FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

騎乗位ー女の姿勢で変わる二段階の深さ

 僕のペニって最大限に勃起すると、真っ直ぐではなく、バナナ型に曲がってしまう。バナナ型というのは、日本刀のように上に反り返って、おへそにくっつくようになるのではなく、反対に下側に反るのだ。なので、ペニスそのものはお腹の方に向って首をもたげても、下側に反っているので、真横から見たら、水平に勃起しているように見えてしまう。おまけに、ゆわゆる「コブラ型」というペニスで、亀頭とその直ぐ下の棹の部分が太くなっていて、そこから根元にかけては、すーっと伸びている。

 こうした形状のせいか、女性上位で女性から跨がるのも簡単にはいかない。膣口を通過するところで痛がる女性が多く、すんなりと奥まで入ったためしがない。正常位でも挿入時には痛がる女性が多いぐらいだからね。自分から好んで痛いことをしたがる女性がいるわけがない。挿入の途中で痛さに耐えられずに、一旦抜いて、再度、トライする女性もいれば、ゆっくりと時間をかけてなんとか根元まで飲み込む女性もいる。

 何度もこういう経験をしているので、女性上位が女性主導のセックスで、M男を責める体位であるなどとは、一度も思ったことがない。たとえ何とか根元まで飲み込んでも、あまりのきつさと快感で、もう今にもイキそうとなり、とても自分から腰を振れるような状況でもない。そんな時に僕が下から腰を振ってあげると、あっさりとイッテしまう。イッテもイッテも腰を振り続けると、どう考えても僕が女性を責めていることになるんだけどね。

 それはさておき、こういう形のペニスなので、女性が対面の女性上位で跨がって来ても、ペニスがお腹側に向って圧迫されるので、根元近くの棹がお腹に着き、バナナ型にカーブしたペニスの2/3ぐらいしか、挿入されないことがある。それでも、18センチあるペニスなので、女性にとっては15センチぐらいは入っている感覚になる。しかもコブラ型なので、挿入感は半端ない。
 大抵の女性は、これが女性上位だと思い、そのまま前後の動きを始める。これだけでも、女性にとっては十分に気持ちいいと思うが、僕としては、中途半端な挿入感なので、どこかで奥まで入れたくなってしまう。そこで
「まだ、全部はいってないんだけど………」
「えっ……うそ」
「ほんとだって、じゃあ、膝を起こしてM字開脚で跨がってみて」
「痛っ……」といいながらも、何とか大きなペニスを飲み込んだまま、M字開脚になる。いこうすると、寝かされ気味だったペニスも真っ直ぐに立ち上がるので、18センチの全貌が姿を現わす。
「うわっ……あっ、奥まで届く………」
「だからいったでしょう?」
「すごい、なんかお腹の奥まできている………」

 男の僕が聞いても生々しい描写だ。先ほどとはまるで違って、お腹の奧の方まできているペニスの姿が、まるで見えるかのようだ。
「その格好で今度は上下に動いてみて」
「こう?」
大抵の女は、たった2~3センチの上下動しかしてこない。これって、多くの男がスラストしていても、実際のペニスはたった2~3センチしか動いていないのと同じだ。
「そう。もっと大きく動かせる? 亀頭が抜けるギリギリまで腰を上げて、そしてまた根元まで入れて………」
女性の体をリードするかのように、持ち上げる時に両手で支えてあげる。
「ああ………やだ、これ……お腹の奥まで来る………」
「これが上下動の女性上位だよ」

 しかし、ほとんどの女性は、膣への刺激が強すぎるのか、自力でこの動きを続けられる女はまずいないかな。
「これ、きつい………」
「じゃ、前後の動きにもどす?」
「うん」となる。しかし、もうペニスのフルサイズを飲み込んでいるので、前後に動いても、快感は先ほどとはまるで違う。僕がじっとしているだけでも、女の方で勝手に登り詰めてくれるから楽だ。

 しかし、僕のペニスの形の威力がさらに発揮されるのは、背面でのM字開脚で跨がる体位だ。奥まで入るだけでなく、亀頭部分の膨らみが、女性が背面になった結果、膣天井を直撃するからだ。前後に動かしても、上下に動かしてもね。
 イッテぐったりした所で、今度は僕の方から腰を上下に激しく打ち付けると、もうイキっぱなし状態となる。しかも、女を拘束しなくたって、もう自分からは身動きできない状態だからね。心の中で、「女性上位を甘く見たら、痛い目に遭うよ!」と思いながら、ペニスの大きさと形状を最大限に生かしながら、何度も何度もイカせる僕であった。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | セックスの体位 (女性上位) | CM(1)
女性上位での男の気遣い

 とある女性とセックスしていて、バックで何度かイカせたあと、一旦抜き、僕がベッドに横たわって、女性に対面で跨がってもらい、女性上位になった時だった。バックの前の側位でもさんざんイカせた後だったので、膣も広がり、ヌルヌルに濡れていたの、すんなりと大きなペニスを飲み込むことができた。
 その手際よい跨がり方から、セックス慣れしている感じの女性だった。Mっ気の方が強いけど、多少はSっ気もあるということなので、どんな腰の振り方をするのか、楽しみでもあった。ほとんどの女性は上下の動きではなく、前後の動きをしてくるから、上下の動きを期待していた。

 ところが、すっぽりとペニスを飲み込んでも、彼女は腰を動かそうとはしなかった。別に痛がって動かないのでもない。僕を焦らしているわけでもない。両腕を後につくジェスチャーと小声で、僕の両膝を立てて欲しいというサインを送ってきた。下から突き上げて欲しいのかなと思い、両膝を90度に立てると、両手を後ろに回して太股にあてがってきた。
 その姿勢で動くのかなと思いきや、今度は90度に立てた両膝をもう少し下げてという仕草をしてきた。言われるままに、両膝の角度を30度ぐらいにすると、両手を少し持ち上がった太股の上で上体を支えながらと、こ慣れた腰使いでに前後に動かし始めた。かなり激しい動きで、僕をイカせるというより、自分でイコウとしているのが分った。

 「クリに当る?」と聞いても、軽く頷くだけで、もう自分の世界に入っていた。どうやら、これがいつもの彼女の女性上位のスタイルらしい。激しくもリズミカルな動きから、相当、やり慣れている感じがする。激しく動いても安定した軌道で動く腰を見て、彼女が僕に両膝を軽く立てて欲しいと要求してきた訳が分った。
 彼女が腰を後の引いた時、斜めになっている僕の太股が緩衝帯となって、必要以上に腰が後にさがることなく、むしろ当った反動でまた腰を前に振ることができるからだった。これだと絶対に抜ける心配もないしね。

 このことが分ってからは、カレシとセックスしている時、女性上位になるといつもこれをやっているんだな、というのが分って、なんか彼女の知らない一面を見たようで面白くもあった。でもこれって、男から長時間、激しく腰を振られ、たっぷりとイカされていないからかな、という思いもよぎったかな。

 それはともかく、始めた会ったばかりなのに、僕をカレシ代わりにして、自分から何度目かのオーガズムを得ようとしている彼女がかわいくもあった。それに側位、バックと激しく動いていたので、少し休憩の意味もあった。張りのあるおっぱいと腰のくびれが下から見ていてもいい眺めだった。やがて彼女の表情が変わり、腰の振りが早くなったかと思うと、僕の上で小刻みに腰を痙攣させながら、恥ずかしそうなそぶりもなくオーガズムに達した。

 少しの休憩を得られたので、ここで攻守交代だ。そのまま座位になると、ベッド脇に移動し、お尻をもって彼女の上体を上下に動かした後、首につかまってもらって、駅弁になった。生まれて初めての駅弁だったようで、驚いている。駅弁の後も、お約束のベッド脇でのV字開脚などさんざんイカせてあげた。はやり、Mっ気の方が強いと言うだけあって、激しく動く男に与えられる快感の方が彼女にはいいみたいだった。
 それはともかく、女性上位にしたら、さりげなく両膝を軽くあげて、太股を斜めにし、女性のお尻の緩衝帯にしてあげる、という新たなテクを女性から教えられた、忘れがたいセックスであった。




    posted at 00:00 | セックスの体位 (女性上位) | CM(0)
女性上位での挿入方法(1)

 正常位から座位を経て女性上位に体位変換した場合は、結合したままだけど、フェラなどを経て、女性が主導権を握って女性上位から挿入する、という場合、実はいろいろなやり方がある。

 対面であれ背面であれ、一番やりやすくて皆がやっている方法は、仰向けに寝る男の股間の上で、女性が片膝をついてた状態からもう片方の膝を90度に曲げて、ペニスの棹の部分を握り、角度を調整しながら膣穴にあてがい、ゆっくりと体を沈めていくというものだろう。
 
 これって、女の姿勢的には楽だけど、実は案外、挿入が難しい。というのも、女の上体がどうしても斜めになりがちなので、亀頭が膣口を捉えても、ニュートラル・スラストになりずらく、途中でひっかかってしまうのだ。特に、大きなペニスの場合、「ヌルン」と一気に入らないし、時には痛みを覚えて、途中で止めてしまうこともある。
 体の柔らかい女性なら、上体を真っ直ぐに修正できるけど、それでも股間回りは、片膝を着いているので、斜めのままとなる。

 膣の角度と棹の角度を一致させ、ニュートラル・スラストになるようにするには、両膝を着いて挿入するやり方がいい。この方が女性の姿勢も安定する。但し、横たわる男の下半身が太っていたり、女性の脚が短かったりすると、亀頭と割れ目との間が短くなるので、調整がしにくくなるという欠点がある。あと、男からも棹の部分がよく見えないので、「女に好きなようにやられている感」に乏しいかな。

 両膝をついた状態でスムーズに挿入するには、亀頭をクリ側からではなく、お尻の穴側から亀頭を滑らせた方が入れやすい。おまんこの穴って、童貞の男が思っているよりもお尻の穴側にあるものだけど、女性も案外とこの事実を自覚していないようだ。これをするには、通常は女の体の前に手を出して棹を握るところを、体の後に回して棹を握るといい。

 三つ目のやり方が、女が完全にM字開脚をして男の股間に跨がるというものだ。これって、男にとっては、最も「やられている感」が強くなるし、女にとっても、「男を好きなようにしている感」が強くなる。難点は、女の体が柔らかくて、一定の筋力がないと、この姿勢を一定時間、維持するのは難しい。それと下が柔らかなベッドだと、体がぐらついて入れにくい。

 この姿勢だと、両膝を着くのと同じで、ニュートラル・スラストになりやすいので、慣れてくれば、「ヌルン」と奥まで挿入することも可能だ。但し、やはりペニスが大きいと、抵抗感も強く、痛みもあるので、そう簡単にはいかない。ほとんどの女性がゆっくりと腰を沈めてくるのは、粘膜が擦れる快感を味わいたいというよりも、大きさに慣れるまで、恐る恐る入れているからだろう。

 男からみたら、この3つのやり方のうち、女性が両膝を着くのが女性上位の初心者向けで、男にとっても棹がよく見えないので、あまり興奮はしない。片膝着きは、棹も丸見えだし、女の恥じらう姿も見えるので、一番、萌えるかな。難点は、大きなペニスだとすんなりと入らないことかな。そして、最後のM字開脚での挿入は、もう限りなく逆レイプに近い。M男、S女にはもってこいの姿勢だ。

 この時の男の気持ちって、体験したものでないと分らない、何とも言えないドキドキ感がある。対面だと、恥ずかしそうにしながらも欲情している女の表情も見えるし、棹を握られ、敏感な亀頭が濡れた割れ目の粘膜に触れるだけでもゾクゾクするのに、そこからさらに女の熱い粘膜に飲み込まれていく感触って、本当に痴女に犯されているような感覚になる。
 きっと、正常位で男に挿入される直前の女の感覚って、こんな感じなんだろうね。熱い亀頭が割れ目やクリに触れると、もう少しその感覚を味わっていたいという思いと、早く入れて、という待ち遠しい気持ちとが交叉する。

 因みに、この時、まだ女の愛液が十分に濡れていなかったら、濃厚なフェラをして亀頭部分を唾液でぬらしておいてくれると、さらに気持ちいい。もちろん、理想は女のヌルヌルした愛液が潤滑油になることだけど、これって、女の興奮度も男に伝わるのだ、より萌えるのだ。あるいは、男の我慢汁で濡れている亀頭というのも、女には興奮材料だろうね。 唾液といえば、挿入前に、顔面騎乗クンニをして、一度イキ、股間を愛液と男の唾液でベトベトにしてから、挿入するというのもいい。

 あと、女性の股間回りに陰毛が生えていると、実は亀頭をスリスリされた時に、ヘアーに触れて、ちょっとした痛みを覚えることがある。この時ばかりは、少なくとも大陰唇回りのヘアーは剃っておいてくれた方が男としてはいいかな。パイパンならもう完璧だけどね。いたいけない少女のようなおまんこをしているのに、イヤらしく男のペニスを自分から飲み込もうとしているギャップが何とも言えない。




    posted at 00:00 | セックスの体位 (女性上位) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: