FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

舐め犬&セックス犬の試験

 まるでアイドルのようにかわいくて、ノリもいい今どきの女の子というMちゃん。クンニで何回かはイッタことがあるけど、中イキはまだ経験がないという。Mだけど、責めるのも好きかも、ということで、今回は僕がMにまわることにした。といっても、本格的にやったことがないというので、僕が「S嬢養成講座」の講師、兼M男として実技指導をすることになった。
 彼女には服を着たままにしてもらい、僕から服を脱いでいって、赤いふんどし一枚になった。熱い夏場しかふんどしはしないのだけど、今回は赤ふんを履いていった。これって、全裸やパンツ姿にはない、日本的なエロさがあるし、取り外しも紐をほどけば簡単、おまけに脱いだふんどしは、目隠しにも、手首を縛るのにも使える、優れものだ。

 初めて見る赤いふんどしに興味津々の彼女。まずは、定番の首輪を取り出し、つけてもらう。
「こんなの持ってきたんだ」と面白がっている。
「これって、大型犬用の本物の首輪」
「すごいね」
「これをつけられると、人格が変わってしまうんだ………」
確かに、それまでは対等な会話だったけど、首輪をつけられた瞬間、僕は跪いて犬のように彼女の目の前で四つん這いになった。
「おさんぽにつれてって」
ゆっくりと首輪を引きながら、部屋の中を歩く彼女。
「私、犬かったことないんだけど、こんな感じなんだ」
その後、お約束の足の指舐めへ。ベッドに座ってもらい、指舐めをしようとしたら、ストッキングを履いている。そこで脱いでもらい、生足になったところで、右足から丁寧に舐めて差し上げる。その間も彼女は首輪を持ったままだ。
「きゃーくすぐったい!」と言いながらも、
「でも、なんか気持ちいい……」
「初めて?」
「初めてだよ!」

 たっぷりと時間をかけて、左足も舐めて差し上げる。彼女の位置が高かったので、いつもはしない、足の裏まで舐めてあげる。
「M男って、そんなことまでしてくれるの?」と嬉しそう。
「そうだよ。もし気に入ったら、舐め犬にしてくれない?」
「舐め犬って?」
どうやら「舐め犬」という言葉を知らなかったようなので、説明してあげると、
「そんな人、ホントにいるの?」と驚いている。
「マジで、Mちゃんの舐め犬になりたいな」
「そうね、舐めるのがうまかったら、舐め犬にしてあげようかな」
「ほんと?じゃ、今日は舐め犬の試験ね」
「いいよ」
ということで、「S嬢養成講座」がいつの間にか、「舐め犬試験」となってしまった。まあ、これも望むところだけど。彼女の話し方から、遊びとしての舐め犬試験ではなく、本気の試験であるということが分った。

「次は何だと思う?」
「あそこを舐めさせるの?」
「そう、だけどその前に、匂い嗅ぎ」
といって、股間に顔が来るように、首輪をひっぱてもらう。
 目の前にある薄い黄色のパンティのクロッチの部分には、オリシーを使っていないようで、べっとりと愛液やオリモノのシミがついている。それを「クンクン」と嗅がしてもらう。その後、自分からパンティを脱ぐと、ベッド脇に置いた。
「あっ、その臭いも嗅がせて!」
「どうやって?」
「裏返して、汚れているところを顔におしつけて」
「やだ、恥ずかしいよ」といいながらも、言われた通りにする彼女。じっと見つめる彼女の目の前で、匂いを嗅ぐだけで無く、舌先を伸ばして汚れを舐め取る仕草をした。そしていよいよクンニへ。ベッド脇にM字開脚で坐ってもらい、ベッド脇に僕が跪く姿勢になった。彼女の手からはすでに首輪が外れていたが、僕の首にはまだ首輪がはめられたままだった。これって、不思議なもので、首輪を引かれなくても、しているだけで、奉仕しているような気分になる。

 僕も本当に試験に合格したかったので、いつもはしないヘアー舐めから初めて、たっぷりと時間をかけて、丁寧に立体的クンニをしてあげた。全てが初めての体験のようで、
「やばい、すごい、気持ちいい……」と連発する彼女。
ここで定番の言葉責めを思い出す。
「ねえ、『私のおまんこ、おいしい?』って聞いて」
「私のおまんこ、おいしい ?」
「うん、すごくおいしい!」というと、むしゃぶりつくように舐め回してあげる。
「ねえ、本当においしそうに舐めているの、分る?」
「分るよ、おいしそうに舐めてくれて、うれしい」
徐々に高まっていく彼女の快感が手に取るように分ってきた。その反応もあってか、僕の股間ではペニスが痛いほどに勃起しているのが分った。トランクスだったら、痛かったと思うが、幸い、ふんどしって、収縮が自在なので、それほど窮屈でもなかった。いつもなら、ペニスが最大限に勃起した段階で、まっさきにペニスを見せつけるのだけど、今日は、それも思いつかないほど、クンニの試験に集中していた。その甲斐あって、10分もしなうちに、腰をガクガクと痙攣させながら最初のオーガズムへ。

 その間、舌先の動きを止めて、クリに吸いついたがままじっとしてあげ、快感が収まったところでクリから離れてた。
「やばい、めちゃめちゃ気持ちいいんだけど…………」
また直ぐに膣口に舌先を差し込み、また30秒ほどじっとしてあげる。イッタ直後のクリが敏感になっていることをちゃんと僕がわかっているのに気が付いて
「さすが……イクと、敏感になるんだよね」とのこと。
「どう、舐め犬、合格かな?」
「うん、じょうず、合格だね」
しかし、僕は念には念を入れたかった。まだこれぐらいで終わる訳にはいかない。膣口に入れていた舌先には、始めたころにはなかったネバネバした愛液がまとわりついているのが分った。今度はそれを大陰唇や小陰唇の外側と内側に塗りたくるように、またゆっくりとクンニを再開した。そもそもクンニでもイキにくいタイプのようなので、二回目も直ぐにイカせいようとはせず、膣口を責めたり、おまんこ全体を縦横無尽に舐め回したりと、すぐにクリにはいかないようにした。
「さっきと違って、ヌルヌルした愛液が潤滑油になって気持ちよくない?」
「うん、なんか滑りがいい感じがする」

 そしてまた彼女が感じ始めてから、おもむろにクリを責めることに。それも、一度イッテ敏感になっているので、クリの上の三角形のフードを高速で左右にレロレロとする愛撫に切り替える。そしてまた10分後には、二回目のオーガズムに達した。ここで僕は少し、意地悪をした。イッテ敏感になっているクリの回りを、わざと濡らした舌先でクルクルっと舐め回したのだ。イッタあとの声に続いて、追加された快感に声が漏れる。射精された男がさらに刺激されるようなイタキモの感覚を味わっていることだろう。なので、数秒でこの動きをとめて、唇を離した。3回連続は考えていなかったしね。
「やばい、めちゃ、気持ちよかった………クンニで二回もイッタのはじめて」
「どう、舐め犬合格確定?」
「うん、合格だよ」

 これで合格を確信し、安心した僕は、やっと彼女の股間から顔を離し、立ち上がった。
「俺さ、舐め犬の他にも、セックス犬もできるけど」
彼女の目の前には、赤いふんどしを突き破るかのような突起物が露わに。引っ張られたふんどしの下側の空洞からは、大きな金玉が見えたかも知れない。
「何これ?ちょっと、でかくない?」
「えっ、ふんどししていても大きいのって分るの?」
「分るよ」
「クンニしている間、ずっと立ちっぱなしだった」
「そうだろうね」
彼女は、嬉しそうに、目の前の突起物を手で叩いたり、ニギニギしてくる。
「脱がして」
「どうやって?」といいながらも、なんとかふんどしの紐をほどいた。目の前に「ビローン」と最大限に勃起したペニスが表われた。
「すごーい!デカイね、こんな大きいの、みたことないよ」
嬉しそうにニギニギしてくる。明らかに僕の大きなペニスに興味をもっているようだった。
「舐め犬どころじゃないよ、セックス犬もいけるよ!」
舐め犬という言葉を知らない彼女だけど、セックス犬の意味は即座に分ったようだ。しかし、今日は舐め犬の試験だったので、この時点で僕は生での挿入を考えていなかった。だけど、ずっと勃起し続けていたペニス、とりわけ亀頭部分が、女の粘膜との接触を欲しがっていた。
「ちょっとだけ、素股してあげる」
と言って、彼女の股間を開き、素股の体勢になろうとした時だった。
「やだ、恥ずかしい、電気暗くしていい?」と聞いてくる。クンニされている時は、明るい中で股間を開いていたくせに、なんで素股が恥ずかしいのかな、と思ったが、リクエスト通り、暗くしてから、素股をしてあげる。もしかしたらこの時点で、彼女は生での挿入を予期していたのかな、さすがに明るい中での生ペニスの挿入は、恥ずかしいのかな。

 先ほどまでのクンニで、充血した小陰唇を左右に広げるかのように、亀頭部分を下から上に滑らせる。ヌルヌルの愛液がまとわりついた熱い粘膜と亀頭の裏側が擦れて気持ちいい。上まであげると、亀頭がクリを捉え、彼女の腰がカクンとなる。抱きしめ正常位の姿勢になって、亀頭が穴に入らないように気をつけながら素股をすると、亀頭が粘膜におしつけられて、さらに気持ちいい。ここでねっとりとキスしながら、擬似セックスをする。体を起こして素早い動きに切り替える。
「入れて欲しくならない?」
「入れて欲しくなる」
「入れていい?」
「入れて!」
ここで「スキンを着けるなら」と言わないということは、このまま生で入れてもいい、ということだよね、と興奮した頭で考えた。この一言で、僕はもはや舐め犬ではなくなった。
「いいよ、じゃこれから、セックス犬の試験ね」
まだ首輪をつけたままだった僕は、本当にセックス犬の試験を受けている気分になった。ここで彼女に気に入ってもらえば、舐め犬どころか、本当にセックス犬にまでなれる!今まで、セックス犬の真似事をしたことはあったけど、首輪をつけて状態で生で挿入したことは一度もなかった。
 普通なら、あまりの興奮と生での挿入に、直ぐにでも射精してしまうところだろう。だけど、この日、僕は二日前に射精していて、直ぐに射精感がこみ上げてはこないという自覚があった。おまけに、直前に前立腺肥大用の薬(ED治療薬と同じ成分)を飲んでいたので、普段よりも勃起力がある、ということを知っていた。20分以上、クンニし続けても、一度もペニスが萎えないどころか、マックスのままだったのを見て、薬の効果を確信していた。だから、生で入れても、いくらでも射精を我慢でき、かつ勃起状態をいくらでも維持できる自信があった。

 僕はワクワクする心を静めるように、両手で彼女の両足首を掴みながら、わざとゆっくりと素股を繰り返した。ヌルヌルのおまんこの穴にカチカチのペニスを差し込むのに、手の助けはいらなかった。何回目かの素股のあと、僕は腰の角度を変えて、おもむろに亀頭を穴の入口に向け、そのまま体重をかけていった。その瞬間、「ヌチャ」という音が聞こえた。決して緩い訳ではないけど、膣内の愛液が潤滑となって、大きなペニスがスーっと入っていくのが分った。僕が腰を沈めるだけ入っていく感じだった。一気に奥までいれてもよかったが、初めてのおまんこだし、痛がってもいけないので、8分目のところで一旦、動きを止めた。
「あっっ…おっきいいい!」と絶叫する彼女。痛がらないので、さらに残りの2分を押し込むと、亀頭が何かに触れ、カクンという動きをした。
「今のなに?」
どうやら、彼女にもそれが分ったみたい。
「たぶん、子宮口にひっかかって、さらに奥まで入ったんだと思う」
「すごい、こんな大きいの、入れたこと無いよ」
「奥まで届くでしょう?」
「とどく」
「大きい方が気持ちよくない?」
「気持ちいい」
しばらく、正常位で、いろいろな突きかたを試してみる。入れたところで、首輪が邪魔になったけど、そのままにしておいた。
「どう、セックス犬になれる?」
「うん、舐め犬どころか、セックス犬でも十分にやっていけるよ」
そこでセックス犬の定番プレ―をやることに。
「僕がイキそうになったら、ビンタしながら『まだいっちゃだめ!』って叱って」
初めのうちは、笑いながら軽く叩き、恥ずかしそうに「まだいっちゃだめ」とか言っていたけど
「もっと、本気で叩いて!」とお願いすると、マジになって叩き、本気モードで「まだいっちゃだめ」と言ってくる。僕も「はい、がんばります………」と答えた。本当に射精しそうな時に、本気で「バシン」とビンタされると、目が覚めるようで、射精感が一時的に押さえ込まれるものだ。彼女のビンタはまだそこまできつくはなかったけど、セックス犬の気分を味わうには十分だった。

 おっぱいも愛撫したくなったけど、彼女はまだ上着を着ていた。結合したままでは脱がせにくいので、一旦座位になってやっと互いに全裸になった。どうやらBカップのおっぱいにコンプレックスがあるようで、「私、おっぱい小さいから………」ともらす。生で入れている気持ち良さから、思わず、「女はおっぱいじゃないよ、おまんこだよ!」と言うと、「そっか」と妙に納得していた。
 互いに全裸になったところで、こちらもエンジン全開となった。まだ中イキを経験していないということなので、彼女の快感エリアをさぐる意味もあって、いろいろな突き方を試してみた。入口の高速ピストンをやってみたり、奧を突いたまま小刻みに動かしてみたりしてみる。どうやら入口よりは奧が感じるみたいだ。
 生ということもあり、ペニスは絶好調の硬さになっている。そこで、わざとこねくり回すような動きをしてみた。右側の斜めから入れて、左側の斜めから抜いたり、これを上下でやってみたりする。ペニスを途中まで入れて膣内で亀頭をグルンと回転させてみたり、奧まで入れてこれをやってみたりする。きつめの子だと、これをやると痛がるけど、
「どう?いろんな所に当らない?」
「うん、当る!」
「痛くない?」
「大丈夫、気持ちいい……」
 さらに、セックス犬らしく、
「好きな動きを指示していいよ、早く動かせとか、奧を突けとか…」
「じゃ、もっと早く動かして」
「了解!」
と、さらにスピードを上げる。普通ならこちらが射精してしまうところだけど、この日は数分間、お望み通りの早いスラストをしてあげた。
 
 正常位でいろいろと遊んだあと、側位に移る。前にもやったことがあるというが、「大きいから、きもちいい所にあたる」とのこと。そこから、四つん這いバックにする。「バック、好き」というだけあって、奥まで突くと、凄い反応が。奥まで突いても痛がらないので、ガンガン突きまくると、一段とトーンがあがり、このままイカせられるかな、というぐらいだった。しかしイカせるのは次回でもいいので、続いて女性上位へ。ベッドに仰向けになった僕の股間から大きなペニスが天井を向いている。それを改めてマジマジと見たせいか、「やだ、大きい!」とのコメント。それでもセックスが好きというだけあって、ペニスを握りながら跨がってきて、何回かトライしてやっと入った。入った瞬間、「大きい!」と改めて驚いている。しかも最初から膝つきではなく、M字開脚での女性上位なので、いきなり大きなペニスをくわえたままの上下運動となった。顔を覗かせて出入りするところを見ている。

「反対向きになれる?」
と聞くと、器用にそのまま向きを変えてくる。激しい上下動のおかげて、愛液が波のように溢れ、僕のペニスの根元に垂れてくるのが分った。
「すごい、びしょびしょだよ」
「やだ、白く濁っているのが見える……」
ここで彼女の状態を前屈みにさせたあと、反対に後にそらさせてみた。腰のところを僕の両手で支えてあげる。亀頭が膣天井を直撃するはずだ。
「これだと、気持ちいい所に当らない?」
「当る…すごい」しかし、長時間やっても、イキそうにないので、また正常位に戻り、そこから座位へ。抱き合ってキスをしたあと、ベッド脇へ。
「首につかまって」
「こう?」
まだ彼女は次に起ることが分らないみたい。
一気に立ち上がると
「きゃー、重いって」
「どう、これが駅弁」
「これが駅弁か、話には聞いていたけど……」
「初めて?」
「うん、初めて」
鏡の前に移動して、駅弁の姿を見せてあげる。
「やだ、恥ずかしい」

駅弁のまま、台の所に移動し、彼女ほお尻を台の上に乗せる。両手をお尻の下に入れて、彼女の上体を浮かせた上で、出し入れをする。
「やだ、入っているのが見える」
ここで、急におしっこプレーを思いついた。
「おしっこ出る?」
「出ると思うけど、どうするの?」
「飲んであげる」
「えっうそ」
まんざらでもなさそうなので、一旦抜き、股間に顔を向けた。ぱっくりと口を開けた上の方に、尿道口が見える。そこから少し離して口をあけていると、透明な液体がチョロチョロっと流れ出た。慌てて口を近づけて飲み込む。しょっぱいけど、おいしいと思った。口をつけられたせいか、流れがとまってしまう。また離すと、またチョロチョロっと流れ得出る。少し胸にかかるも、これを何回か繰り返した。
「出てる?」
「出たよ」
「飲んじゃった」
「ほんとに飲めるんだ」
「おしっこ、おいしそうに飲まれたの分る?」
「わかるよ、嬉しいい………」
おしっこを飲みきり、立ち上がって、また挿入しようとすると、先ほどよりもさらにペニスがカチカチになっているのが分った。その違いは彼女にも分ったようで
「おしっこ飲んだら、すごく硬くなるんだ!」
「嬉しくない?」
「そりゃ、嬉しいよ」

 今まで、手コキでの射精前か、挿入中におしっこを飲むということはしたことがあるけど、挿入の途中で一旦抜いて飲み、また挿入するというのは始めたやった。これまでは、おしっこを飲んだら、その興奮が続いている間に直ぐに射精というパターンだったけど、セックス犬の試験なので、おしっこを飲んでもまだ射精する訳にはいかなかった。口の中では、しょっぱい味が残っていたので、キスを遠慮し、おっぱいにすいついた。それにしても、セックスしながら途中で一旦抜いて、女のおしっこを飲み、また挿入してスラストを再開するのって、いかにも女の快楽のために奉仕しているセックス犬らしくて、やっている自分も興奮したね。彼女にしても、生まれて初めてのおしっこ飲まれが、セックスしている途中というのも、新鮮な体験だったろう。おまけに、自分のおしっこを飲んだことで、僕のペニスがカチカチに勃起してしまったことを、自分の膣で感じとった訳だからね。「Mちゃんのおしっこなら、毎日でも飲めるよ」
「ほんと、嬉しいな」

 そこからまた駅弁に戻り、ベッド脇に降ろして、これまたお約束のV字開脚で突きまくる。この時、彼女が「胸におしっこが………」と言ってきた。彼女が僕の胸に光おしっこのしずくを見つけるまで、僕も気が付かなかった。僕は右手で胸のおしっこをすくい取ると、その手を口にやって彼女の見ている前で舐め取った。
 スラストをしていて、もう一つ、やるべきことを忘れていた。一旦抜くと、両脚を大きく広げて、お尻の穴に舌先を伸ばした。柔らかめのお尻の穴だったので、結構、深くまで舌先が穴の中に入っていった。
「お尻の穴、舐められたことある?」
「ないない、初めて」
「やった!」
「セックス犬って、そこまでやってくれるんだ」
「もちろん」
適当なところでアナル舐めを切り上げ、再び挿入した。

 その後も、正常位で突き方を変えたりして、セックス犬の試験を続けた。もう30分以上は突きまくっているかな。そろそろ彼女も体力の限界が近づいてきたようだった。
「凄いね、これだけ突いてもまだ、射精がまんできるんだ」
「Mちゃんが、射精してもいいよ、と言うまでは、我慢できるよ」
「じゃ、そろそろ射精してもいいよ」
「舐め犬の試験は合格した?」
「うん、合格だよ」
この一言で、僕もやっと射精モードに入った。あれだけ長時間スラストしながら、自分でもよく我慢できたと思った。首輪が邪魔だったけど、敢えて取らなかった。最後は、抱きしめ正常位できつく抱きしめあい、熱いキスを交わしながら、思いっきり、腰を振った。射精にむけたラストスパートで、さすがに彼女も大きなよがり声をあげ、イキそうになる。このままイカせられるかな、という時、ついに射精感がこみ上げてきた。お腹の上に出す約束だったので、ギリギリまで我慢したけど、最後はスポンと抜いて、お腹の上にドクドクと精液を吐き出した。それでも中二日のせいか、白い精液よりも、透明な前立腺液が多かったかな。二人、息を整え、起き上がると、彼女が首輪に気が付いて外してくれた。思うに、最後まで首輪をしていたのが、よかったようだ。これで最後まで、セックス犬の意識が意地されたのだと思う。
 二人してシャワーに向う時だった。出してもう数分たつというのに、まだ僕のペニスは硬いままだった。薬のせいもあるだろうけど、これで舐め犬どころか、セックス犬、それも毎回、生でいれられるセックス犬の試験に合格し、これから何度もこうしたプレーができるんだ、という興奮もあったかな。
 彼女は、まだ硬いペニスを握り締めると「元気だね!」と嬉しそうにいい、僕のペニスを引っ張った。僕は彼女にペニスを引っ張られながら、シャワーに向った。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 体験談-ライトSM | CM(0)
看護学生 J(3)

 今回は、事前におもしろい小道具を用意していった。フェチっぽいM男の動画でみたプレーの中に、じょうごの先に透明なチューブをつけ、男の口にチューブを差し込んで、有無を言わさずおしっこを飲ませる、というプレーだ。多くは、じょうごを二つか三つつけて、途中、ジョイントによって一本化し、男の口に固定する、というものだ。3人のおしっこが混ざりながら、男の口に注がれていく。おしっこを飲ませられるシチュエーションの中では、かなりマニアックなやり方だ。

 ビデオでは特殊な道具を自家製でつくっているようだった。たぶん、お店にも売ってはいないだろうね。あるとき、量販店を歩いていたら、プラスチック製の透明なチューブが売っていた。太さもいろいろあり、10センチ単位で売っている。これを見た瞬間、チューブの先を口にくわえて、おしっこを飲まされている自分を想像してしまった。探すと、プラスチック製のじょうごも売っていて、これを差し込める太さのチューブを探し、さっそく購入した。チューブのさを測る時、立った股間から床までの長さをはかっていたので、店員も何にするのか、想像がついたかも知れないね。幸い、2本を1本にするジョイントも売っていたので、じょうごも二つ買い、二人のおしっこを同時に飲めるような装置をつくることができた。

 そして、これを鞄にいれて、いよいよ実際に試してみることとなった。もちろん、その相手がJというわけだ。いつか、友達を呼んで二人で飲ませてあげる、なんていっていたので、ちょうどいい予行演習になるかなとも思った。装置をみた彼女も、興味津々だった。
 
 いつものように目隠しをされ、顔面騎乗クンニでおまんこ舐めの奉仕をたっぷりとした。「そろそろやろうかな」
「はい、お願いします。なんかドキドキするな」

 床に寝ることはせず、僕がベッドに横たわったまま、彼女が頭の上で跪いておしっこをする姿勢ですることに。今回は一人なので、ジョイントを外し、一人用とした。但し、ベッドの上だったので、彼女が跪いた状態だと、チューブが長すぎた。そこで長さを30センチぐらいに短くして、じょうごをつけてみると、ちょうどいい長さだった。じょうごを股間にフィットさせると、彼女がチューブの先端を僕の口に差し込んだ。これでもうあとは飲むだけだ。

 3回目ということで、彼女のおしっこを出すのには、だいぶ慣れてきたようだった。
「いい、いくよ! 全部、飲むんだよ!」
といいながら、「じゃー」とじょうごに放尿する。透明なじょうごなので、黄色い液体があっという間にじょうごに堪り、ズンズンとチューブの中を流れて、僕の口の中に流れ込んできた。チューブも細めだったので、まるで寝た状態でストローをくわえながら、飲み物を飲む込む感じだ。しかし、喉を通るのは、紛れもないおしっこだ。
 
 しかし、不思議なことに、直飲みとはまるで違った感覚だ。なんだろう、この感覚。思うにおしっこがチューブを通って口に運ばれるので、匂いが全くしないことも大きい。それがおしっこであるというのは、目の前のじょうごに注がれている黄色い液体が、彼女の尿道口かられ出ている、というのを目撃していることからわかるだけだ。だから、もし目隠しをされた状態でチューブで飲まされたら、ちょっと苦い、へんな飲み物とはおもっても、おしっことは気がつかないかも知れない。

 匂いがまったくない分、暖かさや味だけに意識が集中せざるを得ない。彼女のおしっこって、こんな味だったんだ、という新鮮な感覚。直飲みだと、おまこの感触や匂いが混ざるけど、これだとそういう情報が全くないので、純粋に味を楽しむのだったらこちらの方がいいかも知れない。

 しかし、そう思ったのもつかの間、ゴクゴクと飲み干しても、出続けるおしっこが目の前のじょうごにみるみる内に溜まっていく。はやく飲まないと、じょうごが一杯になって、顔の上やベッドを汚してしまう。じょうごの溜まり具合を見ながら、なんとか飲み続ける。その事に気がついた彼女も、あふれそうになると、ちょっと尿道口をしめつけて、おしっこの出を調整してくれる。チューブが長くても、これは同じことだろう。溜まりすぎてもこぼれないようにするには、途中でおしっこを溜めるスペースをつくるなどの工夫が必要かも。
 
 こうして、二人の息をあわせながら、なんとか彼女も全てのおしっこを出し切り、僕もその全てを飲む込むことができた。今回も、容赦ない量だった。チューブから最後の液体が消えると、チューブを口から外し、深呼吸しながら、ぐったりとなってしまった。それは彼女も同じで、相当、興奮している。
 思うに、この方法って、ごまかしがきかない。口に注がれる分なら、口から溢れさせて、そのほとんどを飲まなくたってわからない。しかし、チューブの場合、出るおしっこの総量、そして飲まれる総量も彼女からは丸見えなので、口からこぼすこともできない。文字通り、一滴もこぼさず飲まされてしまう。この徹底した感じが、Mッ気を刺激するのだ。
 もし、これで二人のおしっこのブレンドを延々と飲まされたら、その刺激はもっと凄いことになりそうだ。まして拘束、目隠しされていたらね。

 息を整えたところで、お約束のお掃除クンニをし、そのまま、いつものように深いオーガズムに達した。
「やっぱり、おしっこ飲ませたあとのクンニって、いつもと違う」とぐったりと横たわった。そんな彼女の股間を開き、こんどは僕が勃起したペニスをねじ込む。
「だめ、こんな状態で入れられたら、死んじゃうよ」
「また腰が抜けちゃう?」
「もう抜けているって」
今回は余裕があったのか、いつも正常位だけだったけど、座位、女性上位、そして駅弁と体位変換を楽しみ、最後はまた正常位で豪快に射精した。彼女もほぼ同時にオーガズムに達し、いつものように下半身を軽く痙攣させている。
いや、それにしても、今日も強烈なプレーだった。一人でもこれだけ興奮するんだから、二人からチューブで無理やり飲まされたら、どんだけ興奮するかな。ほんと、楽しみだ。




    posted at 00:00 | 体験談-ライトSM | CM(0)
看護学生 J(2) 

 看護学生Jちゃんとの、二回目のプレーの日が来た。こちらもいろいろなグッズを揃え、ドキドキしながら待ち合わせの場所へ。ホテルへの道、前回のプレーのことを聞くと、家に帰ってからも、興奮してやばかった、とのこと。特に何のプレーを思い出したかと聞くと、やはりおしっこを飲まれたこととのこと。
「思い出して、オナニーしちゃった?」と聞くと、
「どうして分かるの?」と、恥ずかしそうに笑っている。
「今日も、家に帰ったら、絶対にオナニーしちゃうぞ!」
「なるかもね やばいな」
「そうだ。今日は、おしっこは出したいときに、好きなように出していいから。あと、一部はコップに取って置いて、あとで面白いプレーするから」
「分かった」
ということで、プレー開始。

 持参してきたグッズを並べて見せると、これまた興味津々。下着姿になった彼女の前で、僕だけ一人全裸になると、さっそく、前回に話した赤い首輪をつけてもらうことに。これで僕もMモードに。彼女の前で四つん這いになり、股間にわってはいって、パンティー越しに「クンクン」すると、「コラ! 誰がそんなことしていいって、言った?」と首輪を引っ張られ、部屋の中を連れ回される。
「もう、私の奴隷ね!」
続いて、半立ち状態のペニスに、ペニスリングを着けてもらうことに。ペニスの根元に1本、亀頭の後ろ側に1本、赤い紐をきつく縛ってもらう。
「痛くないの?」
「大丈夫」
容赦なく縛る彼女。
「これ面白い!」と、ペニスをニギニギしてくる。はやくも勃起状態となり、大きなペニスがボンレスハムみたいに、二段のくびれをの間から膨れあがる。

 続いて、4本の赤い紐を取り出し、ベッドの四隅に両手両脚を拘束されることに。マジでほどけないほど、思いっきり縛ってくる。このあたりから、彼女のSモードも全開になったようだ。さらに目隠しもしてもらう。もう、彼女にされるままだ。
「お願い、おまんこの匂い、嗅がせてください」
「嗅ぎたいの?」
「はい」
顔の上に跨がってくる彼女。女っぽい匂いが鼻にとどく。パンティー越しにクンクンと匂いを嗅いで堪能したあと、
「おまんこ、直に舐めさせて下さい」
「舐めたいの?」
「はい」
体を浮かせ、パンティーを横にずらして、おまんこを押しつけてくる。プーンと匂うメスっぽい匂い。舌先に刺すような苦い味が広がる。狂ったように舐め回す僕。
「お尻の穴も舐めさせて下さい」
向きを変えて、しゃがんでくる彼女。舌先を伸ばして粘膜を舐め回すと
「そこはちがう、お尻の穴はこっち」といって、角度をつけてまたしゃがんでくる。
夢中で舌先を差し込む僕に、彼女も「あっあっ」と気持良さそうな声を上げる。
 反対向きになって、僕のペニスがもうビンビンになっているのを見つけると、
「なにこんなに硬くしちゃって! お仕置きしないとね!」といって、頼みもしないのに、激しくマラビンタしてくる。ちょっと痛いけど、これがまた快感で、我慢汁が飛び出そうになる。
「あっ、そんなに激しくビンタしたら、おちんちん、もげちゃうよう!」
それでも容赦なくビンタしてくる彼女。

 向きを変えてこちら側にしゃがむと、なにやら目論んでいる雰囲気。下着を取って全裸になっているようだ。そしてコップを手に取ると、僕の顔の直ぐ横に持ってきているようだ。〈まさか、まだ始ったばかりなのに、もうおしっこプレーに?〉と思っていると、顔の横で「ジャー」という音が。僕の顔の横でコップにおしっこをしている! 一杯になったのか、ベッドの上にコップを置く音が聞こえる。
〈ということは、次は……え、もう?〉と思い巡らす間もなく
「少しあげようか?」といういたずらっぽい声と同時に、温かいおしっこの滴が顔にかかり、勢いを増したおしっこがそのまま口の中に注ぎ込まれた。口いっぱいになったところで「ゴクリ」と飲み干すけど、唇を閉じている間、出続けるおしっこは容赦なくシャワーのように顔に降り注ぐ。コップに出したとことで、一旦、おしっこを止めるつもりだったようだけど、一度、出てしまったおしっこはもう止らなかった。半分ぐらいのおしっこは何とか飲んだけど、残りのおしっこで顔や髪も濡れ、首を伝わってシーツまでびしょ濡れになってしまった。いきなりのおしっこプレーに、僕の興奮もマックスに。

 おしっこが出きったところで、舌先を伸ばしている僕を見たからか、そのまま腰を下ろしてきて「きれいにして」ときた。もう、何も言わなくても、分かってくれている。そう、おしっこ後のお掃除だ。飲んでいるときって、余裕がないけど、お掃除していると、本当におしっこの匂いがする。
 いきなりのおしっこおプレーで彼女も興奮したのか、やや呆然としている。
「あの、おしっこ、全部飲めなくて、ごめんなさい。お詫びに…………」というと、彼女もピントきたのか、
「そうでしょう! どうして全部飲めなかったの? もうお仕置きするしかないよね!」というなり、思いっきり、ビンタしてくる。それも、容赦なく、左右に何度も何度も。
「ごめんなさい。次からはちゃんとこぼさずに飲みますから」
「全部、飲まなきゃだめでしょう」
「はい」
自分が好きなように、何でもきるる男。おしっこも飲ませ、ビンタもできる男。手脚を縛られ、目隠しをされた僕の上に跨がる彼女。彼女の顔を見ることはできなかったけど、彼女が感じている快感が僕にも伝わってくる。ペニスは痛いぐらいに天井を向いたままだけど、縛られていつので我慢汁も出せない。

 プレーはまだ始ったばかりだ。続いては、ヨーグルト・プレー。
「ヨーグルト、口移しで食べさせて」
最初は遠慮してか、口から少し離れて垂らしていたけど、最後はキスしながら、ドロドロにとけて少し生ぬるくなったヨーグルトを食べさせてくれる。おいしい。
「今度は、おっぱいに塗って、舐めさせて」
「きゃ、冷たい」と言いながら、乳首に塗っているようだ。おっぱいを口元にもってきてくれる。ペロペロとむしゃぶりつくと、何とも言えないのか、「あん あん」と声が漏れる。
「次はおまんこに塗って」
「いいよ」
これまた超興奮ものだけど、舐められる彼女興奮も凄かった。意外だったのは、割れ目部分だけでなく、ヘアーのところまでべっとりとヨーグルトが塗られていたことだ。なので、股間をきれいにした後は、時間をかけてヘアーに塗られたヨーグルトもきれいに舐め取った。

「次は、お尻の穴に塗って」
「いいの? いくよ」
目隠しされているので、お尻の穴もおまんこもあまり変りはない。舌先がお尻の穴に差し込まれる度に、「あっあっ」と声が漏れる。
「次、どうしようかな」と楽しそうな彼女。
〈もう、塗るところないじゃない〉と思っていると
「残るは、足の指かな? 大丈夫、いける?」
「もう、こうなった何でも」
残ったヨーグルトを全て足の指につけたものだから、全てを舐め取るまでが大変だった。くすぐったそうに「きゃー」っと言っているけど、まんざらでもなさそう。
「ヨーグルト、まだ残っている?」
「少しならあるよ」
「最後、おまんこに塗って、全部食べさせて」
「いいよ」
残りのヨーグルトを塗りたくると、
「さあ、きれいにお舐め!」

そういって、また跨がってくる彼女。また前と同じように、ヘアーまで塗りたくっている。全てをきれいに舐め取ったあとも、顔面騎乗のクンニでひたすらご奉仕していると、時おり、腰を持ち上げる彼女。どうやら、イキそうみたい。手脚を縛られているので、両手で腰を引くこともできず、頭を持ち上げて、なんとか逃げる彼女のおまんこを舐め続ける。そして、ついに、「いく………」と短い声を発して、腰を振るわせ、僕の横にバタンと横たわった。
「やばい、今日のクンニ」
「おしっこ飲ませたり、ヨーグルト舐め取らせたりの後のクンニって、興奮しない?」
「うん、くるね、いつもと違う、すごい気持ちよかった」

 もちろん、僕のペニスはもう痛いぐらいにビンビンだった。このあたりで彼女も我慢できなくなってきたのか、もっといじめたくなってきたようだ。
「ペニスバンド、きつそうだから、とっちゃう?」
「うん」
「ねえ、入れたくなってきた?」
「はい」
「じゃ、入れさせてあげようかな」
スキンを取り出して、天井を向いたペニスに着けようとしているけど、Lサイズでも、慣れないと着けづらそう。やっとのことで着装すると、上から跨がってくる。しかし、あまりの大きさに、なかなかすんなりとは入らない。僕も腰の位置を調整したりして、なんとか挿入を果たす。激しく上で腰を振る彼女。しかし、大きすぎるのか、騎乗位になれていないのか、今ひとつ、「責められている」という感じがしない。

ここで、コップのおしっこを思い出した。
「ねえ、腰を振りながら、コップのおしっこ、飲ませて!」
「え、飲むの?」 
「飲ませて!」
コップを手に取り、口の上で傾けて、おしっこを注ぐ彼女。少し時間の経った、おしっこくさい、冷たい液体を「ゴクリ」と音を立てて飲む込む僕。
「きゃー」とか言いながらも、容赦なくコップを傾けてくる。しかし、うまく飲ませられないので、起き上がって座位になり、残りのおしっこを全て飲ませてもらう。

 ここで目隠しも緩んできたので、目隠しを取る。枕元をみると、おしっこで凄いことになっている。騎乗位や座位では射精しそうになかったので、向きを変える意味もあって、そのまま今度は僕が彼女の上になり、正常位の形になる。
 こうなると、攻守逆転してしまうので、ここで彼女にまたビンタしてもらうことに。
「こら、誰が入れていいって言ったの?」と下から容赦なくビンタされる。
「ごめんなさい。だけど、○○様のおまんこ、気持ちいいんだもの、入れたくなっちゃったんです」
「しょうがないわね。ほら、もっと激しく腰を振って!」といいながら、首輪を引っ張る彼女。正常位で腰を振ってはいるけど、僕は女を気持ちよくさせるための「セックス犬」になりきる。

 さすがに、ハードなプレーの後だけに、カチカチの大きなペニスで激しく突きまくられると、彼女も責めているのを忘れて、感じまくり、声も出しまくっている。この以上な情況に僕も射精感がこみ上げてくる。
「あっ、気持ちいいです。○○様、イッちゃいそうです」
訴えるような目で彼女を見ると、僕の気持ちが通じたようで
「だめ、まだイッちゃ! 我慢しなさい!」と言うなり、激しいビンタをお見舞いされる。あまりの痛さに、イキそうだった感覚が一瞬、静まる。そしてまた激しく腰を振る僕。面白いことに、ビンタされると、膣の中のペ二スが「グワン」と硬くなっていくのが分かった。
「なんか、ビンタされると、オチンチンが硬くなるの、分かる?」
「うん、ほんと、硬い!」と嬉しそうな彼女。
なんか嬉しくなって思わずねっとりとしたキスをする。彼女も応えてくれるけど、唇を離すと、苦笑いしながら
「なんか、いろんな味がする」とのコメント。唾液や汗のほか、自分のおしっことおまんこ、それとヨーグルトの味が混ざっているからね。
いやがらない彼女にキスをしながら、腰を振る僕。再び襲う射精感。
「あっ、だめです……いっちゃいそう!」
「だめ! 我慢しなさい!」といって、また激しいビンタ。一時的に静まる射精感と、グワンと硬くなるペニス。これを繰り返している内に、マジで射精しそうに。
「あっ、もうだめです……いっちゃいそう!」
ビンタが来るかと思うと、意外にも
「いいよ、イキなさい! 精子、一杯出しなさい!」との返事。彼女もそろそろイキそうな雰囲気になっている。

 射精のお許しをもらった僕は、首輪をつけたまま、彼女を両手できつく抱きしめると、射精に向けて大きなストロークで激しく突きまくった。絶頂トラックに乗ったのか、一段と大きくなる彼女のよがり声。一瞬、彼女のよがり声が途切れた瞬間、ドクドクという射精が始った。しかし、彼女の膣の締め付けがきついのか、堰き止められて全部の精液が出ない。なんか中途半端な射精だ。こんなこと今までしたことなかったけど、思い切ってペニスを抜き、スキンを取って、まだ硬いペニスを彼女のお腹の上にもっていき、手でしごくと、数回の噴射が続き、残りの精液が飛び出していった。
「え! なんでまだこんなに出るの?」と驚いている彼女。
全ての精液を出し切ると、ぐったりとなって、彼女の上に覆い被さった。いや、なんとも興奮するプレーだった。

 しばらくして起きあがると、お腹の上の精液を拭こうしたのか、彼女もベッドから起き上がって鏡の前まで行こうとしたけど、途中でヘナへナとしゃがみ込んでしまった。幸い、おしっこプレーを予測して床に布団を投げ出していたので、その上に座り込み、「く」の字に横たわったしまった。
「どうしたの? 大丈夫?」
「ちょっとヤバイ、なんか、下半身が、自分の体じゃないみたい」
「え? 腰が抜けちゃったの?」
「こんなの初めて、みんなこんななの?」
「普通にオレとセックスしていても、腰が抜けてしまう女は結構、いるよ」
「そうなんだ」
「だけど、今日は、SMっぽくやったら、とりわけ、きたんじゃない?」
「うん、すごい、くるね、全然違うね」
僕もしゃがんで、アフタークンニをしてあげようかと思って、体に触れると、
「だめ、お願い、体に触らないで!」と手でガードしてくる。体のどこを触れても、ビクビクっとくるようだ。もう全身が性感帯になっている。もの凄く深いオーガズムに達した証拠だ。Sな男としては、ここで責めたいところだけど、初めての体験でもあるので、今日の所は、そっとしてあげることに。
「私が責めていたのに、まんまとやられてしまったわ。悔しいというか、嬉しいというか.....」
「確かに」


 しばらくして彼女も回復し、やっと起き上がった。シャワーを浴びながらいとろと話を聞く。「メインイベントのおしっこプレーが終盤ではなく、最初にくるとは思わなかった」というと、「いつでもいいっていったらか」とのこと。また、前回のような直飲みよりも、「口から離れて放尿した方が、おしっこが口に入っていくところも見えるし、飲んでいる姿もみえるので、こちらの方が興奮する」とのことだった。それにしても、二回目でこんな飲ませ方ができるなんて、はやり彼女にはSの気性があるね。彼女なりに、飲ませ方を考えてくれていた訳だ。
 今日も、生まれて初めてのプレーばかりだったけど、ヨーグルトをおまんこに塗って舐められたのも、凄かったとのこと。あの時のイキかたも未経験なものだったという。

 あと、ビンタのタイミングも板についてきた彼女。ビンタすると、膣の中のペニスが硬くなることにも、驚いていたけど、「ビンタしている時って、女も興奮しているの?」と聞くと、「うん、バシンっと叩く度に、おまんこがキュンとなるよ」とのこと。やっぱりね、そうだったんだ。それであれだけマジになって、何度も何度も本気で叩いて来た訳が分かった。相手をいじめながらも、自分でも股間をキュンとさせ、自分の快感を高めていたという訳だ。だからこそ、あんな深い中イキができたのだと、僕も納得だった。
 前回のセックスで、生まれて初めて中イキした彼女だけど、本格的なSMプレーとなった今日は、二回目にしてやはくも腰が抜けるほど深いオーガズムを味わってしまったことになる。これでもう立派なS壌の誕生だ。次回からのプレーが楽しみだ。




    posted at 00:00 | 体験談-ライトSM | CM(0)
看護学生 J(1)   


 とあることで、19歳の看護学生、Jと知り合った。かわいい顔をしているけど、するどい眼孔や男っぽい雰囲気から、Sッ気があるのではないかとピンと来た僕は、徐々にそちらの方に話を持っていった。男を責める面白さを話すと、案の定、興味津々という感じで、乗ってくる。
「これから試してみる?」
「いいよ」
ということで、早々にホテルへ。トントン拍子で話が進んでしまったため、これといったグッズも持っていなかった。
 とりあえず、キスしながら裸にする。小柄だけど、おっぱいの張りもあり、乳首も立っていて分かりやすい。
 聞くとおしっこしが溜っているという。今まで、お風呂で男の人の前で放尿するところは見せたことがあるけど、男の顔にかけたりしたことはないという。おしっこするところを見られただけでも、恥ずかしかったという。
「じゃ、今日はもっと凄いことする?」
「何々?」
「僕が一滴もこぼさず飲んであげる」
「ホント?」
そ言いながらも、なんか嬉しそう。その前に、定番のマラビンタをしてもらうことに。
 彼女の前でパンツを下ろし、全裸になって半立ちのペニスを露出する。
「じゃ、おしっこ飲む前に、マラビンタして」
「何、マラビンタって?」
「おちんちん、ビンタするの」
「えっ、どうやってやんの?」
「こんな感じで」と手を取ってやらせる。
「ひやー」と言いながらも楽しそう。
臨場感を出すために、壁にもたれ、大の字に縛られたかのように、両手を挙げて万歳の格好をする。始めは恐る恐るビンタをしているけど、
「もっと強くやって」というと、本気で「バシン」と音がするぐらいに叩いてくる。半立ちだったペニスがムクムクと大きくなり、叩かれる度に、左右に振り子のように揺れる。
「痛くないの?」
「イタキモ」
10発ぐらい、本気で叩かれただろうか。根っからのSっ気があるようで、頼みもしないのに、金玉をグリグリと揉んでくる。じきに、ペニスが完全勃起状態に。
「どう、面白い?」
「うん、いい」
「どう、おっきくない?」
「うん、おっきい。凄い」
「これだけ大きいと、攻め甲斐があるんじゃない」
「うん、あるね」
というと、これまた頼みもしないのに、カチカチのペニスをなぶるように濃厚なフェラをしてくる。パンパンに張った亀頭にねっとりとまとわりつく舌や唇が気持ちいい。

 続いて、ベッドに横たわる。
「また、マラビンタして」と頼むと、こんどは最初から容赦ない。ときたま、玉に手が当たって、マジで痛い。でもこれがホントのイタキモだ。
「足でもやって」と頼むと、足でペニスを下から蹴り上げてくる。これって、手でやられるよりも、男にとっては屈辱的で、Mっ気をそそられる。
「面白い?」
「面白い」
「これ、やったことある?」
「ないよ」
嬉しそうな彼女の顔を見て
「やっぱ、Sっ気あるんじゃない?」
「そうみたい、なんか出てきちゃった」
「こんなことさせてくれる男、そういないぞ」
「うん、いないね」
 今度は、彼女のパンティーの匂いを嗅ぎたくなった。
「じゃ、パンティー履いたまま、顔の上に跨がってきて、匂い嗅がして」
その前に、タオルで目隠しをしてもらう。
視界が遮られた状態で、彼女の股間が顔に迫ってくる。パンティー越しに、いやらしい女に匂いがプンプンしている。おもいきり深呼吸して、エッチな匂いを思う存分、吸い込む。
「ヘンタイ………」とぽつりと漏らす彼女。これで彼女にも火がついたのか
「ドヘンタイ……」と吐き捨てるように言うと、顔の上に圧力をかけて乗ってくる。
「つぶしちゃうよ」
息ができないけど、それがまたいい。女の匂いに顔中がいっぱいになる。
 彼女の股間が上がってところで、
「パンツ脱いで、裏返して、汚れたところ、匂い嗅がして」
「マジで? ホントに?」
と言いながらも、言われたとおりにしてくれる。匂いだけでなく、舌を伸ばして汚れをなめとろうとすると、
「私のパンツ、濡れちゃうじゃない」とあまり乗り気で無い。
「じゃ、直接、舐めさせて」と頼むと、そのまま股間を押しつけてくる。
洗っていないおまんこを直になめられるなんて、至福の時間だ。彼女も「あっ うっんんっ」と気持ちよさそうなよがり声を上げている。
「お尻の穴も舐めさせて」
「えっ………」と言いながらも、お尻を持ってくる。しかし位置がうまく合わないので
「反対側向いて」と頼む。この方がお尻の穴は舐めやすい。
「あっ、これ、いい」というや、「あっ うっん んっ ん」と気持ちよさそうなよがり声を上げている。これまた気持ちよさそう。
「生まれて初めて舐められたの?」
「初めてだよ」
「気持ちいいの、知らなかったでしょう」
「知らなかった。凄い。びっくり」
ならばと、10分ぐらい、たっぷりとアナル舐めの奉仕をする。続いて、
「足の指も舐めさせて」
「どうやって」
「口にもってきて」
「やったことある?」
「ないよ」
これまた、初めての体験で、気持ち良さそう。
「どう、気持ちいい?」
「うん、いい、やばい」
そこからまた顔面騎乗してもらう。さすがにおまんこはもうヌルヌルになっている。そのままテクをフル動員して、クンニでイカせてあげることに。
「うん ン あっ はっ ン」
「イキそう?」
「ヤバイ、マジ、イキそう」
しばらくして、よがり声が止まった。「イク」とは言わずにイクタイプの子のようだ。
「いま、いっちゃた?」
「うん」

 堪らなくなって、挿入したくなる。聞くと、ペニスでイッタこともないという。スキンをつけて直ぐに挿入したけど、よく考えたら、まだおしっこが残っていた。射精してしまうと、飲めなくなるので、一旦抜いて、おしっこを飲ませてもらうことに。
 起き上がって、ベッドの上におちているパンツを拾って、おまんこが当たる部分をみると、凄い汚れよう。どうりで強烈な匂いがしたわけだ。
「こんなにパンツ汚れてんじゃん、これを舐めさせたな」
「だって」
まあ、それがいいんだけどね。
「よし、おしっこ、飲ませて」
「いいよ」
「大量に出る?」
「男の口に出したことある?」
「ないよ。ちょっと待って、どうやって出したらいいんだろう」
「顔の上に跨がってきて。で、普通におしっこするように出していいよ」
「分かった。出てるか分らない」
尿道口をした先で確認していると
「そうやったら出ない」
ということで、舌先を離して待っていると、チョロチョロと出てきた後、ジャーと出てきた。口の中が一杯になるころになって「あっ、出た出た」と告げてくる。女には、最初の出だしがよくわかなないのかな。
その後、ドンドンと出続ける。その度に喉をゴクゴクと鳴らしながら、飲み込む。
「結構出ると思う、これ」
彼女の言うとおり、凄い量だ。飲んでいるのを知って
「えっ凄い えっ凄い」と驚いている。なおも出続けるおしっこ。20回ぐらいは、ゴクゴクと飲んだだろうか。やがて流れが途絶えた。凄い量のおしっこを飲まされてしまったと、驚きながらも、深呼吸し、乱れた息を整え、お掃除クンニをしようと股間を舐め始めると、彼女が腰を浮かせる。
「へんね、出なくなっちゃた」
このタイミングで深呼吸していると、なんとまたおしっこがジャーとこぼれ出した。
「あっ、出る」
あわててまた唇をつけ、口の中に溜めては、ゴクゴクと飲みほす。
「すごい! 結構、出てない?」
今回も20回ぐらい、ゴクゴク飲んだだろうか、合計で40回、量にしたらコップ二杯分ぐらいはありそうだ。今までの新記録かも。
「やばい、凄い」
彼女の方は、全て飲まれてことで、興奮状態だった。
「熱い、すごいね、興奮した」
「飲まれているの、分かった?」
「うん、ゴクゴクって落とした」
「殆どこぼれていないでしょう」
「うん、こぼれていない」
「僕も興奮した」」
「なんか、初めての感覚」
「正直いうと、今まで飲んだ中で一番、量、多かった」
「ほんと、ごめんね」

僕のペニスはおしっこを飲んだ興奮から、もうカチカチだった。直ぐにスキンをつけて、速効で挿入する。彼女の中も濡れ濡れだった。抱きついてキスをしようとすると、キスを嫌がる。まあ、そうだろうな。
 そのまま激しく腰を振り、一気に射精すると、彼女の股間や太股がガクガクと小刻みに震えている。
「えっ、もしかして、今、イッタ?」
「うん、なんかイッタみたい」
「やった、凄いじゃない、生まれて初めて中イキしたんだ」
「そうみたい」
さすがに、S女として、あれだけのプレーをし、最後はおしっこまで全部、飲ませたわけだから興奮しない訳がない。僕のペニスの大きさやテクもあっただろうけど、なによりも彼女が興奮しきっていたことが、生まれて初めてのセックスでのオーガズム体験に繋がったと思う。彼女としても大満足の体験だったけど、僕にとっても、肉体的にも、精神的にも、大満足の体験だった。
 また、次回も、ハードに責めてもらう約束をして、その日は別れた。




    posted at 00:00 | 体験談-ライトSM | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: