FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

FP流、究極の挿入術

 むかし読んだ女性の体験談に、女性にとっての挿入って「気が付いたら挿入されていて一つになっていた」というのが理想、というのがあった。その意味するものが、最近になってやっと分ってきた。いや、セックスって、奧が深いね。
 これって、別な言い方をすると、「異物感のない挿入が理想」ということでもある。裏を返せば、ペニスを膣に挿入されるのって、女性にとっては、異物感があるということだ。十分に濡れていない時とか、いきなりの挿入の時とか、あるいは大きなペニスの場合、特にそう感じるようだ。

 なぜ、このことに気が付いたかというと、成り行きで偶然に体験したことがきっかけだった。詳しくは、「逆素股からの自然な生挿入」【体験談ー大きなペニスがいいの】をご覧いただきたい。FP流、究極の挿入術とは、この異物感を徹底的にゼロにする挿入術でもある。異物感を招きやすい大きなペニスの場合とか、はじめての女性とセックスする時にはお勧めだ。もちろん、生での挿入の場合だけどね。

 姿勢としては、二つの体験談にあるように女性上位でも、正常位でもかまわない。挿入前にたぷりと時間をかけて、キスやおっぱいへの愛撫、クンニなどで女性を興奮させ、膣も十分に濡れていることが大前提だ。
 その上で正常位の場合、男が逆素股をするように、亀頭を割れ目にそって軽く上下に動かし、亀頭の裏側をクリの位置にくるようにして、そのまま覆い被さるのだ。亀頭を割れ目にそって軽く上下に動かすのは、いわばご挨拶みたいなもので、決して入れるようなそぶりを見せてはいけない。

 こうすると、亀頭の裏側の粘膜がクリに圧迫刺激を与える。これだけではイク事はできないが、かすかな刺激が送り続けられる。そして、覆い被さりながら、抱きしめ、キスしたり、首や耳を愛撫したりしては、いろいろとお話しするのだ。このお話しタイムが、互いに挿入することを意識から遠ざけてくれるのだ。そして、脇の下を舐めたり、おっぱいや乳首を愛撫する。

 徐々に女性の方も、入れて欲しくなってモジモジしだす。腰をクネクネし出したら、そのサインだ。このタイミングで、きつく抱きしめ、身動きできない状態にしてキスをしながら、男の腰をほんの少し、後に引くようにする。すると、クリにあたっていた亀頭が1~2センチ、下に下がり、ちょうど亀頭の膨らみが膣口の粘膜にすっぽりと納まる。粘膜と粘膜が触れあうので、この変化は女にも分る。しかしまだ挿入しようとしてはいけない。

 熱い粘膜どうしが触れあう感触だけを、キスをしながら楽しむのだ。入れてこようとしない男に、女は「あれ、入れてこないのかな」と思うことだろう。それが期待を呼ぶ。二人の粘膜が長時間、触れあっていると、境目が消えてきて、互いに溶け合う感覚になる。入っているのか、入っていないのかも分らなくなってくる。

 男も決して腰を押し出して入れようとしてはいけない。反対に腰をほんの少し引くのだ。そうすると、ペニスに角度がつき、亀頭が数ミリだけ、膣中に潜り込む感じがある。そしてまたキスをする。まだ完全には入っていない。この時、キスのほか、乳首に吸いつくのも効果的だ。上半身の快感ポイントと、亀頭と密着している下半身の快感ポイントとの回路が接続され、女としても男と一体化する回路をさらに完全なものしたいという気持ちになるからだ。

 しばらくしてまた腰を少し引くと、さらに数ミリ、潜り込む感じがある。男としては、膣口のきつい締め付け部分にあがなおうとはせず、女の方から膣口を緩めて亀頭を迎えにこさせるようにするのだ。ただ、膣のその動きに身を任せていればいい。決して男から入れるそぶりを見せないけど、亀頭は数ミリずつ、膣中に潜り込み、それでもじっとしていると、粘膜どうしが溶け合ってきて、どこまで入っているのかも分らなくなってくる。

 それでも互いの結合部に意識を集中させると、亀頭の後側の棹の部分の皮膚感覚の違いから、「挿入された」と認定するだけの長さが入り込んでいるのが分る。長いペニスだと、まだ先っぽの4~5センチしか入っていないんだけどね。男としても、ここまで入れば、もう抜けることもない、という確信が持てる。
 でも、まだ奧を突こうとしてはいけない。というか、スラストを連想させる動きをしてはいけない。あくまで、気が付いたら、一つになっていた、という感動を味わうだけにする。

 そして女の方が動きを欲しがってきたら、上体を起こすなり、腰を突き出して、少しずつ、残りのペニスを挿入していく。でもまだ奧までは突かない。そして、またキスをし、会話を楽しむ。女の方が我慢できなくなって、腰を振ってきたり、よがり声を上げだしたら、おもむろに、まるで膣内の感触を味わうように、ゆっくりとアスラストを初めていく。

 なんだ、ゆっくりとした挿入なら、直角正上位でもできるじゃないか、と言われそうだけど、このやり方とはまるで別物だ。ただのゆっくりとした挿入は、女には焦らしにとれれが、これは焦らしではない。だって、そもそも入れようとしないのだから。粘膜の接触がもたらす快感の引力に引かれるように、互いの性器が少しずつ、重なり合って、一つに溶け合っていくのだから。

 直角正上位の場合、ニュートラル・スラストで入れることができる。しかし抱きしめ合った姿勢だと、ペニスに角度がつき、必ずしもニュートラル・スラストにはならない。しかし、不思議なことに、こちらの角度の方が、自然な合体ができるのだ。もしかしたら、挿入に関しては、ニュートラル・スラストよりもよりよい角度というのがあるのかも知れない。

 この挿入方法で結合すると、最初の違和感がまるでないので、その後のセックスも、なんかそれまでのとは別物という感覚になる。なんというのか、とにかく自然なのだ。二人の性器が溶け合った状態で一つになっていて、そこからスタートしているので、どんな体位であれ、どのようにスラストするのであれ、二人の性器の心地よい一体感がずっと続くと言えばいいかな。セックスが終った後も、なんか離ればなれになるのが惜しいような感覚になるだろう。

 この挿入方法って、あまりに自然なため、エロさがまるでないのだ。「一番エロイ瞬間は男が挿入モードに入る時」【挿入について】で書いたように、男が女の股間に割って入り、挿入モードに入る時って、一番エロイ瞬間でもあるが、それをないからこそ、エロさもなくなる。まあ、それと引き替えにこの自然さを得ているとも言える。
 逆に言うと、エロさを最大限に出したければ、男が挿入モードに入ったことを女に知らせ、「異物感」をたっぷりと味わうような挿入をしてあげることかな。これはこれでワイルドでいいけどね。しかしそればかりでは、動物的になってしまう。それを強調させるためにも、時にはこういったまったり系の挿入も必要だ。

 女性上位での挿入でも、ほぼ同じ感覚となるけど、女性上位の方がやや女に主導権があるといえるかな。あと、横寝バックでも、上体を密着した姿勢での挿入ができなくはないが、男がペニスを指で握って角度をつけないと挿入できないのと、やはり膣口のきつい部分を押しのける感覚があるので、これほどの自然な挿入感はないかな。

 男としては、女が異物感を感じるほど、大きなペニスを「ぶち込む」というワイルドな興奮を味わえないのが欠点といえば欠点かな。しかし、それは体位変換をする時とか、二回戦でやればいいことだ。このとろけるような挿入だけは、最初しか味わえないので、そのチャンスを活かしたいものだ。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | 挿入のテクニック | CM(0)
わざとペニスを抜いて女に入れさせる

 これはスラストのテクニックともいえるし、焦らしのテクニックともいえるものだけど、僕はたまに、スラストの途中で、わざとペニスを抜いてまた入れる、というのをやることがある。
 もちろん、抜くために抜いたのでは面白くない。興奮のあまり、大きくバウンドし、思わず亀頭部分まで抜けてしまった、というのがいい。これだと、女としても「もう、元気なんだから!」となる。もっとも、これはある程度、長いペニスでやらないと、「短いから、直ぐ抜けちゃう(涙)」と、逆効果になるけどね。

 で、抜けてしまったら、手を使わないようにして、なんとか自力で入れようとする。だけど、ここでわざと穴を外して、その回りの小陰唇やクリ、果ては大陰唇などに亀頭を突き刺し、もどかしそうな振りをする。
 女の方も、「おっきいから、すんなりと入らないのかな...」とどうしたものかと戸惑っている。数回目のトライでなんとか挿入を果たしたら、また大きなストロークで動き出す。
 
 しばらくしてまたわざと抜いてしまう。また亀頭をあちこちにぶつけながら、うまく入らない振りをして、切羽詰まった声で「手で入れて」と耳元で囁く。すると、さっと手で濡れたペニスをつかみ、すぐに穴に導いてくれる。さすがに、自分の穴なので、見えもしないのに、一発で膣口に誘導してくれる。

 亀頭が粘膜の窪みに当たった瞬間、彼女も「そこ、そこ、もう大丈夫でしょう、入れて」とばかり、手を引っ込めようとする。それに合わせてこちらも腰を押し込んでいく。この息の合った連携プレーがまたいいね。二人が能動的に協力しあってセックスしている、という感覚がいいのだ。
 もっとも、どちらかとうと、フライング気味に女の手がまだあるうちに、我慢できないとばかり、指先をどかすように押し込むのも、女には男の興奮が伝わっていい。

 元気よすぎて飛び出してしまった硬いペニスを、女の手でまた穴に導かれる。この卑猥さがなんとも興奮もので、ペニスも一段と硬くなる気がする。これって、女にとっても興奮するものだ。膣で味わっていた硬いペニスを今度は手で確認できるしね。しかも濡れたペニスは自分の愛液だし、握った亀頭から興奮が伝わってくる熱も感じ取ることができる。
 
 ペニスを自分から膣に導くなんて、普通はできないことだ。しかし、男から「入れて」と指示されれば、この時とばかり、堂々とできる。そんなことをしている自分がすごくスケベな女になったようで興奮するのだ。
 男にとって、このプレー、射精しそうになっているペニスを、一瞬でも休ませる意味もある。それにしても、一度抜いて入れる時って、ホントに気持ちいい。それは入れられる女も同じだ。

 その気持ちよさを味わいたくて、必ず射精は膣の中でするけど、一度ぐらい、あえて射精する直前にわざと抜いて、女の手で穴に導かれようとする時に、ドバーっと射精してしまうのも面白いかも知れない。手にかかる熱い体液に、「うそ、間に合わなかった? 早く!」と射精の真っ最中のペニスを膣に導くなんて、すごい卑猥だ。男にとっても、女にとっても、手コキと中出しの二つの射精モードを、緊迫した時間の中で楽しめる。しかも、この時って、膣内だけでなく女の手も穴の回りも精液でベトベト、というのがまたいい。




    posted at 00:00 | 挿入のテクニック | CM(0)
前触れもなく突き刺す挿入

 挿入のモードというか、やりかたって、いろいろとある。処女を相手にする時みたいに、相手の様子をうかがいながら、ゆっくりとした優しい挿入から、まるで犯すかのように一気に奧まで突き刺すような挿入まで。
 まあ、男としては、相手の女性がもの凄く興奮していて、膣も十分に濡れている場合、あまり遠慮することなく、一気に突き刺すことが多い。あと、自分も我慢汁を亀頭の先から垂らしているような場合、それが潤滑油にもなるしね。それに、興奮している女性には、むしろ一気に突き刺した方が、さらに興奮と快感を高める、ということを知っているからね。

 そうはいっても、実際に挿入する際には、正常位の場合、女の両脚を大きく開き、亀頭の先端を、割れ目の下の方にかすかに小さな口を開いている膣口に押しつけ、互いの粘膜をくっつけて狙いを定めてから、一気に押し込む、というやり方をする。

 四つん這いバックの場合、正常位のように両脚を大きく開くことができないため、膣口は男には見えない。まあ、慣れた男ならお尻の穴のすぐ下に入口があると知っているので、そのあたりに狙いをつけて、押し込んでいく。実際には、クリトリス側から小陰唇の間に亀頭を乗せ、お尻側に這い上がるようにして、亀頭が窪みに達したところで、グイっと押し込む感じかな。

 ちなみに、側位だと、よっぽど女の片脚を高く掲げないと、膣口はよく見えない。よく見ないで押し込むと、お尻の穴にあたったりして、女から「そっちはダメ」と言われてしまうことがあるぐらいだ。

 いずれにせよ、一気に押し込むといっても、亀頭を膣口に接触させるという、ワンクッションがある。時間にしたら数秒だけど、必ずこれをする。一つには、うまく一発で入れられないと、「まさか童貞ではないよね」と、女に笑われそうになるからかな。もう一つは、入口でないところを間違えてペニスを押しつけると、亀頭も痛いし、棹も湾曲して痛い、というのもあるかな。

 ところで、興奮しきって、膣もトロトロに濡れている女性には、さらに興奮する挿入の仕方がある。それは本当に何の前触れもなく、一気に突き刺す入れ方だ。たとえ膣口が小さく開いていなくても、亀頭で膣口の位置を確認することなくね。入れられる女からみたら、まるでそこに穴が開いていることが分っているかのように、硬いペニスを一気に突き刺さされる感じだ。特に四つん這いバックの時にこういう挿入をされたら、ただでさえ犯されている気分になる体位なのに、なおさら「犯され感」が強まる。

 こうした挿入をしたら、一気にペニスの根元まで差し込んであげたいし、大きなストロークで膣奧まで突いてあげたいものだ。スラストのピッチは早くする必要がない。前触れのない乱暴な挿入に、もうMっ気は十分に刺激されているので、大きなストロークをお見舞いするだけで、最初のオーガズムに達するはずだ。その時は、じっと動かないでいてあげて、深いオーガズムの余韻に浸らせてあげることかな。激しい動きは、その後でたっぷりとお見舞いしてあげればいい。




    posted at 00:00 | 挿入のテクニック | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: