FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

入口の超高速ピストンでの裏技

 今まで、入口の超高速ピストンは、正常位であれ、四つん這いバックであれ、ニュートラル・スラストになるようにしてやってきた。その理由は、第一に、ニュートラル・スラストの方が超高速で動きやすいこと、第二に、超高速ピストンはする方の男にも強烈な刺激となるので、射精を避ける意味でも、あまり強い刺激がない方がいいからだ。それに、大きなペニスの場合、特別な姿勢を取らなくても、ニュートラル・スラストで十分に、膣口を刺激することができるからだ。

 ところで、「閉脚と開脚の違いによる女の快感の変化(1~2)」【スラストの技術】で書いたように、実は女性にとって、閉脚でスラストされるよりも、開脚でスラストされる方が刺激が強い、ということに気が付いた。
 この理屈でいうと、入口の超高速ピストンも、両脚を開くなり、ひねりを加えた方がより効果的では、ということになる。
 
 姿勢としては、正常位なら、女性の両脚を閉じ気味の屈曲位よりは、大きくM字に開くとか、V字に開いた状態でする。四つん這いバックなら、つぶれ四つん這いか、片脚を上げた状態でする。
 しかし、最も効果的なのは、ひねりも加えることのできる側位ではないかなと思う。中でも、女の下側の脚を男の両脚の下に伸ばすクロス側位がいい。一つは、女の体を真横にして、片脚(膝は折ってもいい)を高く上げるやつだ。膣口は一見、開き吟味にみえるけど、片脚を上げることによって、膣口は上下方向に引っ張られるが、中の膣壁は逆にぴたりと閉じることになる(ちなみに側位のいい点はこれかな)。この姿勢で入口を擦られると、普段とは違う感触になるはずだ。
 特に、僕が「究極の側位」と呼ぶやつだと、これにさらにねじれが加わる。「クロス体位」で下側の脚を真っ直ぐ伸ばし、上側の脚の膝を折って外側に広げる。これだと、閉じられた中の膣壁がさらにねじれるので、より摩擦は強くなるはずだ。

 さて、実際に試してみた結果を報告しよう。まずは、クロス側位でやってみた。一つは、女の体を真横にして、片脚(膝は折ってもいい)を高く上げるやつだ(松葉崩しの一つ)。側位って、そもそもあまり深く入らないものだけど、上に上げている女の片脚がじゃまになって、さらに奥まで入らない。逆に言うと、入口だけを刺激するには、ちょうどいい体位ということになる。結合部も股間が開いているだけに、バック以上によく見えるしね。女性の反応もすごかった。ならば、これでイカせようと高速ピストンを繰り返すも、なかなかイカない。普段ならもうイっているはずなのに。
「イキそうにない?」と聞くと
「気持ちいいけど、もうちょっと奧まで欲しくなる………」
「だって、入口だけ擦っているんだもの」
「なんか焦らされているみたい………」
ううん、焦らしにはなっているけど、これではイキそうにない。続いて、下側の脚を真っ直ぐ伸ばし、上側の脚の膝を折って外側に広げる「究極のクロス体位」で試してみた。これも効果はあるが、イキそうにない。

 次に、四つん這いバックにし、女性の両脚を大きく広げた「つぶれ四つん這いバック」で入口の高速ピストンをやってみた。確かに、こちらの方が、普通の四つん這いバックでやられるよりも摩擦が強いという。気のせいか、男の方も、スラストの際の刺激が強いような気がする。かといって思わず射精してしまうほどでもない。しかし、いつもは直ぐにイクのに、なかなかイカない。

「どうして、今まで、四つん這いバックの入口の高速ピストンでは、奥まで欲しくならなかったの?」
「もしかしたら、奧というか、膣天井までは届いていたのかもしれない」
「えっ、ということは、今まで、入口でイっていたのではなくて、膣天井でイッテいたの?」
「だって、長いから、入口だけもつもりでも、深く入っていたのかも」

 これは意外な結果だった。つぶれ四つん這いバックでも、なかなかイカなかったのは、側位での挿入の深さをペニスが覚えていたので、しっかりと入口だけを刺激していたからかも知れない。そうだとすると、今まで書いてきたことを修正しなければならなくなるかな。
 それはさておき、実験の結果そのものは、予測した通りであった。つまり、股間を開いたり、ひねりを入れたりして、膣天井を緊張させた方が、入口も閉まり気味となり、その結果、女性にとっては、入口の高速ピストンもより気持ちよくなる、ということだ。しかし、入口だけではイキにくいというのなら、少し奥まで突いてあげれば、入口と膣天井を同時に刺激し、簡単にイカせてあげることができる。
 なので、さんざん焦らしたいのなら、本当に入口のみを、イカせたいのなら、少し深めに入れて膣口まで刺激してあげることかな。いずれにせよ、膣天井を緊張させることは、膣口をも緊張させる、ということは確かだと思う。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | スラストの技術 (中級編) | CM(0)
膣口のきつさを堪能するスラスト

 小柄な女子大生のYちゃん。小柄だけに、おっぱいもAカップと小さいけど、お尻も小さい。まあ、ロリ好きには堪らない体かも知れない。お尻も小さいので、あそこもキツキツだ。それでも、それなりにセックスの経験があるからか、初めて僕とセックスした時も、なんとか僕の大きなペニスを受け入れることが出来た。

 とは言っても、最初に膣口のきついところで何度も押し戻される感覚があり、簡単には入らなかったけどね。経験から、ここはもう無理やりにでも、グイグイと押し込むしかないというのを知っていたので、バタバタする彼女を押さえつけて、なんとか膣口を通過することができた。入ってしまえば、後はもうこちらのものだけどね。それでも、入れている間中、「痛いよ~」「大きすぎ!」「やばい!」「もう無理!」とか叫び続けていたけど。

 初回が生だったのも、よかったかな。スキンを着けていたら、滑ってしまい、とてもあの狭い中を入っていくことはできなかったかも。なので、以降、いつも生で入れさせれくれるようになった。もちろん、最後はお腹だしだけど。
 そもそも中イキを経験したことがない子で、クンニでも滅多にいったことがないという。オナニーもしない。そんな子なので、僕が挿入して頑張って腰を振ってても、なかなかイキそうにない。あまり長時間、続けていると、痛がってくるので、適当なとことで射精するようにしている。

 マックスの硬さで入れようとすると痛がるので、ある時、8分立ちの状態で挿入してみた。それでもなかなか入らない。数回のトライのあと、何とか亀頭部分が入った。いや、このきつい膣口を亀頭が通過する時って男にとっても気持ちいい。その後、奥まで入れるが、基本的に浅めの膣で、奥までいれると行き止まり感があって、亀頭もあまり気持ちよくはない。

 そこで、奧を突いてイカせることは諦めたし、中イキもそのうちにイケればいいかな、ぐらいのつもりでスラストをするようになった。そうなると相手をイカせる必要もないので、こちらの好きなように動くようになった。いろいろ試してみた結果、やはり一番、僕にとって気持ちいいのは、亀頭まで抜いて、また膣口のきつい部分を通過する時だ。なので徹底的にこの快感を味わうことにした。

 一旦抜き、亀頭部分が膣口の外に出たところで、またグイっと押し込む。ザラザラしたきつい粘膜が亀頭の粘膜にまとわりつき、やがて亀頭がそこを通過すると、棹の部分にきつい粘膜が届く。そこから先はあまり快感がないので、棹の半分ぐらいまでが入ったところで、またゆっくりと抜く。そしてまた同じ事を繰り返す。
 面白いのは、抜く時は、彼女もそれほど痛がらないし、僕もそれほどの快感はない。というか、亀頭部分までが外に出た感覚もあまりない。ところがそこからまた押し込む時に、最初の挿入と同じ快感がある。彼女の方も、何度も繰り返しているのにも関わらず、その都度、のけぞっている。

 さすがに、これを何回も繰り返していると、「どうして、毎回、抜くの!?」と言ってくる。痛いわけではないけど、辛いという。まあ、それでも怒らないのは、それなりの快感を味わっているからかな。僕の方もこれを繰り返していると、すぐに柔らかめだったペニスもマックスの硬さになってくる。その変化に彼女も気が付いたようで、「あっちょと、大きいんだけど……」と声を上げる。

 これを30回も繰り返しただろうか。入れる度に、彼女も下半身に力が入ってしまうのか、疲れてくるようで、「もう疲れた、無理だって、お願い、射精して」と懇願してくる。さすがに僕の方も射精感がこみ上げてきたので、射精することに。最後は、棹を中程までいれた状態で、大きく早くストロークし、精液が漏れ出る直前に抜いてお腹に噴射した。溜っていたせいか、生の刺激のせいか、精液を噴射する度に、「ビシッ!ビシッ!」と音を立てながら、彼女の首の方まで何度も飛んで行った。

 いや、相手をイカせようとしないスラストって、男のわがままが通るので、好き勝手にできてしまう。彼女の膣の最大限の魅力を引き出すには、奥まで突くのではなく、膣口のきつさを堪能するのが一番だ。しかし、これって射精の為に膣を使っているに過ぎない、いわゆる「膣コキ」になっているかな。
 どちらにしろ、中イキできない彼女からみれば、自分の膣の一番気持ちいいところを、男に存分に味わってもらって、射精までしてもらうのだから、満足はしているようだった。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (中級編) | CM(0)
引かれて気持ちいいのは膣壁、突かれて気持ちいいのは膣奥

 セックスの経験も積み、ペニスで女を確実にイカせることが出来る男となると、スラストの仕方にも工夫をするものだし、その過程でいろいろな原理やテクを発見したり、身につけていったりするものだ。ここでそんな上級者向けのテクをご披露しよう。といっても、実は基本的なことなんだけどね。何事にも基本が大切というけど、それはセックスについてもいえるということだね。一言でいうと、引かれて気持ちいいのは膣壁、突かれて気持ちいいのは膣奥、ということだ。

 女性にとっては、ペニスが引かれる時に気持ちいいという。これは正しい。これは男でも自分のお尻の穴に指なりを入れて引き抜いてみると実感できる。入れられる時も快感はあるけど、引かれる時の方が数倍の快感になる感じだ。おまけにあまり早いスピードで引き抜かれると、せっかくの快感を味わう暇がなくなる。快感を味わうベストなスピードは、根元まで入れたペニスを亀頭付近まで引き抜くのに1秒ぐらいかな。まあこれはペニスの長さにもよるけど。

 ペニスが引かれる時に気持ちいい、という場合、女性が快感を感じるのは、あくまで膣壁だ。従って、この快感を女性に与えるには、ペニスは太いほどいい。それだけ膣壁を圧迫できるから、引き抜く時の摩擦も増大する。また、ペニスが長いと、その時間が長く持続する。もっとも、膣というのは快感レベルや女の意識で収縮自在のものなので、膣がきつくしまっているときだと、細くてもそれなりの快感はある。最大級の摩擦は、きつくしまった膣に太くて長いペニスの組み合わせだろう。

 膣壁で快感を感じるということは、膣天井や膣奥で快感を感じている訳ではないということだ。まあ体位によっては膣天井の壁も擦られるだろうけど、快感を感じるのは膣壁全体だ。といっても、快感センサーが集中しているのはお腹側(即ち膣天井側)の粘膜だ。なので、膣壁への刺激を与えてあげたければ、女のお腹側を擦りつけるようにスラストすることだ。正常位なら、ペニスの上側が擦れるようにする(実際には、ペニスを持ち上げるのではなく、膣の下側にペニスの下側を擦りつけるようにスラストすると、角度がついて膣天井側を擦ることができる)。

 あと、意外と忘れがちなのが、膣の左右の壁だ。これは側位をやった時に女が感じる新鮮な刺激と同じだ。てっとり早いのは、側位にすることだけど、正常位やバックでも、意識して膣の左右を擦ることは可能だ。
 膣の入口付近も、膣天井側に劣らず、快感センサーが集中している部位だ。膣口が感じやすい女性だと、この抜かれる感覚だけで、イクこともできる。実際、生で入れて膣外射精する時、射精直前に「スポン!」と抜かれる刺激でイッテしまう女性は多い。

 しかしペニスを引いていただけでは、膣天井や膣奥に強烈な刺激を与えてあげることは出来ない。それにペニスを引くためには、差し込まなければならない。どうせ差し込むなら、効果的に膣天井や膣奥を刺激してあげることだ。
 なぜなら、膣天井や膣奥は、突かれてはじめて快感を感じるようにできているからだ。しかしこの突きかたにも、それなりのテクニックがある。ただ闇雲に突きまくればいいというわけでもない。

 膣天井の場合、快感ポイントは点ではなく、面だ。これは指で刺激してみるとよく分る。従って、亀頭の先で点を突きまくっても効果はあるが、さらに理想的なのは、面をなぞるようにして突いてあげることだ。四つん這いバックなら、男が腰を上げ、上側から直線的ではなくカーブを描くように亀頭を押し込んでいく。膣天井に当ってもさらに亀頭がグラインドしながら面を擦る感じかな。側位の場合なら、挿入に角度をつけて、同じように亀頭が膣天井の面をグラインドしていくようにスラストする。

 膣奥の場合は、また別なテクニックが必要だ。第一に、ペニスに一定の長さがないと膣奥まで届かない。また、亀頭部分が硬くないと、奥まで突かれても快感にはならない。これには女の膣の深さもあるし、奥まで届きやすい体位(四つん這いバックや屈曲位)を選ぶ必要もある。
 また、女性によっては、奥まで突かれると痛がることもある。これには慣れもあるが、先天的に短めの膣だと、いくら繰り返しても痛みがとれることはないようだ。この場合には、敢て奧まで届かないような体位の工夫をするか、やわらかめのペニスでスラストするしかない。

 ペニスを膣とのフィット感もよく、奧まで突いても痛がらない場合、男としてはただガンガン、突きまくればいいので、事は簡単だ。しかしこれでは能が無い。膣奥の場合も、快感エリアは点ではなく、面だ。しかし膣奥なので膣天井のように面をグラインドするように突くことは出来ない。

 どうするか?深く突き刺して膣奥と亀頭とを密着させた状態で、膣奥ごとグリグリと動かしてあげるのだ。男の動きとしては、引くことをせず、奧にいれたまま腰で「の」の字を書くように動かすだけでいいのだ。これって、男には小休止できるし、なにより射精感を押さえる効果もある。

 しかしこれだけでは単調な刺激となるので、時には深く入れたまま、小刻みに振動するような動きをするのもいい。女がイキそうになってきたら、徐々にこの振動のピッチを大きくしていき、最後は大きなストロークの突きにしていく。女にしてみれば、快感の大波が押し寄せる感じで、オーガズムのスイッチが入ってしまう。あとは、同じリズムで突き続けるだけで、自動的に登り詰めていく。
 
 イッタところで入れたまま暫く休み、またおもむろに同じ刺激を繰り返すと、何度でも連続してイカせてあげることができる。5~6回もイクと、さすがに膣奥からのオーガズムだけに、腰が抜けてしまう。女も、子宮のあたりがジンジンして体験したことのない世界に浮遊している感じだ。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (中級編) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: