FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

気持ちいい所を探すセンサーとしての亀頭

 通常の大きさのペニスは、男にとって単なる排尿器でしかない。しかし、一度、勃起すると、それはオスの生殖器に変貌する。勃起というのは、ペニスの棹の部分が血流によって充血する現象だけど、この時、亀頭部分も充血して膨らんでくる。そして真性包茎でなければ、勃起によって亀頭を被っていた皮もめくれ、ピンクの粘膜でできた亀頭部分が露出する。この変化が大事なのだ。

 というのも、勃起したとしても、棹の部分はほとんど快感がない。普段から空気に露出している皮膚でしかないからだ。もっとも、ニギニギされたり、握られた上で前後に擦られると、快感エリアである尿道にポンピングの刺激が送られるので、射精に至ることはある。しかし、これはあくまで尿道への間接的な刺激であって、皮膚感覚による気持ち良さではない。

 ところが、勃起して露出した亀頭部分は、粘膜なので、触れられるだけで気持ちいい。もちろん、濡れてなければ軽い痛みを覚えるが、男の我慢汁や唾液、あるいは女の唾液や愛液などで濡れてれていれば、もうそれだけで気持ちよく、射精にまでも至る。
 言い換えると、男のペニスは勃起して初めて、亀頭部分が快感のセンサーとしての機能を発揮するようになるのだ。

 そして触れられるだけで気持ちいい亀頭は、より快感を感じる対象を求めて、さまよう。これって、まるで嗅覚の鋭い動物が匂いで獲物を見つけ出すのと似ている。あるいは、触覚が敏感な動物が触手でもって獲物を捕らえるのと似ている。たとえ目隠しをされていても、亀頭は触れて気持ちいいものを求めるものなのだ。

 女の柔らかな手もいいけど、女の柔らかな唇も触れられて気持ちいいものだ。実際、目隠しをして、フェラのうまい女にねっとりとしたフェラをされたら、下手な挿入よりも何倍も気持ちいい。ましてや、スキンを着けての挿入と比べたら、断然、生フェラの方が気持いい。

 しかし、もっと気持ちいい場所は、おまこだ。こちらは、粘膜の亀頭部分だけでなく、棹全体も膣の粘膜にすっぽりと潜り込むことができるからだ。童貞の男でも、ペニスを勃起させ、亀頭の快感センサーが起動すると、教えられなくても、女の股間にある粘膜の穴に、突っ込みたいと思うものだ。亀頭を先導役として、女の体の中の粘膜の部分を探し出すのだ。まあ、粘膜という同類を求めるといってもいいし、この意味では、亀頭は「粘膜ハンター」かな。

 因みに、粘膜は亀頭だけではない。唇もそうだ。なので、キスって粘膜どうしの接触で、これも互いの粘膜がきもちのいい部分を探し求める結果でもある。顔を見合わせた二人が、どちらからともなく、唇を接近させ、そしてピタリと合わせる。こんなキスって、美しいというより、本来はエロイものだ。

 唇の粘膜は相手の唇だけでなく、相手の性器をも求める。クンニがそうであり、フェラがそうだ。クンニしている男は、おまんこの粘膜の感触を味わっているのだ。同様に、フェラが好きな女も、棹を舐めはするが、舐めておいしいのは亀頭部分だ。シックスナインは、男女がこれを同時に行うものだし、挿入してのキスは、男女の上の口と下の口を同時に重ね合わせる、究極の粘膜同士の合体だ。それが起るのも、粘膜である亀頭や膣口、そして男女の唇が快感センサーとなって、触れて気持ちのいい部位を互いに探し求めているからである。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | 挿入について | CM(0)
一番エロイ瞬間は男が挿入モードに入る時

 セックスのスタートはやはり挿入にある。挿入するか否かは、男女ともに、大きな一線を越えることになる。普通、付き合っている二人が、「まだ一線を越えていない」といった時、キスやオーラルセックスはしていても、挿入まではしていない、という意味だ。フーゾク店でも、本番をするかしないかは、大きな分かれ目だ。それ以外のあらゆるスケベなことは全部やっているのにね(笑)。

 自分でセックスしている時も、AVなどで人のセックスを見ている時も、やはり一番エロい瞬間は、男が挿入モードに入った時だと思う。フェラだけだったり、シックスナインだけだと、それで射精してしまえば、おしまいだ。しかし、男が挿入モードにはいると、 「おっ、いよいよ始まるな」 となる。これまでは優しさのある愛撫であっても、ここから先は、動物的な性交に転換するからだ。これが挿入直前のエロさの根源かな。男と女からオスとメスに転換する瞬間だからこそ、エロさ以上の何かがあるのだ。会って直ぐに玄関で挿入なんてのが、男女ともに興奮するのは、挿入可能となった瞬間にもうオスとメスになっているからだ。

 実際のセックスでも、男は 「いつ入れようか」、タイミングを見計らっている。女の興奮度合い、濡れ具合もあるし、なによりも自分のペニスが戦闘状態になっていなければ、入れることはできない。口で 「入れるよ」 と言おうが言うまいが、男が挿入モードに入ると、女にはそれが分る。スキンを取りだして着装しはじめるとか、女の股間に割って入って、女の両脚を広げて、股間を露わにした時だ。

 挿入を前に、期待でひくつくペニス。時には我慢汁が先っぽから垂れていることすらある。一旦、男が挿入モードに入ったら、もう止める事はできない。たとえ女が直前でためらいを見せてもだ。もっとも、この場に及んで、ためらう女はいない。もう覚悟はできている。むしろこの瞬間を待っていたわけだから。
 
 そう、女にとっても、男が挿入モードに入った時って、興奮も最高潮となる。「これから入れられちゃう」 「これから本当にこの人とセックスするんだ」 「この人に何回もイカされてしまうかも知れない」 「この人の精液を膣奥に出されるんだ…………」 という思いが駆け巡る。
 実は男は、自分が挿入モードに入る時って、(スキンをスムーズに着けるなど) 自分のことで精一杯で、女がこの間、どんな気持ちで待っているのかが、分かりにくい。普通、女の方も何も言わないからね。だけど、実際には、これから始まるセックスを期待して、子宮がズンズンするような快感に襲われている。おまんこは、濡れているだけでなく、熱いのだ。あまりの興奮に、「はあ~」 っと軽く熱い吐息を漏らす女すらいる。

 やっぱり、挿入の瞬間って、最高のイベントだね。何度もセックスしている女でもそうだけど、ましてや初めての女だとなおさらだ。互いの性器の感覚を確かめ合うように、ゆっくりと入れ、奥までいれたら、少しだけ合体した感動の余韻に浸る。しかし次の瞬間、おもむろに男の腰が動き出し、その波が女の膣内に快感の波を立て始める。

 射精の瞬間がセックスのメインイベントではないのか、と言われそうだけど、確かに射精は挿入に次ぐ、イベントではある。しかし、女が何度もオーガズムに達すれば、イク事自体は、一回限りのイベントでもない。男も抜かず二発をすれば、同じことがいえる。それに、射精という現象は、挿入の結果、自然な流れとして起るものなので、それ自体、驚きはない。

 では射精を終えて、抜く時はどうなのか。これはセックスの終わりを意味する行為だ。挿入と違って、決してエロい行為でもない。むしろ、何か切なさが伴う。AVは、中出しした証拠を見せるために、まだ硬いペニスを直ぐに抜くけど、あれって、余韻がないね。僕的には、射精後もずっと中にとどまっていたいけど、徐々にペニスが小さくなり、最後、精液といっしょにポロンと膣から押し出されるというのが好きかな。

 もっとも、スキンをつけていると、ある程度硬いうちに抜かないと、スキンごと膣内に残ってしまう可能性があるので、ゆっくりともしていられない。男も女も生の中だしが好きなのは、射精後も、ゆっくりと結合したままでいられることだ。カチカチで入ったペニスは、やはり出る時は、ヌルヌルになって小さくなっているのがエロいと思うけどね。




    posted at 00:00 | 挿入について | CM(0)
膣内の奥まで届く人体の部位は勃起したペニスだけ

 快感を得るために膣内に入れるものとしては、バイブやディルドの類(代用品としてのリコーダーなども含めて)か、ソーセージや野菜などの食べ物がある。いずれも女が自分でオナニーの際に入れる場合と、男がプレーとして入れる場合とがある。食べ物の場合は、口に入れるものなので、衛生的というイメージもあるし、上の口に対して、下の口に入れるという意味あいもある。実際、入れた後、それを食べるというプレーもあるしね。

 このように、膣内には、食べ物であれそうでなくても、膣内に入る物であれば何でも入れることができるが、一方、人体の部位として入れられるものは案外と少ない。即ち、指先と舌先、そして男のペニスだ。もっとも、ペニスは完全に勃起していないと入らないけどね。
 この中で、一番、自由に動かせるのは指先だろう。しかも、男女とも入れることができる。膣天井や膣奥などの快感エリアを的確に刺激でき、オーガズムに導くことも可能だ。指の欠点は、粘膜の部分がないので、膣内が濡れていない場合、痛みを覚えることだ。

 舌先の場合、自分で入れることは出来ない(多くの場合は男性で、時に女性の舌の場合もある)。しかも、指に比べて深くは入らない。せいぜい、数センチだ。動きに関しては、トレーニングによっては、指と同等か、それ以上に自在に動かすこともできる。そして何よりの利点は、膣と同じ粘膜で出来ている点だ。この感触だけは、男の舌でないと味わえない。なので、舌先による刺激だけで、オーガズムに達することも可能だ。多くの場合は、クリへの刺激によるが、膣口への刺激だけでもイクことのできる女性もいる。

 しかしながら、一番、奥まで届くのは、勃起したペニスだ。日本人の平均チン長は、13.5センチと言われている。指よりは数センチ長いし、なによりも太い。欠点は、中で指ほどの自在の動きができず、単純なピストン運動しかできない。もっとも、スラストにもいろいろなテクがあり、それほど単純なものでもないのだけど、とりあえず、指と比べると、動きに制限があると言わざるを得ない。

 しかし、ペニスには指にも舌にもない特徴がある。一つは、粘膜と皮膚の部分とが合体していることだ。即ち、亀頭部分は粘膜で、棹の部分が皮膚となっている。この組み合わせが絶妙なのだ。膣の粘膜を押広げていく時に、先頭を切るのは、同じく粘膜の亀頭だ。それによって女性の痛みもなく、逆に快感を覚える。それは入れている男も同じで、その快感を味わおうと、奧へ奧へと自然とはいっていく。そして一番、奧にたどり着くと、今度は膣奥の快感エリアを、硬くもなく、柔らかくもない亀頭が圧迫し、これまた何とも言えない快感を生み出す。こればかりは、指先でも舌先でもできない。

 というか、人体の部位の中で、この代役をできるものは他に無いのだ。これって、考えてみれば不思議でもある。要は、女の膣というのは、男の勃起したペニスだけが奧まで届くように設計されているのだ。一方の勃起したペニスは、膣以外でも、お尻の穴や、口に入れることができるし、指で包み込まれることもできる。この非対称も面白いと言えば面白い。それだけに、アナルセックスのほか、フェラや手コキといったバリエーションが生まれる。

 ちなみに、ペニスの残りの棹の部分は、なぜ粘膜ではなく、皮膚になっているのか。ペニスは通常、体外に露出しているので、全てが粘膜だったら、痛くてやっていられない。実際、亀頭分も、子供のうちは包皮で保護されているぐらいだからね。
 もう一つ、棹の部分が皮膚になっているのは、スラストの際に、あまりに感度を上げないためだろう。スラストされる女は、膣内の粘膜や膣口を皮膚で擦られても、濡れていれば、痛みを感じることなく、快感を得ることができる。男も皮膚であれば、刺激が軽減されるので長持ちし、結果的に女の利益にもなっている。

 もっとも、ペニスがこの役割を果たすためには、勃起していることが前提条件となる。勃起しければ、ただの排尿器官でしかなくなる。これがペニスの宿命だ。もう一つ、ペニスには、指や舌にはない特徴がある。それはズバリ、刺激を続けていると、射精というクライマックスが訪れることだ。延々と刺激し続けることのできる指や舌とはここが大きく違う。まあ、この「終わり」があるからこそ、挿入し、スラストしている時間が貴重なものとなるのだけどね。しかも、挿入の本来の目的は、膣中に精子を注入することなので、この目的を果たさなければ、男としては、ペニスを入れる意味も無くなってしまうのだ。




    posted at 00:00 | 挿入について | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: