FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

非ピストン系の動き

 セックスって、男が勃起したペニスを膣内に入れて、ピストン運動していると、女も男も気持ちよくなって、女はイキ、男は射精するものとなっている。しかし、セックスを極めてくると、これって、固定観念に過ぎないと思うようになった。
 もちろん、男の腰の動きの基本は、前後に振るピストン運動であることは否定しない。しかし、女をイカせるには、ピストン運動しかない、というのはあまりに考え方が狭い。

 ここでは、ピストン運動以外の動きを、「非ピストン系」の動きと称して、紹介してみたい。これらの動きをピストン系と組み合わせると、女には味わったことのない多様な刺激を膣内に送り込まれ、忘れられない快感となる。また、男が射精しそうになったときの鎮静化や、休息として活用することもできる。

 一つ目の動きは、膣奥までペニスを入れた状態で、突くのではなく(小刻みでも突かない)、膣奥の快感エリアを硬くなった亀頭でマッサージするような動きだ。感覚としては、膣奥の壁を柔らかくするかのように、腰を揺するようする。喩えて言うと、胡麻をするような動きかな。
 これは特に大きなペニスで激しく突かれると膣奥が痛いという女性にはちょうどいい。膣奥の快感に目覚めている女性なら、これだけでイクこともできる。男としては、体力的にも楽だし、射精感もこみ上げてこないので、いくらでもできる。体位としては、抱きしめ正常位か、四つん這いバックがいい。

 二つ目の動きは、ペニスを深く入れたまま、前後に動かす動きだ。女性上位の時、多くの女の好んで動かす腰の動きがこれに当たる。女性から上下に動かすのは体力的にしんどいというのもあるけど、女性が前後に動かすのには訳がある。クリに当るというのもあるけど、この方が中で気持いいところに当るというのもある。そして何よりも、自分のペースで動けるというのもある。これで女性がイクのって、どこか男のペニスをバイブがわりに使っているところがある。

 寝たままロディオは、この入れたままの前後の動きを、男が跪いてやる体位だ。膣内のペニスの動きは、前後に動く騎乗位と同じだ。但し、違いは男が主導権を握っているので、イカせるかイカせないかも男次第で、イッタ時の快感は、女性上位の場合よりも、与えられる快感だけに強い。

 三つ目の動きは、膣口を起点というか、テコにして、男が腰を回転させる動きをする。深さは浅めでも奧深くまで入れてもいい。深く入れていれば、膣奥をかき回すような効果になる。浅めの挿入で回転させると、膣天井を亀頭で回転しながらなぞるような動きとなる。こんな動きをされたことのある女性はほとんどいないので、新鮮な快感となる。もっとも、男の方も相当に股関節が柔らかくないと、滑らかにこの動きをすることはできない。

 四つ目は、膣口をテコにして中をえぐるのではなく、ペニスはニュートラル・スラストにしたまま、ペニスの棹の部分で膣口を360度の方角で広げるように、外周に向って押広げるように動かしていく。動きは時計回りでも反時計回りでもかまわない。見た目には、膣は棹にまとわりついているので、押広げられて隙間が空くわけではないが、女には男の意図がしっかりと分る。もっとも、これをするには、相当にペニスがカチカチになっていないとできないけどね。

 五つ目は、入れたままの回転運動だ。男の方から回転することは難しいので、女に動いてもらうしかない。女性上位で、結合したまま対面の状態から背面になってもらう時って、この動きになっている。ただゆっくりなのと、180度なので、回転というほどでもないが。360度で、スピードを上げるには、女性の体をベルトなどの装置で浮かせ、空中から吊して、横たわる男のペニスに挿入した状態で、グルグルと回転させるしかない。そんなAVを見たことがあるけど、これって、味わったことのない快感だろうね。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | 非ピストン系の動き | CM(0)
ペニスを半分だけ入れてこねくり回す方法

 昔から、膣内を膣奥まで挿入したペニスでこねくり回すようなテクニックはあった。入れたまま 「の」 の字を描くように腰を動かすというやつだ。こうされると、奥まで届いて居る亀頭が、膣奥の感じるエリアをグリグリと回転しながら刺激を与えることになる。
 男としては、ペニスの快感エリアである、亀頭の裏筋や棹の尿道側を強く刺激されることもないので、これなら長時間できるし、射精しそうになった時に気持ちを静める時にも使うことができるテクだ。

 しかしこれだと、女の膣口への刺激にはならないので、膣口への刺激でイカせることはできない。膣奥が感じる女であれば、長時間、これを繰り返していればイケなくもだいだろうけど、どちらかというとこれはイカせるための必殺テクではなく、途中で入れる遊びのテクかな。

 ところが、最近、これの変形を思いついた。それは屈曲位の正常位や四つん這いバックで入れている時に、ペニスを奧深くは入れず、わざと半分ぐらいに留めておき、その状態から腰を時計回りや反時計回りに回転させるというものだ。
 これをされると、女は味わったことのない膣内の感覚に、「なに?なにどうなっているのそれ?」 と驚くだろう。女にしてみれば、膣口を起点に、テコの動きのように、亀頭部分が膣内の真ん中あたりでグルングルンと360度、刺激を受けている感覚だろう。膣口と棹の角度が大きければ大きいほど、中で動き回る亀頭の刺激も大きく、強烈になる。

 初めは痛がるかなと思って、ゆっくりと探りながらやってみたけど、痛がる女性は一人もおらず、皆、一様に 「それ気持ちいい!」 との反応が返ってくる。感覚としては、膣内の快感エリアを亀頭で上下に擦られる 「寝たままロディオ」 を、360度の回転を入れながらされている感じだろうね。強烈な快感なんだけど、男の動きに制限があるのと、「寝たままロディオ」 ほど高速で激しくできないので、これでイカせたことはまだないかな。
 
 もっとも、「寝たままロディオ」 をする時に、上下動ではなく、女の腰を持って回転させると、これと同じ動きをより高速にすることになるかな。この場合には、男の腕の力と女の腰の柔軟性がないと難しいけどね。そうだ、これに 「寝たまま回転ロディオ」 という名前を付けようかな。

 このペニスを半分入れた状態での回転技だけど、名前がない。とりあえず 「半入れのの字」 とでも名付けておきましょうか。これはする側の男の視点だ。女から見れば、「寝たまま半入れ回転ロディオ」 とでもなるかな。

 なんでこんなテクを思いついたかというと、ペニスがカチカチで絶好調の時に、いたずら心が起きて、ニュートラル・スラストではなく、わざとペニスに角度をつけ、右側から棹の側面を擦るように入れて、左側から棹の側面を擦るように抜いたり、上側に向けて擦るように入れて、下側を擦るように抜く、というのをやってみた時だった。

 自分としては、膣口の側面を擦ることを狙ったのだけど、結果的に膣内の壁のいろいろなエリアを亀頭が刺激しているということに気がついた。女が気持ちいいと感じるのは、これが理由だったのだ。ならば、上下左右だけでなく、一層のこと、回転運動にしたらどうか、と思ってやってみたという訳だ。もちろん、この動きは、男の股関節や腰が柔らかくないと、難しいけど。

 そうしたら、女にとっても未体験の感覚で、なかなか評判がいいということが分った。もっとも、これをするには、そもそもペニスに一定の長さがないと難しい。18センチぐらいだと、半分入れた状態でちょうど、膣天井を刺激できるかな。あと、一定の太さも必要だ。壁を起点にテコの動きをするので、壁を押広げるぐらうの太さがないと、起点にならない。
 そして何よりも、ペニスがカチカチでないと、意味がない。いくら大きくて太くても、柔らかかったら、ぐにゃっとなってしまい、中をこねくり回すなど、できないからだ。やはり、ペニスは長くて太く、そして硬いと、何でもできてしまう、ということかな。




    posted at 00:00 | 非ピストン系の動き | CM(5)
滑らかで多彩な突きには、腰と股関節の柔らかさが不可欠

 スラストの技術を磨いていると、ピストン運動だけがスラストではないことが分ってくる。奥まで入れた状態でこねくり回すやり方 (これは男も射精感を静めるとができるだけでなく、膣奥の性感エリアを直撃できるので、一挙両得だ) もあれば、奥まで入れた状態で上下に動くやり方 (「寝たままロディオ」がこれに当たる) もある。「寝たままロディオ」 で女の腰を上下動ではなく、回転させれば、奥まで入れた状態でこねくり回すやり方と同じ効果がある。しかもこの場合は、男に回転させられるので、やられている感もある。

 女の方が主導権を握りたければ、女性上位で深く入れたまま、女から腰を前後に動かすか、これに回転を加えればいい。回転運動をするには女の腰がベリーダンサーか、フラダンサーみたいに柔らかくないとできないけどね。
 こうした動きを、ペニスを半分だけ入れた状態ですることもできる。「ペニスを半分だけ入れてこねくり回す方法」 【スラストの技術(上級編)】 で紹介した動きだ。これの良さは、膣奥の快感エリアではなく、膣天井を含む、膣の真ん中の粘膜をまんべんなく刺激することができる。しかも、男にとっては、射精感も高まらないので、長時間できる。

 この動きをされると、女としては堪らないようだ。それに何よりも体験したことのない快感らしい。それがどんなものか、この前、久しぶりに女性の指で前立腺マッサージをやってもらって、よく分った。慣れた女性だと、お尻に入れた指を前後に動かすだけでなく、ひねりを入れながら入れたり、抜いたりしてくる。これが堪らないのだ。指をローリングさせながら抜き差しされると、粘膜の全てに刺激がいくし、しかも回転運動という未知なる刺激で、とにかく気持ちいいのだ。おそらく快感が連続して続くからかな。

 なので、奥まで入れているにしろ、半分入れているにしろ、回転運動というのは、男が考えている以上に効果的で、女にとっては病みつきになる気持ちよささ。たとえイクことがないとしても、「その動き、止めないで!」 と言いたくなるほどの気持ちよさだ。

 もっとも、男がこの動きをするには、腹筋や背筋といった筋力もさることながら、一番、大事なのは股関節と腰の関節の柔らかさだ。要は、男もベリーダンサーか、フラダンサーの動きができるぐらいに、股関節と腰回りの関節をに柔らかくしなければならない。
 股関節を柔らかくするお勧めのトレーニングは、ただのスクワットではなく、四股を踏む前の「腰割」をすることだ。さらに慣れてきたら、この状態で両手を両方のくるぶしを握り、上体を左右に動かす。これが出来るようになったら、くるぶしから手を離し、片方に深く沈み込んでは、また反対側に沈み込むという動きをする。

 股関節が柔らかくないとこの動きはできないけど、30回もやれば、お尻や太股の筋肉に張りを覚えるぐらいに、普段使わない筋肉を使っているのが分かる。さらに実践的な動きは、腰割をした状態から両手を床につける。力士が土俵に両手をついて構える姿勢だ。この状態から、両手で上体を支えながら、腰を前後に動かす。まるで「膣天井直撃四つん這いバック」で突いているかのようにね。これを50回もやれば、実践での筋肉もつくというもの。

 股関節がほぐれてきた所で、最後の仕上げは、中腰になって腰を前後左右、そして回転させる動きもいい。股関節と腰の関節を柔らかくするだけでなく、長時間、回転できるだけの筋力をつける意味もある。こうしたトレーニングを毎日やっていると、実践での効果を実感できる。お試しあれ。




    posted at 00:00 | 非ピストン系の動き | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: