FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

セックスレス化する日本?

 統計的な裏付けがある訳ではないが、この10年で、どうも日本社会全体が、セックスレス化しているように思えてならない。「草食系男子」が出現した当時は、まだ「肉食系男子」が多かったからこそ、新しいカテゴリーとしてもてはやされたけど、今は、皆が「草食系男子」になってしまったかのようで、この言葉自体の存在意義もなくなってきているようだ。

 セックスレス化というのは、恋人や夫婦間のセックスの回数が減ってきている、というだけではなく、社会全体がそうなっているようだ。街に出ても、色気というか、エロさというか、卑猥さが全くなくなってしまった。

 かつてはどこにでも古本屋があり、エロ雑誌のコーナーというのがあった。おませな小学生が鼻息を荒くして頁をめくっていたり、発情した女性が血走った目で出現したりしたものだ。レンタルビデオもそうで、深夜のビデオ店には、若い女性が堂々とアダルトコーナーに入ってきたりして、ドキドキしたものだ。
 今は、本屋もつぶれ、コンビでもアダルト雑紙も置かなくなっている。レンタル・ビデオ店も消え、皆、ネット上で無修正の動画を見ている。

 女性の格好も、昔の方がエロかったな。特に今年は、肌をまったく露出しないファッションが流行り(服飾業界の戦略だとおもうけど)、真夏になっても、肌の露出がない。かつては、街に出れば「見たければ見ていいよ」と言わんばかりに、小生意気な女子校生が短いスカートで闊歩し、パンツも見放題だった。まあ、男の方も、皆、オシャレしなくなり、色気のある男も少なくなった。

 若い男女の性欲がなくなった訳でもなかろうが、めんどくさい恋愛をするよりも、ネット上でアダルトものを見て、オナニーで解消しているのかな。大自然でのスポーツも流行らなくなり、女の子と車でドライブ、なんてのも消えかかっているのかな。物欲がなくなると、性欲もなくなるようだ。
 社会のコンプライアンスも、同調圧力も、セックスの快楽を否定するような方向に働いている。学生のころは、満員電車で綺麗な女性にぴったりと体を密着するのも、ドキドキしたものだけど、今は痴漢の冤罪が怖くて、逆に近寄れない。

 まあ、社会全体から猥雑さが消えたといえば、その通りなんだけど、では、家の中で盛んにセックスしているのかというと、そうでもなさそうだ。定期的にセックスしている人って、男でも女でも、それとなくそういう雰囲気を醸し出しているものだ。ところが、街を歩いても、電車に乗っていても、皆疲れ切っているか、スマホをいじっているだけで、とても、定期的にセックスしているような雰囲気はない。皆、もう何年もセックスレス状態です、というようなオーラが出ているのだ。

 セックスというか、肉体的に弾ける快楽というものを、あまり追い求めなくなっている。セックスって、男と女がかわす、最高のコミュニケーションだと思うけど、皆、自分の殻に閉じこもって、冒険をしなくなっているのかな。セックスの快楽って、生きていく上でのパワーになっていると思うんだけどな。こんな雰囲気では、少子化も当然かな、と思う。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 男の性欲・女の性欲 | CM(0)
男の性欲とはズバリ射精欲

 男ながらに、男の性欲って何なのかな、と思うことがある。性的に興奮すると、勃起してくる。勃起してくると、女とセックスしたくなる。普通、これを性欲という。そしておまんこに挿入すると、射精したくなる。女とセックスできなければ、オナニーで解消するしかない。女がいても、挿入ができなければ、フェラや手コキで出してもらう。しかし、できるものなら挿入したい、という挿入欲もある。いづれにせよ、勃起してエッチなことをすれば、最後の射精までしたくなる。

 このように、一口に男の性欲といっても、いろいろなレベルがある。おまんこに挿入して射精することだけを性欲というのなら、話は単純だが、実際にはいろいろな欲求が重なり合っている。オナニーで解消するなら、女はいらないということになる。とくに前立腺への刺激を覚えてしまうと、オナニーの世界だけで完結してしまうし、相手が女なら、求めるのは挿入ではなく、指やペニバンによる前立腺への刺激だ。あるいは、ゲイなら相手は女ではなく男となる。

 つまり男の性欲と女の肉対、とりわけおまんことは、必ずしも不可分の関係ではないのだ。男の性欲と女を抱きたい、というのは必ずしもイコールではないのだ。Mな男はS壌に責められるだけで満足し、S壌に挿入したいとは思わない。真性の舐め犬も、舐めることに快感を覚えるのであって、挿入を求めることはない。反対に、たとえ性欲がなくても、女の体を求めたくなる時もある。

 中高生のころは、もう性欲の塊なので、男の性欲が何なのかなんて考えることもない。ただありあまる性欲を解放したいだけだ。セックスができないなら、オナニーで性欲を満たすことしかない。
 しかし、ある程度、年齢を重ねてくると、オナニーの回数が減って、セックスの回数が増えてくる。そしていやというほど射精を繰り返していると、快感のレベルも徐々に落ちてくる感じがする。仕事も忙しくなるし、性欲そのものが減少していくことに気が付く。

 すると、冒頭で書いたように、ふと男の性欲って何なのかな、と思うようになる。これって、端的に言えば、男の性欲の根源は一体、何なのか、という問いだ。そしてその答えも分ってくる。それはズバリ、射精欲だ。射精欲が衰えると、射精したいとも思わなくなるので、オナニーもしないし、女とセックスしたいとも思わなくなる。そうなると、勃起する機会も減り、さらに射精欲が衰えるという悪循環に陥ってしまう。

 勃起力と射精力との関係だけど、オナニーであれセックスであれ、射精するためには勃起することが大前提だ。しかし、勃起しても、射精する精液が溜まっていなければ、射精することはできない。無理に射精させられるのは、苦痛ですらある。こう考えると、勃起力は二の次であって、一番、重要なのは射精力だ。実際、精液が溜まってくると、自然と勃起もする。そのいい例が、少年のころの夢精だ。

 射精力の根源は、精子や精液の製造能力だ。これが衰えると、勃起力も衰え、引いては性欲も衰えてしまう。反対に、精力絶倫と呼ばれる男は、射精してもすぐに勃起するだけでなく、何度でも射精できる男のことだ。

 では、精子や精液の製造能力を維持するにはどうしたらいいか。肉体的な衰えに対しては体を鍛えるしかないかな。精神的なストレスも大敵なので、これも溜めないことだ。あと、食生活も大事かな。成人病となると、射精欲があっても勃起しなくなってしまえば、意味がない。もうひとつは、常に性的な刺激を外界から与え続けることかな。いい女の豊満な肉体を目の前にしたら、精子もどんどん作られるような気がする。あるいは、性的な妄想というか、イメージを頭の中に描くことだろうね。それだけで勃起していれば、勃起したペニスの方から、睾丸に対して精子を作れと、脳を経由して司令を出しているような気がするね。




    posted at 00:00 | 男の性欲・女の性欲 | CM(0)
男女の性欲のピークのズレ

 男の性欲のピークは、10代から20代にかけてかな。特に、小学校高学年で精通を終え、射精の快感を知った中学生あたりから、文字通り 「盛りのついた猿」 みたいに性欲の塊となる。高校生や大学生も性欲は強いが、精神的にも肉体的にも大人になりきっていない中学生の時が、いろいろな意味でピークではないかなと思う。
 中学生の時は、セックスしてみたいという欲求も強いが、それよりもとにかく射精したくて堪らない。これ以上、オナニーしては体によくないのでは、と思うほど、オナニーをしまくってしまう。

 高校生となると、少しは大人になるし、大学生にもなれば、セックスの経験もするようになり、単純な射精欲というよりは、テクニックも含めてセックスのことをいろいろと考えるようになり、多少は落ち着いてくる。その後は、まあ個人差もあるが、徐々に性欲も低下していく。

 それにしても、どうしてまだ子供である中学生の時に、男の性欲のピークがくるのだろうか。まだ子供を生んで育てるには若すぎる年齢なのに。もちろん、当の中学生は、今の自分がピークであるという自覚はない。大人になれば、セックスもできるようになるし、もっと性欲も強くなっていくのかな、ぐらいにしか考えていない。

 思うに、中学生の時って、性に目覚めた段階なので、まだ先が見えないのだ。例えて言えば、5月の新緑の青葉みたいなもので、これから花開いていく助走期間でもある。それだけに、若さにあふれ、有り余るほどの生命力に満ちている。性欲の高まりはその成長過程の一つの現象でしかない。しかも日々、大人に向かって成長しているので、精液も出せば出すほど、生産能力も高まっていく。

 女の場合も、肉体的な成長という点では男と同じだが、女には勃起とその結果としての射精という快楽が皆に保障されているわけではないので、オナニーを覚えて快楽の世界を知る少女もいれば、全く知らない奥手な少女もいる。均質的な男に比べ、女には個人差が大きい。それにセックスを経験するようになっても、必ずオーガズムを得られるとは限らず、初体験後のセック・スライフとなると、さらに個人差が大きくなっていく。

 とはいえ、若い時にセックスを楽しんだ女性も、そうでない女性も、性欲のピークは、男と違って、なんと30代後半から40代にかけて訪れるようだ。もう出産も経験した女性なのに、どうしてこの年代になって、俄に性欲のピークがくるのだろうか。

 思うに、この理由には、一生の中の肉体的な変化の過程と、セックスの経験という二つの要素があると思う。肉体的な変化の過程というのは、若葉のころの中学生の逆で、熟しきった体から出る色気のほか、やがて訪れる閉経を前にして、「最後の輝」を楽しみたい、という思いが強くなるのではないかな。「このまま女として枯れるのは、あまりに寂しすぎる」 という思いだ。

 これと同じ 「焦り」 は男にもある。しかし、男の場合、どんなに性欲があっても、肉体がついてこなにと、どうにもならない。具体的には、ペニスがしっかりと勃起してくれなければセックスはできなし、何度も射精できるだけの精液の製造能力がないと、セックスそのものが辛くなる。しかし、女性の場合は、ただ男に股間を開けばいいだけで、こうした 「肉体的な負荷」 がないのだ。

 加えて、出産経験も、女性の肉体と精神に大きな変化をもたらす。恋愛やセックスに対するロマンチシズムが消え、子供を産む性としての自分自身の肉体を直視するようになる。出産を経て、快感が上がるという女性も多い。ある種の 「開き直り」 ができ、セックスやセックスの快楽に対しても、肯定的、現実的となる。中学生の男の性欲が、ロマンチシズムに満ちているとしたら、熟女の性欲は現実的だ。より大きなペニス、より硬いペニス、何度でも射精できるタフなペニスを求めるし、多少のアブノーマルなプレーも抵抗なく、受け入れられるようになる。

 もう一つのセックスの経験という要素だけど、女性の場合、男と比べて個人差が大きいことも関係しているようだ。もちろん、男の場合も、パートナーの有無など、個人差はあるが、たとえパートナーがいなくても、フーゾクがあるし、最悪、オナニーで定期的に射精をして性欲を処理することはできる。しかし、女性の場合、フーゾクもないし、オナニーでは限界もある。たとえパートナーがいて、定期的にセックスしていたとしても、必ずしも満足のできるオーガズムを味わっているとは限らない。

 どちらかと言うと、セックスでもイケない女性の方が多いくらいだ。均質的に快感を味わっている男と比べ、女性の場合、「遅咲き」 で快感の世界を知る、という場合が多いような気がする。30歳を過ぎてオーガズムの快感に目覚めると、「もっと早くからこの快感を楽しみたかった」 「10代からこんな快感を味わっている女性がいるなんてずるい」 という気持ちになる。こうなると、「女であるうちに、この快感をもっと味わっておきたい」 という気持が強くなる。これが、徐々に性欲が落ちていく男に対し、女の性欲がむしろ年とともに高まっていく理由ではないかな。

 一方の男は、年を取れば取るほど、オナニーにしろセックスにしろ、さんざん射精してきたので、「もういいかな」 という気分になるだけだ。女の性欲がピークを迎える40代となると、男の場合、性欲は中学生の時と比べたら、格段に落ちてしまっている。
 なんでこうした 「不釣り合い」 が生じてしまうんだろうね。まあ、もし男も30代から40代にかけて性欲のピークが来てしまったら、男も女も、仕事もせずに毎日、狂ったようにセックスに励んでしまうからかな。

 敢えて、男女のピークがズレていた方が、世の中はうまくいくのかな。しかし、それでは女性の不満は収まらない。なので、性欲のピークを考えると、組み合わせとしては、中高生の男と30~40代の熟女がベストとなる。実際、こうした関係をもった男女もいることだろう。
 早くして性欲のピークを迎え、性欲の減退に反比例するかのように徐々にテクニックを磨いていく男。セックスではイケなくても、若さ故に男に抱かれる機会が多く、徐々に快感に目覚め、年をとってから性欲のピークが訪れる女。まあ、世の中、こうした男女でできあがっているので、なんとかうまくつじつまを合わせていくしかないのかな。




    posted at 00:00 | 男の性欲・女の性欲 | CM(0)
女の体に飢えた男

 何日も、何週間も、女の裸に触れることがないと、男でも 「女の体に飢えた」 状態となる。まるで童貞の時みたいに、とにかく女の体が欲しくて堪らなくなる。女の体だけがもつ美しくもエロい曲面、ふくよかな弾力、スベスベとした肌、そして心地よい温もり、女の体臭……その全てが懐かしく、欲しくなる。

 こうなると、挿入欲、射精欲というよりは、とにかく女の体の全体と細部を、まるで目に焼き付けるかのように凝視し、あらゆる匂いを嗅ぎまくり、吸いまくる。そして全身を舐め回したくなる。普段の愛撫では省略してしまいがちな、脇腹や太股、膝の裏まで愛おしくなってしまう。もちろん、足の指だって舐め回してしまう。

 そして最大のターゲットは、女の最も恥ずかしい部位、そう性器だ。おっぱいや乳首も吸いつくけど、やはり究極の目標はおまんこだ。シャワーなんか浴びてなくたって、速効で舐め回し、吸いつきたくなる。シャワーを浴びてしまうと、せっかくの女の匂いが消えてしまうというのもあるけど、それよりもシャワーを浴びている時間すら待ちきれない、というのが本音かな。汗臭い匂いや、おりものやおしっこの匂いさえ、愛おしくなって深呼吸してしまう。愛液も一滴もこぼさず、飲み干したくなってしまう。

 当然、おまんをいやと言うほど舐め回した後は、お尻の穴さえ、愛おしくなってしまう。シワシワを舐め回し、舌先を突っ込んでいると、その中にあるものさえ、口に含んでみたいような衝動にかられるほどだ。

 もうこの頃になると、全身舐めから勃起していたペニスは、先っぽから我慢汁をタラタラと垂らしている状態だ。それでも、挿入したいというよりは、もっともっと女の体を堪能したい、という思いの方がつよい。挿入してしまうと、女の体のごく一部でしかない、膣内の感触しか味わえなくなってしまうからだろうね。

 こうした男の興奮は、当然、舐められている方の女にも伝わる。悪くいえばいい年して 「ガツガツ」 している男でしかないが、一心不乱に自分の体を求められると、女としても悪い気はしない。それどころか、「そんなに私の体に興奮してくれるんだ」 と嬉しくもなる。心のどこかでは、「よっぽど女の体に飢えていたのね」 と冷静な部分もあるが、長時間の執拗な愛撫に、体も反応してしまう。ましてや、男の興奮も乗り移り、これはこれでなかなか気持ちのいいものだ。

 男もこれだけ女の体に飢えていると、一回射精したぐらいでは、性欲は収まらない。挿入前にさんざん舐め回した女の体なのに、またセックスしたばかりのおまんこに吸いつきたくなってしまう。そしてまた勃起させ、また挿入となる。
 これって、「盛りのついた猿」 とは違う。「盛りのついた猿」 は単に欲情期なだけだけど、「女の体に飢えた」 状態は、それよりももっと衝動的で性欲もより深いものがある。

 こうなると、時間のある限り、何度おまんこを舐め回しては、挿入と射精を繰り返しても飽きないね。それを止めるのは、もう精液が出なくなってしまうぐらいまで、射精し尽くすことかな。中には、もう何も出なくなっても勃起して挿入を繰り返すこともあるし、勃起しなくなっても、おまんこを舐め回すことだけはできるので、おまんこに顔を埋めたままぐったりとしている、なんてことすらある。




    posted at 00:00 | 男の性欲・女の性欲 | CM(1)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: