FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

膣内の奥まで届く人体の部位は勃起したペニスだけ

 快感を得るために膣内に入れるものとしては、バイブやディルドの類(代用品としてのリコーダーなども含めて)か、ソーセージや野菜などの食べ物がある。いずれも女が自分でオナニーの際に入れる場合と、男がプレーとして入れる場合とがある。食べ物の場合は、口に入れるものなので、衛生的というイメージもあるし、上の口に対して、下の口に入れるという意味あいもある。実際、入れた後、それを食べるというプレーもあるしね。

 このように、膣内には、食べ物であれそうでなくても、膣内に入る物であれば何でも入れることができるが、一方、人体の部位として入れられるものは案外と少ない。即ち、指先と舌先、そして男のペニスだ。もっとも、ペニスは完全に勃起していないと入らないけどね。
 この中で、一番、自由に動かせるのは指先だろう。しかも、男女とも入れることができる。膣天井や膣奥などの快感エリアを的確に刺激でき、オーガズムに導くことも可能だ。指の欠点は、粘膜の部分がないので、膣内が濡れていない場合、痛みを覚えることだ。

 舌先の場合、自分で入れることは出来ない(多くの場合は男性で、時に女性の舌の場合もある)。しかも、指に比べて深くは入らない。せいぜい、数センチだ。動きに関しては、トレーニングによっては、指と同等か、それ以上に自在に動かすこともできる。そして何よりの利点は、膣と同じ粘膜で出来ている点だ。この感触だけは、男の舌でないと味わえない。なので、舌先による刺激だけで、オーガズムに達することも可能だ。多くの場合は、クリへの刺激によるが、膣口への刺激だけでもイクことのできる女性もいる。

 しかしながら、一番、奥まで届くのは、勃起したペニスだ。日本人の平均チン長は、13.5センチと言われている。指よりは数センチ長いし、なによりも太い。欠点は、中で指ほどの自在の動きができず、単純なピストン運動しかできない。もっとも、スラストにもいろいろなテクがあり、それほど単純なものでもないのだけど、とりあえず、指と比べると、動きに制限があると言わざるを得ない。

 しかし、ペニスには指にも舌にもない特徴がある。一つは、粘膜と皮膚の部分とが合体していることだ。即ち、亀頭部分は粘膜で、棹の部分が皮膚となっている。この組み合わせが絶妙なのだ。膣の粘膜を押広げていく時に、先頭を切るのは、同じく粘膜の亀頭だ。それによって女性の痛みもなく、逆に快感を覚える。それは入れている男も同じで、その快感を味わおうと、奧へ奧へと自然とはいっていく。そして一番、奧にたどり着くと、今度は膣奥の快感エリアを、硬くもなく、柔らかくもない亀頭が圧迫し、これまた何とも言えない快感を生み出す。こればかりは、指先でも舌先でもできない。

 というか、人体の部位の中で、この代役をできるものは他に無いのだ。これって、考えてみれば不思議でもある。要は、女の膣というのは、男の勃起したペニスだけが奧まで届くように設計されているのだ。一方の勃起したペニスは、膣以外でも、お尻の穴や、口に入れることができるし、指で包み込まれることもできる。この非対称も面白いと言えば面白い。それだけに、アナルセックスのほか、フェラや手コキといったバリエーションが生まれる。

 ちなみに、ペニスの残りの棹の部分は、なぜ粘膜ではなく、皮膚になっているのか。ペニスは通常、体外に露出しているので、全てが粘膜だったら、痛くてやっていられない。実際、亀頭分も、子供のうちは包皮で保護されているぐらいだからね。
 もう一つ、棹の部分が皮膚になっているのは、スラストの際に、あまりに感度を上げないためだろう。スラストされる女は、膣内の粘膜や膣口を皮膚で擦られても、濡れていれば、痛みを感じることなく、快感を得ることができる。男も皮膚であれば、刺激が軽減されるので長持ちし、結果的に女の利益にもなっている。

 もっとも、ペニスがこの役割を果たすためには、勃起していることが前提条件となる。勃起しければ、ただの排尿器官でしかなくなる。これがペニスの宿命だ。もう一つ、ペニスには、指や舌にはない特徴がある。それはズバリ、刺激を続けていると、射精というクライマックスが訪れることだ。延々と刺激し続けることのできる指や舌とはここが大きく違う。まあ、この「終わり」があるからこそ、挿入し、スラストしている時間が貴重なものとなるのだけどね。しかも、挿入の本来の目的は、膣中に精子を注入することなので、この目的を果たさなければ、男としては、ペニスを入れる意味も無くなってしまうのだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 挿入について | CM(0)
挿入の瞬間にイキそうになる女

「挿入と同時にイク女」 がいると書いた。イキやすい女性でも、実際にはこういうことが毎回起るわけではない。僕自身の体験でも、挿入の瞬間に女性をイカせたことって、数えるほどしかない。しかも、深いオーガズムではなく、軽くイッタ、という感じかな。連続オーガズムは数え切れないほどあるのにね。ということは、挿入と同時にイクというのは、連続オーガズムよりも難しい、ということかな。

 その一方で、「挿入の瞬間にイキそうになる女」 というのは多い。実際の経験でも、しょっちゅうあるしね。これは男でも、入れた瞬間に分る。いきなりの快感に声もでない、という女性もいるけど、大抵はイク直前の時のような大きなよがり声を漏らす。それにスラストもしていないのに、膣をグイグイと締め付けてくるし、腰や下半身が快感でビクビクと軽く痙攣している。

 これって、男にとっては、挿入の瞬間にイク女よりも、ある意味、楽しいかも。だって、入れた瞬間に女がイクと、(ペニスの硬さや大きさはあるにしても) スラストのテクでイカせたことにはならないからだ。対して、挿入の瞬間にイキそうになる女というのは、入れた瞬間から絶頂トラックに乗っている訳だから、そこから先は、もう男の自由自在となるからだ。わざと意地悪して動かずに焦らしてもいいし、すぐさま激しく腰を振って一気にイカせてもいい。

 わざと動かないでいると、我慢できなくなった女の方から腰を振ってくることが多い。特に正常位や座位、騎乗位の場合、まちがいなく女の方から腰を振ってくる。というか、無意識のうちに腰が動いてしまうんだろうね。
 この時の男の出方は三つ。そのまま女の好きなようにさせてイカせるか、相手の期待に応えてこちらも腰を振ってあげるか、わざと腰を引いたり体位を変えて女の動きを止めるかだ。最初の選択肢は、男のペニスが単なるバイブ代わりになってしまうので、普通は二番目か三番目の選択肢を選ぶことが多いかな。

 バックの場合、女の方から腰を前後に動かしてくることは少ないので、ただ腰をブルブル震わせながら、快感に耐えながら、男の動きを待っている感じかな。なので、焦らすにはバックがベストかな。この時は、腰を動かさないかわりに、女の背中に覆い被さって、キスしながらおっぱいをもんだりしてあげる。

 イキそうでイケない女とみていると、慣れた男なら少しは焦らしてみたい、と思うものだ。慣れない男だと、女の絶頂トラックが乗り移ってしまい、おもわずこちらも連られて射精してしまうかもしれない。それぐらいに、今にもイキそうな女って、男にとっても刺激的だ。

 あまりに焦らして間延びさせるのもなんなので、僕の場合、少し意地悪して動きをとめ、おっぱいを舐めたり、キスしたりしてから、ゆっくりと動いてあげることにしている。激しく動けば直ぐにイクのはわかっているけど、わざとゆっくりとした大きなストロークで動いてあげるのだ。こちらの意図をくみとった女は、そのスラストのペースに自分の快感曲線のペースを同調させ、ゆっくりと、しかし確実に上り詰めていく。時々、アクセントで奧まで 「ツン」 と突いてあげると、「アン」 と声を漏らす。

 あからさまに焦らしてはいないけど、ゆっくりとしたスラストは、焦らしているようでもある。こうしてゆっくりと上り詰めた時のオーガズムって、相当に気持いいようだ。その日の最初のオーガズムは、上質なものにしてあげたいしね。
 連続オーガズムもいいけど、後で聞くと、やはり女性にとっては最初のオーガズムが一番気持ち良く、印象にも残るからだ。それに、その日最初のオーガズムが上質だと、その後の連続オーガズムの質もぐんとよくなるようだ。




    posted at 00:00 | 挿入について | CM(0)
わざとペニスを抜いて女に入れさせる

 これはスラストのテクニックともいえるし、焦らしのテクニックともいえるものだけど、僕はたまに、スラストの途中で、わざとペニスを抜いてまた入れる、というのをやることがある。
 もちろん、抜くために抜いたのでは面白くない。興奮のあまり、大きくバウンドし、思わず亀頭部分まで抜けてしまった、というのがいい。これだと、女としても「もう、元気なんだから!」となる。もっとも、これはある程度、長いペニスでやらないと、「短いから、直ぐ抜けちゃう(涙)」と、逆効果になるけどね。

 で、抜けてしまったら、手を使わないようにして、なんとか自力で入れようとする。だけど、ここでわざと穴を外して、その回りの小陰唇やクリ、果ては大陰唇などに亀頭を突き刺し、もどかしそうな振りをする。
 女の方も、「おっきいから、すんなりと入らないのかな...」とどうしたものかと戸惑っている。数回目のトライでなんとか挿入を果たしたら、また大きなストロークで動き出す。
 
 しばらくしてまたわざと抜いてしまう。また亀頭をあちこちにぶつけながら、うまく入らない振りをして、切羽詰まった声で「手で入れて」と耳元で囁く。すると、さっと手で濡れたペニスをつかみ、すぐに穴に導いてくれる。さすがに、自分の穴なので、見えもしないのに、一発で膣口に誘導してくれる。

 亀頭が粘膜の窪みに当たった瞬間、彼女も「そこ、そこ、もう大丈夫でしょう、入れて」とばかり、手を引っ込めようとする。それに合わせてこちらも腰を押し込んでいく。この息の合った連携プレーがまたいいね。二人が能動的に協力しあってセックスしている、という感覚がいいのだ。
 もっとも、どちらかとうと、フライング気味に女の手がまだあるうちに、我慢できないとばかり、指先をどかすように押し込むのも、女には男の興奮が伝わっていい。

 元気よすぎて飛び出してしまった硬いペニスを、女の手でまた穴に導かれる。この卑猥さがなんとも興奮もので、ペニスも一段と硬くなる気がする。これって、女にとっても興奮するものだ。膣で味わっていた硬いペニスを今度は手で確認できるしね。しかも濡れたペニスは自分の愛液だし、握った亀頭から興奮が伝わってくる熱も感じ取ることができる。
 
 ペニスを自分から膣に導くなんて、普通はできないことだ。しかし、男から「入れて」と指示されれば、この時とばかり、堂々とできる。そんなことをしている自分がすごくスケベな女になったようで興奮するのだ。
 男にとって、このプレー、射精しそうになっているペニスを、一瞬でも休ませる意味もある。それにしても、一度抜いて入れる時って、ホントに気持ちいい。それは入れられる女も同じだ。

 その気持ちよさを味わいたくて、必ず射精は膣の中でするけど、一度ぐらい、あえて射精する直前にわざと抜いて、女の手で穴に導かれようとする時に、ドバーっと射精してしまうのも面白いかも知れない。手にかかる熱い体液に、「うそ、間に合わなかった? 早く!」と射精の真っ最中のペニスを膣に導くなんて、すごい卑猥だ。男にとっても、女にとっても、手コキと中出しの二つの射精モードを、緊迫した時間の中で楽しめる。しかも、この時って、膣内だけでなく女の手も穴の回りも精液でベトベト、というのがまたいい。




    posted at 00:00 | 挿入について | CM(0)
女が感じる男の挿入モード

 男にとって挿入の瞬間ほど、ワクワクするものはない。これは入れられる女も同様だ。いや、むしろ女の方が期待やリスクもあるだけに、男以上に、膣の中に押し分けて入ろうとしてくる男のペニスに意識と神経が集中するものだ。ペニスの硬さ、亀頭の大きさと形状、そして棹の太さと長さなど、見えなくてもいろいろな部位の情報を読み取っている。

 もっともこれらはペニスの大きさや形状、硬さといった物理的な情報に過ぎない。女はこれ以外にも、挿入しようとしている男のモードをも感じ取っている。
 十分に前戯で濡らしてから、やさしくいたわるように入れようとしているのか、あるいはまだ濡れていないのに、身勝手に入れてこようとしているのか。

 これは、挿入のタイミングがぴったりあっているかどうか、とも関係してくる。もう前戯も十分だから、早く入れて、と思っている時に入れてこられると堪らない。反対に、「え、もう入れるの?」 というタイミングもある。
 特に、我が物顔で好き勝手に入れられると、「ちょっと何よ!」 と思うもので、この時は異物感も凄い。まあ、慣れた相手で、Mっ気のある女性には、たまにはこういうのもいいが、初めてのセックスだと、印象は悪くなる。

 男のモードとしては、男の興奮度もある。慣れていて、余裕なのか、焦っているいのか。女慣れしている男だと、挿入にも余裕があり、女の様子をみながら、膣口で止まって焦らしたり、ふいに入れたりと、思うがままだ。これだと女の方も安心してセックスに没頭できるので、ワクワクする。
 さらには、上級者となると、ゆっくりと膣内の感触をチェックするかのように入れてくる男もいる。奥まで入れて、最初のチェックが終わっても、ゆっくりと動かされると、まるで膣内の感触を味わいながらスラストしているかのように見える。まあ、感触を味わっているのは、女も同じだけどね。
 
 逆に、慣れておらず、焦っている男だと、女の方がかえって冷静になってしまう。まあ、童貞が焦るのならかわいいけど、いい大人が焦っていると、ちょっと興ざめかな。特に、やっと挿入可能な硬さになったので、今のうちに入れないと、という場合は、女の方も複雑だ。好きでもない相手だったら、「そんなんで入れる気?」 と、膣口を締め付けてわざと意地悪したくなることもあれば、好きな相手だと、私も協力しなきゃと膣口を緩め、挿入の快感どころではなくなってしまう。

 しかし、いつもいつも、優しい挿入モードだけでは飽きてしまう。時には、もう我慢できない、とばかり、興奮気味に激しく、一気に奥まで入れられるのも、女としては興奮するものだ。そんな時は、入れたら直ぐに大きなストロークで激しく出し入れするのがいい。

 僕の場合も、振り返ると、両方のモードを使い分けているかな。どうやって使い分けているかというと、自分の体調や興奮度も関係しているけど、相手の女性のモードによる。 相手が初めての女性か否か、経験豊富な女性か否か、中イキができるのか否か、どれほど興奮しているか、などによって、こちらのモードも変わってくる。まあ、そういった予測不能な一期一会だからこそ、興奮もするし、楽しいセックスとなるのだろうね。




    posted at 00:00 | 挿入について | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: