FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

なぜ男のスラストは突く時に力が入るのか?

 おまんこの中に勃起したペニスを入れたり出したりするスラストというのは、円運動ではなく、ピストン運動である。つまり、行ったり来たりする運動だ。一見すると、行きも帰りも同じストローク、同じ時間、同じスピード、同じ力で動いているかのようにみえる。しかし、実際には、行きと帰りでは微妙に違うのだ。

 最も機械的に見える車のレシプロ・エンジンでさえ、点火による空気の膨張の結果、シリンダー内のピストンが下に力強く押し下げられる。下がったピストンは時間差で動く他のシリンダーの動きの力によってもとの高い位置に戻る。つまり、エンジンでさえ、押し下げる力ともとの位置に戻る力やスピードは微妙に違ってくる。

 ましてや、人間が腰を動かす場合、突く力と引く力とではまるで違って来る。セックスの体験談を読むと、男も女も 「ガンガン、突きまくった」 「激しく突きまくられた」 という表現を使う。男女ともに、スラストでは、引く力よりも突く力が強い、ということが感覚的にも広く認知されていることになる。

 では、なぜ突く時に力が入るのか? それはピストン運動の原理だから、と言ってしまえばそれまでだけど、人間の場合、それなりの理由がある。一つ目は、運動が開始する地点にある。スラストは、亀頭を膣口にあてがうところから始まる。つまりスラストは、突く動きからスタートするようにできている。粘膜の入口を前にして、入れたくてしょうがないペニスが、一気に奥まで力強く入っていくのは当然といえる。

 二つ目に引くよりは、突く方が力が入りやすいという肉体的な理由だ。人間の体は前に進むのに都合がいいようにできている。後ずさりは苦手なのだ。それは筋肉の構造による。突く動きって、身体の前側の腹筋などを使って行う。反対に引く動きは、身体の裏側の筋肉を使って行う。身体の全面の方が多くの筋肉がついているので、結果、前方向である突く方が力強く突ける、という訳だ。似たような動きは他にもいろいろある。相撲の押し出しもそうだし、例えば、包丁を砥石で研ぐときも、引く時よりは押すときに力を入れるものだが、これも同じ原理だ。綱引きだけは引く動きだけど、これは綱が柔らかいからだろう。

 なので、童貞であっても、初めてセックスでスラストする時は、ちゃんと突く時にしっかりと力を入れている。誰に教えられることがなくてもだ。
 ところで、セックスの経験を積み、スラストのテクも磨いていくと、突くだけが脳ではない、ということに気が付いてくる。なによりも、女の膣はペニスが引かれる時に快感を覚える、ということを知るようになると、引く時にも意識がいくようになる。

 具体的には、大きなストロークをするには、押してばかりではだめで、大きく後に引く必要があるということだ。さらに、引くスピードも大事だ。早すぎると、女は粘膜が擦れる快感を感じる時間もなくなってしまう。引く時の角度も大事だ。ペニスのどの面で膣内のどの面を擦るのか、考えながら引く必要もでてくる。

 言い換えると、闇雲に突いているだけだと、まだ本能のレベルだ。大人の男としては、引くストロークの大事さに気が付いてこそ、突くストロークもまた威力を増してくるというものだ。だって、突くためには、同じ距離を引かないといけないからね。これもピストン運動のもう一つの原理だ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 腰を振るモード | CM(0)
射精にむけた激しいピストンをされると

 何度も女をイカせ、最後に男が射精を決意すると、腰を振るモードが一変する。それまでは、女を気持ちよくさせようとする気遣いが溢れているし、自分も射精を我慢する必要があるので、激しさの中にも自制の効いたストロークをしている。
 ところが、射精モードに入ると、そうした気遣いもする必要がないというか、出来なくなる。ひたすら、自分の射精のために腰を振る。射精を我慢する必要もないので、いきなりマックスのスピードで、射精するまで休むことなく腰を振り続ける。

 よくいう、フィニッシュに向けたラスト・スパートだ。このモードの変化は女にも分かる。激しい膣内の摩擦から生み出される強烈な快感に耐えながらも、「ああ、射精する気だな………」と思うと同時に、いろいろな思いが交差する。生の中出しであれば、「もうすぐ、私の中に熱い精液が注がれるんだ……」とワクワク、ドキドキするし、またイキそになると、「最後にもう一回、一緒にイキたい……」と自分でも快感レベルを高めていく。あるいは、すでにイッテいれば、「そんなに激しく突いちゃダメ……」と軽いパニックになるかも知れない。
 男も息を荒げながら、体の全身のバネを使って腰を打ち付けてくるので、女の体も激しく揺れる。さっきまでとは違った、雄の力強さに圧倒されながらも、我を忘れて腰を振る男の姿に、キュンとなる。その時の男のよがり声も、女を興奮させる。

 女もこんな風に感じているんだろうなというのは、男でも想像がつく。しかし、この時の女には、もう一つ、別な感情がわき起こる。それは、射精する為に夢中で腰を振られると、自分のおまんこがまるで性欲処理に使われてかのような気分になるのだ。そしてそれが、また女の興奮を誘う。
 確かに、この時の男って、相手のことは全く考えない。多少痛がろうが、あるいは気持ちよくなかろうが、100%、自分の射精のためだけに腰を振っている。男の本音を言うと、この時ばかりは、おまんこは射精のための「道具」となる。

 なので、女の快感よりも、自分の快感を優先する。例えば、奧が気持ちよければ、多少痛がっても奥まで突きまくるし、入口がきつくて気持ちよければ、入口だけを擦り続ける。さらに少し緩い膣だったら、ペニスを下側に(正常位の場合)押しつけるようにして、快感スポットが集中しているペニスの裏側を膣壁に押しつけるように擦りつける。

 こうした男の「身勝手」な腰の動きを、女はしっかりと感じ取っているのだ。それは自分だけ「置いてけぼり」にされた疎外感でもある。そしてスラストするスピードのあまりの早さに、「私のおまんこって、それぐらい早く擦らないと、刺激がたりないのかな………」という複雑な思いとともに、「さっきまでは、私のために優しい動きをしてくれてたんだ」という感謝の気持ちとが入り乱れる。

 男としても、女のこうした心理をしっかりと理解しておくといい。Mっ気の強い女性であれば、射精のために腰を激しく振れば振るほど、相手を興奮させることができる。逆に、まったりとした、愛情溢れるセックスを女が望んでいるようであれば、射精に向けた激しいピストン運動は控え、あくまで女を気持ちよくさせようとする優しいストロークを続けながら、流れに身を任せて、静かに射精の時を迎えるのもいい。

 さらに女が喜ぶのは、男からの動きではなく、女の腰の動きや締め付けによって徐々に快感指数が上昇し、最後、快感レベルが沸点に達して、精液が体外に溢れ出るような射精をすることだ。女としても、膣の刺激を使われたのではなく、膣の刺激で男をイカせたという精神的な満足感がある。これは何もSの女性でなくても、楽しめる感覚だ。この「受動的」な射精、実は男にとっては、まるで精液をお漏らししてしまうような快感がある。射精にむけて激しく腰を振るだけではなく、時にはこうした受動的な射精も楽しみたいものだ。




    posted at 00:00 | 腰を振るモード | CM(0)
男に奥まで突っ込まれると(2)

 では、男に膣奥までペニスを突っ込まれる女は、男のこの行為をどう感じているか。短めであれ、大きなペニスであれ、男が奥まで突っ込もうとすると、女としては、自分のおまんこに興奮し、本能のままに動いている男を 「かわいい」 と思うらしい。
 それは、股間を開いて、おまんこを男に提供している女としての、余裕でもあるし、プライドをくすぐられることでもある。

 これは逆のことを考えてみるとよく分かる。せっかく男におまんこを使わせているのに、男が亀頭だけを出し入れしてみたり、奥まで入れることなく、途中で抜いてみたりされたら、「ちょっと、私のおまんこで遊ばないで! もっと真剣にやってよ!」 という気持ちになるだろう。焦らしとしてのプレーならまだ分るけど、あげくのはてに、射精もすることなくペニスを抜かれたら、女としてのプライドも傷つけられてしまう。これなら、超早漏で、挿入直前にお腹の上に射精された方がまだましだ。

 但し、大きなペニスの男の場合は事情が違ってくる。セックスに慣れた女だと、大きなペニスの男に対しては、それなりのデリカシーを求めるのだ。実際、大きなペニスの男は、自分のが大きいというのを自覚しているし、それを奥まで入れたら、痛がる女性がいる、というのも知っている。なので、初めての女性の場合、がむしゃらに奧まで入れようとするのは、デリカシーに欠けるというわけだ。

 女性の方も、大きなペニスをみて、それなりの期待もするけど、「さて、どんな入れ方をしてくるのか、デリカシーはあるのかな」 という気持ちになるらしい。ここで、男が女性の膣に気遣いながら、ゆっくりと挿入してくると、女としても 「合格」 となり、安心して大きなペニスを味わうことができる、と言う訳だ。

 大きなペニスだと、簡単に奥まで届くけど、深すぎても痛がるので、女の表情や反応を見ながら、深さ調整する必要がある。この1センチ単位のデリカシーが、女には伝わるのだ。そして、痛くないようにしながらも、奧の気持ちいいポイントを突いてくれる男に、うれしくなる。だって、これって大切にされている証拠だからだ。
 そして太く、長いペニスをいかし、大きなストロークで快感スポットである膣天井や膣口を擦ってくる。がむしゃらな男もかわいいけど、自分の快感を犠牲にしてでも、女を気持ちよくさせようとする男も、女には別な意味で、かわいく映るものだ。




    posted at 00:00 | 腰を振るモード | CM(0)
男の動きが速くなると嬉しくなる女の心理

 正常位であれ、バックであれ、セックスに慣れた男は、挿入しても直ぐにはマックスのスピードで腰を振ることはない。特に初めてセックスする女だと、膣の情報も全く無いからね。特に大きなペニスの男だと、膣口のきつさや膣の深さなどは重要な情報だ。膣が浅い女性にいきなり奥まで突っ込んでも、痛がられるだけからね。だいたいの大きさが分ったところで、続いて、粘膜のざらつきや、濡れ具合、そして最も感じるエリアなどを探る必要もある。そのためには、ゆっくりと動かないと分らない。

 もちろん、何度もセックスを重ねて互いの性器がよく分っている場合とか、時間がなくて急いで射精しなければならないときなどは、この限りではない。挿入と同時にエンジン全開というのもある。あと、どちらかというと無理やりのセックスの時も、きっと最初から全開でやるんだろうね。あと、童貞が初めてセックスする時も、あまりの気持ち良さにコントロールが効かず、入れたらもう射精まで全開だろうね。

 なぜ男が最初から全開でいかないかというと、あっという間に射精してしまうからだ。30分でも射精を我慢できる僕でも、挿入と同時に全開で腰を振ったら、数分しかもたいと思う。特に生だと、時間はもっと短くなる。それほど、女の膣の中って、男にとっては気持ちのいい所なのだ。それはそうだろうね、メスにとって、交尾の本来の目的は快感よりも、まず精子を確実に注入されることだから、オスの射精までの時間は短い方がいい。

 セックスに慣れた男が、挿入してから30分も持つのは、男が射精を我慢しているからだ。それは、ずばり、女をイカせるには、女がよっぽど興奮していない限り、数分では難しいからだ。ゆっくりとした優しいストロークは、実は男にとっても優しいのだ。男が射精を我慢しながら、自分を気持ちよくさせようと腰を振ってくれているのは、女にも分る。そして何度もイカされる女。しかし、女のセックスはこれだけでは完結しない。そう、男の射精こそが、セックスのメインイベントであり、セックスの終着点だ。

 それは男にも同じだ。なので、何度か女をイカせたら、男も射精を決意する。ここで射精と引き替えに、マックスのスピードにギアを切り替える。この時ばかりは、女の快感よりも、射精というフィニッシュに向けた自分勝手な腰の動きとなる。もっとも、女の体は不思議なもので、この早い動きに、素直に反応してしまう。だからこそ同時オーガズムも可能となる。

これに加えて、射精に向けた男の激しいい動きに、女は心の中でも変化が起る。それは、男が自分の体で気持ちよくなってくれ、ついに我慢できなくなって、射精しようとしてくれている、という事実に、素直に嬉しくなってしまうのだ。男が自分の体でイッテくれるというのは、女として最高に嬉しいことだ。自分をイカせてくれるのは、肉体的な嬉しさだけど、精神的な嬉しさは男が射精してくれることでしか得られない。

 おそらく、同時オーガズムが起り得るのは、単に男の早い動きによる肉体的な刺激だけではなく、こうした女としての精神的な嬉しさが加わっているからだろうね。男の絶頂トラックに自分の快感曲線がシンクロすると、まるで計ったかのように男の射精と同時にイクことができる。それもそのはず、女の側はいつでもイケる状態になっていて、男の射精を感知した瞬間、脳内のスイッチが入るからだ。




    posted at 00:00 | 腰を振るモード | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: