FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

ヌルヌルの愛液こそクンニの時の最高の潤滑油(続)

 「ヌルヌルの愛液こそクンニの時の最高の潤滑油」【クンニのテクニック(上級編)】を書いてからは、必ず時間をかけて事前を愛撫をしてからクンニをするように心がけてきた。ところが、どうしても時間の関係とか、ライトSMプレーなどでいきなりクンニのご奉仕をしなければならないときなど、おまんこがまだ十分にヌルヌルの愛液を分泌していない状態で、クンニをスタートせざるを得ない時がある。

 先日したクンニもそんな情況だった。Sプレーをしてみたいという女性だったので、彼女が服を着たまま、僕だけ全裸になって、お約束の首輪をかけられ、四つん這いでのお散歩から、足の指舐めのご奉仕となった。スカートも上着も着たままだったので、うなじやおっぱいなど、愛撫することができなかった。生まれて初めての指舐めに、くすぐったいと言いながらも、感じてはいたけど、おまんこがヌルヌルになるほどでもなかった。

 そしていよいよクンニご奉仕となった。クンニされた経験はあるけど、あまりイク事がないという女性だったので、入念にヘアー舐めからスタートして、立体的クンニのフルコースをお見舞いした。最初のうちは、確かにあまり反応が返ってこなかったけど、膣口に舌先を入れたあたりから、よがり声が出始め、最後のクリへの集中攻撃となると、さすがに「そこ気持ちいい……」と言葉に出して言うようになってきた。そこまで、20分ぐらいは時間をかけただろうか。感度のいい女性なら、もう数回はイッテいるはずだけど、確かになかなかイキそうにない子だった。

 それでも僕はイカせる自信があったので、焦ることなく、膣口に舌先を入れてから、クリまでを舐め上げるのを繰り返し入れたりしては、クリを責めた。すると、意外にも彼女の方から、「このままだと、いっちゃいそうです…イッテいいですか?」と聞いて来るではないか。どうやら、イキ慣れて無く、男に聞いてからでないと、イッテは悪い、という気持ちがあるようだった。「いいよ、このままイッテ!」と答えると、彼女自身、イク体勢に入り、その数十秒後に、腰をガクガクと振るわせ、両脚を閉じ気味にして最初のオーガズムに達した。

 腰がせり上がった数秒間、僕はクリに吸いついたまま、なるべく動かさないようにした。腰が降りてオーガズムが去ったところで、クリから唇を離し、直ぐに膣口に舌先を差し込んで、オーガズムの余韻にひたっている彼女にまた別な快感を送り込んであげた。それはまた、まだクンニが終ってないことを告げる意味もあった。彼女が落ち着いたところで、また最初と同じように、大陰唇の回り、小陰唇の外側や内側などに舌を這わせた時だった。

 さすがに、一回、イッテいるせいか、膣口に差し込んでいた舌先にヌルヌルした愛液がまとわりついていて、クンニをする度に、ヌルヌルの愛液が彼女の小陰唇のまわりに塗られていくのが分った。
「すごい、もうおまんこ、ヌルヌルになっているよ……自分で分る?」
「うん、分るよ」
どうやら、クンニされている側も、唾液が潤滑油になるのと、ヌルヌルに愛液が潤滑油になるのとでは、はっきりとその違いが分るといういことだ。何よりも、滑りがよく、滑らかなのだ。それに、クンニしている自分自身の舌先や唇も、気持ちいいのだ。

 今までは、愛液が出てきたら、それを「ジュルジュル」と吸い込んでいた。しかし、この愛液は吸い込むのではなく、潤滑油とすればいいのだ。その時、そうか、たとえおまんこをヌルヌルにしてからクンニできなくても、一回、イカせれば、出てきた愛液を使えば、二回目にイカせる時に、最高の潤滑油になる、ということに気が付いた。

それと、膣口に舌先を差し込むのも、イカせる前段階として、愛撫の一つのテクとして使ってきた。しかし、愛液が出てきたら、膣口に舌先を入れて、愛液を舌先ですくいだして、小陰唇や膣前庭に塗りたくる潤滑油とすればいいのだ。このことに気が付いたのも、一度、イッタあとに、膣口に舌先を差し込んで一休みし、またイカせようとしたからだった。

 まあ、今までもクンニで連続でイカせていた時には、おまんこもヌルヌルになっているのを自覚はしていた。しかし、それも唾液がたっぷりと出たからだろう、位にしか思っていなかった。唾液と愛液の区別をあまり意識していなかったのだろう。
 しかし、今回は、はっきりとヌルヌルの愛液を意識し、それを潤滑油として使ってみた。その効果は、すぐに出た。今まで、連続してイッタことなどない彼女が、あまりの気持ちよさに、その数分後、二回目のオーガズムを迎えたのだ。
 今度からは、即クンニをした場合、一回イカせるのは、あふれ出る愛液を潤滑油にするためとこころえ、ここからが本当に気持ちのいいクンニの始まりである、と思うようにした。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | クンニのテクニック(上級編) | CM(0)
ヌルヌルの愛液こそクンニの時の最高の潤滑油

 クンニする際には、舌先と膣前庭という粘膜どうしの接触なので、潤滑油がないと、快感どころか痛みを覚え、逆効果となる。その潤滑油となるのが男の唾液という訳だ。ところが、この前、思わぬ新発見があった。それは、最高の潤滑油は唾液ではなく、愛液、とりわけ粘度のあるヌルヌルの愛液である、ということだ。

 初めて会った女性には、いつもフルコースのクンニをしてあげているが、その女性は、感度がいいのか、キスだけでうっとりとなっている。腰やお尻をスリスリすると、身をよじって感じている。うなじや耳にも舌を這わせると、体をピクピクさせている。もちろん、いっぱいへの愛撫も凄い反応がかえってくる。

 これだけ反応がいいと、男としても愛撫のし甲斐があるので、いつも以上にたっぷりと愛撫に時間をかけた。そしていよいよクンニ・タイムとなり、ベッド脇にM字開脚にし、パンティを脱がせた。完全パイパンだった。最近の若い女性は、パイパンにしている子が多く、以前ほどは驚かなくなったが、それでもやはりパイパンというのは、インパクトがある。本人は生理の時の快適さなどからパイパンにしているようだけど、男としては、クンニされることや、ペニスを挿入されることを前提としているかのようで、テンションがあがるのだ。

 それはさておき、パイパンのおまんこを全開にして、いつもの大陰唇へのナメクジ舐めからスタートした。感度のいい子なので、この段階で凄い反応がかえってくる。そして両手で大陰唇を広げての立体クンニに移った。小陰唇の溝の外側を丁寧に舐め上げると、ひときわ大きな声に。
 そしていよいよお待ちかねの内側に舌を這わせた時だった。それまで気が付かなかったけど、小陰唇の内側にはべっとりとした愛液がこびりついていた。きっと、それまでの長い愛撫で、濃い愛液が相当、分泌されていたようだ。
 
 愛液にもいろいろとあり、水っぽい愛液だと大量に分泌されてパンティーにシミをつくることがあるが、ネバネバしたやつだと、そこまではならない。しかし、納豆のように糸を引くような粘りけのある愛液の場合、いくら舌先で吸い取るようにしても、粘膜にくっついていて、取れないのだ。
 今まで、数え切れないほどのクンニをしてきたけど、これほど大量の粘りけのある愛液で被われたおまんこを舐めたことは無かったかも知れない。

 いくら舐めてもこのヌルヌルが舌先について離れない。そこでこの愛液を潤滑油として、立体クンニをすることにした。まるで小陰唇の内側にヌルヌルの愛液を塗りたくるようなクンニ。そしてクリの三角形のフードの溝に舌をもっていくと、ここにもヌルヌルの愛液が塗られていく。この愛液、実は男の舌にとっても、ヌルヌルしていて心地いいのだ。なので、されている女は、もっと気持ち良さを感じているはずだ。

 しかもクンニをするほどに、さらに濃い愛液が分泌されていく。膣口に舌先を差し込む時も、愛液が溢れ出しているのが分る。その愛液を舌の先端ですくい取るようにしながら、膣前庭を舐め上げて、尿道口を通過し、クリの下側をかすめて、クリの上側まで舐め上げる。腰をせり上げてくるような感じように、これを何度も繰り返した。まるで膣口から分泌される濃い愛液をクリに塗りたくるかのようなクンニ。こんなにネバネバしたクンニは、今までしたことが無かったかも。もちろん、彼女はあっさりと最初のオーガズムを迎え、さらに連続してイカせてあげた。

 今まで、唾液で濡らしていたのは、いきなりのクンニが多くて、まだ膣内が十分に濡れていなかったということだ。濡れていても、水っぽい愛液でしかなかった。しかし、たっぷりの愛撫をしておけば、クンニの時には、唾液の助けを借りなくてもいいぐらいに、ネバネバした愛液が分泌されているのだ。あとは、この愛液を小陰唇の外側や内側、膣前庭、そしてクリの周辺へと、塗りたくるようにすればいいだけだ。おまけに、このネバネバした感触って、男の舌先や唇にとっても心地いい。男女双方に気持ちいい、滑らかなクンニを楽しみたかったら、たっぷりの愛撫をすることだ。




    posted at 00:00 | クンニのテクニック(上級編) | CM(0)
速効でクンニ・オーガズムに導く王道

 クンニではイッタことがないというMちゃん。それでもM字開脚にして、立体的クンニのフルコースをしてあげると、10分ほど時間はかかったものの、あっさりと生まれて初めてのオーガズムへ。せっかくなので、そのまま二回目のオーガスムへ。2回連続も生まれての経験だった。

 二回目に会った時、彼女の性感帯をしっかりと把握していたので、時間的な余裕もあったので、クンニの前に、たっぷりと前戯をしてあげた。キス、乳首、背中のKスポット、そして首回りと耳という順番で30分近くもかけただろうか。そこで初めて股間に指をやると、もう股間の粘膜が熱く、小陰唇の外側に愛液が溢れ出すほど濡れているではないか。

 そのまま僕だけ体の向きを変えて、彼女の両脚を広げ、濡れた股間を露わにした。男が上になるシックスナインを少しずらしたような姿勢で、彼女のお腹側からクンニを始めた。股間を開いたことで、小陰唇の内側に溜まっていた愛液が割れ目全体に広がり、彼女の股間はもう凄いことになっていた。いつもなら、M字開脚している股間に割って入るのだけど、あまりの濡れように、このままクンニを続けることにした。

 それでも、いつものように大陰唇回り、小陰唇の外側と内側に舌先を這わし、膣口に舌先を差し込んだ。ヌルヌルの愛液が熱く、僕の唾液なんか必要としないぐらいだった。そこから直ぐに、既に硬くなって浮かび上がっているクリに吸いついた。それまでとは違ったよがり声に。クリを被っている三角形のフードを左右にレロレロしてみたり、膣口側からクリに向って上下に舌先をレロレロしてあげる。

 すると、なんとものの2分で、イキそうな雰囲気に。そのままレロレロと舐め続けると、3分後にはあっさりとイッテしまった。前回は10分もかかったオーガズムだけど、今回は速効でイッテしまったのだ。しかも、考えてみれば、この姿勢でイカせたのも初めてだった。興奮さえしていれば、クンニの姿勢など選ばないということだ。

 いつもなら、連続して二回イカせるのだが、深くイッテいるのでもう十分だった。それに余韻に浸っている彼女を抱きしめたくなったので、濡れた股間に名残惜しむようにキスをすると、また上体を元の位置に戻し、彼女の乳首を舐めまわした。イッタ直後に乳首を舐めまわされると、また腰をくねらせながら、気持ちよさそうな声を上げている。おっぱいを経由したのは、口の周りにまとわりついたベトベトの愛液をキスの前に、取っておきたいというのもあった。

 向かい合って抱きしめたところで、
「クンニの後のチューはいや?」 と聞くと
「いいですよ」とのこと。直ぐにまたねっとりとしてキスを楽しんだ。
 ちなみに、その後は、そのまま挿入し、なんと生まれて初めての中イキを体験させてあげることができた。しかも興奮していたせいか、ものの5分もかからないうちに。こちらも射精までに余裕があったので、クンニの代わりに中イキを二回連続で味あわせてあげた。長い愛撫も、クンニでのオーガズムも、全てはこの生まれて初めての中イキに繋がっていたということだ。

 クンニを始めてから、彼女がイクまでの時間が短縮されたのは、僕のテクがうまくなったからではない。彼女も、前回に初めてイカされて、イクというのが分っていたというのもあるが、今回、こんなにも短い時間でイッテしまったのは、たっぷりの時間をかけて、愛撫をしっかりとしておいたからだった。股間が熱くなり、溢れ出すほど愛液が出るぐらいに興奮していれば、10分もクンニを続ける必要など、まったくないというのは、ちょっとした驚きだった。

 今まで磨いてきたクンニテクって、何だったんだろう、という思いだ。洗っていないおまんこを舐めたかったせいもあるが、まだ女性がそれほど興奮していない段階からいきなり舐めることが多かった。そんな女性をイカせるには、10分近くかかるのも当然だ。しかし、これって果たして正しいというか、効率的なクンニだったのか、と反省もしてしまった。

 考えてみれば男だって、10分もフェラされた後に、射精するのって、なんか間延びしている。それに精神的な興奮は10分も続かないものだ。フェラをはじめられてから数分で射精させられる方が、快感の度合いもするどい。同じことはクンニにも言える。クンニを開始してから、あっという間にイカされてしまう方が、興奮も持続しているので、快感も高い。

 これからは、どれだけ長く、色々なテクを駆使して舐めるかよりも、如何に短い時間であっさりとイカせてしまうか、に挑戦しようかなと思う。そのためには、事前のたっぷりの愛撫が最適だ。それに、愛撫は、10分続けようと、女性が焦らされることはあっても、興奮が冷めることはない。事前の愛撫もクンニのうちだ、と思えばいいのだ。




    posted at 00:00 | クンニのテクニック(上級編) | CM(0)
立体的クンニ―四つん這いバック編

 立体的クンニは、もちろん、四つん這いバックでも応用できる。やり方としては、基本的にM字開脚の場合と同じで、大陰唇を指で左右に広げることによって、大陰唇と小陰唇との隙間の溝が露出するので、その溝の外側、内側を舐め上げる。指先をクリ側にもっていって左右に広げると、一応、クリも露出する。反対にお尻側に指先をもっていって、左右に広げると、膣口がぱっくりと穴を開ける。

 しかし、実際にやってみると、M字開脚のようにはいかない。バックなりの制約がある。一つは、やはり太股の開き具合が、M字開脚に比べて狭くなてしまうことだ。大陰唇そのものが狭い範囲でだぶついているわけだから、大陰唇を開いても、十分には開かない。かといって、股間を広げすぎると、腰の位置が低くなってしまい、最後にはベッドに接近しすぎて、舐めるどころではなくなる。

 お尻の穴側はまだスペースに余裕があるからいいが、クリ側となると、益々スペースがなくなる。何とかクリを露出させることができても、回りの大陰唇が邪魔して、思うように舐められない。しかも、男が頭を下側に下げないと、舌先が届かないので、姿勢的にもやりにくい。おまけに、膣口からクリにかけての局面って、直線ではなく、楕円になっているので、M字開脚だとちょうどいいが、四つん這いバックになると、クリ側が下にいくだけでなく、奧の方に行ってしまうのだ。なのでなおさら、舐めにくくなる。

 膣穴からクリに向って舌を動かすのも、舌を下向きに動かすのは、ある程度トレーニングしている僕でも、やはりうまくできない。まるで、利き手でない方で作業するみたいで、うまくいかないのだ。クリ舐めに関しては、女性も「M字開脚の時のほうが気持ちいい」との感想を漏らしていた。

 そこで四つん這いバックでのお勧めは、クリは軽く舐める程度にしておくことだ。実際、小陰唇の小さい女性だと、なおさら大陰唇に押されて、露出させにくい。なので、もっぱら膣口側を開き、露出した膣口を重点的に責めることかな。しかも、この姿勢で舌先を膣口に入れると、M字開脚の時よりも深く入るのだ。それは女にも分るものだ。M字開脚で膣口に舌先を入れた後、四つん這いバックになって同じことをしても
「凄い…この方が気持いい」と感想を漏らす女もいる。
「M字開脚でも膣奥まで舌先が入らない?」
「なぜか分らないけど、この姿勢の方が、舌がきもちいい所に届くの」とのこと。

 この方が奧まで舌先が届くのは、四つん這いバックで膣口を広げるようにしてお尻を突き出すと、ちょうど膣口が一番、外側に出るからであろう。邪魔するものがなければ、奥まで届きやすい。それに男の顔の位置も、M字開脚だと顎が邪魔になって膣口に対して直角になれないけど、四つん這いバックなら、直角にもっていけるので顎も邪魔にならず、舌先を奥まで差し込むことができるからだろう。
 もう一つは、重力の関係からか、空気が入りやすいのか、膣天井側が下に下がり気味になり、より穴が露出しやすくなるためと思われる。

 特に膣口が感じる女性なら、この四つん這いバックでの立体クンニがお勧めだ。しかも、この姿勢のメリットは、お尻の穴も丸見えで、膣口を広げると、お尻の穴も広がることだ。お尻の穴も指で広げられた状態で舐められると、感度も増す。さらに、膣口とお尻の穴とを結んでいる、通称「蟻のと渡り」という部分も引っ張られ、目の前に姿を現わす。

 なので、四つん這いバックでの立体クンニの最大のメリットは、膣口責めとアナリングス、そしてその間を結ぶ蟻のと渡りへの刺激がし放題、という点にある。しかも、この姿勢って、女にはかなり恥ずかしいものだ。ただでさえ、四つん這いバックになって股間やお尻の穴を男に晒すのって、恥ずかしいここだけど、それに加えて男の指で左右に広げられ、膣口やお尻の穴まで広げられ、そこに舌先をねじ込まれるのだから、女としては恥ずかしいだろうね。

 反対に、男に奉仕させるのが好きなS女なら、女が自分のゆびでお尻の穴や膣口を広げて、男に舌先を入れて舐めるように命じるというのは、Sっ気を刺激されるプレーだろうね。
 奉仕系Sの僕でも、自分の手でお尻の穴や膣口を広げて、舌先をねじ込むのって、なんか屈辱的でもある。たとえお尻の穴を舐めないとしても、膣口に舌先をねじ込もうとすると、目の前にお尻の穴があるしね。これを女に命じてやらされたら、その被支配感は普通のアナリングスの比ではないね。

 どうしても、その流れを絶やさずにクリへの愛撫に移りたかったら、女の股間の下に顔を上にして頭を潜り込ませ、顔面騎乗クンニの形に持ち込めばいい。最初は、女も上半身をかがめたままでいいが、途中から女の上体を垂直に起こせば、立派な顔面騎乗クンニとなる。クンニでイカせたければ、ここで一度、イカせてもいい。M字開脚での立体的クンニは、その後でもかまわない。




    posted at 00:00 | クンニのテクニック(上級編) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: