FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

ペニスの硬さと異物感の変化

 女性にとって、膣内に入ってくるペニスって、基本的に異物である。男にとっては、膣内に挿入するのって、本来入るべきところに入ったという感じで、温かかく、ぬめぬめしていて気持ちいい。なので、間違って異物の中に入れてしまった、という感覚は全くない。しかし、女性にとっては違う。そもそも膣内って、粘膜でできているので、感覚は通常の皮膚と比べ、格段に敏感だ。おまけに、痛みもあれば、快感もあるという場所だ。

 女性にとっての理想的な挿入は、愛撫の流れの中で、気がついたら互いの体が合体していた、というものであると書いた。これって、異物感ゼロの自然な挿入を意味している。しかし、いわゆるポリネシアン・セックスの場合を別として、イカせるためには、多少の異物感も必要だとも書いた。

 ところで、とある女性と非ピストン系のスラストの「実験」をやった時のこと。女性の口から、非ピストン系の場合には、ペニスの長さや太さの他に、硬さも大事、というコメントがでた。確かに、ペニスが柔らかければ、奥深く入れたまま腰を回転しても、たいした刺激は生み出さない。
「ということは、やはりペニスにとっては硬さが一番大事だということ?」
「そうね、でもあんまり硬いと、異物感がでてくるけど」

 これは僕にとってハッとさせられた一言だった。そうか、女性が感じる異物感というのは、硬さと密接に関係している、ということに気がつかされたからだ。

「でも硬い方が気持ちよくない?」
「カチカチのオチンチンで乱暴に中をかき回されたら、痛いだけだし、ものすごく異物感があるよ」
「でも、僕のも大きいだけでなく、硬くない?」
「すごい硬いよ」
「じゃ、異物感がないの?」
「ないかな、これって、相性の問題なのかな」
「分った、好きでもない男のペニスだと、カチカチだと異物感があるけど、好きな男だと、異物感が快感にかわるということかな」
「そうかも」
「確かに、無理やり入れてきた男のペニスがフニャチンだったら、入れられている感じがあまりしないよね。それでいて小さかったら、入っているのかいないのかも分らないぐらいだからね」
「確かに」
「だけど、好きな男のだったら、硬い方がいいでしょ」
「そうね、硬い方が嬉しいかな」
「柔らかいと、私の体、そんなに魅力ないのかな、って思ってしまうよね」
「女の子はそう思っちゃうかな。それに、硬い方が気持いいし」

 こんな会話を交わしながら、昔、フーゾクの女性と、ペニスの硬さについて話したことを思い出した。硬い方がいいにきまっていると思っていた僕に対し、「カチカチだと痛いから、硬すぎるのも善し悪し」とか言っていたのを思いだした。好きでもない男を受け入れる女にしてみれば、硬いペニスは、たとえ痛みを感じないにしても異物感を感じるんだろうね。一日に何本ものペニスを受け入れる女にしてみれば、小さめで、なんとか挿入できるぐらいの柔らかいペニスの方が、痛みもなく、異物感もないので、楽ちんだろうね。

 しかし、好きな男とセックスする場合となると、話が違ってくる。大きくて硬い方が、女としても嬉しくなるし、膣が感じる快感も桁違いに大きなものとなる。
 いや、異物感を感じるペニスというのは硬さと関係しているだけでなく、相手との関係によっても感じ方がまるで逆になるということだ。女性の膣と心って、なかなか複雑だね。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | 膣の中のペニス (女から) | CM(0)
「まだ抜かないで」 VS 「早く抜いて」

 生、中出しの場合は、女に 「まだ抜かないで」 と言われることはあっても、「早く抜いて」 と言われることはない。もう中に出してしまっているし、中出しを許してくれる女なら、愛し合っているから、ずっと繋がっていたいと思うからだ。
 それに、中に出された精液がこぼれ出ないように、ペニスで蓋をしてもらっている意味もある。段々、小さくなっていくと、精液もこぼれ出てしまうけど、硬かったペニスが膣内で小さくなっていく過程というのも、面白いものだ。

 しかし、スキンつけての射精だと、まだ硬いのに 「早く抜いて」 言われることがたまにある。そこまで言葉ではっきり言わなくても、結合部に手をやって、スキンがしっかりとついているか、確認する女もいる。精液が漏れるのが怖いというのも分るけど、まだ硬くてその心配がないのに「早く抜いて」言われると、男としては悲しい。余韻を楽しみたいのに、まるで受け入れを拒否されているみたいに感じてしまうからだ。どんなに気持ちいい射精をしても、この一言で興ざめしてしまう。まあ、フーゾクなら仕方ないにしても、そうでないとなおさらだ。

 確かに、スキンを着けた状態で射精し、ペニスが柔らかくなるまで膣内に留まっていると、やばいことになりかねない。ペニスが小さくなったために、スキンとの間に隙間ができ、そこから精液がこぼれ出てしまうのだ。もっとも、スキンの口がちゃんと膣外にあれば、こぼれ出た精液はお尻の穴の方にながれるので、膣内に入ることはない。

 しかし、スキンの口が膣内に入り込んでいると、中に漏れることもある。一度だけ、抜こうと思って結合部を見たら、小さくなったペニスとの隙間から精液が流れだし、しかもスキンの口も膣口付近に残っていて、焦ったことがあった。慌ててスキンの口を指先でつかみ、小さくなったペニスごと、スキンを 「救出」 することができた。この経験があってからは、スキンをつけている場合は、適度な硬さを維持している間に、抜くようにしている。

 なので、女性の心配はよく分かる。それでも、男としては、「早く抜いて」と言われると、なんかまるで汚いものが膣内に入っていたかのような口調に聞こえて、悲しくなってしまうのだ。では、男を悲しませないで、早く抜いてもらうにはどうしたらいいか。男としては、「まだ抜いて欲しくないけど、妊娠も心配なので、お願い……」 とでも言ってくれれば、「そうだね、ずっと繋がったままでいたいけど、そろそろ抜くね」 となる。
 同じデリカシーは男にも言えて、黙って抜くのではなく、「ずっと繋がっていたいけど、精液がこぼれ出てもいけないので、そろそろ抜くね………」 と 言ってから抜けば、女も悲しい思いをすることがない。
 
 一度だけ、互いに好意を持っている女性とセックスし、スキンをつけて射精した後なのに、「早く抜いて」 と言われたことがある。しかし、この時だけは、それほど悲しくもならなかった。なぜかというと、最初に入れた時に彼女が大きなペニスを痛がり、一旦、抜いたあとの再開だったからだ。一旦、抜いた後に 「あそこが痛い、中の粘膜が裂けたかも」 ということを訴えていた。彼女としては、そのまま中断したかったようだけど、まだ射精していなかった僕が、やや強引にまた挿入してしまった。

 彼女が 「早く抜いて」 と言ったのは、精液がこぼれ出るのが心配だったのではなく、大きなペニスが痛かったのだ。僕が射精するまで痛みを我慢してくれていたということに気がつき、直ぐに抜いてあげた。こういう場合なら、悲しくなるどころか、逆に女をいじらしく思うものだ。




    posted at 00:00 | 膣の中のペニス (女から) | CM(1)
「こんなに長い時間入れていたの初めて」

 一回のセックスで、挿入している時間って、それほど長いわけではない。早漏の男だと、数分で射精してしまうし、タフな男でも、休みなく激しい突きを続けていたら、15~20分がいいところだろう。実際、僕の経験でも、15分もあれば、何度も女性をオーガズムに導くことができるし、最後はイキっぱなし状態にもっていくのも可能だ。女性の側のリクエストとしても、15分ぐらいは射精を我慢して欲しい、というのが多いようだ。

 この15分って、短いのか、長いのか? 見方によっては、短いともいえる。前戯から後戯まで1~2時間かけるとしたら、その中の15分というのは決して長くはない。逆に、イキ続けている女性には、時間の感覚もなくなってくるので、15分は長いと思うかもしれない。要は、短いと感じるか、長いと感じるかは、その間のオーガズムの回数と質にもよってくる、ということだ。

 ところで、ロングプレーとなると、挿入時間はもっと延びてくる。朝まで寝ないでセックスなんてなると、挿入と射精を繰り返し、休憩をいれてまた挿入、なんてことになる。トータルでの挿入時間となると、1時間は簡単に超えるものだ。こうなってくると、さすがに女性も膣に痛みを覚えたりすることもある。
 
 とある女性と、久々にロングプレーを楽しんだ時のこと。この日は安全日だったので、生で挿入し、何回でも中出しできる、ということだったので、こちらのペニスも絶好調だった。なにせ、早めに射精してしまっても回復すればまた中に入れられる、という安心感があるからか、我慢の限界がきて一回目の射精をするまでに案外、持ちこたえることが出来た。激しく動き続けたにも関わらず、1時間は入れっぱなしだったかな。

 その時、女性に時間を確認して、「もう1時間以上、入れっぱなしだよ」 と告げると、彼女も時計をみて、驚いていた。「すごい、こんなに長い間、入れていたことなかった」 と感激のコメント。これは男には意外だったね。そうか、女はしっかりと挿入されている時間を記憶しているんだとね。そして1時間以上も、入れ続けられたという新記録に、それだけ自分が激しく求められている、男も1時間以上、勃起を維持してくれている、ということに嬉しくなったようだ。

 さすがに1時間以上、入れ続けていると、互いの粘膜もぐちょぐちょの愛液と熱とで溶解してしまい、まるで股間が一つに溶け合ったかのような感覚になってくる。ペニスと膣の境がなくなってくるのだ。
 もちろん、こうした感覚を味わえたのも、生で挿入していたからで、スキンをつけていたら、絶対に不可能だ。愛液は永遠に交わることもないし、熱も遮断されてしまう。それに動き続けていないと、これだけ長い時間、勃起を維持できないだろう。生だと、動かなくても膣の感触が気持ちいいから、中で萎えることもない。

 まあ、これには互いの相性も大きいかな。男だけでなく、女も、入れているだけでとにかく気持ちいい、抜かないで、という感覚にならなければ、この境地にはいけないものだ。激しい動きのあるセックスもいいけど、時には、こうしたロングプレーもいいものだ。1時間でも2時間でも、互いの性器を結合したまま、抱き合い、キスしあい、いちゃいちゃする二人。
 
 これって、じっとして快感曲線がじわじわっと上昇してくるのを待つ、いわゆるポリネシアン・セックスともまた違う。じっとしていてもいいし、動きたくなったら、いくらでも好きに動いていいわけだし、射精したくなったら、何度でも射精していいセックスだからね。結果として、1時間も2時間もペニスが膣の中にずっと入っていた、というセックスになるだけだ。




    posted at 00:00 | 膣の中のペニス (女から) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: