FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

男の人が上で一生懸命に動いてくれると嬉しくなる女

 男と女にとって、セックスって、やはり違いがあるものだと思う。別段、Mでなくても、女は基本的に受け身なので、いろいろな違いはそこから生まれるのかな。もっとも、女が受け身だからといって、ただじっとして男を受け入れている訳ではない。そこは冷静に、男の動きなどをしっかりと観察もしているのだ。女の自我が飛ぶのは、男にイカされる瞬間だけかな。


 女が感じ取っているのは、いろいろとあるが、膣の中のペニス(大きさや硬さ、形など)の他には、男の腰の動かし方だ。がむしゃらに動いているのか、それとも慣れた腰使いなのかは、すぐに分るものだ。
 こなれた腰の動きをされると、「やだ、この人、うまい」って思うようだ。だからといって、女の不思議なところは、「私の前に、いろいろな女と遊んできたんだろうな」「いろんなおまんこに入れてきて、鍛えられたんだろうな」などとは思わないようだ。それらは全て、自分のおまんこにたどり着くまでの練習過程に過ぎす、最後は自分を気持ちよくさせてくれれば、それでいいのだ。

 反対に、がむしゃらなのも、それなりに嬉しいものらしい。特に、童貞の少年のように、必死になっているのを感じると、急にその男がかわいく見えてくるらしい。童貞でなくても、いい大人ががむしゃらに動かしてくると、「よっぽど女に飢えていたのかな」などと、母性本能がくすぐられるようだ。

 そんな女性のコメントに、「男の人が私の上で一生懸命に腰を振ってくれるのって、すごく嬉しい」というのがあった。そうか、女性はそう感じるんだ、としみじみ思ったものだ。というのも、腰を振っている男は、女性をイカせようという気持ちもあることはあるが、半分は自分の快楽の為に腰を振っている部分もある。
 しかし、それも含めて、一生懸命に腰を振られると、女はそれを自分への愛情と受けとるんだろうね。あるいは、一夜限りのセックスの場合、愛情とまでいかなくても、自分の体に興奮してくれる、というのは女として嬉しいものなのだ。

 これはバックの場合も同じで、男の顔は見えなくても、激しく動いてくれているというのは分るものだ。それに滴る汗がお尻や背中に落ちてくるのも分るしね。確かに、男の側から言っても、疲れを厭わず、射精を我慢し、激しく腰を振るのは、その女が好きで、気に入っていないと出来ないことではあるけどね。そうでなければ、さっさと自分勝手に腰を振って、射精してしまうからだ。

 思うに、この反対ってないのだ。つまり、女性上位になって、上に乗っている女に激しく腰を振られても、男は「嬉しい」とは決して思わない。最初の内は、欲望を解放している女をいじらしく思うけど、さらにそれがエスカレートしていくと、色っぽいというよりも、恐ろしくなってくる。増してや、何度も射精させられ、精液を搾り取られると、恐怖でしかない。

 ここが男と女の大きな違いかな。やはり、セックスって、オスが激しく腰を振ることによって、メスが深い快楽を得るようになっているのだと思う。この逆は、オスにとっては、予期していない事態なのだ。まあ、真性のM男となると、それがまたいいんだろうけど、動物界にMなオスって、いるのかな。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | セックスと男と女(女から) | CM(0)
大きなペニスを奥まで入れさせない両脚のブロック

 大きなペニスで奧まで突かれると、痛みを覚えるという女性は多い。それでも、男が加減してくれたり、大きさに慣れてくると、イタキモの快感もあって、なんとか我慢しているということが多い。それにやがて男も射精するだろうから、という気持ちもあって耐えている。

 それでも、男がいよいよ射精に向けたラストスパートをかけると、どうしても奥まで入れてしまうものだ。特に精液を噴射している瞬間って、無意識のうちに膣奥まで突き刺してしまう。きっと、貴重な精液を子宮口まで届けたい、というオスとしての本能だろうね。精液の量が多いと、この回数が10回前後、続くことになる。
 大きなペニスで奧まで突かれると痛いという女性には、この最後の数回の突きが苦手となる。まあ、これで最後だからと、我慢してくれる女性もいることはいる。それに同時オーガズムを迎えられれば、痛みの中に快感もあるので、耐えることができるからだ。

 しかし、最後に同時にイケないとなると、女性には痛みがなおさら強調されてしまう。そんな女性が本能的にとる(あるいは経験で覚えたのかも知れないけど)防御の姿勢がある。正常位の時に、ペニスを膣奥まで入れさせないようにするのだ。どのようにするかというと、女がお尻をつけたまま、M字開脚している両脚を左右にだらんと開くように広げるのだ。すると、男の腰が開き気味の女の太股に当って、それ以上、深く入れられなくなるのだ。まるで、両脚でブロックされているような感覚だ。

 射精の瞬間にこれをされると、男としては欲求不満になってしまう。しかし、相手が痛がる訳だし、それだけ自分のペニスが大きいからだ、と諦めて納得するしかないかな。
 もっとも、セックスを始めてすぐに、女にこのブロックをされると、まるで挿入そのものを拒絶されているみたいで、いい感じはしない。これって、フーゾク嬢が使いそうなテクニックだしね。
 奥まで入れられてどうしても痛かったら、素直に口に出して言ってもらった方がいいかな。男も 「ごめん」 といってスラストの深さを調整するので。これって、物理的なブロックによる「拒絶」とは真逆だ。だって、男は 「痛いのを我慢して僕のを受け入れてくれているんだ」 という気もちになるからだ。

 もし女が最初からこのブロックをかけてきたらどうするか。男の側が、この裏技をかわしたかったら、女がお尻をつけた状態で両脚を開けないように、両脚の膝の裏側に両手を入れてしまうか、おもいきって女のお尻を浮かせる屈曲位にしてしまうことだ。あるいは、正常位以外の体位にすることかな。

 なので女としては、男に予防線を張らせないように、この裏技を使うのは男の射精が始まりそうな時にするのがいい。射精が始まる前って、男は最後のスイッチを入れようと、必死に腰を振っているし、ましてや射精が始まってしまうと、体勢を変える余裕などなくなるからだ。
 男にできるのは、なんとか奧に入れようと腰を突き出すことだけど、女がブロックを解除しない限り、難しい。男としては、射精しながら 「何だよ!」 と不満も残ってしまうのも事実なので、最後の数回の噴射の時だけでも、ブロックを解除してくれると、嬉しいかな。





    posted at 00:00 | セックスと男と女(女から) | CM(0)
「女の悦び」

 セックスの快楽を知るようになると、女はよく自分で 「女の悦び」 という言葉を使う。単にオナニーでクリトリスをいじって「イク」というのを経験したぐらいでは、こうは言わない。少女時代にオナニーを覚えてイッたとしても、誰も 「女の悦び」 を知ったとは言わない。
 あくまでセックスをして、男のペニスを挿入され、深い中イキを経験して初めて使う言葉だ。これには、中出しをされて、膣内に温かな精液がじわ~と広がる感触、体だけでなく、心まで温められるような快感、あるいは、何度もイカされて、最後はイキっぱなし状態になるような深い快感、さらには意識が飛んでしまいような深い快感の世界を知ってはじめて使う。

 これに対して、男は 「男の悦び」 とは言わない。夢精でもオナニーでもいいけど、はじめて精通したからといって、誰も 「男の悦び」 を知った、などとは言わない。なぜなら、健康な男であれば、ある年齢に達すれば、自然と体験する快感だからだ。
 もちろん、初めて経験した時には、身震いするような快感だけど、慣れてくると、少しずつ、快感も弱まっていくしね。10代の時が最も強烈で、20代、30代、40代となるに従い、快感を感じる部位も部分的となってくる。なのでなおさら、「男の悦び」 などとは表現しない。そのせいか、男の口から「 女の悦び」 という言葉もあまり出ない。単に想像力が働かないのだ。

 この違いにこそ、女と男の体とオーガズムの本質的な違いがあるように思う。男のオーガズムは成長とともに、勝手に訪れるものだけど、女は違う。オナニーでイクことはできても、本当の意味での 「女の悦び」 は、男に与えられるものだからだ。
 女が 「女の悦び」 と言うのは、セックスをするようになってイクことを覚えてから、さらにセックスにのめり込み、やがて深い快感の世界を男に教えられて時が多い。あるいは、経験が少なくても、結婚して毎晩のように旦那に抱かれ、「女の悦び」 を教えられた、などと言うこともある。中には、SMっぽいプレーや、複数プレーなどで異次元の快感を知ってしまった時にも使う女性がいる。

 もう一つのパターンは、過去の回想として使うことかな。今はセックスから遠ざかっているけど、カレシができてセックスの快感にはまってしまったとか、結婚してセックスに目覚めさせられたなどという時に、一度 「女の悦び」 を教え込まれてしまった体は、あの快感を忘れることができない、という言い方だ。
 これって、罪なようでもあるけど、「女の悦び」 をまったく知らないで一生を終える女性のことを考えたら、まだ幸せな方と言うべきかな。しかも、セックスの奧は深いので、自分では「女の悦び」を知っていると思っていても、実はまだまだその先があることを知らない女性もいる。

 何の努力をしなくても成長とともにオーガズムの快感を知ることのできる男としては、セックスする女に 「女の悦び」 を味あわせてあげたいものだ。そして、それが過去の回想とならないように、いつまでも情熱的に、女を愛してあげたいものだ。そして 「女の悦び」 のさらに先にある世界に、女を連れて行ったあげたいものだ。




    posted at 00:00 | セックスと男と女(女から) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: