FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

セックス界の天敵?

 女性が電マでのオナニーに慣れてしまうと、男によるクンニや、ペニスによるスラストではなかなかイカなくなる、と書いたことがある。電マの振動は人間では作り出せないものだし、しかも電池が続く限り動き続けることも、人間の男には不可能で、電マに慣れた女性というのは、男にとっても手強い相手となる。

 ところが実は同じことが男のオナニーにもいえる。どういうことかというと、オナホールでのオナニーに慣れた男は、オナホールの刺激があまりに強いため、生身の女性のフェラや膣では、射精までいけなくなるのだ。女性にしてみれば、自分の膣でイッテくれない男って、複雑だ。

 長持ちするといえば長持ちするけど、単なる遅漏でもなく、全く射精しないとなると話は違ってくる。それに長時間続くと、女の興奮も冷め、愛液も乾いてきて、気持ちいいどころか、逆に痛みを覚えるようになる。こうなると、精神的に女としてのプレイドを傷つけられるだけでなく、肉体的にも苦痛になる。

 特に、フーゾク嬢になると、相手を射精させるのが仕事なので、なおさらやっかなようだ。本番ありの店の嬢によると、最近、若い男にそういうのが多いらしい。とにかくいくらスラストしてもイカないのだ。でも、時間がせまってくる。結局、そういう時は、抜いて、女性が手コキで出すか、男が自分の手でしごいて出すことが多いという。

 特に困るのが、「こじらした童貞」とのこと。「こじらした童貞」とは、童貞のくせに、知識は豊富で、オナホールでのオナニー歴も長い童貞のことを指すらしい。こういう男性に限って、生身の女に入れても感動せず、刺激もよわいのか、まったく射精できないらしいい。

 どうやら、オナホールでのオナニーのやり過ぎは、女性にとっても困りもののようだ。女の電マによるオナニーも同じだよ、と言うと、彼女曰わく、「電マとオナホールはセックス界の天敵ね!」と。なるほど、おもしろいことを言う女だと思ったけど、これって真実だよね。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | 男のオナニー・女のオナニー | CM(0)
男の尿道オナニー

 尿道オナニーは女だけでなく、男でもすることがある。もっとも、男の場合は、オナニーというよりも、SMプレーでやることが多いかな。
 女性の尿道口は、粘膜で被われている膣前庭の中にあるわけだから、それ自体に快感がある。さらに尿道口の先っぽに、男の舌先なり綿棒を入れられると、ある種の快感があるようだ。強者となると、カテーテルを膀胱まで挿入して、おしっこの出し入れを楽しむ者もいるようだ。

 男の尿道プレーの場合、ガラスや金属の細い棒を亀頭の鈴口からスルスルと入れていくというものだ。中には、10センチ以上も差し込む。そんなに入れて大丈夫なのかなと見ている方が心配になるぐらいだ。そのままの放置プレーもあれば、棒をゆっくりと引いたり入れたりする。僕は経験がないが、その時にゾクゾクとした快感があるようだ。

 男の快感は、尿道を精液が通過することで生まれる訳だから、その尿道を直接、棒で刺激すれば、それは気持ちがいいんだろうな、というのは想像がつく。しかし、過去に病院でカテーテルを膀胱まで差し込まれた経験があるので、快感よりも痛みの方が気になって、本格的なプレーに踏み込む勇気はない。それに感染症にでもなったら面倒だしね。

 それでも、どんな感じなのか、何度かトライしたことはある。てっとり早いのは、耳掃除用の綿棒だ。これにクリームをたっぷりと塗って、恐る恐る鈴口から入れてみたことがある。軽い痛みはあるが、2~3センチぐらいなら難なく入る。そして抜き差しをしてみたけど、やはり快感というよりは痛みの方が大きかったかな。そのままペニスをしごいて射精したこともある。精液の噴射の勢いで、綿棒ごと飛び出していっただけだった。

 次にトライしたのは、ガラス製のマドラーだ。きれいに洗い、スキンクリームをたっぷりとつけて挿入してみた。こちらはガラス製なので、抵抗もなく、するするとどんどん入っていく。こんなに入れて大丈夫かな、と不安になる。出し入れをしてみると、軽い痛みもあるが、それを上回る快感があるという程でもなかった。この時は、不安になり、しばらくして抜いてしまった。その後も、尿道内に違和感が残り、もうこんなことややめよう、と思ったものだ。

 それから暫くして、M男の体験談を読んで、また試してみる気になった。それはS女に尿道に綿棒を入れられた状態でしごかれると、強烈な快感があり、その一つのプレーですっかり調教されてしまった、という内容だった。
 今回は綿棒の先が丸くなっているものではなく、段差がついているやつにしてみた。たっぷりとクリームをつけ、恐る恐る入れてみる。前回、あまり感じなかったのは深さが足りなかったからかもと、5~6センチぐらい入れてみる。その上で軽く抜き差ししてみると、段差のある綿棒のせいか、かなり刺激が強い。しかし繰り返していると、快感というよりは、やはり痛みの方があるかな。

 しかしだ、こんな変態チックなプレーをしている自分に興奮してしまったのか、綿棒を奧深くまで飲み込んだペニスがいつになく硬くなっているのが分った。いままでのプレーは、勃起が弱かったのかもしれない。カチカチになると、尿道への圧迫も強く、綿棒が生み出す違和感が半端なかった。ペニスの下側を指でなぞっていくと、綿棒の先端の段差もはっきりと感じ取ることが出来た。尿道って、こんなに表面に近いところを走っていたのか、と新鮮な驚きだった。棹の裏側が男の性感帯なのも、合点がいった。

 完全勃起状態になっているところで、ペニスを軽くしごいてみると、綿棒の違和感もあって、今まで味わったことのない刺激だった。というか、味わったことのないイタキモの快感だった。もっと味わってみたいと、しごいていると、なんと急激に射精感がこみ上げてくる。「このまま射精してみよう」とか考える間もなく、勝手に精液が登り詰めてくる感じだ。そして次の瞬間、ドクドクという噴射が始まった。また前と同じように綿棒を吹き飛ばして精液が出るのかと思いきや、綿棒は微動だにせず、その周囲の隙間を押し広げるようにして、真っ白い粘っこい精液が温泉の源泉のように吹き出てきた。
 綿棒が抜けなかったのは、段差のある綿棒だったことと、深く入っていたからだろう。しかし、綿棒が残っていたせいで、いつもとはまるで違う快感だった。思うに、綿棒でふさがっていた尿道を、外に出ようとする精液の勢いによって、尿道内の粘膜がさらに押し広げられた結果、快感が増したのだと思う。

 いやいや、これは新発見だった。綿棒を深くくわえ込んだままのペニスは、亀頭から溢れ出した精液でベトベトになっている。強烈な快感にペニスはまだ硬いままだった。急に現実に戻った僕は、なんか禁断の快感を知ってしまった怖さからか、慌てて綿棒を引き抜いた。段差が尿道を通る時に軽い痛みがあった。
 自分でやるなら、これが限界かな。しかし、こんなプレーを女にされたら、もう骨抜きにされてしまうのも分る気がする。S女なら、ここで綿棒を抜いたりせず、まだ硬いペニスをしごき続けて、強烈な快感を連続して味あわせてくれるんだろうな。




    posted at 00:00 | 男のオナニー・女のオナニー | CM(0)
思いだしオナニー

 前の日、あまりに刺激的なオナニーやセックス(例えば会ったばかりの女にテコキをしてもらったとか、オマンコを舐めさせてもらったとか、あるいは3pをやったりとか)をしたとき、たっぷりと精液を出してもう残っていないはずなのに、なぜか精神的な興奮だけはおさまらず、連日のオナニーをしてしまうことがある。

 これに似たことは、女でもある。さんざん、エッチをしてイカされまくって体も疲れているのに、次の日、興奮さめやらず、また思いだしオナニーをしてしまう。中には、エッチしたその夜、寝る前にまた思い出してオナニーをする女性もいる。
 
 まあ、女性の場合は、男以上にオーガズムの快感も深いし、膣の粘膜に残されたペニスの感覚も次の日の夜ぐらいまでは残るものなので、思いだしオナニーしてしまうというのも、うなずける話だ。

 男の場合、さすがに女のように、エッチをしたその日の夜に思いだしオナニーをすることはない。しかし、一晩、寝ると、それなりに回復する。
 そう言うときって、ペニスはたいして刺激しなくても、思い出しただけですぐに勃起する。この時のペニスの感覚はイタキモの感じかな。もう出ないと思ってた精液だが、まだ出たがっているような感じだ。

 実際に出すと量はさすがに前の日よりは少ないし、水っぽい感じがするが、それでも意外と出るものだ。なので、濃い精液をドクドクと豪快に放出する快感はないけど、それなりの気持ちよさはある。どちらかと言うと、鋭く短時間に快感が抜けていく感じかな。
 それよりも、思いだしオナニーのいいところは、次の日も思い出してオナニーしてしまうほどの、凄い経験をした、ということからくる興奮がもたらす快感かな。そしてそんな自分に興奮してしまう自分がいる。

 しかし、さすがに2日連続で出だすと、出し切った感が強く、もう何も残っていないというのが実感できる。脳内に残っていた前日の興奮も、冷めていき、しばらくはいい、という感じになる。




    posted at 00:00 | 男のオナニー・女のオナニー | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: