FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

顔面騎乗クンニさまざまな姿勢(6)胸乗りM字

 最後は、胸乗りM字だ。胸乗りM字というのは、あまり聞き慣れない言葉だけど、僕がつけてみた名前だ。基本的には女性がM字になるのだけど、お尻が浮き上がる完全M字と違って、お尻を男の胸の上に乗せる姿勢だ。見た目には完全M字の変形ともとれるし、完全M字でも少しお尻を下げていくと、限りなく胸乗りM字の姿勢になる。

 このため、胸乗りM字というのは、基本的には対面での姿勢となる。胸乗りM字も、S度とM度は、両義的だ。M字という点では、どちらかというと女が責める姿勢ではあるけど、やり方によっては、男が攻める姿勢にもなる。

 というのも、女の上体は後に反り気味になるので、女が自分の片手、もしくは両手を後に出して上体を支える必要がある。このため、基本的に、女は手が自由にならないし、男は女の上体を支える必要がないので、自由に使うことが出来る。

 女が男を責めたければ、あまり後に反りかえらず、片手で股間を開いてクリを露出させるなり、男の頭をつかめばいい。あるいは、逆に後に大きく反り返って、後に回した両手で上体を支え、男の顔に股間を押しつけるのもいい。あるいは、片手で勃起したペニスを握り締めることもできる。

 また、女が反り返ると、口と股間との距離が開いてしまうため、舐めたい男は顔を上げざるをえない。長時間は首が痛くなるが、これも男のMっ気を刺激する。但し、胸乗りM字だと、やはり股間との距離が開いてしまうので、密着感は薄くなる。
 これを補うのが片脚上げだ。胸乗りM字だと、姿勢も安定しているので、片脚を上げやすい。こうすると、股間がねじれて開かれるので、男も舐めやすく、より舐めさせられている感が強くなる。

 反対に、男が両手をおっぱいに伸ばせば、男が攻めていることになる。あるいは、女の太股の内側から、両方の手で股間を大きく広げれば、女にとってはより恥ずかしい姿勢となる。女が片手を後にまわして上体を支えている時に、男がもう片方の手を握れば、握った側だけ女を拘束することにもなる。
 さらに女の上体を寝かせ、寝ている男と並行にすれば、よりアクロバティックな姿勢となる。男は下から女のおっぱいを揉むこともできる。但し、股間との距離が開いてクンニはしづらくなるので、イカせるのは難しくなる。

 胸乗りM字は基本的に対面だけと書いたが、背面でもできなくはない。この場合、膝はM字ではなく、L字となる。本来の膝つきL字と異なる点は、女の膝の位置が、男の肩の外側ではなく、内側にくる。もっとも、このためには、男が両腕を真横に3つの広げるか、上にバンザイする必要がある。その上で女が膝をつくと、女の太股が男の肩の上に乗ることになる。本来の膝つきL字であれば、女の体と男の体の接点は、股間と口だけであるが、女の太股を男の肩の上に乗せることによって、より姿勢が安定する。

 その上、男が両手を横に広げるか、上に上げることによって、上に乗る女が太股で男の肩を固定してしまうだけでなく、折り返した膝下でもって、つまり女のくるぶしでもって男の肘を固定することができるので、より男に舐めさせている感が強くなる。女の上体は、垂直気味でもいいし、前かがみになってもいい。垂直のまま、腰を前後に振ってもいいし、前屈みになって、勃起したペニスを悪戯してもいい。この姿勢は女にとっても楽なので、好きなだけ、楽しむことができる。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 顔面騎乗クンニ | CM(0)
顔面騎乗クンニさまざまな姿勢(5)跪きL字ー背面

 続いて、背面での跪きL字クンニについてみてみたい。背面での跪きL字クンニも、SとMの両義性や、バリエーションの構成要素は、対面の場合と同じだ。但し、対面と背面とでは大きな違いがある。これは完全M字の場合と同じだけど、対面の場合、女が視線を下げれば、舐めている男の顔を見ることができるが、男の全身を見ることができない。

 対して、背面の場合、男の顔を見ることは全くできないが、女に跨がられて興奮し、勃起させている股間のペニスを含め、男の全身を見ることができる。これはこれで、責めたい女にとっては、男の興奮度がリアルタイムで分るので、S女には向いている。あと、背面の方が、対面よりはお尻の穴を舐めさせやすいかな。

 背面の場合も、まんべんなく股間を舐めまわすには女の上体が垂直の方がいい。但し、背面の場合は、壁に手をかけることもできない(裏技としては、床に置いた椅子の下に男が下半身を潜り込ませて横たわり、女が背面で顔の上に跨がりながら、椅子に両手をついて上体を支えるという姿勢もある。これはこれで女の舐めさせている感が強まる)。

 なので、女の上体を支えるのに男がよくやるのは、対面同様、女のお尻や腰に手を回すことかな。もちろん、両手を握るやり方もあるし、さらに両手を挙げて、女のいおっぱいを愛撫する方法もある。長時間は辛いが、女を責めるには定番のやり方だ。さらに責めたければ、片手をおっぱいに、もう片方の親指の先をクリにもっていくという複合愛撫もある。ここまでしなくても、片手をおっぱいに、片手をお尻にまわすのでも効果はある。

 女が両手を男の胸に当てて上体を支えるやり方もある。この方が女の能動性が高まる。しかもこの姿勢だと、女が片方の脚を上げて、股間をねじらせながら開くこともできる。いわば、半分跪きL字、半分M字という感じだ。この中間的な姿勢ができるのも、跪きクンニのいいところかな。
 さらには、女が両手を男の胸にもっていく時に、ついでに乳首もつまみ上げると、完璧に女が責める立場になる。

 女が男に頼らずに姿勢を支えるもう一つの方法が、両手を自分のくるぶしに置く姿勢だ。股間も開き気味になり、男への圧迫も増すし、女が責めているというか、男の舌をバイブ代わりに使っている、という感じがでる。
 ソファーの前であれば、女が上体をのけぞらせ、後方のソファーに両手を後に伸ばして支えるという姿勢がとれる。これも女が能動的になり、責めている感が強まる。

 反対に、女の上体が前屈みになるほど、シックスナインの姿勢に近くなる。しかし男が着衣であれば、シックスナインとは別ものとなる。女の股間も開き気味になるので、顔への圧迫も強まるし、女も上体を両手で支えられるので、自分から積極的に腰を動かすこともできる。これは、シックスナインではできない動かしかただ。さらには、女が両手で自分のお尻を左右に広げ、股間を開いて男に舐めさせてもいい。実際には、こうするとお尻の穴が広がるので、アナリングスの心得のある男なら、言われなくてもお尻の穴に舌先を伸ばしてくるはずだ。




    posted at 00:00 | 顔面騎乗クンニ | CM(0)
顔面騎乗クンニさまざまな姿勢(4)跪きL字ー対面

 続いて、跪きL字クンニについてみてみたい。顔面騎乗クンニといえば、普通は、この跪きL字クンニをイメージすることが多いだろう。する側の女性から見ても、完全M字ほどの抵抗感はない。それだけに、跪きL字クンニは、女のS度が高い完全M字よりは、女のMっ気も刺激される場合もあるので、両義的な姿勢といえる。ただ、現実には男が攻める場合の方が多いかな。

 実際、生まれて初めて顔面騎乗クンニをする女性のほとんどは、この跪きL字クンニの姿勢であろう。実際、初めてするという女性に「顔の上に跨がってきて」というと、背面で、つまりお尻を向けて跨がろうとする女性が多い。これっって、シックスナインの姿勢なので、シックスナインを経験している女性なら、顔面騎乗クンニといえば、この向きで跨がるものだという先入観がある。
「違う、こっち向き!」というと
「えっ…顔側?これって、恥ずかしいですよ………」
女性が恥ずかしがるようであれば、もう始める前から男が攻めることになる。

 先ずはこの対面での跪きL字クンニから。跪きL字クンニの場合も、バリエーションを決める主な要素は、女の上体が反り返るか、垂直か、前屈みになるかと、女の両脚の開き具合かな。あと、どちらが責めているのかは、女と男の手がそれぞれどこにいくかによって大きく変わってくる。

 跪きL字クンニは、完全M字の姿勢よりは安定しているが、それでも柔らかいベッドの上だと、不安定になりやすいし、イキそうになると、なおさらそうなる。女が上体を前屈みにすれば、両手をつけるので安定するが、この角度だと、クリしか舌先が届かない。クリの他、膣中まで舌先が届くのは、やはり垂直の跪きクンニがいい。

 なので、ベッドの上であれば、女性が跨がる時に壁際によれば、壁に手をやって体を支えることが多い。あるいは、男が女のお尻や腰に手を伸ばして体を支えるか、男が女の手を握って支えるやり方もある。これには、女に安心感を与えると同時に、両手を拘束してしまうという隠れた効果もある。

 男の両手が女のおっぱいまで上がると、完全に男が主導権を握るクンニになる。しかもこれには、女の上体を支えるという意味あいもある。
 但し、長時間、両手を上げているのは疲れるし、おっぱいをモミモミしていると、クンニに集中できなくなる。僕がよくやる手は、女を絶頂トラックに乗せる時に、両方の乳首を指先で触れるやり方だ。

 女が上体を後にそらすと、男に舐めさせている感が強まる。この姿勢で女の上体を支えるには、両手を後にまわし、男の胸の上に置けばいい。男も協力したければ、両膝を立てて、その膝頭に女が後ろに回した手を乗せてもいい。こちらの方は、男が攻めている感が出てくる。

 女の股間の開き具合だけど、恥ずかしがってあまり開かないと、男の舌が届かない。男が頭を上げれば届くが、これだと首が痛くなってくるので、長時間は無理だ。そんな時は、女の股間を開き気味にして、高さを調整する。最初は恥ずかしがっても、舌先が触れる方が気持いいに決まっているので、降ろした腰を上げる女はいない。

 女が上体を前屈みにする姿勢の時も、股間を開き気味にしないと、舌が届かない。女の前にソファーがあれば、上体をソファーに乗せることができるので、疲れない。ベッドや床の上であれば、女の上体をさらに寝かせ、頭を床につける姿勢もある。四つん這いバックで、お尻だけ突き出して、頭を床につける姿勢で、男に舐めさせるわけだ。面白い姿勢ではあるけど、この角度だとクリしか舌が届かないという欠点がある。

 最後に、跪きL字クンニで、女が責めている感を出す方法を紹介しよう。それは女性が両手を能動的に使うだけでいい。男の顔を見ながら、片手か両手を男の頭にやり、股間に向って引っ張るようにするだけで、俄にS度100%になる。あるいは、小陰唇を両手で開き、クリを露出させてもいい。男としては「ここを舐めるのよ!」と命じられている感覚になる。同じように、女が上体を前屈みにしながら、両手で自分のお尻を左右に広げるのもいい。多少は股間が開き、男に「しっかり中まで舐めて!」という指示になるからだ。




    posted at 00:00 | 顔面騎乗クンニ | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: