FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

女の股間に膣の穴が空いている訳

 普段は気にも留めないけど、股間を大きく開いて男を誘惑している女の股間をみていると、ふとあることに気が付いた。それは、どうして女の股間に膣の穴が空いているか、という疑問である。そして開かれた女の股間をしげしげと見ているうちに、その答えが分ったのだ。

 女の体で、両脚を閉じると閉口し、両脚を大きく開くと開口する部位は、股間だけだ。そして神様は(進化の過程でと言ってもいいが)、この開口部のすぐ近くの体内に子宮を設置したのだ。指を入れてみれば分るけど、膣口から子宮口までは、たったの10数センチだ。この距離が絶妙なのだ。あまり体の内部深くだと出産の時に困る。かといってあまり浅いと、外界からの衝撃に保護できない。膣の長さって、赤ん坊を保護できる深さ、そして出産時に外に出やすい短さなのだ。

 膣の長さ、つまり膣口から子宮口までの長さって、実はもう一つの理由で決まってくる。っそれはズバリ、雄の生殖器の長さとの関係だ。オスの生殖器は、勃起していない平常時は排尿器なのだ。だからこれをあまり長くすると排尿時に不便となる。おしっこの度に、30センチものホースをいちいちズボンから取り出すことを考えたら、理解できるだろう。男にとっては、平常時で5~8センチ、勃起しても13~18センチぐらいがちょうどいいのだ。

 女の膣って、出産の時には産道となるけど、受精のためのセックスでは、雄のペニスをすっぽりと飲み込み、快感をあたえて射精させる道具となる。男にとっては、膣ってペニスに快感を与えてくれる場所だけど、女からしてみたら、精子を搾り取る為の装置でしかない。まあ、女にも快感は伴うけどね。しかも時にオスよりも強い快感を得る、というのが不思議といえば不思議だけど。しかし、膣の本当の仕事は、出産の時の産道なのだ。胎児への免疫もこの産道を通して伝えられる。

 女の股間は、両脚を大きく広げた時だけ、穴を露出する。オスのペニスを迎え入れる準備が出来ていることをオスに知らしめるために。或いは、誘惑するために。しかし、これは直立二足歩行をするようになってからの変化であろう。というのも、四つん這いの姿勢なら、大きく両脚を開かなくても背後から挿入可能だからだ。きっとこれって、動物の時代の名残かな。それだけにバックというのは、動物的な体位だし、メスにとっては、無理やり感が強くなる。反対に、女が股間を大きく広げてオスを誘惑するのって、動物的というよりも、文化的なコミュニケーションかも知れないね。

 では、男のペニスはなぜ、股間にあるのか?答えは簡単だ。発生学的に、メスの生殖器を先に作り、そこからオスの生殖器に分化していくからだ。いわば、オスの生殖器はおまけなのだ。それに、メスと交尾するためにも、股間の穴の位置にペニスがないと困るからね。これだけの理由で、オスの股間にペニスが着いているのだ。男にとっては、正直、金玉と棹は体外に出ているので、邪魔だし、危険もある。特に金玉は衝撃に弱いからね。

 では、なぜ女の股間にクリトリスがあるのか?クリトリスは、実は快楽の導入にすぎないのだ。初潮前の女の子でもクリトリスをいじることによってオーガズムを得ることが出来る。いわば、クリトリスは、女にとって性的な快感に目覚めさせるための起爆装置みたいなものだ。本当の爆薬は、クリではなく、膣内にあるのだ。

 そう、女はセックスをするようになり、ペニスを受け入れて初めて、膣の快感を知るようになる。さらに初潮を迎え、生理が始まって妊娠できる体になると、女の快感は生理の周期によってリズムを作られる。排卵日になると、子宮がウズウズするようにできているのだ。特に出産経験のある女性だと、子宮を意識するようになり、排卵日になると発情してしまう。
 生理前後になるとウズウズするというのは、まだ本当の快感を知らない女の反応に過ぎないのだ。クリや膣口への刺激ではなく、膣奥の子宮口がペニスを欲しがるようになる。膣の奥まで勃起したペニスを入れて欲しくなる。そして射精して欲しくなる。それは子宮が精子を欲しがるからに他ならない。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | セックスの本質 | CM(0)
フェラと挿入の違い

 フェラのうまい女性だと、時に挿入して射精するよりも気持ちいいことがる。特にスキンを着けての挿入なら、生フェラの方が粘膜の温もりや唾液も感じられて、断然、気持ちいい。膣内射精も男としては精神的な征服感もあることはあるが、スキンつきだと、所詮は、ゴムの中に出しているに過ぎない。しかし口内だと、これはこれで「イケない処に出している」という興奮もあるしね。

 なぜ時にはフェラの方が挿入よりも気持ちいいかというと、フェラの方が、よく動く唇と舌先とでこねくり回されるので、より刺激が複雑になるからだ。おまけに空いている手で棹や金玉の愛撫も同時にされることができるからね。もちろん、下手なフェラならあまり気持ちよくはないけど、テクを磨いたうまい女なら、本当にあっという間に射精まで持って行かれるものだ。

 それでも男が挿入をしたがるのはなぜか?快感やオーガズムを得るだけなら、フェラで十分じゃないのか。これって、女にも言えるかな。クンニで何度もオーガズムを与えられても、最後はやはり中に入れて欲しくなるのと同じだ。

 では、男にとって、フェラと挿入の違いはどこにあるのか? まあ、行為そのものが違うと言えばそれまでだけど、何かセックスとオーラルセックスの違いだけではない、何かがあるように思う。
 それは、いつもフェラしてもらっていて感じたことだ。何かが足りないのだ。それはズバリ、フェラはペニスを根元まで入れられない、という事だと思う。もちろん、イラマチオというのもあるが、18センチある僕のペニスだと、実際にこれを根元まで受け入れられる女性はそういない。というか、今まで一人もであったことが無い。

 亀頭の快感だけだったら、男はフェラで十分だ。気持ちいいし、射精までもっていける。しかし、何か物足りないのだ。やはり、勃起したペニスは女のおまんこの奧まで入れたいのだ。実際、挿入できたとしても、入口付近の5センチしか挿入ができないとすると、男のフラストレーションは凄い。奥まで突っ込めないなら、フェラでいいよ、となってしまう。

 では、なぜ、男は膣奥までペニスを挿入したがるのか?亀頭の快感からいったら、フェラでも膣内のスラストでも余り変わらない。というのも、根元まで入れたとしても、男の快感エリアは亀頭と棹の裏側だけで、棹そのものが感じる訳ではないのだ(圧迫刺激を別として)。
 それでも奧まで入れたくなるのはなぜか。これはもう、オスとしての本能としか言いようがないかな。同じ射精でも、ペニスを引き抜いて亀頭だけを膣口に入れて射精するのと、目一杯、膣奥まで入れてドクドクと射精するのとでは、生理的な快感も、精神的な満足感もまるで違う。

 同じ事は女の側からも言える。クンニでイカされるのも捨てがたい快感ではあるけど、やはり膣奥で射精される快感と満足感には到底、かなわない。
 まあ、こうした理由があるから、男と女はセックスをするんだろうね。そうしないと、生物として子孫を残すこともできなくなってしまうからね。




    posted at 00:00 | セックスの本質 | CM(0)
オーラルセックスと挿入の違い

 クンニやフェラといったオーラルセックスと、ペニスを挿入するセックスとでは、何が違うのであろうか。もちろん、見た目でも分るとおり、オーラルセックスは挿入を伴わないので、完全な意味でのセックスとはいえない。しかし、男女ともオーラルセックスによってオーガズムまで至ることができるので、一応は、準セックスという扱いになろうか。なので、ステータスとしては、セックスの下位にある、セカンドベストとなる。

 ところで、オーラルセックスと挿入を伴うセックスとでは、他にも決定的な違いがある。それは、どんな体位であれ、挿入、つまり互いの下半身を結合しても、互いの口は空いているということだ。対面性交なら抱き合ってキスできるし、背面でも体に触れることができる。

 口が空いているということは、目も視界が広くなる。キスをすると視界は限られるが、距離を空ければ、互いの感じている顔や全身を見ることが出来る。特に、男の方が視界は広いかな。直角正常位なら、顔のほか、一突きごとに揺れるおっぱいや腰のくびれも見ることが出来る。さらには、結合部も丸見えだ。バックの場合だと、女の顔を見るのは難しいが、腰のくびれと背中、うなじ、乱れた髪などを見ることが出来る。もちろん、視線を下げれば、結合部は正常位以上に丸見えだ。

 女の場合は、視界が限られる。なぜだろうか? 正常位だと、視界は被いかぶさっている男に邪魔されるからかな。直角正常位でも、顔を挙げないと、男の上半身は見えない。ましてや結合部を見るのは難しい。
 バックとなると、見えるのはベッドだけとなる。思うに、女の場合は、セックスの最中も、ずっと目をあけている必要もない。むしろ、暗くして、さらには目隠しをして、視覚情報を遮断した方が、快感に集中できる。それだけに、女は股間から聞こえてくるイヤらしい音など、聴覚に敏感となる。

 女のよがり声は、男にとっても刺激的だけど、男は、相手を見ながら腰の振り方などを考えなければならないので、視覚情報も大切となる。男が視覚情報をカットするのは、射精を終えて、女の上でぐったりとなった時かな。

 要するに、性器を結合した場合、それは体の一部に過ぎず、残りの全身をつかって、いろいろなことが出来る、という訳だ。これらを活用しない手はない。挿入しながらの、キスや手による愛撫がそうだ。もっとも、この逆で、敢えて着衣性交をするなり、アイマスクをして、結合部だけに互いの意識を意識を集中させるセックスも、また萌えるものだ。

 対してオーラルセックスだと、相手の性器に口がいくので、視界も目の前の性器にしかいかない。なので、する方はその行為に集中できる。言い換えると、単調なのだ。しかしこれが案外、飽きが来ない。反対に、愛撫される方は最初は集中できないが、気持ちよくなってくると、集中するようになる。

 愛撫される方は、口や視界は空いているが、使いようがない。しかし、手は空いているので、クンニなら同時におっぱいを愛撫するなり、膣内に指入れするぐらいならできる。フェラなら、男のお尻に手を回すなり、金玉を掴んだり、アナルを指で刺激したりならできる。男女とも、この複合技の方が感じるが、反対に、ピュアにオーラルセックスの快感を楽しみたくなる時もある。指を使わないクンニ、手を使わないフェラがそれだ。

 要するに、オーラルセックスって、している方は、口でするものなので、顔にある口や視界などが限定されてしまうということだ。まあ、これが何か奉仕しているみたいでいいんだけどね。これに無理やり感が加わると、Mっ気が刺激される。強制顔面騎乗クンニとか、イラマチオがそれだ。反対に、されている方は、視界や手が自由となるので、相手よりは優位に立てる。これを活用してもいいし、敢えて何もしないこともできる。これって、性器を結合しあうセックスでは、味わえない独特の世界だ。

 ちなみに、シックスナインは、この空いている口と相手の空いている性器とを結合させる行為だ。単なるオーラルセックスというよりも、ある意味、挿入を伴うセックスを反転させた行為でもある。セックスにはないエロさはここにある。僕が只のクンニよりも、シックスナインが好きなのは、これが理由かな。




    posted at 00:00 | セックスの本質 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: