FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

ギューっとされると幸福感に浸る女

 とある女性と互いに全裸になり、ベッドでイチャイチャしていたときのことだ。横向きに抱き合ってキスをしていた状態から、僕が上に乗って抱きしめた時だった。なんと彼女の方から両手を肩に絡めてきただけでなく、両脚も僕の腰に絡めてきた。
「ギューっとされるの、大好き」
「えっ? これがいいの?」
女性の中には、男が上になって体重をかけられると、「重たい」 と訴えてきて、長時間はできないこともある。しかし、彼女はこの抱きしめられている感覚が大好きだという。

「女って、抱きしめられると、安心するの」
「まあ、そうだろうけど」
「人ってね、誰かに抱きつかれると、ストレスが解消するんだって」
「そうなんだ。確かに、女の子に抱きつかれたら、男でもキュンとなるかな」
「こうやって、体の隅々を密着させながら、ギューって抱きしめられると、なんか幸せな気分になるの」
「それって、もしかして子供の頃、親にあまり抱きしめられることがなくて、そういうスキンシップに飢えていたということ?」
「そんなことないよ、普通に抱かれていたけど、とにかく抱きしめられると、幸福感に浸れるの」
「え、じゃ、今も幸せな気分なの?」
「うん、幸せだよ」
きつく抱きしめていると、キスができないので、顔を上げてキスをする。すると女の方も待っていましたとばかり、ねっとりと返してくる。もちろん、両手両脚を絡めたままだ。女にこれをされると、男としては堪らない。かわいいし、確かに、彼女が言うように、幸福感みたいなのがあるかな。
「でも、あまり長時間だと、疲れない?」
「全然平気だよ」
「一時間でも?」
「一時間も抱きしめられていたら、ストレスが全部、吹っ飛んでしまうだろうな」

 試しに、横向きで抱きしめ合う形になってみる。互いの両手を回し、上半身が密着する。しかし下半身の密着感が今ひとつだ。すると彼女の方から両脚を開いてクロスし、僕の開いた両脚に絡めてくる。こうすると、下半身の密着感も増す。これも好きだという。
「この姿勢だったら、抱きあったまま寝られるかな」
「寝る時は、腕枕がいいかな」
「あれは、短い時間ならいいけど、長時間だと、腕が痺れてきて、男は大変なんだよ」
「そうだろうね」

 続いて、彼女のうつぶせにし、僕が背中から覆い被さる形になってみる。寝バックの姿勢だ。これはこれで密着感がある。女の方から抱きしめられることはできないけど、男が好きなようにしている感はあるかな。
「これも好きだよ」
「そうなんだ」
どうやら、どんな姿勢であれ、男に密着してやや強めにギューっと抱きしめられるのがいいようだ。いろいろ試したけど、一番、密着感がでるのは、やはり正常位の形で女が両手と両脚を男に絡めてくる形かな。
「いくら抱きしめられるのがいいと言っても、イヤな男だったらだめでしょう」
「まあ、そうだけど」
「あと、自分よりも体格が小さい男だと、だめなんじゃない?」
「そうね、ガッチリした体格でないとね」
「おれみたいに?」
「そう、なんか、包み込まれているという感じがいいの」
「抱きしめる時、ギューってきつく抱くのはどうなの?」
「別に、きつくしなくてもいいの、ただ体が密着しているだけで」

 こんなことをしていると、股間のペニスが硬くなってくる。お腹側ではなく、脚側にむけているので、ペニスの棹の上側がクリにあたる。まだ挿入はしていないけど、セックスしているかのように腰を振っていると、硬くなったペニスがクリにあたるようで、セックスの時のようなあえぎ声が出てくる。

 聞くと、セックスではあまりイッタことがないとのこと。それよりも、こうしてギューっと抱きしめられている方が好きとのこと。
 その後は、得意の横向きのシックスナインの形になった。この時は、密着感が好きだという彼女の為に、体も密着させただけでなく、互いの折り曲げた(上側にある片方の)膝どうしをクロスさせた。こうすると、下半身の密着感も半端ない。その上で彼女の大きなお尻もギューっと引き寄せる。彼女のおまんこに顔を押しつけたまま、固定されたかのようになった。動けるのは、膣内に深く差し込んだ舌先ぐらいだった。
「どう?このシックスナインだと、密着感があっていいでしょう?」
「うん、こんなの初めて」
ということで、この日は最後まで互いの体を密着させたまま、お互いの股間を舐め合って、オーガズムを迎えることになった。いや、こういうのが好きという女性もいるんだね。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 体験談-まだイッたことがないの | CM(0)
入店一週間目の新人の子

 まだ店舗型のイメクラがあった頃のお話し。とあるイメクラ(本番あり)に入り、写真指名して、個室で待っていると、現れたのは実に愛嬌のいい子だった。抱き寄せ、キスして、服を脱がせる。もうペニスは8割方、勃起。
パンツを脱がしてもらうと、ひっかかって脱げない。
「おっきい!」
と驚いている。まだ店にきて1週間だが、こんな大きな人、みたことないという。プライベートでも見たことがないと。大きいといかに気持ちいいかを聞かせる。しかし、まだいったことがないという。

「なんか、楽しみ!」
全裸で横たわる彼女に馬乗りになり、ペニスを口にもっていく。ねっとりと生フェラされると、もうビンビンに。愛撫もそこそこに
「入れたくなっちゃたよ」
持参のゴムを付けている間、彼女は股間にローションを塗り、横たわる。最初の客で、店にシャワーもないようで、股間からは石鹸の香りもしない。体にはうっすらと汗の匂いが。クンニもなしに挿入することに。

 ロリ体型、おまんこも少女のようで未発達、小陰唇も小さめ。しかし色はしっかりと黒ずんでいる。入り口付近をこすったあと、一気に挿入。少し押し戻されるような感触があったが、すんなり入る。入れられた瞬間、
「ううー」と息を漏らす。
奥まで入れたいが、彼女の体が固いせいか、両足がじゃまして、入れられない。仕方なく、その状態で動かさず、抱きしめ、キス。感触を楽しむ。
「痛い?」
「だいじょうぶ」
「どう、言ったとおり気持ちいいでしょう」
「うん、凄く気持ちいい...」
「どこが気持ちいい?奥?入り口?」
「両方とも」

落ち着いてきたので、少しずつスラスト。大きくすると出そうになるので、深く差し込んだまま、左右に揺する。これだと男はいかないが、女には効果抜群。余裕が出てきたところで、大きくスラストしたり、角度を変えたりする。中は、緩くはなく、気持ちいいが、特別締まりが良いというわけではない。抱き寄せて、座位、続いて抱き寄せて、女性上位へ。腰の動かし方がぎこちない。引き寄せて、下から腰を突き上げると、
「あんあん」
と大きな声を上げる。このやり方だと、すこし無理矢理やられている感じなのだろう。
「バック好き?」
「好き」
というので、一回抜いて、バックに。

 こういう店で、いきなり、会ったばかりの女に、バックから入れるというのは、本当に動物的な感じがする。細い腰を引き寄せて今度は思い切り奥まで突く。体が固い女でも、バックなら奥まで突ける。角度を変えると
「少し痛いかも」というので、お手やらかに。時計をみると、そろそろ。
「正常位でいくね」
と、また、正常位に。挿入の際、ローションを付けすぎたせいか、よけいつるつるに。しばらく挿入を楽しんだ後、いよいよフィニッシュへ。
「いっしょにいこう」
「私、いきかた、分からない」

そうか、一度もいったことのない女って、自分から特別な方法があっていくものだと思っているようだ。あくまで男が一方的にいかせるものなのに。
「いこうとしないで、ただ気持ちよさに身を任せていればいいから」
「わかった」
最後、痛かったかも知れないが、今度こそはと、正常位でも奥まで突きまくる。射精の瞬間、「うっ」と声を出すと、彼女も「あんあん」と声で応えてくれる。その声を聞きながら、ドクドクと大量の精液がゴムの中に流れ込む。
「いった?」
「分からない」
「たぶん、いってないと思う。いけば自分で分かるから」
「でも、今までで一番気持ちよかったんじゃない?」
「うん」
しばらく、2人ともぐったりと横になり、休憩した。
「最初の人からこんなに感じちゃったら、疲れちゃうよ」
「そうかもね」
本気で感じてくれた証拠だ。別れ際、彼女からキスを求めてくる。かわいい子だ。




    posted at 00:00 | 体験談-まだイッたことがないの | CM(0)
まだイッタことのない女の子との夜這いプレー

 まだ店舗型のイメクラがあったころのお話し。とあるイメクラで、おとなしそうな女の子を指名した。プレー・コースも僕が襲う設定にし、彼女にはセーラー服を着てもらって、目隠しをして、薄暗い部屋で待ってもらうことに。
 セーラー服姿で、目隠しに手錠をして部屋で寝ている女を好きにするのは、本当に癖になりそうなプレーだ。予定では、足先から舐めあげ、徹底的にいかせて、69で口内発射、精液を口移しにしてもらうはずだったが。 

 まず、軽くキス、スカートをめくると、白い肌にかわいらしいパンティーが。これだけでむくむくと勃起してしまう。上着をまくり上げ、ロリ系の小さな胸を揉み、乳首にキス。いたずら心が起きて、勃起したペニスを口の中に入れる。19才の若さで、吸い付くようなフェラをしてくる。すこし強引に出し入れする。
「どう、僕のオチンチン?」
「うん」
「好き?」
「うん」
手錠ごと両手で握らす。
「どう?」
「おっきい!」

顔を見たいし、こちらも自慢の体を見せたかったので、目隠しをとる。心なしか、うれしそう。
「どうだ、いい男だろう?」
「うん」
「いい色に焼けているだろう?」
「からだもがっちりしているね」
正常位のかたちで、両足を抱え、腰をふりうながら
「入れたくなったら、いつでも言って」
「だめ、お店の人に怒られちゃう...」
「黙っていれば大丈夫だよ」
「ちゃんとコンドームつけるから。こんなチャンス、滅多にないよ。こんなに大きいの見たことある?」
「ない」
「いつから働いているンだっけ?」
「去年の4月から...」
「じゃ、いっぱいオチンチンみているはずだけど、こんなのなかっただろう?」
「うん、はじめて...」
「入れただけで、気持ちいいよ」
パンティーごしにペニスをクリにこすりつけながら、僕はシーというサインをする。
「すこしだけならいいよ...」
内心、やった!承諾を得たらからには、あせることはない。

 全裸にし、立たせ、明かりをつけて、鏡の前に立たす。得意のペニスを後ろから差し込み、女に男になった気分にさせる。この子も面白がって、右手で触ってくる。次に壁におしつけ、わざとカチカチのペニスを腹や太股などにぶつけながら抱きしめ、キスをする。「こんなふうにカチカチのオチンチンを押し当てられながら抱きしめられると、うれしいでしょう?」
「うん、うれしい」
今度はまたの下にいれて、鏡を見るように言い、スラストの腰の動きをみせる。これも女の子には視覚的に効くのは実証済み。浅い動きから、深い動き、ひねりをいれたのなど見せる。
「いやらしい動き」

 次に、駅弁をしてあげる。これは一度やったことがあるとか。ならば、未経験なやつを。自分でも初めてだが、軽そうなのでトライ。体を横にし、一気に逆さに。ペニスを握らせ、反動で持ち上げ、股間が僕の頭に来るように。自然と両足が160度くらいに開く。顔を下げて、その状態でクンニ。思ったより軽い。しかし顔を上下に動かせないので、舌を膣にいれるだけ。
「オチンチンなめて」
「できない」
下を見ると、苦しそうなので、そのままベッドに寝かせる。
「頭に血が上って...」

 一休みした後、積み上げて合ったバスタオルの上にのせ、両足を広げて、股間に割って入り、ヘアー舐め、そしていやらしくクンニ。この格好で舐められると効くはず。マットにもどり、すぐに69。初めて広げてまんこをみる。今まで見たことのないパターン。
「ヘアーそったりするときに鏡で見ないの?」
「そらないも」
「じゃ、他の女の子のおまんこも見てみたいでしょう」
「うん、すごく見てみたい」
「こんどいっぱい見せてあげるよ。そうだ、今度、3人ぐらい呼んで、Mプレーしない?僕が縛られて勃起させられ、3人の女の子に代わる代わる、オチンチンいじられたり、顔の上に載ってきておまんこ擦られたり、おしっこ飲まされたり、おもしろくない?男としては、一度そういう風にされてみたいかな..」
「そうね、やってみたい」
「じゃ、今度、やろう」
「うん」

 そんなことを話している内に、また勃起してくる。
「そうだ、いまちょと、やってみようか」
自分から目隠しをし、両手足をのばし、横たわる。彼女もその気があるみたいで、僕の上にまたがると、猛烈な勢いでペニスを擦り始め、胸や体を押さえつけてくる。かがみ込んで乳首を摘んだり、キスしてくる。僕も大げさに声を出すと、彼女も興奮し、怪しげな声を出してくる。ペニスの擦り方は、お客にするテコキのスピードではなく、痛いぐらいに擦ってくる。すぐにでも出てしまいそう。

「あーそんなにこすったらでちゃう....おまんこ、なめさせて下さい。僕の顔のうえにまたがって!」
彼女がためらっているようなので、すこし太股を引き寄せる。位置的に僕の顔の真上にきた。ここから先を僕がリードしてはおもしろくない。僕は、まんこに少しでも近づくように顔を上げ、舌先をのばして空中でペロペロし、おまんこを舐めたがる仕草をした。
「ああ、はやくおまんこなめたい!」
この動作とことばで十分だった。すぐに僕の舌先に、濡れた割れ目が降りてきた。それをむしゃぶりつくように舐め回した。顔は目隠しで見えないが、彼女がものすごく興奮しているのが分かる。

 一度、股間を持ち上げると、彼女はゆっくりと向きを変え、またおまんこをおろしてきた。そいてまた激しくオチンチンをしごきだした。彼女が向きを変えた理由が分かった。僕はしごかれている腰を上下に動かしながら、バックからおまんこをなめ回した。
「おしりの穴もなめさせ下さい!」
そういうと、彼女は股間の角度を変えてくる。アヌスをなめ回したあと、すぐに舌先をアヌスの中に突き刺した。
「ああん...」
これは効く。このままだと、本当に射精してしまいそう。流れとしてはそれでもよかったが、せっかく本番の承諾を得ているので、
「ああ、これ以上されたら、本当にでちゃうよ」と彼女にストップをかける。
「どう、興奮したでしょう?」
「うん」
「今度、本当にやらしてあげるよ」
「うん」

 ベッドに戻って時間をみるとあまりない。またクンニ。愛液でベトベトの口を彼女の口に持っていく。
「自分のまん汁の味、どう?」
いやがらず、ディープ・キスで答えてくれる。覆い被さりながら
「どう、たくましい体でこんなふうに押さえられると?」
「うれしい...」
そう言って、下から胸にキスしてくる。かわいいしぐさだ。もう一度フェラしてもらい、スキンをつける。割れ目をじらした後、一気に挿入。きつい。8分目まで挿入すると、自然と彼女の声が出る。
「動かないで...」
「どう、大きいでしょう?」
「うん、大きい...」
「こんなの初めて?」
「うん...」
「それに硬いでしょう」
「うん...」

実際、入れてからペニスは自分でも痛いぐらいにカチンカチンになっている。ゆっくりと出し入れする。一度抜けてしまい、手を添えずに再度挿入。なじんできたので、さらに奥まで挿入。子宮に当たっているはず。ペニスを送る度に声が出る。やはり挿入されてのよがり声は、演技とは迫力が違うし、クリトリスを舐められたり、指マンとも違う。突かれると体がいっぱいになって、思わず声が出てしまうもの。
 奥まで入れたまま、こきざみに腰を振る。これだと長持ちする。時に、ながめにストローク。一度抜けてしまう。黒いスキンに今度は白いネバネバがまとわりついている。本気汁だ。得意の上下動(寐たままロディオ)をする。
「もう、いけるの?」
「あるけど、私、なかなかいかないの」
「初体験は?」
「16」
「それから何人ぐらいした?」
「6人ぐいかな」
「最近Hした?」
「うん」
「いつ?」
「3日前」
「誰と?」
「秘密」
「いけた?」
「ううん」

 今日のところは時間もないので、無理にいかせようとはせず、フィニッシュにはいる。あいかわらず中はきつい。奥まで突きながら、大きくグラインドすると、大量の精液がどくどくと流れ出た。中にいれたまま、
「いってないよね」
「うん。体調によるかな。今日寝不足なの」
「生理前とかだと、女の子も欲情するらしいけど」
「そう?私、生理前なんだけどな...」
まだ硬いペニスを抜き、たっぷりの精液をみせる。彼女は手に取ると、
「ほんとだ」
といいながら、器用に先をゆわいて、テッシュにくるんだ。なんか慣れていそう。そのあと、しばらく横に並んで一休みし、シャワーへ向かった。
「アナル入れられたことある?」
「一度だけあるけど、痛いだけで気持ちよくなかった」
まじめそうに見えて、結構、遊んでいるよう、今時の子は本当に見た目では分からないものだ。




    posted at 00:00 | 体験談-まだイッたことがないの | CM(0)
超早漏体験

 いつもは挿入前に大きく勃起したペニスを見せつけ、激しいスラストで女性をイカせることができるのだけど、そんな僕でも、うまくいかなかった経験というのがないわけではない。立たない時もあれば、中折れしてしまうときもあったし、さらには情けないぐらいに早漏というのもあった。今回は、そんな昔の冷や汗ものの体験談を。

 その時は別段、疲れていたとか、お酒を飲み過ぎていたというわけでもなかったけど、なぜか、女性が裸になり、いざ挿入という段になっても、半立ち状態だった。いざとなった時、相手との相性もよくなかったのもあるし、緊張もしていたのかな。
 
 ともかく半立ち状態でもペニスにコンドームをかぶせて、早々に挿入した。擦っていれば、その刺激で硬くなるだろう、という思いもあった。中は思っていた以上に緩く、期待していた刺激も乏しかった。それにスキンをつけていたからね。

 早く硬くしなければ、という思いで、高速で腰を振っていると、溜まっていたせいもあってか、出し入れして数分で早くもいきそうになってしまった。やばいと思いじっとしていたが、不覚にもそのままコンドームのなかに精液を漏らしてしまった。出る瞬間にどうせ出すならと、ペニスを動かした。だから、彼女もまさかもういったとは思っていない。

それを幸いに、そのまま腰を振り続ける。これで終わってはしゃれにならないし、第一、気持ちよくなかったし。動かしているうちにまた硬くなるだろうと、知らんぷりをして腰を振り続けた。ところが、半立ち状態から射精したものだから、ペニスはさらに小さくなてしまった。

 中が緩かったおかげか、ふにゃちんでも、なんとかスラストはできた。ところが、コンドームのなかの精液がたっぷりすぎたため、まるでコンドームの中でペニスを動かしているような感じだった。刺激もなにも無いので、起き上がってトイレに行き、コンドームを抜いて精液を抜き取り、またかぶせて、部屋に戻り、すぐに挿入した。

 彼女は、何をしにいったのか、わからなかったようだ。それでも緩いせいか、スキンをつけていたせいか、刺激が無く、ペニスはいっこうに硬くならない。それでも擦り続ける。20分近く、腰を振り続けただろうか。さすがに、小さくて柔らかなペニスでも、これだけ動かされると、彼女も気持ちよくなってきたみたいで、演技とは違った、あえぎ声を上げはじめ、下から腰をせりあげてくる。

 この刺激に、ペニスはうようやく硬さを取り戻してきた。もう、腰はさっきから振り続けて、痛いほどだった。だけど、射精感がこない。出さないと、という思いで、汗だくになりながら、さらに10分ちかく、腰を振り続けた。

 こんなのの自分でも初めてだ。最後、ようやく射精しそうになる。しかしペニスは7割ぐらいの立ちだろうか。二回目の射精も、噴射するというよりは、とろりとこぼれ出る感じだった。最後の力を振り絞って、残りの精液を彼女の体内に注ぎ込む、といった感じだった。終わった後は、さすがにぐったりだった。

ペニスを抜くと、長時間のスラストのせいか、彼女の愛液でべっとりと濡れていた。コンドームのなかには、前回の残りもあって、たっぷりの精液が溜っていた。彼女はいってはなかったみたいだが、それなりに気持ちよかったみたいだ。それと、僕が無事射精したことに嬉しそうだった。ずいぶんと遅漏な男だと思ったことだろう。彼女は最後まで、これが二回目の射精だとは気がつかなかったみたいだった。

 コンドーム内の抜かずの2発なんて初めてだ。とにかく腰をこんなに長時間、ひたすら振り続けたのも初めての体験だった。やっぱり、セックスは速効で、硬いペニスから勢いよく射精するに限る、とつくづく思ったものだった。 




    posted at 00:00 | 体験談-まだイッたことがないの | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: