FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

滑らかで多彩な突きには、腰と股関節の柔らかさが不可欠

 スラストの技術を磨いていると、ピストン運動だけがスラストではないことが分ってくる。奥まで入れた状態でこねくり回すやり方 (これは男も射精感を静めるとができるだけでなく、膣奥の性感エリアを直撃できるので、一挙両得だ) もあれば、奥まで入れた状態で上下に動くやり方 (「寝たままロディオ」がこれに当たる) もある。「寝たままロディオ」 で女の腰を上下動ではなく、回転させれば、奥まで入れた状態でこねくり回すやり方と同じ効果がある。しかもこの場合は、男に回転させられるので、やられている感もある。

 女の方が主導権を握りたければ、女性上位で深く入れたまま、女から腰を前後に動かすか、これに回転を加えればいい。回転運動をするには女の腰がベリーダンサーか、フラダンサーみたいに柔らかくないとできないけどね。
 こうした動きを、ペニスを半分だけ入れた状態ですることもできる。「ペニスを半分だけ入れてこねくり回す方法」 【スラストの技術(上級編)】 で紹介した動きだ。これの良さは、膣奥の快感エリアではなく、膣天井を含む、膣の真ん中の粘膜をまんべんなく刺激することができる。しかも、男にとっては、射精感も高まらないので、長時間できる。

 この動きをされると、女としては堪らないようだ。それに何よりも体験したことのない快感らしい。それがどんなものか、この前、久しぶりに女性の指で前立腺マッサージをやってもらって、よく分った。慣れた女性だと、お尻に入れた指を前後に動かすだけでなく、ひねりを入れながら入れたり、抜いたりしてくる。これが堪らないのだ。指をローリングさせながら抜き差しされると、粘膜の全てに刺激がいくし、しかも回転運動という未知なる刺激で、とにかく気持ちいいのだ。おそらく快感が連続して続くからかな。

 なので、奥まで入れているにしろ、半分入れているにしろ、回転運動というのは、男が考えている以上に効果的で、女にとっては病みつきになる気持ちよささ。たとえイクことがないとしても、「その動き、止めないで!」 と言いたくなるほどの気持ちよさだ。

 もっとも、男がこの動きをするには、腹筋や背筋といった筋力もさることながら、一番、大事なのは股関節と腰の関節の柔らかさだ。要は、男もベリーダンサーか、フラダンサーの動きができるぐらいに、股関節と腰回りの関節をに柔らかくしなければならない。
 股関節を柔らかくするお勧めのトレーニングは、ただのスクワットではなく、四股を踏む前の「腰割」をすることだ。さらに慣れてきたら、この状態で両手を両方のくるぶしを握り、上体を左右に動かす。これが出来るようになったら、くるぶしから手を離し、片方に深く沈み込んでは、また反対側に沈み込むという動きをする。

 股関節が柔らかくないとこの動きはできないけど、30回もやれば、お尻や太股の筋肉に張りを覚えるぐらいに、普段使わない筋肉を使っているのが分かる。さらに実践的な動きは、腰割をした状態から両手を床につける。力士が土俵に両手をついて構える姿勢だ。この状態から、両手で上体を支えながら、腰を前後に動かす。まるで「膣天井直撃四つん這いバック」で突いているかのようにね。これを50回もやれば、実践での筋肉もつくというもの。

 股関節がほぐれてきた所で、最後の仕上げは、中腰になって腰を前後左右、そして回転させる動きもいい。股関節と腰の関節を柔らかくするだけでなく、長時間、回転できるだけの筋力をつける意味もある。こうしたトレーニングを毎日やっていると、実践での効果を実感できる。お試しあれ。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | スラストの技術 (中級編) | CM(0)
入口の超高速ピストンでの裏技

 今まで、入口の超高速ピストンは、正常位であれ、四つん這いバックであれ、ニュートラル・スラストになるようにしてやってきた。その理由は、第一に、ニュートラル・スラストの方が超高速で動きやすいこと、第二に、超高速ピストンはする方の男にも強烈な刺激となるので、射精を避ける意味でも、あまり強い刺激がない方がいいからだ。それに、大きなペニスの場合、特別な姿勢を取らなくても、ニュートラル・スラストで十分に、膣口を刺激することができるからだ。

 ところで、「閉脚と開脚の違いによる女の快感の変化(1~2)」【スラストの技術】で書いたように、実は女性にとって、閉脚でスラストされるよりも、開脚でスラストされる方が刺激が強い、ということに気が付いた。
 この理屈でいうと、入口の超高速ピストンも、両脚を開くなり、ひねりを加えた方がより効果的では、ということになる。
 
 姿勢としては、正常位なら、女性の両脚を閉じ気味の屈曲位よりは、大きくM字に開くとか、V字に開いた状態でする。四つん這いバックなら、つぶれ四つん這いか、片脚を上げた状態でする。
 しかし、最も効果的なのは、ひねりも加えることのできる側位ではないかなと思う。中でも、女の下側の脚を男の両脚の下に伸ばすクロス側位がいい。一つは、女の体を真横にして、片脚(膝は折ってもいい)を高く上げるやつだ。膣口は一見、開き吟味にみえるけど、片脚を上げることによって、膣口は上下方向に引っ張られるが、中の膣壁は逆にぴたりと閉じることになる(ちなみに側位のいい点はこれかな)。この姿勢で入口を擦られると、普段とは違う感触になるはずだ。
 特に、僕が「究極の側位」と呼ぶやつだと、これにさらにねじれが加わる。「クロス体位」で下側の脚を真っ直ぐ伸ばし、上側の脚の膝を折って外側に広げる。これだと、閉じられた中の膣壁がさらにねじれるので、より摩擦は強くなるはずだ。

 さて、実際に試してみた結果を報告しよう。まずは、クロス側位でやってみた。一つは、女の体を真横にして、片脚(膝は折ってもいい)を高く上げるやつだ(松葉崩しの一つ)。側位って、そもそもあまり深く入らないものだけど、上に上げている女の片脚がじゃまになって、さらに奥まで入らない。逆に言うと、入口だけを刺激するには、ちょうどいい体位ということになる。結合部も股間が開いているだけに、バック以上によく見えるしね。女性の反応もすごかった。ならば、これでイカせようと高速ピストンを繰り返すも、なかなかイカない。普段ならもうイっているはずなのに。
「イキそうにない?」と聞くと
「気持ちいいけど、もうちょっと奧まで欲しくなる………」
「だって、入口だけ擦っているんだもの」
「なんか焦らされているみたい………」
ううん、焦らしにはなっているけど、これではイキそうにない。続いて、下側の脚を真っ直ぐ伸ばし、上側の脚の膝を折って外側に広げる「究極のクロス体位」で試してみた。これも効果はあるが、イキそうにない。

 次に、四つん這いバックにし、女性の両脚を大きく広げた「つぶれ四つん這いバック」で入口の高速ピストンをやってみた。確かに、こちらの方が、普通の四つん這いバックでやられるよりも摩擦が強いという。気のせいか、男の方も、スラストの際の刺激が強いような気がする。かといって思わず射精してしまうほどでもない。しかし、いつもは直ぐにイクのに、なかなかイカない。

「どうして、今まで、四つん這いバックの入口の高速ピストンでは、奥まで欲しくならなかったの?」
「もしかしたら、奧というか、膣天井までは届いていたのかもしれない」
「えっ、ということは、今まで、入口でイっていたのではなくて、膣天井でイッテいたの?」
「だって、長いから、入口だけもつもりでも、深く入っていたのかも」

 これは意外な結果だった。つぶれ四つん這いバックでも、なかなかイカなかったのは、側位での挿入の深さをペニスが覚えていたので、しっかりと入口だけを刺激していたからかも知れない。そうだとすると、今まで書いてきたことを修正しなければならなくなるかな。
 それはさておき、実験の結果そのものは、予測した通りであった。つまり、股間を開いたり、ひねりを入れたりして、膣天井を緊張させた方が、入口も閉まり気味となり、その結果、女性にとっては、入口の高速ピストンもより気持ちよくなる、ということだ。しかし、入口だけではイキにくいというのなら、少し奥まで突いてあげれば、入口と膣天井を同時に刺激し、簡単にイカせてあげることができる。
 なので、さんざん焦らしたいのなら、本当に入口のみを、イカせたいのなら、少し深めに入れて膣口まで刺激してあげることかな。いずれにせよ、膣天井を緊張させることは、膣口をも緊張させる、ということは確かだと思う。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (中級編) | CM(0)
膣口のきつさを堪能するスラスト

 小柄な女子大生のYちゃん。小柄だけに、おっぱいもAカップと小さいけど、お尻も小さい。まあ、ロリ好きには堪らない体かも知れない。お尻も小さいので、あそこもキツキツだ。それでも、それなりにセックスの経験があるからか、初めて僕とセックスした時も、なんとか僕の大きなペニスを受け入れることが出来た。

 とは言っても、最初に膣口のきついところで何度も押し戻される感覚があり、簡単には入らなかったけどね。経験から、ここはもう無理やりにでも、グイグイと押し込むしかないというのを知っていたので、バタバタする彼女を押さえつけて、なんとか膣口を通過することができた。入ってしまえば、後はもうこちらのものだけどね。それでも、入れている間中、「痛いよ~」「大きすぎ!」「やばい!」「もう無理!」とか叫び続けていたけど。

 初回が生だったのも、よかったかな。スキンを着けていたら、滑ってしまい、とてもあの狭い中を入っていくことはできなかったかも。なので、以降、いつも生で入れさせれくれるようになった。もちろん、最後はお腹だしだけど。
 そもそも中イキを経験したことがない子で、クンニでも滅多にいったことがないという。オナニーもしない。そんな子なので、僕が挿入して頑張って腰を振ってても、なかなかイキそうにない。あまり長時間、続けていると、痛がってくるので、適当なとことで射精するようにしている。

 マックスの硬さで入れようとすると痛がるので、ある時、8分立ちの状態で挿入してみた。それでもなかなか入らない。数回のトライのあと、何とか亀頭部分が入った。いや、このきつい膣口を亀頭が通過する時って男にとっても気持ちいい。その後、奥まで入れるが、基本的に浅めの膣で、奥までいれると行き止まり感があって、亀頭もあまり気持ちよくはない。

 そこで、奧を突いてイカせることは諦めたし、中イキもそのうちにイケればいいかな、ぐらいのつもりでスラストをするようになった。そうなると相手をイカせる必要もないので、こちらの好きなように動くようになった。いろいろ試してみた結果、やはり一番、僕にとって気持ちいいのは、亀頭まで抜いて、また膣口のきつい部分を通過する時だ。なので徹底的にこの快感を味わうことにした。

 一旦抜き、亀頭部分が膣口の外に出たところで、またグイっと押し込む。ザラザラしたきつい粘膜が亀頭の粘膜にまとわりつき、やがて亀頭がそこを通過すると、棹の部分にきつい粘膜が届く。そこから先はあまり快感がないので、棹の半分ぐらいまでが入ったところで、またゆっくりと抜く。そしてまた同じ事を繰り返す。
 面白いのは、抜く時は、彼女もそれほど痛がらないし、僕もそれほどの快感はない。というか、亀頭部分までが外に出た感覚もあまりない。ところがそこからまた押し込む時に、最初の挿入と同じ快感がある。彼女の方も、何度も繰り返しているのにも関わらず、その都度、のけぞっている。

 さすがに、これを何回も繰り返していると、「どうして、毎回、抜くの!?」と言ってくる。痛いわけではないけど、辛いという。まあ、それでも怒らないのは、それなりの快感を味わっているからかな。僕の方もこれを繰り返していると、すぐに柔らかめだったペニスもマックスの硬さになってくる。その変化に彼女も気が付いたようで、「あっちょと、大きいんだけど……」と声を上げる。

 これを30回も繰り返しただろうか。入れる度に、彼女も下半身に力が入ってしまうのか、疲れてくるようで、「もう疲れた、無理だって、お願い、射精して」と懇願してくる。さすがに僕の方も射精感がこみ上げてきたので、射精することに。最後は、棹を中程までいれた状態で、大きく早くストロークし、精液が漏れ出る直前に抜いてお腹に噴射した。溜っていたせいか、生の刺激のせいか、精液を噴射する度に、「ビシッ!ビシッ!」と音を立てながら、彼女の首の方まで何度も飛んで行った。

 いや、相手をイカせようとしないスラストって、男のわがままが通るので、好き勝手にできてしまう。彼女の膣の最大限の魅力を引き出すには、奥まで突くのではなく、膣口のきつさを堪能するのが一番だ。しかし、これって射精の為に膣を使っているに過ぎない、いわゆる「膣コキ」になっているかな。
 どちらにしろ、中イキできない彼女からみれば、自分の膣の一番気持ちいいところを、男に存分に味わってもらって、射精までしてもらうのだから、満足はしているようだった。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (中級編) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: