位も加えると、座位のバリエーションは、結構あるものだ。

 対面座位にしても、男が女の下に腰を入れて限りなく、女性上位の形で結合するものから、徐々に女の体を後方にずらしていき、互いに同じ高さで結合するものまである。当然、前者の方が深く入り、後者になるに従って、結合は浅くなり、抜けそうになる。男にとっては、ペニスの上側に女の体重の圧力がかかるので、快感はほとんど無いので長時間、耐えることはできるけど、圧力が強すぎると、ペニスが痛くなるかも。

 しかも浅くなるほどに、動くと抜けてしまうので、動けなくなる。まあ、じっと抱き合ってキスするなら、腰の動きは不要だけど、下半身が離れていって、上半身だけが密着するというのもアンバランスだ。

 この状態から、さらに女が両手を後ろに着いて、上半身を後ろにそらせることもある。男も同様にすれば、真横から見たらV字に見える。しかし、ここまでくると、座位といよりは、限りなく女性上位の変形になってくる。
 しかも、この姿勢では、男は絶対に腰を動かせない。女が動かすしかないけど、それでもペニスの上側しか刺激できないので、射精にいたることはない。まあ、結合部は丸見えとなるので、どちらかというと、AV的な体位かな。

 座位というのは、やはり、上半身が密着しているか、近づいているものを指して呼ぶべきだと思うね。座位のいいところは、女性が上側から深く結合した状態で、なお且つ上半身を抱きしめあうことができる点にあると思う。

 問題は、この姿勢って、女には楽だけど、男にとっては、背中を曲げなければいけないので、長時間は難しい。これを解決するいい方法がある。それは、椅子を使うことだ。できれば、背もたれつきで、左右に肘掛けのないのがいい。男が椅子の深く腰掛け、その上から女性がまたがるのだ。女性が恥ずかしがるようだったら、駅弁から移行してもいいけど、駅弁というハードな体位の後には、やはりV字開脚正常位みたいな、ハードな体位が似合うので、やはり、女性にまたがってきてもらうのがいいかな。
 シティー・ホテルにはこうした椅子が常備されているけど、ラブホテルにはソファーはあっても、こういう椅子がないのが不満かな。

 背面座位は、それほど男にとっても負担はないので、長時間、続けられる。しかし、肝心の抱きしめ合うということができないのが欠点だ。せいぜい、後ろから抱きしめ、両手でおっぱいを愛撫するぐらいかな。女が振り向けばキスは可能だけど、長時間は難しい。 まあ、敢えて焦らすのなら、背面座位もいいかも。そんな場合は、キスしながら、右手でおっぱいを、左手でクリを愛撫するのが効果的だ。

 背面座位へは、背面での女性上位から、男が上半身を起こすのが一番、自然かな。四つん這いバックから男が倒れ込む方法もありそうだけど、なんか抜けそうであまりやった記憶はない。
 背面座位から、鏡の前に移動して、女の両脚を大きくV字に開いてもいいし、起き上がって、背面の駅弁に移ってもいい。こうしてみると、はやり背面の座位も、つなぎの体位ということになるのかな。

 もし、背面座位を長時間楽しむなら、対面座位と同様、椅子の上で結合するのがいい。できれば、これも鏡の前なんかでやると、それほど動きがなくても、結構、卑猥だ。それにシティー・ホテルの椅子って、必ず机と鏡の前にあるので、ごく自然に鏡の前でのセックスとなる。
 ソファーにはソファーの活用法があるけど、ラブホテルには是非、座位のための椅子も置いて欲しいね、それも鏡の前に。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 12:00 | セックスの体位 (座位) | CM(0)
座位へのもっていきかた

 セックスを始める時に、いきなり座位から挿入することはまずない。通常は、正常位から女性上位への体位変換の時に、座位になることが多いと思う。その逆で、女性上位から男が起き上がって座位へいくこともあるだろうが、このパターンはあまり多くはないのではないかな。女性上位から男が体位を変えるとしたら、主導権を握れる正常位や、四つん這いバックのに移行したい時が多いからだ。なので、座位になったとしても一瞬で、座位になることを目的として、体位変換をすることはあまりない。

 僕にとっての座位は、正常位での激しいスラストのあと、少しペースダウンしたい時の体位というイメージが強いかな。あとは、駅弁をする前の準備的な体位というイメージもある。この時は、座位そのものを楽しむというよりも、座位になった瞬間、そのまますぐにベッド脇に移動していって、「スッ」 と立ち上がる。予告も何もなく、座位になってから10秒以内にはもう、駅弁になって、部屋中を歩き回っているかな(笑)。

 いきなり座位からセックスを始める、ということもなくはない。男が仰向けに横たわり、女が乳首を舐めてきたり、フェラしてきて、フル勃起状態となり、男も女も「挿入準備完了」となった時など、そこから女を押し倒して正常位で入れるというのも、雰囲気が壊れる時がある。

 そんな時は、女に 「そのまま、上に乗ってきて」 と言って、女の体を抱きあげて引き寄せる。たいていの場合、ここまでくると、女の方も恥ずかしさも消え、勃起したペニスを握って狙いを定め、上から跨がってくる。だけど、いくらとおまんこが濡れていても、さすがに大きなペニスは、女の方としても入れにくいようで、入り口にあてがっては、モソモソとしている。こんな時、僕はあえて協力せず、じっと女のなすがままにしている。すると、さすがに女の方も我慢できなくなるのか、意を決して本気で大きなペニスを飲み込もうとする。こうして挿入した方が、全部入った時の女の反応も凄い。

 挿入後、すぐに腰を振ってくる女は少なく、多くはまるでペニスの大きさや硬さを味わっているかのように、じっとしている。こんな場合、僕はすぐに上半身を起こして、座位の形になり、おっぱいを舐めたり、キスしたりと、しばらくはまったり系の結合を楽しむことにしている。これって、女には焦らしにもなるので、我慢できなくなった女の方から、自然と腰を振ってくるものだ。そうなったら、もう一度仰向けに寝て、女性上位になり、好きなように腰を振らせることが多いかな。

 この挿入の時に、男が仰向けにならず、上半身を起こした状態でいると、いきなり挿入段階から座位の体位となる。但し、これって、ペニスがカチカチに硬く、しかも一定の長さがないと難しい。女性にとっても、女性上位での挿入以上に、座位での挿入は難しい。ペニスが真下にくるのでよく見えないし、かといって、自分の手で握るほどのスペースもない。

 なので、座位で挿入する時、僕は、自分の右手でペニスを握り、真上に向けて、亀頭部分を女の割れ目にそってなぞりながら、女に亀頭の位置を教えるようにしている。あとは、女の方から体を前後に調整して、亀頭の真上に膣の穴をもってきて、体を沈めるだけだ。この時、互いの位置に多少の誤差が生じるので、ペニスが柔らかいと、すんなりとは入らない。反面、この状態で奥まで入ると、ペニスの硬さ、長さ、力強さが女にも強調されて、心理的な効果は、正常位や女性上位での挿入以上のものがある。

 せっかく、座位で挿入したら、すぐに他の体位に移行せず、しばらくはペニスの力強さを味あわせてあげたいものだ。実際、女の方も、座位から挿入すると、ペニスの硬さに圧倒されるのか、興奮状態もいつもと違う。動きにくいこともあるのか、しばらくはじっとしてペニスを味わうことが多い。

 大きさに慣れ、動きが欲しくなってくると、自分が主導権を握れることを思い出したかのように、にわかに激しく動き出してくる。それは、自分がイクためというだけでなく、座位のまま男を射精させたがっているかのようだ。 「この硬いペニスを楽しまなくっちゃ」 という思いなのか、 「私が精液をしぼりとって、この硬いの、柔らかくさせちゃうから」 と挑戦的になるのかな。女性上位では恥ずかしがってあまり動かない女でも、座位となると、恥ずかしげもなく激しく動き出すのは、抱き合っているので、男に腰を振っている姿を見られることがないからかな。

 いずれにせよ、挿入の段階からスタートした座位は、他の体位から経由した座位とは、興奮度がまるで違ってくるから、おもしろい。




    posted at 12:00 | セックスの体位 (座位) | CM(0)
女性が座位を好む理由

 女性は座位が好きだ。なぜって、下半身を男と深く結合しあいながら、上半身で男と抱き合うことができるからだ。目を開ければ、快感に耐えている男の顔を見つめることもできるし、目を閉じて男と長いキスをかわすこともできる。
 そう、女にとって大切な、相手の愛情を最も感じ取ることのできる、ロマンチックな体位が(対面の)座位というわけだ。

 そもそも、対面で合体すること自体、バックなどに比べて、進化したヒト(と、ごく一部の霊長類)のみがなし得る、文化的な体位だ。なので、対面で交わったら、抱き合って、キスをしない手はない。ちょっと姿勢に無理があるけど、顔を下げると、おっぱいも舐めることができる。

 同じ対面の体位でも、正常位は、通常、男が主導権を握っている。逆に、女性上位となると、(少なくとも表面上は)女が主導権を握る体位となる。
 座位は、主導権という点では、ちょうど中間にあって、恥ずかしがり屋の女性でも、座位になっても、それほど抵抗感はない。 

 それでも、女から進んで座位になることは少ない。これは、座位というのは、一見、対等に結合しているようで、実は、男のペニスの上に女がまたがる、女性上位の形だからだ。そもそも深く結合できない体位なので、ペニスが抜けないようにするために、男は女の下に腰を入れて、より深く結合しようとする。

 その状態で、女の上半身を抱きしめるには、男は背中をぐっと曲げなければならない。男にとって、実は、座位というのは、長時間、続けるにはしんどい姿勢でもある。しかも、この状態では、あまり激しく動けない。女の方から腰を前後、あるいは上下に動かさない限り、スラストは難しい。なので、男は普通、座位では射精しない。

 一方、女性にとっては、結合の形は女性上位と同じなので、快感のレベルも女性上位と変わらない。そのうえ、男と抱き合えるし、キスまでできるので、もっと続けて欲しい、と思う体位だ。
 女性の中には、正常位やバックではなかなかイケなくいても、座位ならイケる、という人もいるぐらいだ。きっと、挿入の深さやペニスの角度の関係で、ちょうど快感スポットである膣天井か、膣奥に当たるのだろう。

 座位になってみて、女性がものすごく感じているようだったら、男としてはできるだけ長く、座位をしてあげたいものだ。女の反応は、女の方からキスを求めてきたり、頼みもしないのに自分から腰を前後に振ってきたりするので、すぐに分かる。
 女から腰を振ってくるのは、絶頂トップラックに乗りそうな気配を感じているからだ。なので、そうなったら、女に主導権を与えて、好きなように腰を振らせ、キスには激しいキスでお返しし、女をイカせてあげたいね。

 男が思う存分に腰を振って、射精するのは、座位から正常位に移ってからでいい。一度、座位でイッているので、この時の女の感じようも半端ではない。柔と剛、優しさと激しさのバランスが、女には堪らない刺激となるようだ。





    posted at 00:00 | セックスの体位 (座位) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: