FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

優しさと激しさのバランス

 セックスにおいて基本的に受け身である女性は、Sっ気よりも、Mっ気がある人の方が多い。しかし、Mな女性だからといって、乱暴なセックスがいい訳では決してない。責められるにしても、あくまで優しく、が原則だ。なぜって、セックスを受け入れると言うことは、相手の男に心と体を100%、預けるわけで、「この人なら優しくしてくれるかな」と判断して初めて、股間を開くからだ。
 真性のレイプを別として、どれだけ男が主導権を握ろうが、セックスは女性の同意がないと成立しない。その女性の判断を覆すようなセックスをするのは、男としてはルール違反ということになる。

 では、最初から最後まで、女の気を遣いながら、愛情たっぷりに、優しいセックスをすると女は喜ぶかというと、これが必ずしもそうとは限らない。ここが女心の難しいとことだ。もちろん、最後まで優しいセックスに不満はない。しかし、どこか物足りなさが残る。

 愛情たっぷりの優しいセックスをされると、女としても最後まで安心感はある。そして気持ちもいいし、オーガズムに達することもできる。だけど、何かが欠けているのだ。それは、一瞬でもいいから、男と女として抱き合うのではなく、発情したオスとメスになって、互いの快楽を貪りあうような、忘我の境地というか、興奮した時間が欲しいのだ。それが女性には深いオーガズムを得る上で不可欠だ。
 
 しかし、女性の口からそれは言えないし、男が理性的なままのなのに、自分だけが発情したメスになるわけにもいかない。ところが、男の方が理性をかなぐり捨てて、盛りのついたオスになって、激しく自分の体を求めてくれると、女も自然なかたちでメスになれる。

 たとえば、キス一つをとっても、優しいキスもいいけど、舌先を絡め合い、唾液を吸い合うようなねっとりとしたキスをされた方が、女としては、深く愛されている気持ちになる。
 クンニも、優しいクンニもいいけど、舌を広げて犬のようにベロンと舐められたり、むしゃぶりつかれた方が、女としても興奮するし、気持ちいい。さらには舌先を膣中に差し込まれたり、愛液をおいしそうに啜り飲まれたりしたら、女としても嬉しいものだし、興奮しない女はいない。

 そして、スラスト。最初は大きさに馴染ませるように、優しい、ゆっくりとしたスラストがいいけど、慣れてきたら、大きなストロークや激しい動きが欲しくなる。特に四つん這いバックなんかは、そもそも「愛情たっぷりの優しい」体位ではないので、「パンパン」と音がするぐらいに、激しく突き上げてもらった方が、男の興奮が伝わってきて、女も燃えることができる。

 そして射精の時だけは、女をきつく抱きしめて、熱いキスを交わしながら、激しく奥まで突きまくってあげたいものだ。少し痛いかもしれないけど、そこは少しだけ我慢してもらう。そして男は射精を我慢することなく、豪快に射精し、女の体の上でぐったりとなって荒い息を整える。下半身では愛液と精液が、上半身では互いの汗が、そして唇では互いの唾液を交換するような、体液まみれの激しいセックス。

 こんなセックスをすると、女は、終わったあとに「優しさと激しさのバランスが絶妙だった………」なんてコメントをしてくる。そう、大切なのは、この二つのバランスだ。どちらか一つが欠けてもいけないが、ただ両方があればいいという訳でもない。優しさの中に、激しさが顔を覗かせるセックス。優しくしようとしていても、ついつい快楽や興奮で激しくなってしまう………そんな感じの激しさが、女は好きなようだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | セックスのデリカシー | CM(0)
女の側の拒絶の段階

 セックスにおいて基本的に受け身の立場にある女性の場合、男にどこまでなら許す、という段階がある。逆に言うと、男に対する拒絶にはいくつかの段階があるということだ。
 いくつかある段階の中でも特にキスは別格だ。男からすればキスを拒否されることは、すべてを拒絶されることに等しい。もっとも、キスにも段階があり、ライトなキスはいいけど、ディープキスはだめ、というのもある。まあ、全くの拒絶よりは、ライトなキスでも許されるなら、その方がいいに決まっている。
 
 逆に、キスが許されると、セックスまで許されたと思ってしまう。しかしここが男の悲しいとこだけども、たとえキスをさせてくれなくとも、いい女だとクンニできてしまうし、挿入させてくれれば、喜んで挿入してしまう。キスさせてくれないなら、入れてあげないよ、とは言えないのだ。ただ、心につながるところで拒絶されているので、同じセックスをするにしても、満足度はかなり落ちてしまう。

 次の拒絶の段階はフェラをしてくれないというものだろう。これも男からみたら、かなり辛い拒絶じゃないかなと思う。女だって、クンニしてと、恥を忍んで頼んだのに、あっさりと拒絶されたら、私のこと、好きじゃないのね、と相当へこんでしまうと思うね。
 中には、ゴムをつけたゴムフェラなら構わないというのもいる。しかしこれは、フーゾクなんかでよくやるやつで、男としては、それぐらいならしてくれなくてもいい、という感じになる。またシャワーを浴びていないとフェラてくれないというのもちょっと悲しいかな。だって普通は女と会う時、男だって事前にシャワーぐらい浴びてきているからだ。

 フェラの場合、さらに口内射精はダメというのもある。生フェラをしてくれる女なら、まず口内射精はさせてくれる。次ぎのステップは、口内射精した精液を飲んでくれるか、否かであろう。もちろん、飲んでくれると、男としてはものすごく嬉しくなるものだ。これって、ディープキスや、生挿入、中だしに並ぶ嬉しさだ。

 オーラルセックスでいうと、クンニの拒絶というのもある。なかには、洗っていないおまんこは絶対に舐めさせない、という女性もいる。まあこれは、恥ずかしいからということで、男としてはクンニを拒絶されてもそれほどつらくはない。
 ただし、クンニが好きで、シックスナインが好きな男には、クンニ、ひいてはシックスナインの拒絶は、かなりの不満が残ることは確かだ。しかし、挿入さえできれば、それも我慢できる。

 最後の拒絶がこの挿入だ。実はこれにもいくつかの段階である。何が何でもダメ、というものから、生で入れてはだめ、絶対にゴムをつけて、というもの、さらには生で入れてもいいけど、中だしはダメ、というものだ。
 まあ生と中だしは、妊娠の可能性がある場合には、拒絶するのも当然なので、拒絶されてもしかたないところもあるけど、挿入そのものを拒絶されてしまうと、男としてはもうどうしようもない。

 このように女性が男に対して拒絶するにはいくつかの段階がある。それだけに、いろいろな組み合わせもあり得る。
 キスさえ許してくれれば、フェラしてくれなくても、挿入はお預けになっても、男としては嬉しいし、我慢できるし、まだ脈があると思って、また会いたくなる。まあ、だいたい、キスを許してくれる女は、フェラもしてくれるし、クンニもシックスナインもOKになることが多いけどね。

 キスを拒絶されても、フェラしてくれるなら、あるいはゴム付でもいいから入れさせてくれるなら、男としては最後までしてもいいかなと思う。もちろん、精神的な満足感は薄いので、今回だけでいいかな、という気持にはなる。
 
 中だしはダメだけど、生でいいよというのは、もう男としてはかなり、ポイントが高い。ほとんどその女の全てを頂いたような嬉しさがある。厚さ0.何ミリのゴムが隔てるものは、その何百倍もの厚い壁ということだ。
 そして、究極のお許しが、中に出してもいいよ、というやつだ。もうこれを言われと、男としては自分の全てを受け入れてもらったようで、本当に嬉しいものだ。当然、そこまでいくと、キスもオーラルセックスも全てOKなので、男としても、中出しするまでに、いろいとろ楽しむことが沢山あるというわけだ。

 しかし、これには妊娠の可能性もあるので、男としても我慢できることではある。中出しは無理でも、キスとオーラルセックスが楽しめたら、それだけでも、十分かな。
 なので、女としても、なんらかの理由で中出し、あるいは生挿入、さらには挿入そのものが無理だとしても、キスとオーラルセックスだけは拒絶しないで欲しいものだ。男は、女が考えている以上にデリケートな生き物だからね。
 もちろん、本当はあまり望まない相手で、これっきりよ、という意思を伝えたいなら、そういう手もあるけどね。




    posted at 00:00 | セックスのデリカシー | CM(0)
長い髪の女を抱くときには 

 女性の長い髪は、男にないだけに、男にとっては魅力的だ。撫でたり、キスしたりするのも心地いいけど、一番、萌えるのは、やはりセックスしているときだ。男が仰向けになってフェラしてもらうときも、長いサラサラの髪は、男のお腹や太股にあたって気持ちいいものだ。合体してからも、揺れる長い髪はエロさを引き立てる。四つん這いバックであれば、肩から背中にかけて長い髪がばらけるし、女性上位でも、肩からおっぱいにかけてばらけ、白い肌をひときわ引き立てる。

 しかし、最も美しくはえるのは、正常位の時だ。枕元に扇状に広がるのもいいが、肩からおっぱいにかけてばらけるもいい。特に、激しいセックスで汗ばんでくると、柔肌にばらけた長い黒髪が吸いつき、色っぽさを増す。
 上から抱きしめて腰を振っている男も、ついつい、力が入ってしまいがちだ。ここで気をつけたいのが、女の長い髪をいたわることだ。

 正常位で抱きしめる時って、当然、男は腕時計を外す。女性の首や背中を痛めないためだ。ここまでは多くの男も気を遣うが、長い髪まではなかなか思いつかないものだ。男が腕の位置を変えたりするときに、よく長い髪の一部を上から押してしまうのだ。とりわけ、正常位になるときや、正常位から他の体位に移行しようとするときに起こるので要注意だ。頭皮から抜けたり、髪の途中で「プチュ」と切れてしまうと、頭皮に「ピリッ」とした痛みが走る。せっかく気持ちよくなっているときに、この痛みは水を差すことになってしまう。

 女としては、一生懸命に動いている男に、「髪の毛の上の腕が痛い」とは言いにくいので、我慢していることが多い。あるいは、男の腕が上がった時に、さりげなく顔を上に上げて、挟まった髪を解除しようとする。もし女がこの仕草をしたら、髪の上の腕が痛くなっている、と思った方がいい。
 これを完全に防ぐには、正常位の時は、髪を束ねるか、頭の上側にもっていくしかない。しかし女からは、上げにくいので、激しい動きになる前に、髪を撫で上げてあげる振りをして、長い髪を頭の上にもっていってあげるといい。女としては、その繊細な心遣いに嬉しくなるものだし、これが毎回のこととなると、激しい動きへの「予告」となって、条件反射的に興奮も高まっていく。

 それでも、激しいセックスをした後というのは、長い髪はいろいろなダメージを受けてしまう。途中で切れた髪は枝毛の原因になるし、汗ばんで重なりあった髪の毛先も、ほぐすときに切れたりする。
 セックスの後、男は服を着ればそれで準備完了だけど、女性は時間をかけて長い髪の手入れをしなければ部屋の外には出られないのだ。こんな時は、男も黙って見ていないで、髪を後ろから櫛で説いてあげたいものだ。まあ、そこまでしなくても、撫でてあげるぐらいの心遣いが欲しい。

 セックス直後に手入れをしても、激しいいセックスした翌日には、やはり髪のダメージがでてしまうという。でも、それはそれで激しく愛されたことの証でもあるので、女としては受けいれている、とのことだ。
 仕事中に、なにげに枝毛の手入れをしている女性って、もしかして前の日の激しいセックスを思い出しながらしているのかな。だとすると、男としては許せる仕草なか。




    posted at 00:00 | セックスのデリカシー | CM(0)
生で入れて欲しくない時、スキンを付けたい時

 いざ挿入となって、スキンをつけようとしたら、相手の女性に、「私、病気とかないけど...」 と、言われて、なんか相手を傷つけたかな、と思うときがある。別に、病気が怖いというだけでなく、妊娠のこともあって着けたるんだけどね。それに病気があるかどうかは、性器を見ただけでは分からないことが多いから、困ってしまう。

 こんな時、どうするか。覚悟を決めて生でするか? でもどうしてもリスクを犯したくないときは、他の理由をつけて、相手を傷つけずにスキンを着ける方法がなくもない。

 そんな時は、女性に、「え? 中に出してもいいの?」 と聞いて、「出すときは外に出して」 と言われれば、男からの 「いい訳」 としては、「別に病気が怖いわけではないよ、おれだって生で入れたいけど、いつも抜くのが遅くて、中に少し出しちゃうんだ」 とか答えればいい。
 予想に反して 「中に出してもいいよ」 といわれたら、「おれ、ちょっと早漏気味で、生でいれると、直ぐ出ちゃうんだ...だからスキンつけたほうが、長持ちするんだ...」 とかいうのもいい。

 たいていの場合、女性はこれ以上は言ってこないけど、それでもイヤな顔をしたら、「俺って、一回だしちゃうと、回復が遅いから、生だとイカせられないかも知れない」 とか言うしかないかな。

 同様の情況は、女性にもある。女の方が、生で入れて欲しくないとき、やんわりと 「お願い、スキンつけてね...」 といっても、 「うん、いいよ」 と言ってくれればいいが、そうでない場合もある。
 相手の男が、機嫌悪そうに 「おれ、病気とかないよ」 と言われたらどうするか。これも 「病気を心配しているんじゃなくて、妊娠が怖いの。実はいま、超危険日なの」 とかいえば、男はちょっと考える。それでも 「大丈夫、ちゃんと出すときは外に出すから」 と言われたら、「元彼もそう言っていて、で結局、中にこぼれたみたいで、生理がこなかったことがあって...」 とかいえばいい。
「え、で妊娠しちゃったの?」
「......」
「分かった、つける...」
 それもでだめなら、「ここんとこ、おりものが異常に出てて、アソコもちょっとかゆいの。明日、病院いってみようと思っているんだけど...」 といえば、決定的かな(笑)。
 しかし男も女も、この最後の言葉を言うことなく、互いに相手の気持ちを尊重して、着けるべきときは、嫌がらずにスキンを着けたいものだね。




    posted at 12:00 | セックスのデリカシー | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: