FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

「膣奧が痛い」 感覚とは?

 大きなペニスを持った男にも、それなりの悩みはある。それは、挿入した際、女性が痛がってしまい、おもいきり奧まで突けない、ということだ。入口の痛さは、慣れてくればなんとかなる。しかし、奧の痛さは直ぐに慣れてくる、という性質のものではない。しかたなく、奥まで突かないようにするしかない。入口の高速ピストンなんかは、その代替としてやる意味もある。これって、男からみたら、かなりのフラストレーションとなる。とりわけ、最後の射精の瞬間だけでも、奧深くに射精したくなる。

 しかも、困ったことに、男には、奥まで突いた時の女性が感じる痛みというのは、なかなかイメージできないのだ。「痛っ!」 と本気で痛がる女性もいれば、なんとが我慢してくれている女性もいる。中には、「イタいけどキモチいい」 という女性もいて、女性が感じる痛みも一律ではない。

 そこでことあるごとに、女性に奧が痛いって、どんな感じなのかを聞くようにしている。よく返ってくる答えとしては、もうそれ以上開かないのに、さらに開いて奧に進入しようとしている感じとのこと。これは女性ならではの感覚かな。つまり、膣内に硬いペニスが入ってくること自体、普段は閉じている膣内の粘膜を押し広げられる感覚を味わっているということだ。で、奧まで届くと、もうそれ以上、上下に広がる余地がないのにも関わらず、さらに奧に進入しようとして、奧の壁を突かれる痛さとのこと。別段、粘膜の皮膚が破られてしまうようなキリキリした痛さではなく、内臓を押される鈍痛とのこと。

 ううん、男としては、なんとなく分かるような、分からないような。男でもお尻の穴に指やバイブなどを突っ込まれると、入口の痛さはよく分かるけど、どれだけ深く入れられても、奧の壁に当たる、ということがないので、追体験ができないのだ。

 すると、ある女性は、例えて言うと、おへそに指をいれられ、グリグリ押されるされる感じかな、と言いながら、僕のおへその穴に指を突っ込んできた。なるほと、これはいい例えだ。確かにおへそって、お腹に空いている穴のようなものなので、指先が入ってきても 「あっ、入ってきた」 という感じだ。ところが、さらに指先を奧に向かってグリグリされると、おへその皮膚が痛いというよりも、お腹を押される鈍い痛みを覚える。

 なるほど、こんな感じなんだ。押されても、それ以上いかないのに、さらに奧へと押される感じ。我慢できない痛みではないが、心地よくはない。しかも、短時間で慣れるような性質の痛みでもない。やさしくほぐされるのならまだいいけど、不意に奥まで「ズン」と突かれたら、「痛っ」 となる。時には、それまでの快感を帳消しにしてしまうぐらいの痛みとなることもある。

 大きくて、亀頭の硬いペニスを持った男は、相手の女性の反応を見ながら、痛みを感じないようなスラストの工夫をする必要がある。
 とはいっても、射精に向けたラストスパートでは、浅めにスラストしていても、射精の瞬間だけは、どうしても膣奧まで突いてじっとし、そこで精液を放ってしまう。
 正常位で抱きしめながら、じっとしていて息を整えていると、徐々にペニスが柔らかくなってきた。
「柔らかくなっているの、分かる?」
「うん、分かるよ。奧が痛くなくなってきたので、分かるよ」
とのこと。ああ、やっぱり最後は奧まで突いてしまったな、と反省。でも、そのことは言わず、射精の瞬間だけは痛みに耐えて、奥まで入れさせてくれた女に、「ごめんね、ありがとう」 と言いたくなるものだ。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 12:00 | セックスと痛み | CM(0)
擦りつけるような腰の動きとクリトリス

 男がよくやるスラストの一つに、正常位で深く挿入したまま、腰をグリグリと女の腰に押しつけるというのがある。ペニスのピストンは一切せず、深く入れたまま、さらに1ミリでも深く刺し込むかのように、腰を女の下半身にねじ込むような動きだ。円を描くような動きになることもあるし、ほんの少し(数ミリ)だけ腰を引いて、すぐにそのままの位置で腰を押し込むような動きもある。

 男がこのスラストをする時って、女の膣奥をグリグリと亀頭で刺激してあげたいと思うからだけど、ホンネをいうと、射精しそうになったときなど、女に気がつかれないように、小休止する意味もある。

 数分間ならいいけど、長時間のセックスの場合、あまり長くこの動きをすると、女性のクリトリス(もしくはその上の表皮)や、小陰唇の表面に過剰の刺激となってしまい、セックスが終わったあとに、柔らかな皮膚の部分が擦れて痛くなってしまうことがある。

 男の側は、当たるのはペニスの上側の恥骨のあたりで、そこには濃く、縮れたヘアーが生えている。このヘアーが敏感なクリトリスや小陰唇に擦れるため、男が思っている以上の摩擦による刺激を与えてしまうようだ。完全なパイパン・チンコ状態ならいいけど、そうでなかったら、要注意だ。

 女の方も、たとえ股間がヒリヒリしても、ヘアーが擦れているせいかな、と思って、初めのうちは気にとめないけど、終わったころには、痛みが出てくるようだ。
 膣の奥を突きたがるのは男の本能だけど、こうした動きは、ラストのフィニッシュの時などに限定した方がいいかも知れない。

 どうしても、奥まで突きたければ、バックの姿勢の方が安心だ。奥まで突かれて痛がらない女性であれば、バックって、お尻の肉や大陰唇などがクッションとなるので、敏感なクリトリスや小陰唇に過剰の刺激がいくことがない。もしかして、動物が背後から行う交尾って、この点からも合理的にできているのかも知れない。ヒトのみが行う正常位の時には、男の側も、ピストン運動の際に、それなりの配慮が必要になってくるということだ。




    posted at 12:00 | セックスと痛み | CM(0)
痛みの後の快感

 大きなペニスを入れられると、挿入の際に、どうしても入り口付近に痛みを感じてしまう女性は多い。特に処女となると、なおさらだ。
 何回もセックスを重ねていて、大きなペニスに慣れているはずの女性でも、一月以上も間が空くと、挿入の際に、痛みを覚えることがある。しかもその時の痛みようって、まるで処女の時みたいに、本当に痛いみたいで、 「イタイ!」 と叫びながら、ペニスから逃れようとして身をよじる。

 しかし、すぐに気持ち良くなるのを、こちらも知っているので、ここは無理矢理に入れてしまう。奥まで入れて、じっとしながら、抱きしめて馴染んでくるのを待つ。そしておもむろに動きだすと、 「気持ちいい……気持ちいい……」 と早くも快感の世界に浸っている。さっき、あれほど痛がったのはなんなんだ? という感じだ。

 こうした挿入時の痛みと、その直後の快感という、一方の極から一方の極への転換といのは、男にはないものだ。なので、男には女のこうした気持はよく分らないものだ。

 しかし、女の語ることによると、どうやらこの挿入時の痛みがあるからこそ、その後の快感も高いものになるようだ。 「痛いほど大っきいのを入れられちゃった……」 「痛がっているのに無理矢理に入れられちゃった……」 という感覚って、限りなく女のMっ気を刺激する。
 痛みという体が覚えた感覚は、やがて快感にとって代わられるけど、 「おっきいのを無理矢理に入れられた」 という心の感覚はその後もずっと続く。これがその後の快感を高め、さらに深い 「絶対快感」 を得る上で大きく影響しているようだ。

 膣の痛みは、挿入時の膣口だけではない。奥まで突かれた時の、ズンズンと内蔵を圧迫されるような鈍い痛みもある。これも 「すごい、大きなペニスを入れられている………」 という気持を呼び起こす上で、時には効果的だ。

 もっとも、生まれながらにして膣が浅めの女性だと、あまり激しく奥まで突き続けると、マジで痛みを覚えるようだ。膣口の痛みは慣れてくれば薄らいでくるけど、膣奥の痛みは、慣れてはきても、完全には消えないことが多い。そんな場合は、あまり奥まで突きまくらないことだ。
 なぜなら、痛みは、直後に快感に代わってこそ、その効果を最大限に発揮できるからだ。この大転換があるからこそ、女は痛みに耐えるし、最初は痛いのを承知で、また入れて欲しくなるのだ。




    posted at 12:00 | セックスと痛み | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: