FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

フェラチオの基本的な舌使い

 フェラチオの時の舌使いとして、まず基本的なパターンを説明しておこう。実際にする時には、これらのパターンを組み合わせることになるけど、基本的なテクニックとして分けて整理しておく。

基本技
(1) 舌の面で舐める
舌を広げて、ペロペロと舐める。単純に上下に舐めるだけでなく、亀頭全体をクルクルと回転させながら、曲面にまとわりつくように舐めると、人間業とは思えない快感がある。舌先を使って裏筋と亀頭の下側を舐めるのも効く。男のイメージとしては、セックスの時に、膣に挿入する際に、亀頭が入口の粘膜と擦れて感じる快感に近い。しかし膣口はそれ自体、亀頭にからみついて動きまわることはないので、よく動く舌の動きがもたらす快感は、フェラチオ独自のものだ。

(2) 舌先を硬くして、突いたり、レロレロと回転させる
尿道口への刺激には、舌先を硬くしてツンツンと突くのが有効だ。舌先をレロレロと回転させる方法は、亀頭の他にも、裏筋などへの刺激にも効く。男のイメージとしては、セックスの時に、奥まで突いて、子宮口に亀頭の先がコリコリとあたる感触に近いかも知れない。

(3) 唇を使ってくわえこむ
亀頭部分だけでもいいし、ぱくっと根本までくわえて、搾り取るように締め付けながら先っぽまで引っ張る。その逆で、亀頭部分からくわえ込んで、ググーと押し込んでいくのもいい。男のイメージとしては、セックスの時に、膣に入れたり、抜いたりというストロークしている時の快感に近い。唇の方が膣よりも、締め付け具合も自在に調整できる。但し、口だと、膣ほど奥まで入れられないことが、膣との違いかな。

(4) 歯による刺激
普段あまり使わないし、これは決して心地いいものではない。だから、むしろ歯は当たらないように気を付けなければならない。ところが、敏感な亀頭は別として、棹の部分であれば、軽く触れる程度だと、時には変わった刺激にはなる。バストへの愛撫の時、乳首を軽く甘噛みして欲しい、と希望する女性がいるのと同じだ。

(5) バキューム
くわえ込んだ後、バキュームをかける。根元までくわえこんでは出来ないので、亀頭部分をくわえた時にすることが多い。裏筋に吸い付いてバキュームをかけるという手もある。ちょっと変わった刺激にはなるが、正直言うと、男にとっては、それほど凄い快感になるというわけでもない。(3)の動きをするときに、バキュームをかけてやると、吸い付き感が増していいかな、という程度だ。男のイメージとしては、セックスの時、挿入したあと、キューと膣が吸い付くような快感に近い。

(6) 喉の奥までくわえ込み、喉の粘膜でもって亀頭部分を刺激する。これはディープスロットの時に使うテクニックだ。この場合は、喉の奥しか使えないので、複合技は難しい。男のイメージとしては、膣の奥まで挿入し、さらに亀頭で奥の窪みをグリグリする感覚に近いけど、喉の締め付け感は、やはり喉独特のものだ。


複合技
(1) (2) (3) の組み合わせ
唇で亀頭をくわえこみながら、口の中で舌を亀頭にからめたり、舌先で尿道口をツンツンとつついたりする。くわえこみながら、舌で裏筋をスリスリしてもいい。これは男にはかなり効く刺激だ。
(3) (4) の組み合わせ
唇で亀頭をくわえこみながら、バキュームをかける。
(1) (2) (3) (5) の組み合わせ
唇で亀頭をくわえこみながら、バキュームをかけ、さらに口の中で舌先で亀頭を刺激する。

 こうしてみると、フェラで使う舐め方って、案外、限定されている。基本は、舌と唇だけで、その組み合わせとなる。最も複雑な(1) (2) (3) (5) の組み合わせが一番気持ちいいかというとそうでもない。バキュームに気を取られて、舌の動きが鈍くなってしまうことが多いからだ。だから、バキュームはせずに、唇で亀頭部分をくわえ込み、舌をペロペロと回転させながら亀頭にからみつく、という動きが一番、気持ちいいような気がする。
 最後に、吸い付いたり、舌でペロペロするときの強さだけど、あまり強すぎても、直ぐに射精しそうで、快感の過程を楽しめない。逆にソフトすぎても、刺激がたりない。もの凄く精神的に興奮しているときには、ソフトなタッチでもビシビシと感じるが、普通の時は、ある程度の強さは必要だ。 どの程度の強さがいいかは、相手の反応をみながら調整すればいい。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

フェラで舐めるペニスの場所

 「ペニスの構造と快感スポット」 で紹介したように、男が快感を感じる3つの刺激と、ペニスの中でも快感が集中する3点を知れば、あとはどのように刺激をしていけばいいかは、自ずと分かってくるのではないだろうか。
 男としてもペニスの中ではこの3点が一番気持ちいいので、女性としてもここを重点的に攻めたくなる。これは間違いではない。

 亀頭部分は、舌で舐め回してもいいし、唇で吸い付いてもいい。パクっとくわえられた方が、イヤらしさはあるが、実際に気持ちいいのは、舌のザラザラした面の全体を使って、舐め回される方かな。男がオナニーの時に、自分の指で亀頭を擦る時もそういう動きをしているからだ。具体的には、右手で亀頭をやさしく握りしめ、親指の腹を使ってクルクルと亀頭の上側をうねるようになで回すのだ。しかしいくら指先を唾液で濡らしていても、しょせんは指だ。同じような動きを、女性の暖かい舌でされたらたまらない。

 亀頭の後ろ側の溝は、唇でくわえて、左右に回転するのが普通の愛撫の仕方だろう。もう一つは、手で皮を後ろに引っ張って、露出した溝を舌先を尖らせて這わせる、という手もある。溝の部分はほぼ均等に感じるが、やはり裏筋側の、溝を遮るように伸びている線状の部分が一番、感じるかな。

 裏筋は、舌先で根本側から亀頭に向けって、「ツー」 と舐めあげるのが定番だ。これを何度か繰り返し、亀頭まできたところで、亀頭をパクっとくわえられると、たまらないね。意外と知られていないのが、ペニスの下側に対して顔を直角に向け、舌先をチロチロと小刻みに上下させながら、裏筋を根本側から亀頭にかけて、移動しながら刺激を与えるという方法だ。

 あとは、根本近くまでくわえて、唇でややきつく締め付け、上下に動かしながら、裏筋を刺激することもできる。イメージとしては、唇の下側に力を入れると、裏筋に刺激がいく。このほか、「ハーモニカ」 と呼ばれる、女性がペニスに対して横向になって、ハーモニカを吹くように、ペニスをはさみこみ、左右にツーと動かす動きでも、下側の唇を強く押すと、裏筋を刺激することができる。
 
 しかしながら、いつも御馳走ばかり食べていると、飽きるもの。常にこの3点ばかりを攻められると、気持ちはいいが、時間的な余裕があって、過程を楽しみたい時は、敢えてあまり感度のよくない部分を舐めてもらいたくなる。興奮してくると、普段はあまり感じない、棹の真上や横でも、くすぐったいような快感はあるのだ。で、 「そこよりももっと感じるところがあるんだけど....」 と思っていると、パクっと快感スポットに舌が来たときの感動ったらないね。感じるとことろそうでないところの、ギャップがまたいいのだ。




男から見たフェラの種類

 クンニにもさまざまなパターンがあるように、フェラにも、いくつかのタイプがある。当然、フェラテクもそれによって、違ってくる。具体的なテクの紹介は、おいおい書いていくとして、先ずはフェラの種類を分けてみよう。

(1) 立たないとき、もういちど立たせるためのフェラ
 女性からみたら、男が立たないときのフェラは、決して望んでするものではないだろう。しかし時間内に射精させなければならないフーゾクの場合、緊張などで立たない客をフェラで立たせるテクニックは必須だ。だから、普通の女性もこのテクを知っていて損はない。
 しかもそのテクは、休憩後、二回戦を求める場合にも応用が効くからだ。

(2) 挿入前の前戯としてのフェラ
 フェラの中では、これが一番多いだろう。すでに勃起しているが、かといって直ぐに挿入ではつまらないので、その前にフェラの感触を楽しみたい、ということで、フェラを求める男は多い。あるいは、前戯に夢中になって、ちょっと中折れして、柔らかくなりかけたペニスを、挿入前にもう一度、カチカチにしたい、という場合もある。
 この場合は、あまり激しくして射精させては元も子もないので、あくまで男が入れたくなるようなところまでもっていくのが目的だ。 

(3) シックスナインの時のフェラ
 シックスナインは基本的に挿入前の前技として行われることが多く、その場合には、射精を目的としない。だから女性は射精させないように気を遣いながら、フェラすることになる。この時のフェラについては、シックスナインのところでも書いたが、男としてはクンニしているだけでかなり興奮しているので、あまり丁寧にフェラする必要はない。むしろ、握ってくれているだけでも興奮するし、かるく舌先で亀頭部分をチロチロしてくれるだけでも十分だ。

(4) フェラのためのフェラ
 フェラ好きの女が、とにかくフェラしたいからフェラする、という場合もある。勃起していてもしていなくても、裸でいるときはペニスを握っていたい、という女性がいるが、同じように、とにかくペニスをしゃぶっていたい、という女性も中にはいるのだ。こうしたフェラは、女性が飽きるまで長時間つづく。男としてはなんか体を提供しているような感覚だけど、フェラはフェラなので、気持ちはいい。この場合は、必ずしも射精を目的としないが、途中で射精してしまうこともある。

(5) 口内射精を最終目的とするフェラ
 野外や車の中など、あるいは生理中で挿入できない場合など、フェラでイカせてもらう場合がこれだ。あと本番禁止のフーゾクもこのテクを使う。イカせるためのフェラで、 (1)~(4) とは明らかに異なるテクを駆使する。とはいっても、てっとりばやく射精する最短距離と、じっくりとじらしながら徐々に射精感を高めていくフェラとがある。さらには、連続口内射精という上級テクもある。
 あるいは、膣に挿入しながら、最後はお口にという場合の、最後の数十秒のいかせるフェラもこれに加えることができるかも知れない。

(6) 後戯としてのフェラ
 後戯としてのフェラとは、射精後のフェラのことだ。これは膣内射精にしろ、口内射精にしろ、射精後のペニスを口できれいにしてあげるというもの。だからフェラと言うよりは、口できれいにする、というのものでもあるが、これが実は奥が深い。
 射精直後は、すぐにくすぐったくなるので、男としては微妙な感覚だけど、汚がらずに舐めてくれると感動するし、くすぐったさに耐えてみると、なんとも言えない気持ちよさがあることに気付く。なかにはこの刺激でまた勃起し、二回戦に突入ということもあるからだ。(1) と違って、こちらのペニスは、とにかく一度勃起しているし、射精直後なのでまだ半分は硬い状態だから、ここですぐにフェラをすると、物理的な刺激で硬さを維持することが比較的容易となる。

(7) さらに男性主導の、ペニスを無理矢理に女性の口の中に押し込む、イラマチオもあるし、さらに喉の奥まで差し込む、ディープ・スロットも、広い意味では、フェラに分類されるだろう。こられはいづれもSMっぽいプレーで、当然、口内射精を目的とすることが多い。とくにディープ・スロットは、喉の奥に熱い精液を流し込まれることに快感をおぼえるわけだから、射精しないと意味がない。

 こうしてみると、一口にフェラといっても、さまざまな種類があり、それによって、舌使いや姿勢など、いろいろと使い分けていく必要があるのだ。




さまざまな種類のフェラとテクニック

(1) 立たない時、もういちど立たせる時のフェラ
 ペニスを勃起させたかったら、ペニスが感じる快感の3点セットの中でも、亀頭部分の真下、裏筋のはじまり部分が特に効果的だ。ペニスが柔らかくてもいいから、パクリと口に含み、舌先を使って、執拗にこの部分を、レロレロとやや強めに刺激する。すると数分で、少しずく硬くなってくる。なおも刺激を送り続けていると、さらに硬くなる。それでも他の場所には移らず、完全勃起状態になるまで、ここを刺激し続けること。それでも立たなかったら、諦めるしかない。

(2) 挿入前の前戯としてのフェラ
 これがフェラの中では一番、頻度が高いのではないだろうか。男としては、直ぐに挿入もしたいが、せっかくなので、唇の感触もその前に味わっておきたい、という気持ちがある。また、立ちが今ひとつの時は、挿入にむけて硬くしておく、という実用的な意味合いもある。

 しかし挿入が前提としてある場合、フェラと挿入のバランスは微妙だ。フェラを多くしてもらうと、あるいはフェラが異様にうまい女性だと、入れる前にほとんど射精しそうになってしまうことがある。こうなると、早漏気味となってしまうので、男としても困ってしまう。早漏も困るけど、フェラの気持ちよさも味わっていたいという葛藤のなかで、男はフェラをされているのだ。
 僕なんかは、挿入が前提としてある場合は、フェラは短めにしてもらうか、省略することも多い。女性としては、男が我慢できなくなって、入れたくなるようなフェラをめざせばいいわけで、それは必ずしも射精させるフェラではない。むしろ焦らすぐらいの、ソフトなフェラがいいと思う。
「ああ、もう我慢できない、入れさせて!」
「まだ、ダメ...」
とかいって、さらにソフトに舐められ、焦らされる、というのがいいかな。 

(3) シックスナインの時のフェラ
 これは、シックスナインのところで書いたとおりで、女性は男をイカせる必要はないので、手で握っているか、ときおり思い出したように、ソフトにチロチロ舐めるだけで十分だ。むしろ男が与えてくれるクンニの快感を味わうことに8割ぐらいの神経を使ってかまわない。

(4) フェラのためのフェラ
 これは、フェラ好きな女性の場合。これにはもうテクも何もない。ひたすら、好きなようにどうぞ、という感じだ。射精させてもいいし、焦らしてもいいし、連続して射精させてもいいし、とにかくお好きなように。

(5) 口内射精を最終目的とするフェラ
 何らかの理由で、挿入ができない場合、フェラでの射精が最終目的となる場合がある。これも時間がある時は、前半はゆっくりとしたフェラをしてもらいたいものだ。もし短時間で出さないといけない場合は、手も動員して、とにかく一気に射精までもっていっていい。射精の瞬間には、手で棹を握ったり、玉を握りしめてもらったりすると、さらに気持ちいいものだ。

(6) 後戯としてのフェラ
 口内射精後、あるいは、膣内・膣外射精後に、精液で汚れた亀頭を、舐めてきれいにしてもらうと、男としては感激する。確かに、出した直後の亀頭は、急速にくすぐったくなり、慣れるまでは、逃げ出す男もいるかもしれない。しかしそのくすぐったさに耐えていると、何とも言えない気持ちよさがあるのだ。だから、多少、男がくすぐったがっても、押さえつけて、無理矢理にでも舐めてあげるといい。




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: