FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

非ピストン系の動き

 セックスって、男が勃起したペニスを膣内に入れて、ピストン運動していると、女も男も気持ちよくなって、女はイキ、男は射精するものとなっている。しかし、セックスを極めてくると、これって、固定観念に過ぎないと思うようになった。
 もちろん、男の腰の動きの基本は、前後に振るピストン運動であることは否定しない。しかし、女をイカせるには、ピストン運動しかない、というのはあまりに考え方が狭い。

 ここでは、ピストン運動以外の動きを、「非ピストン系」の動きと称して、紹介してみたい。これらの動きをピストン系と組み合わせると、女には味わったことのない多様な刺激を膣内に送り込まれ、忘れられない快感となる。また、男が射精しそうになったときの鎮静化や、休息として活用することもできる。

 一つ目の動きは、膣奥までペニスを入れた状態で、突くのではなく(小刻みでも突かない)、膣奥の快感エリアを硬くなった亀頭でマッサージするような動きだ。感覚としては、膣奥の壁を柔らかくするかのように、腰を揺するようする。喩えて言うと、胡麻をするような動きかな。
 これは特に大きなペニスで激しく突かれると膣奥が痛いという女性にはちょうどいい。膣奥の快感に目覚めている女性なら、これだけでイクこともできる。男としては、体力的にも楽だし、射精感もこみ上げてこないので、いくらでもできる。体位としては、抱きしめ正常位か、四つん這いバックがいい。

 二つ目の動きは、ペニスを深く入れたまま、前後に動かす動きだ。女性上位の時、多くの女の好んで動かす腰の動きがこれに当たる。女性から上下に動かすのは体力的にしんどいというのもあるけど、女性が前後に動かすのには訳がある。クリに当るというのもあるけど、この方が中で気持いいところに当るというのもある。そして何よりも、自分のペースで動けるというのもある。これで女性がイクのって、どこか男のペニスをバイブがわりに使っているところがある。

 寝たままロディオは、この入れたままの前後の動きを、男が跪いてやる体位だ。膣内のペニスの動きは、前後に動く騎乗位と同じだ。但し、違いは男が主導権を握っているので、イカせるかイカせないかも男次第で、イッタ時の快感は、女性上位の場合よりも、与えられる快感だけに強い。

 三つ目の動きは、膣口を起点というか、テコにして、男が腰を回転させる動きをする。深さは浅めでも奧深くまで入れてもいい。深く入れていれば、膣奥をかき回すような効果になる。浅めの挿入で回転させると、膣天井を亀頭で回転しながらなぞるような動きとなる。こんな動きをされたことのある女性はほとんどいないので、新鮮な快感となる。もっとも、男の方も相当に股関節が柔らかくないと、滑らかにこの動きをすることはできない。

 四つ目は、膣口をテコにして中をえぐるのではなく、ペニスはニュートラル・スラストにしたまま、ペニスの棹の部分で膣口を360度の方角で広げるように、外周に向って押広げるように動かしていく。動きは時計回りでも反時計回りでもかまわない。見た目には、膣は棹にまとわりついているので、押広げられて隙間が空くわけではないが、女には男の意図がしっかりと分る。もっとも、これをするには、相当にペニスがカチカチになっていないとできないけどね。

 五つ目は、入れたままの回転運動だ。男の方から回転することは難しいので、女に動いてもらうしかない。女性上位で、結合したまま対面の状態から背面になってもらう時って、この動きになっている。ただゆっくりなのと、180度なので、回転というほどでもないが。360度で、スピードを上げるには、女性の体をベルトなどの装置で浮かせ、空中から吊して、横たわる男のペニスに挿入した状態で、グルグルと回転させるしかない。そんなAVを見たことがあるけど、これって、味わったことのない快感だろうね。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | 非ピストン系の動き | CM(1)
ピストンとは異なる動き

 セックスでの男の腰の動かし方というと、普通、イメージするのはピストン運動だ。たとえ、女性上位で女性が一方的に腰を上下動しても、膣の中での動きは、やはりピストン運動となる。
 セックスとピストン運動とは、実は相性がいい。男の亀頭にしろ、女性の膣内にしろ、粘膜は擦られることによって快感が生まれる。しかも、男の亀頭はペニスを入れる時に快感を感じ、女の膣内はペニスを抜かれる時に快感を感じるようにできている。しかも粘膜を擦り合わせることによって、オーガズムに不可欠な熱も生じる。

 おまけに、女性の膣内の快感エリアは、奧の子宮口のお腹側にもある。互いの粘膜を擦り合わせながら、一往復のピストン運動で一回は、膣奥を突くようにできている。
 だかこそ、男と女は、一旦、挿入したら、まるで振り子のように、ピストン運動を繰り返す。この運動が止まるのは、男が射精をした時だ。この交尾におけるピストン運動は、ヒトだけのものではない。おそらくヒトは、これからもずっと、このピストン運動を繰り返しながら、子孫を残していくことだろう。

 ところで、セックスを繰り返し、いろいろなスラストを試していくと、このピストン運動以外の動きもあり得ることに気が付く。
 一例を挙げれば、寝たままロディオがそうだ。これは、ペニスを奧深くまで入れたまま、女性の腰を持って上下に揺するという動きをする。上下動に伴って、多少はピストン運動のように膣とペニスが動くが、ほんの数センチでしかない。それなのに、女性には堪らない快感が襲ってくる。どこがどのように気持ちいいのか、女性に聞いてみても、うまく説明できないけど、とにかく、ピストン運動では得られない快感があるという。ペニスの形状にもよるが、僕の場合、バナナのように下側に反っているので、背中の膨らんだ部分が上下動に伴って膣天井を刺激し、奥まで届いている亀頭が子宮口をグリグリと刺激するのだと思う。

 子宮口を刺激するという点では、ペニスを奥まで入れて、ピストン運動の代わりに、グリグリと奧を押しながら小さく回す動きも、女性には強烈な快感となる。大きなピストン運動で激しく奧を突かれると、痛みを覚える女性でも、これだと鈍い圧迫感なので、痛みよりも快感が勝り、深いオーガズムに達することができる。

 ピストン運動の代わりに中をかき回す、という点では、「の」 の字を描くように動く、というテクが昔からある。これもピストン運動では得られない快感を女性の膣にもたらす。大きなペニスだと、膣奥にも当っているし、硬いペニスだと、膣内で暴れ回っているかのような印象を女性に与える。もっとも、あまりにペニスが大きくて硬いと、女性によっては痛みを覚えることもあるので要注意だけどね。

 ピストン運動と次元の異なる動きが「回転」だ。正常位から側位になるときとか、側位から四つん這いバックになるときとかに、90度だけではあるが、女性の膣はこの回転がもたらす未知なる快感を感じている。もしこの回転を連続して味あわせて上げたければ、女性の両脚を閉じ、側位から正常位を経てまた反対側の側位へと、往復すればいい。
 同じ回転は、対面女性上位から背面女性上位に移るときにも味わうことができる。だけども、男の上で上体を180度動かすわけで、簡単にはいかない。間が空きすぎてしまうので、女性が感じる快感も断片的となってしまう。

 どうしても、この回転を連続してスムーズに味わいたければ、女性の両脚を水平に開脚した状態で天井から吊して、床に横たわる男のペニスの上に降ろしていき、深く飲み込んだところで、女性をクルクルと回転させるしかない。これをするには大がかりな装置が必要となるが、マニアックなAVなどでは、たまに見かけるシーンではある。

 回転の動きを少しでも取り入れる、より現実的なやり方は、スラストの際にペニスの挿入角度に変化をつけることかな。つまり、入れる際と抜く際に、ニュートラル・スラストではなく、例えば、四つん這いバックなら、左斜め上から突き刺しながら、右斜め上から引き抜くようにする。正常位なら、左下側から上に向かって突き刺し、右下側に引き抜くようにする。

 特に僕のように少し反りの入っているペニスだと、これだけの動きでも、多少の回転が加わる。真っ直ぐなペニスでも、腰の動かし方によっては、回転が入るかな。こうしてみると、反ったペニスにも、思わぬ利点があるということだ。それを最大限に活用しない手はない。




    posted at 00:00 | 非ピストン系の動き | CM(0)
女がハマる非ピストン系の動き

 ロディオ・マシンを使ったプレーというのは、セックスとオナニーの両方が可能だ。セックスの場合は、対面座位で結合し、抱きしめ合ったまま、ロディオ・マシンの揺れに身を任せるというのが多い。動きとしては、騎乗位で女性が前後に腰を動かす刺激に似ているのので、これでイクことも十分に可能だ。
 一方、オナニーとなると、ロディオ・マシンにディルドをくっつけて、跨るオナニーが多いようだ。実は、これって、セックスでは味わえない快楽を女性にもたらし、これにハマってしまう女性がいる。

 では、ロディオ・マシンにディルドをくっつけて跨ると、どんな快感が得られるのか。それはセックスによって得られる快感とどう違うのか?女性の体験談をまとめてみよう。

①一つは、挿入の深さを自分で調整できることだ。跨がる深さによって、膣の浅いところ、膣天井、そして膣奥と、膣内の快感エリアを好きなように選べる。爪先立ちになればディルドの亀頭部分が膣の入口を刺激するし、少し腰を落とせば、ディルドの亀頭が膣天井を直撃する。さらに体重をかけて深くまで跨がると、ディルドの亀頭が膣奥の子宮口を直撃する。

← セックスでは、男が主導権の握ることが多く、騎乗位を別とすれば、女から深さ、つまり膣内の快感エリアのどこを刺激してほしいかのリクエストが出せない。

②自分の好みの深さで跨がり、ロディオ・マシンの動きをランダム・リズムにしてしまえば、予測出来ないタイミングで、希望する快感エリアを刺激してくれる。しかも、器械に強制的にエッチな腰の動きをさせられること、自分の意思とは違う動きをされることは、セックスでは得られない快感だ。三個所のエリアをランダムに刺激されるだけでなく、自分でも好きなよう腰の深さを調整すれば、ほぼ無限に膣内の快感エリアを刺激されることになる。

← 膣内の三個所をランダムに刺激するということは、普通のセックスではあり得ない。そもそも男でこの三個所を使い分けてスラストしているのも少ない。ましてや、これにランダムな動きが加わる訳で、そこまで複雑な動きができる男はいない。「3浅1深」にしたって、女からみたら、本当のランダムではない。

③しかもその動きが、ピストン運動ではなく、同じ部位をグリグリと刺激されるのは、セックスでは得られない快感。

← 男がピストン運動ではなく、グリグリと快感エリアを刺激できるのは、正常位だと、深くに入れた時だけ。女性上位で前後に動くと、これに近いものとなる。座位でも、女が腰を前後に動かせば、これに近い動きとなる。

④相手が機械なので、女が自分のペースで、オーガズムをコントロールできる。イカないためには、足を開いたり、閉じたりして、調整ができる。すぐにイクこともできれば、ギリギリまで我慢してオーガズムのエネルギーを溜めることが出来る。相手が男だと、イキたいのに急にスローペースになったり、動きが止まったりして、自分のオーガズムをコントロールしにくくなる。反対に、男がイカせにかかって早く動くと、まだイキたくないのにイカされてしまう、というような事も起る。

← どうしても男だと、射精というゴールがあるので、女のオーガズムを計算しながら、腰を動かしてしまう。さすがに器械のように、無感情に腰を振り続けることは難しい。

⑤イキたくてイケなくて、堪らなくなったら、逆向きに跨り、ディルドの玉の部分に固定したローターをクリトリスを当てながら、激しく腰を振り、直ぐに大きなオーガズムを得ることができる。

← これは男が焦らした場合の効果になる。最後は、クリへの複合刺激という裏技で行かせない限り、これと同じような快感を男が作り出すことは難しい。

⑥相手が機械なので、イってもずっと変わらず動かされる気持ち良さは、射精をともなう男とのセックスでは得られない。毎回、ヘトヘトになるまでやってしまうほど、ハマッてしまう。ピストン運動ではなく、同じ場所をひたすらにカリ首でゴリゴリと掻き回され、何度もイって、その度に腰が降りていき、最後は自重で奥を捏ねくり回されてイキまくるというのは、なかなかSEXでは経験できない。

← 女がイッテも、射精を我慢して、何度もイカセ続けるには、男の側のトレーニングが必要だ。あるいは、連続射精できる絶倫でないと難しい。それに、イキ続けて絶叫し、ぐったりとなっている女を責め続けるには、男の側が相当にSでないとできないことだ。

 なるほど、女がロディオ・マシンにディルドをくっつけて跨るオナニーにハマる理由が分るというものだ。しかし、器械に負けるわけには行かない。それはそう難しいことでもない。これを男が作り出してあげればいいだけだ。← の動きがそれにあたる。

 まとめるなら、膣内のあらゆる場所(特に3個所)を満遍なく刺激してあげること。順番としては、浅めからスタートし、最後は膣奥がいい。その際、ピストンではなく、グリグリと擦る、非ピストン系の動きをすること。これって、実は男には射精を我慢できる動きでもある。しかも、すべての動きをランダムにすること。

 男からイカせようとはせず、ランダムに動きながらも、まるで器械になったかのように一定のリズムが(スイッチを切るまで)永遠に続くかのように、動き続けること。女が自分でイクのをコントロールできるようにしてあげる。直ぐにイキたければ、焦らすことをせず、また女が自分でイクのを我慢しているようなら、敢えてイカせようともしない。すべて、女のペースに合せてあげる。

 最後、女がイク決意をしたら、クリへの刺激や、乳首への刺激などを組み合わせてもいい。あるいは、生身の男だけができる、抱きしめてキスをするのもいい。
 膣口から責めて、最後は膣奥への刺激が順序としてはいいので、最後は、四つん這いバックか、背面での女性上位がいい。抱きしめあいたいのであれば、対面の座位か背面の座位でもいい。女性の自重で膣奥に亀頭が当る状態にして、グリグリとした刺激を送り続けるのだ。

 そして、女性がイッテも、動きを止めないこと。ここはセックス・マシンになった気持ちになって、責め続けること。Sに徹することだ。しかも、器械には感情がないので、真性のSではないが、人間は感情があるので、本当のSになれる。しかも、最後は、器械にはない、射精という雄の武器がある。これによって、最後の最後に、イキ続けた女に精神的な満足感を与えてあげることができる。もちろん、きつい抱擁と情熱的なキスもだけどね。




    posted at 00:00 | 非ピストン系の動き | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: