FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

合体した時の男女の感覚の違い

 自分は男なので、女の感覚は創造するしかないのだけど、どうも男からみても、合体した時の感覚は、男と女で大きく違うように思えてならない。この感覚の違いは、ズバリ、性器の構造の違いによる。
 男の場合、生殖器である睾丸とペニスは胴体部分から外に出ている。なお、ペニスは勃起して初めて生殖器となるもので、普段は排尿器にすぎない。セックスのことを知らない少年は、まさかそれを女の股間の穴に差し込むことなど、想像もしていない。

 対して、女性の場合は、生殖器である子宮はもちろんのこと、膣も体内に隠れており、普段は小陰唇や大陰唇で蓋をするように保護されている。おまけに、その膣も、普段から空洞になっているわけではなく、ペニスを入れられない限り、上下にぺたんこになっている。オナニーを覚え、セックスのことを知って初めて、そこに男の生殖器である勃起したペニスが入る、ということを知る。初めて勃起したペニスをみて、「こんな大きなのが入るのかな?」と心配になるのも無理は無い。

 こうした構造上の違いがあるため、男にとっての合体は、胴体から外に出ているペニスを膣内に入れるだけのことに過ぎない。しかも、ペニスの粘膜は亀頭部分だけで、挿入して気持ちいいと感じるのは亀頭部分でしかない。ゴム着きの挿入よりは、生フェラの方が気持ちいいのはこのためだ。あるいは、ローションをつけた手コキでも十分に気持ちいいし、射精までもっていける。
 
 もちろん、生身の女を抱きしめる肉体的、精神的な快感はあるが、こと亀頭に関して言えば、なにも膣である必然性はなく、口や女の手でもいいわけだ。昔流行ったフーゾクの「ラッキーホール」(壁に空いた小さな穴にペニスを入れ、内側の女がフェラなり、手コキで射精させる)が成り立つのは、こうした男性器の構造による。

 対して、女性の場合、膣内にペニスを入れられるというのは、男にはない痛みと強烈な快感を伴う。基本的に膣というのは、せっかくくわえ込んだペニスを逃さないように、勃起したペニスよりはきつく出来ている。処女が痛みを感じるのは当然といえば当然なのだ。おまけに、ペニスは随意筋によって締め付けることもできる。オーガズムに達すれば、自然と膣が痙攣して精液を搾り取るような動きをするし、ペニスも抜けないように締め付けてくる。

 最初の痛みに慣れてくると、今度は強烈な快感を女にもたらす。その度合いは、男の亀頭が感じる快感や、尿道を精液が通過する射精の快感とは比較にならない。膣全体が粘膜だし、クリを除いても、膣口や膣天井、子宮口と快感エリアも多数ある。その快感は、股間から全身に広がっていき、一度、快感の波に襲われたら、もう全身を支配されたと同じになってしまう。おまんこって、メスにとっては、生物としてのウイークポイントなのだ。

 男は挿入しても、途中で抜けば、セックスを中断することもできる。しかし、一旦入れられた女は、自分からセックスを中断することはできない。イキそうになっても、男にがっちりと腰を押さえつけられれば、もう動けない。何度もイキまくっても、男が止めない限り、イキ続けるしかない。

 このように、男女の合体というのは、男にとっては体外に出ているペニスを膣に差し込むだけだけど、女にとっては、生物としてのウイークポイントを押さえられてしまう。つまり、体外にでている体の一部を入れる側と、体内に雄の体の一部を入れられる側は決して対等ではないのだ。入れる方よりも、入れられる方が、何倍も体に大きな変化が生まれる。おまけに、男に覆い被さられたら、膣の他に、全身を押さえ込まれることになる。

 女が挿入を許すと決めるまでに、それなりの手順を踏まなければならないのはこのためだ。男は、勃起さえすれば、いつでもどこでも挿入可能だ。しかし、一度、挿入を覚悟した女は、とことん、その快楽を貪ろうとする。女の心と肉体の奧深くに潜んでいるその欲望の深さを、入れる男はあまり意識しない。まあ、早漏で先にいってしまえば、その先の世界を体験するまでもないだろうけど、何度も女をイカせることのできる男は、その奧深さを知っているので、それなりの覚悟をもって挿入するようになる。

 女だって、ディルドがあるではないか、と言われそうだが、確かにディルドやバイブは膣を満たすことはできる。しかし、ディルドで快感を得るには、女から腰を動かさなければならない。電動のバイブも、機械仕掛けで動きはするが、男のスラストの動きにはほど遠い。しかも、全身を押さえ込まれながら、激しく奧を突かれる感覚は、絶対に生身の男でないと味わう事の出来ない感覚だ。男の皮膚感覚や体温の温もりもあるし、なにより男の吐息と汗もある。
 そして最後に、射精というメインイベントが控えている。最近は、擬似射精できるディルドもあるようだけど、ペニスをピクピクと痙攣させながら、妊娠させようと精液を膣奥に注入する、本物の射精には遙かに及ばない。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | セックスと男と女 | CM(0)
一生出来ない経験

 初めて会った女性で、お互いに意気投合すると、いきなりエンジン全開となることがある。持てるもの小出しにせず、初回で全てを出し切ってしまう。そう、精液も大量に出し切ってしまう。そんなプレーを初回にしてしまうと、もう二回目にすることがなくなってしまうのでは、という思いが無いわけでもないが、心ときめく出会いというのは、そうあるものでもない。一期一会は、二回目がない、という心境で接するのがいい。それがまた、次の出会いを生む、というのもあるしね。

 意気投合した二人は、ねっとりとしたキスから始まる。キスだけで腰砕けになってしまうような経験をした女はそういない。そして最初のメインイベントは、それまで経験したことのないような、とろけるようなクンニのフルコースだ。クンニで一度もイッタことがない、という女性でも、必ずイカせてしまう。しかも、連続で何回もね。
 もし女性が顔面騎乗クンニをしたことがないと分ると、顔面騎乗クンニもさせてあげる。もちろん、これでも何回か、イカせてあげる。

 さらに、気分が乗ってくると、洗っていなくたって、足の指からはじめて全身を舐めあげてあげる。極めつけは、尻の穴まで舐めてあげることかな、それも舌先を奧深くにねじ込むような、濃厚なアナリングスを長時間してあげる。意外と、足の指舐めやお尻の穴を舐められた経験のある女性って少ないものだ。自分が初めての男でよかったと思うと同時に、今までの男は一体、どこを舐めているんだ、と思ってしまう。

 ぐったりしている女性の前で、最大限に勃起したペニスを見せつける。キスの段階でもその大きさが普通でないというのは、スキンシップで薄々は分っているようだけど、いざ、目の前に突きつけられると、驚きを隠さない。それはそうだ、18センチのペニスって、100人に一人の割合と言うことらしいので、まずほとんどの女性は生まれて初めて見ることになる。ファラしてもお口に入りきらない。
 おまけに金玉も大きいので、口内射精でもしようものなら、口からあふれ出るほどの精液を受止めることになる。皆、途中でパニックになるほど、驚くけどね。これも生まれて初めての体験だ。

 さらに意気投合すると、とっておきのプレーがある。そう、おしっこ飲みだ。おしっこが直ぐに出せる女性は、M字開脚のクンニ中のお漏らし、あるいはM字の顔面騎乗で、なかなか出ない女性なら、洗面台の所で、片脚を上げて、僕が股間に顔を埋める姿勢で飲ませてもらう。それでも出ない時は、コップに出してもらい、彼女に飲ませてもらうかな。これはこれで、自分のおしっこを飲まれるところが可視化されるので、すごい興奮のようだ。
 この時に、しごいてもらって射精してしまうこともある。あるいは、半分、とっておいて、セックス中に、女に飲ませてもらうこともある。中には、直飲みで1/3、コップ飲みで1/3、挿入しながらのコップ飲みで1/3を飲むなんてのもある。

 挿入となり、スキンを着ける時にも驚きがある。それは初めて見るXLのスキンだからだ。ホテルに置いてある標準のも取りだして比較してあげると、本当にびっくりしている。さすがに、そのあまりの大きさにちょと心配になるのか、「大丈夫かな、入るかな……」とか言っているけど、何度もイカせて十分に濡れているので、案外、すんなりと入る。
 大きさに馴染んできたところで、初めて奧まで入れる。痛がらなければ、18センチのペニスを一番深いところまで差し込む。亀頭もパンパンに張っているので、確実に子宮口の上側の快感スポットを刺激する。
「すごい、こんなに奥まで入れられたの、初めて……」
「奧がこんなに気持ちいいって、知らなかった………」 
それはそうだろうな、短かったり、柔らかいと、奥まで届かない。

 膣口が感じる女性は、太いペニスを駆使しての入口の高速ピストンで、奧が感じる女性は奧を小刻みに突きまくって、深い膣イキを味あわせて上げる。しかも何回も。一度も中イキしたことがない女性でも、これでイかない女性はいないかな。
 生の中だしの場合、精液の量が多いのと、奧で放つので、温かな精液でお腹の奧がジワーっと温かくなる感覚を初めて味わう女性もおおい。「今までの中出しって、なんだったんだろう……」とのコメント。中には、入れられながら、生まれて初めての潮噴きの体験までしてしまう女性もいる。
 そうなると、只の連続オーガズムではなく、限りなくイキっぱなし状態となり、僕が射精した後も、腰が抜けて動けなくなってしまう。こうなると、体のどこに触れても、軽いオーガズムにいたってしまう。
「こんなに深くイッタの……生まれて初めて………」
いや、こちらも汗びっしょりでクタクタだけど、女にこう言われると、男冥利に尽きる。

 二人してシャワーを浴び、服を着て部屋を出る時、「今日は凄かった………生まれて初めての体験ばかり………一生できないような経験をいっぱいしちゃった」というコメントを聞くと、男として頑張った甲斐もあるというもの。中には、生まれて初めての経験を振り返って、数えている女性もいる。足の指舐め、アナル舐め、クンニでの連続オーガズム、おしっこ飲まれ、潮噴き、連続中イキと、5~6個は、生まれて初めての体験があるかな。

 その中でも、おしっこ飲ませは、文字通り、一生に一度あるかないかの体験だろうね。たとえこれを除外したとしても、それ以外の「初体験」を一日でいくつも体験する機会も、人生でそうあるものでもない。間違いなく、彼女にとって自分が忘れられない男になるかと思うと、一度きりの出会いであっても、心残りはないかな。




    posted at 00:00 | セックスと男と女 | CM(0)
男の人が上で一生懸命に動いてくれると嬉しくなる女

 男と女にとって、セックスって、やはり違いがあるものだと思う。別段、Mでなくても、女は基本的に受け身なので、いろいろな違いはそこから生まれるのかな。もっとも、女が受け身だからといって、ただじっとして男を受け入れている訳ではない。そこは冷静に、男の動きなどをしっかりと観察もしているのだ。女の自我が飛ぶのは、男にイカされる瞬間だけかな。


 女が感じ取っているのは、いろいろとあるが、膣の中のペニス(大きさや硬さ、形など)の他には、男の腰の動かし方だ。がむしゃらに動いているのか、それとも慣れた腰使いなのかは、すぐに分るものだ。
 こなれた腰の動きをされると、「やだ、この人、うまい」って思うようだ。だからといって、女の不思議なところは、「私の前に、いろいろな女と遊んできたんだろうな」「いろんなおまんこに入れてきて、鍛えられたんだろうな」などとは思わないようだ。それらは全て、自分のおまんこにたどり着くまでの練習過程に過ぎす、最後は自分を気持ちよくさせてくれれば、それでいいのだ。

 反対に、がむしゃらなのも、それなりに嬉しいものらしい。特に、童貞の少年のように、必死になっているのを感じると、急にその男がかわいく見えてくるらしい。童貞でなくても、いい大人ががむしゃらに動かしてくると、「よっぽど女に飢えていたのかな」などと、母性本能がくすぐられるようだ。

 そんな女性のコメントに、「男の人が私の上で一生懸命に腰を振ってくれるのって、すごく嬉しい」というのがあった。そうか、女性はそう感じるんだ、としみじみ思ったものだ。というのも、腰を振っている男は、女性をイカせようという気持ちもあることはあるが、半分は自分の快楽の為に腰を振っている部分もある。
 しかし、それも含めて、一生懸命に腰を振られると、女はそれを自分への愛情と受けとるんだろうね。あるいは、一夜限りのセックスの場合、愛情とまでいかなくても、自分の体に興奮してくれる、というのは女として嬉しいものなのだ。

 これはバックの場合も同じで、男の顔は見えなくても、激しく動いてくれているというのは分るものだ。それに滴る汗がお尻や背中に落ちてくるのも分るしね。確かに、男の側から言っても、疲れを厭わず、射精を我慢し、激しく腰を振るのは、その女が好きで、気に入っていないと出来ないことではあるけどね。そうでなければ、さっさと自分勝手に腰を振って、射精してしまうからだ。

 思うに、この反対ってないのだ。つまり、女性上位になって、上に乗っている女に激しく腰を振られても、男は「嬉しい」とは決して思わない。最初の内は、欲望を解放している女をいじらしく思うけど、さらにそれがエスカレートしていくと、色っぽいというよりも、恐ろしくなってくる。増してや、何度も射精させられ、精液を搾り取られると、恐怖でしかない。

 ここが男と女の大きな違いかな。やはり、セックスって、オスが激しく腰を振ることによって、メスが深い快楽を得るようになっているのだと思う。この逆は、オスにとっては、予期していない事態なのだ。まあ、真性のM男となると、それがまたいいんだろうけど、動物界にMなオスって、いるのかな。




    posted at 00:00 | セックスと男と女 | CM(0)
馴染んだ体 VS 初めての体

 一人の女性 (女性からみれば男性) と何回もセックスを繰り返していると、徐々に体が馴染んでくるものだ。最初の数回はまだ互いに探り合いの状態が続くけど、50回もセックスをすれば、明らかに最初のころのセックスとは違う境地に達しているのが分る。
 体が馴染むとは、文字通り、膣とペニスの相性がしっくりとしてくるということがコアにあるかな。特に大きなペニスの場合、女性の膣がその大きさに慣れてきて、痛みよりも快感の方が上回るようになってくる。そして何よりも、中イキを体験すると、女にとってそのペニスはオーガズムを与えてくれる特別な存在となる。

 男の側からは、別に慣れたからと言って膣を 「緩く感じる」 ということはないが、入れた時の感触をペニスが記憶する、ということはある。入口のきつさや深さなどの形状のほか、生であれば粘膜の感触なども覚えるものだ。たとえ目隠しして入れても、「あっ、これはいつも入れている膣だ」 というのが分る。特に久しぶりだと、懐かしい思いもあるし、いつでも温かく受け入れてくれる母港に戻った感じかな。

 それにセックスを繰り返していくと、女性も中イキを経験するようになる。男の場合は最初から射精があるので、女をイカせることができた、という精神的な満足感は加わっても、膣そのものが特別な存在となる、というような変化はない。
 もっとも、女性が中イキできるようになると、男のペニスも、イク直前の膣の痙攣とか、子宮が降りてくる現象とか、さらにはバルーン現象も体験するようになるし、イッタあとの間歇的な痙攣なども味わえるようになる。男の快感レベルは変わらないけど、女の快感レベルはセックスすればするほど、高まってくる。これだけは、セックスを繰り返した馴染んだ女性でないと味わえない世界かな。

 慣れてくるのはこうした互いの生殖器だけではない。相手の快感ポイントというか、弱点も分ってくる。どこをどれだけ刺激すればいつイクか、予測が立てられる。それだけに、攻めるにしても余裕が生まれ、それが安心感となって出てくる。ガツガツしなくなってくる。さまざまな焦らしができるのも、馴染んできてからだ。また、相手の体調や感度の状態もすぐ分るので、それにあわせてプレーをその場で調整することもできる。

 何をされたらイヤで、何をされたら嬉しいかなどの性癖も分ってくるので、精神的な満足感も安定してくる。もっとも、これは逆に言うと、マンネリになってしまうというリスクもある。好奇心旺盛なカップルであれば、毎回、新しいテクや体位に挑戦していくものだ。愛撫や体位のバリエーションも豊富となる。要は、体が馴染んでくると、セックスもよりバリエーションが増え、フェチっぽいプレーに走ることも可能となる。この方向性は、どちらかがストップをかけるまで、エスカレートしてしまうものだ。

 いつになったら飽きがくるのかな、と思いながらも、同じ体と繰り返すセックス。やりながら、「我ながらよくやるな」 とも思ってしまう。ある意味、「好き者」 でないとできないかな。新しい味ではなく、慣れ親しんだ味を繰り返し味わうのも悪くはない。それに、何年もセックスを繰り返していると、互いに年を取っていくことによる変化も互いの体に記憶されている。いつも接していると変化は分りにくいものだが、時間をおいて接してみると、その変化に気が付くということはよくあることだ。

 対して、初めての体というのは、まだよく分らないので、互いに手探り状態となる。全身で相手のことを知ろうと、センサーが働く。それだけに緊張感はあるし、興奮もする。期待以上にうまくいった時には、新鮮な感動もあるし、新たな出会いに感謝したい気持ちになる。反対に、うまくいかないこともあるし、そうなると、期待外れとなってしまう。二回目はないかな、と思うし、最悪、セックスしなければよかった、なんてなってしまう。そうすると、よかれと思ってやったこと全てが無駄となってしまう。こんな時は、やはり馴染んだ体がいいな、と思ってしまう。
  
 もっとも、それも経験だと思えば、悪いことでもない。そしてまた次の出会いを求める。何よりも新しい相手とセックスするというのは、単純に経験人数が増えていくわけで、何となく得をした気分にはなる。そして経験に裏打ちされた技術は磨かれるだろう。実際、学んでいくことも多い。
 しかしこれも程度問題で、一定量を超えると、皆同じにみえてくるものだ。これ以上数を増やしてもなにか新しい発見はあるのかと思う。そんなことで時間を浪費しているよりは、相性のいい女性とのセックスを繰り返し、その体を徹底的に愛して上げることの方が得るものが大きいのでは、と思うこともある。

 一生に一人の女(あるいは男)しか知らない男もいれば、相当数の女性(あるいは男)とセックスをする男もいる。ポリシーとして一人だけでいいと貫く人もいれば、できるだけ沢山の人と経験してみたい、と考えている人もいる。多くの人は、その間のどこかで、いったり来たりしているのではないだろうか。

 男の僕からみると、基本的に男は後者の方、つまりできるものなら生きている間にできるだけ多くの女性と経験してみたい、と思うものだ。実際にそれを実現するか否かは別として。対して、女性の場合は、男ほど数をこなしたいとは思わないのではないかな。女の場合、男を求めるのは、セックスの快楽だけでなく、受精し子供を育てるということがあるからかな。子供を生むためだったら、何十人もの男と経験する必要はない。それに数が増えると、それなりにリスクも増えるしね。

 しかしだ、そうした女性の中にも、純粋な肉体的な快楽に目覚める女性もいる。いろいな男と経験してみると、ペニスの大きさや形だけでなく、腰の振り方まで違う。それぞれの男に固有の味があることを知る。こうなると、いろいと試してみたくなる。10代の若い時にこれにはまってしまう女性もいれば、30代、40代の女盛りの頃に突然、目覚めしまう女性もいる。こうなると、女性の方が「セックス依存症」になりやすい。
 男がいくら本能として多くの女性とセックスしたくても、体力や財力がないとできないし、そもそも毎日、射精しつづけることはできない。それに年齢とともに性欲も低下していく。

 男も女も、馴染んだ体の味わいを知っているし、同時に新しい体がもたらす興奮も知っている。しかし、どうやら男の方が新しい体を求めるものだけど、年齢とともに、それも下火になっていく。対して女性は、二つのパターンがあるように思う。若い時に、新しい体の味をさんざん味わったあと、結婚して落ち着くタイプと、若い時は馴染んだ体で満足していたけど、年齢を重ねるに従って、女でいるうちにいろいろな男の体を味わっておきたい、というタイプとだ。まあ、現実には女性の場合もこの二つの間を、いったり来たりしているのだろうね。




    posted at 00:00 | セックスと男と女 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: