FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

男女にとっての「汚い」ところ

 男にとっては、女の体に「汚い」ところなどないんだけど、女にとっては、女の体の中で「汚い」ところというのは、確実にあり、その感じ方も、女によって多少は違ってくるし、女と男とでも違って来る。クンニができる男は、もう女の体の中に「汚い」ところなんて、一つもないんだけどね。しかし、クンニされるのが大好きな女にしてみれば、やはり「汚い」ところは残るのだ。

 女が心から楽しめるキスやクンニをしてあげるためには、男としてもこのことを気に留めておく必要がある。「汚い」とこころといえば、股間だけでなく、お尻の穴もあるし、足の指もある。ここを舐められた後って、キスには抵抗がある。さらにはおしっこを飲んだあとの唇も抵抗があるものだ。足の指はお風呂に入った直後なら、まだ許せるだろうけど、お尻の穴を舐めた後と、おしっこを飲まれた後のは、さすがに排泄物なので、抵抗感が強い。

 男としては、この順番を間違えてはいけない。「汚い」順にならべるならば、キス→おっぱいを含む全身まではいいとして、その下には、おまんこ→足の指→お尻の穴→おしっこ、という順番になるかな。なので、キスを楽しみたかったら、原則としてクンニや足の指舐め、アナリングス、さらにはおしっこ飲みをする前にすることだ。ものには順番というのがあるということだ。
 女性の中には、興奮していれば、クンニの後のキス、さらにはおしっこを飲まれた後のキスでもOKという女性がいる。こういう女性は男としても、奉仕し甲斐があるけど、普通の女性はそうではない、ということを心しておく必要がある。

 実際、衛生的にも、アナリングスやおしっこプレーの後の口って、決して綺麗なものではない。なので、僕もアナリングスや足の指舐めをした後は、クンニは控えるようにしている。逆に言うと、アナリングスや足の指舐めをするなら、その前にクンニをたっぷりとしておくことだ。

 但し、おしっこプレーをした後のおまんこは、「お掃除クンニ」の定番として必ずしている。「○○ちゃんのおしっこ臭いおまんこ、綺麗にしてあげる」と言いながらね。される方の興奮も、おしっこを飲まれた直後だけに半端ない。女性からみれば、おまんこもおしっこも「汚い」ものなので、抵抗ないのかな。男としては、汚いとは思わないおまんこに残っている「汚い」おしっこを舐めてきれいにしてあげているつもりなんだけどね。

 最後に、男の体の中の「汚い」ところについて触れておきたい。女性に比べて、男の体中には、それほど「汚い」ところはないと思う。フェラされた直後のキスをいやがる男はいない。なぜなら、オチンチンって、汚いところではない。童貞の包茎で恥膏が溜まった亀頭を別にすれば、大人の男って、清潔に保っている。確かに、おしっこが出る穴もあるけど、セックスしている時は、ペニスは排尿器官ではなく、生殖器官となるからだ。おしっこは汚いものでも、精液は決して汚いものなんかではない。命を育む、神聖なるオスのエキスだからだ。 

 まあ、お尻の穴も汚いといえば汚いけど、今はオシュレットも普及しているし、お尻の穴をそれほど汚いとは思わない。なので、アナリングしをしてくれた女性がキスを求めてきても、僕はイヤではないかな。第一、お尻の穴まで舐めてくれた女性が、キスをしようとしていやがったら、失礼というものだ。

 では、おしっこはどうか。おしっこプレーにあまり抵抗がなくなってきている僕にとっては、それほど汚いとは思わないかな。むしろ、女性との相互おしっこプレーができたら興奮するだろうな、と思っているぐらいだ。つまり、僕のおしっこを口で受止めてくれ、それを僕に口移しで飲ませてくれたら、飲んでしまうけどね。もっとも、理想は、自分のおしっこではなく、その女性のおしっこを口移しで飲ませてもらうことだけどね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | セックスのデリカシー | CM(0)
男性にとっての「汚い」ところ

 Rちゃんとの『女性にとっての「汚い」ところ』の話の続きをしよう。今度は男からみた女の体の「汚い」ところの話題だ。女性にとっては、やはり陰部は汚い所、というイメージがある、という話だ。

「その汚い陰部を男が舐めるのって、凄くない?」
「よく舐めるな、とは思うよ」
「いまでこそ、クンニ好きな男になっているけど、この俺でも20代のころは、舐められなかったんだ」
「そうだったんですか」
「舐めたいとはいつも思ってはいたわけ。でも、実際におまんこを目の前にすると、なかなか舐めることができなかったんだ。今みたいにパイパンか、半分脱毛している女性も少なかったし、股間を開くと、剛毛でプーンとメスの匂いやおしっこの匂いがして、とてもじゃないけど、舐められなかったね」
「そうでしょうね」
「で、いつも、『次回こそは、絶対に舐めるぞ!』と心に誓って臨むんだけど、やはり舐められなかった」
「心に誓っても?」
「で、20代の終わりの頃、『今日こそは何があっても絶対に舐めてやる』という強い気持ちでデートして、ついに生まれて初めてクンニしたというわけ」
「どうだった?」
「もう、舐める気満々というか、挿入よりも舐めることばかり考えていたからね。股間に割って入って、いよいよとパンティーを脱がした時が一番、興奮したかな。まだ見ぬおまんこ、それをこれから舐める決めていたからね」

 その時のことを思い出しながら、臨場感たっぷりに説明してあげた。剛毛ではなかったけど、それなりに毛の生えた、生々しいおまんこだったかな。パンティーを脱がす時にさりげなくクロッチの裏側を見たら、べっとりとおりものや愛液で濡れていたしね。彼女は恥ずかしそうに目を両手で被っていたので、汚れをチェックするぐらいの時間はあった。だけどあまり間をあける訳にはいかなかった。目的は汚れたパンティーではなく、目の前のおまんこだからね。股間を大きく開くと、濡れたおまんこが目の前に。ここで観察いていてはまたためらってしまうかも知れないと、間髪いれず、むしゃぶりついていった。彼女は、いきなり舐められるとはおもっていなかったらしく「だめだめ、シャワー浴びてないから………」と抵抗していたけど、それもすぐに気持ちよさそうなあえぎ声に変わっていった。そしてなんと、生まれて初めてのクンニで、彼女をイカせることができた。これが大きな自信となり、その後のクンニ人生の出発点になった、というような話をしてあげた。

 話しながら、久しぶりに自分も思い出してしまい、その「再現ビデオ」をやってあげることに。もう一度、彼女にパンティーを履かせて、忠実に再現してみる。結局、これがこの日、予定していなかったタイミングでのクンニとなってしまった。なので、イカせるまでは舐めなかったけど、彼女も生まれて初めて舐めた男の決意を感じたのか、興奮していたけど。
「あっ、しまった! これでチュウができなくなってしまう!」
「そうだね」
「うがいしてくればいい?」
「うん、いいよ」
ということでうがいしに。なんか、これって、間が抜けているんだよね。前回は、確か、クンニしたあと、全身を舐めまわした後、流れでキスもしたと思うけど、今回は乳首も舐めないうちに、いきなりのクンニだったので、印象も強烈だったしね。仕方なく、洗面所に行って、うがいをする。うがいをしてみて初めて、口の中に残っていた彼女おまんこの強烈な匂いに気が付いた。生理前と言っていたしね。数回のうがいでは匂いも消えなかったので、歯ブラシも取りだして、磨いた。これでまた抱きしめあってのキスを再開することになった。

 その時、あそこを舐められない男の人って、結構、いるよ、という話題になった。中には、その日の匂いでクンニするかしないかを決める男もいるとのこと。
「指マンしたあと、抱きよせる振りをして、女に見えないようにしてそっと指の匂いを嗅いで、きつかったらクンニしない男の人って、いるよ」とのこと。  
なぜ、それを知ったかというと、その男がそういう仕草をして、その訳を話してくれたからとのこと。匂いを嗅いでいるなというのは、見えなくても女には何となく分るらしい。
「それでクンニをパスされたら、匂うのかな?と女が傷つくのでは?」
「まあそうかな」
「でも、他の男の人に聞いてみたら、実は俺もそうしているよ、という男の人が何人かいたよ」

 やはり、男にとっては、クンニするしないの境界線って、あるのも事実だ。誰でも、いつでもいいというわけでもない。しかし、指についた匂いって、膣内のものだし、クンニしてもそんな奧まで舌先は届かないのにね。まあ、匂いは確かにチェックできるけどね。生理前後のまったりとした匂いとか、生理中の鉄分くさい匂いをチェックしたいのかな。
 クンニ好きな僕に言わせれば、そんな小細工しないで、舐めたければどんな匂いであろうと舐めろ、舐めたくなければ初めから舐めなければいい、と思うね。僕にとっての境は、ずばり、キスしたい女か、そうでないかだ。キスしたいと思う女なら、たとえ生理前後であっても、さらには生理中であっても、クンニしてしまうけど。というかその方がより興奮するけど。それはされる側の女も同じだ。




    posted at 00:00 | セックスのデリカシー | CM(0)
女性にとっての「汚い」ところ

 すでに一度セックスをして、何度もイカせたことのある女性と裸になってベッドに横たわり、いろいろと話していた時のことだった。前回のセックスで、正常位から側位、女性上位、バック、立ちバック、座位、駅弁といった体位のほか、クンニオーガズム、足の指舐め、アナル舐め、おしっこプレーと、初回にしてはありとあらゆることを経験してしまった二人だけに、もうセックスに関しては何でも言い合える関係になっていた。

 その時、僕は左手で彼女の肩を抱き、右手でうっすらと生えている陰毛を毛並みに沿ってナデナデしてあげていた。今日はヘアー舐めからクンニをスタートさせようかなという考えもあった。彼女もこんなことされたことないようで、「なんか落ち着く感じ」とか言っている。そこで「毛並みそってなでられると、心地いいものなんだよ」と言いながら、陰毛をナデナデしていた右手を彼女の頭にもっていき、ヘアーを毛並みに沿ってナデナデしたあげた。

 すると、彼女の方から、笑いながら「その通りだけど、一点だけ、修正!」というコメントが。「何?」と聞くと、「あそこを触った手で髪に触れるのって、女の子的にはダメ!」と悪戯っぽく教えてくれた。
「えっ?だって、陰毛だけしか触れてないよ、濡れたおまんこに触った手ならわかるけど………」
「女の子にとっては、ヘアーも陰部の中に入るの!」とのこと。これはちっと意外だった。その時は手の平側の指で陰毛をナデナデしていたので
「じゃ、指の背中側でナデナデするのならいいの?」と聞くと、
「女の子からは指の裏表は見えないし、同じようなものかな」とのこと。

 いや、正直、男としてはそこまでの想像力が働かなかったね。言ってもらってよかった。「そうか、そこまでので想像力を働かせないと、デリカシーのあるいい男とはいえないね」

 ということで、どこが女の子にとって、「汚い」ところなのか、という話題になった。彼女に言わせれば、ヘアーも含めて陰部はすべて「汚い」ところになるらしい。
「じゃ、おまんこを触った手でおっぱいを触るのはどうなの?」
「おっぱいはOKかな」
「ええっそうなんだ。じゃ、境はどこにあるの?」
「首から上かな」
なるほどね。これは分りやすい。

「じゃ、Rちゃん(その女性の名前)は、クンニされた直後のキスはイヤ派?」
「ううん、それはその時々の気分によるかな。でも、基本的に女の子としては、あまりいいとは思わないかな」
「それは僕も知ってはいるけど。だからよくやる手は、クンニした後、おっぱいとか脇腹とかを舐めて、あそこの匂いを薄くし、意識的にもワンクッション置いてから、キスに移ることをするけど」
「そうしている男の人もいるね」
「女からみたら、その意図が分るんだ」
「分るよ」

 ここで話題が女体盛りに移る。やったことはないけど、AVで観たことはあるという。「おいしそうなお刺身とか、あそこにペロペロつけて、男の人が食べていたけど、なんでそんなことするの!せっかくの料理がまずくなるじゃない!って思ってみてた」
「まずくなるんじゃなくて、もっとおいしくなるんだって!」
その時、腹ごしらえに二人で食べていたサンドイッチが一つ残っていたので、それをRちゃんの割れ目に擦りつけてから、パクリと食べて見せた。
「やだ……もう、そんなことしないで!」
「おいしい!」
「もう………」
きっと白いパンの生地には、Rちゃんのおまんこの匂いや愛液が染みこんでいたと思うけど、サンドイッチの具材の匂いで気にもならなかった。それどころか、そんなことをしている自分に興奮して、もっとやりたくなってしまったほどだった。




    posted at 00:00 | セックスのデリカシー | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: