FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

クンニの際に頭の中にイメージしておくべきこと

 クンニのテクをいろいろと、初級から上級向けまで書いてきた。さらにはフェチっぽいクンニの楽しみ方までね。しかし、いくらいろいろな情報やテクを事前に頭にいれておいても、いざ、生身の女のおまんこを目の前にすると、気が付いたら夢中で舐め回しているだけ、ということがよくある。特に経験の薄い男だとね。

 そこでクンニをする際に、最低限、頭に入れておくと役に立つことを紹介しよう。この3点だけをしっかりと覚えておくと、どんな情況下でも、女にとって印象深いクンニをしてあげることができるだろう。

 それは、舐め方のテクというよりも、女の股間の部位によって舐め方を変えるだけでいいのだ。既に何回か書いてきたように、発生学的には、女性の大陰唇は男の金玉袋に、小陰唇は棹の裏側に、そしてクリは亀頭に相当するのだ。男なら、金玉袋どんなふうにサワサワされると気持ちいいか、棹の裏筋はどうやって舐められたら気持ちいいか、そして亀頭は如何にやさしく触れて欲しいか、というのが分る。これを相手に応用すればいいのだ。

 一見すると、あまりに性器の構造が違うし、男の体にはない形状なので、どこがどう感じるのかは、男には想像もつかないのだ。だから、結果として闇雲に舐めてしまう男が多い。しかし、大陰唇、小陰唇、クリトリスの感じ方が推測できたら、それにあった的確な舐め方が出来るというわけだ。

 先ずは大陰唇から。普通、女がフェラする時に、あまり金玉袋を舐めないのと同じで、大陰唇への愛撫から入る男は少ない。しかし、このステップを踏むか踏まないかは、その後の展開に大きく影響する。ここを丁寧に、的確に舐めあげると、女は「いつもと入り方が違う!」と驚き、次を期待してしまうものだ。

 大陰唇のシワシワを舐める時は、金玉袋と同じで、強くやる必要はない。触れるか触れないかの感じがいい。但し、ザラザラした舌先で触れるので、舌先は溢れるぐらいにたっぷりと唾液をつけてやること。イメージとしては、太股の付け根から、大陰唇まで、まるでナメクジがグルグルと這い回っているかのように舌先を這わすことだ。女に、「今、一体、どんな舐め方をしているの!?」と、未体験の感覚を味あわせてあげることが出来る。時には、舌先で触れる前に、数ミリの距離まで接近して、匂いを吸い込んだり、熱い息を吹きかけるのもいい。

 こうした愛撫を左右、丁寧にしてから、小陰唇に移るのだ。もうその頃には、愛液で濡れているので、舐めている方も、愛液のヌルヌルを楽しめるし、量が多ければ、啜り飲む楽しさも味わえる。
 小陰唇を舐める時は、男の棹の裏筋と同じで、「ツー」っと舌先で、お尻側からクリ側まで滑らせることだ。最初は大陰唇と小陰唇の隙間の溝に舌先を差し込むようにして、上下に動かすといい。これって、男にとってはカリ首の後の窪みを舐められるような感じかな。

 続いて小陰唇の内側も同様に「ツー」っと舌先で舐めあげる。興奮で小陰唇が膨らみかけたら、小陰唇を軽く唇で甘噛みして、引っ張ったり、ハーモニカのように動かしてもいい。殆どの女は、こんなことされたことがないので、驚く事、請け合いだ。
 小陰唇も粘膜ではあるが、外側は常に空気に触れているので、それほど敏感ではない。なので、外側に関しては、それほど手加減する必要はない。というか、外側は内側に比べてあまり感じない。快感ポイントは、あくまで大陰唇と小陰唇の隙間の溝だ。あと、小陰唇の内側だ。男が棹の後だけで射精することがないように、小陰唇への愛撫だけでイカせることは難しいかな。なので、適当なところで、切り上げて次のステップにいくことだ。

 さて、ここからが男の性器にはない部位を責めることになる。それは膣前庭と膣口だ。共に粘膜なので、優しく舐めあげることだ。さらにクリ側には、尿道口もある。ここが感じる女なら、舌先で軽く突っついてもいい。極めつけは、膣口に舌先をねじ込む愛撫だ。舌先を膣口に入れられた時の快感は、男にしてみれば擬似挿入にあたる訳で、フェラでは決して経験できない快感なのだ。亀頭をすっぽりと包み込まれるフェラがこれに相当するのではないかと思われようが、これは違う。亀頭を唇で包み込まれる快感は、女にしてみれば、クリを男の唇で包み込まれるのと同じだからだ。

 なお、膣口が感じる女性は、膣口に舌先を入れられただけでイクことができる。なので、男としては、数回、舌先をねじ込んで止めてしまうのではなく、女の膣口の快感を開発してあげるぐらいの気持ちで、しつこいぐらいに膣口を責めることだ。これを長時間やっていると、男の舌先も遠くまで伸びるようになってくるから、自分の為のトレーニングと思ってやることかな。そして何よりも、舌先を深く膣内に入れられると、女は精神的な満足感も覚えるようだ。そこまで私の体を深く愛してくれるなんて、とね。

 そしていよいよイカせるための、クリを責めることになる。ここは男にとっては亀頭に相当するので、あくまでソフトにが基本だ。クリを被っているカバーは、まさに男の亀頭の包皮に相当する。包茎の男がこれを無理やりに剥かれると痛みを感じるのと同じで、無理にクリの包皮を剥き出しにする必要はない。
 むしろ、包皮を被ったままの、間接的な愛撫がちょうどいいぐらいだ。それに興奮してきたら、自然とクリも勃起し、包皮から頭を覗かせるので、その時を待てばいい。

 クリが敏感すぎて痛がる女性なら、クリに直接触れる上下の舌先の動きではなく、包皮の上から、左右に拘束でレロレロと動かすのもいい。これだけでも、十分にオーガズムに導くことは可能だ。今までの経験でいうと、半分ぐらいの女性は上下よりも間接的な左右の動きの方を好むかな。

 舌先って、裏側は柔らかいけど、表側は猫の舌みたいに、ザラザラしているものだ。なので、たっぷりと唾液で濡らす必要がある。もし、女が痛がるようだったら、舌先の裏側を使う手もある。時には、フェラで亀頭をバキュームされるように、クリも吸いついてあげるといい。吸い上げた状態で、グルグル回すとか、いろいろなテクを総動員することだ。クンニを本当に楽しんでいると、自然とそうしたテクを思いつくものだ。

 そしていよいよイカせようとするなら、クリへの愛撫のピッチを上げ、且つ、女がイクまで一定のリズムをキープすることかな。イキにくい女性でも、最後は、イカせようとする男の執念に負けて、女もオーガズムのスイッチが入るものだ。

 なお、連続オーガズムを狙うなら、イッタ直後は、吸いついているクリへの刺激を止めてじっとしていのがいい。それでもくすぐったがったら、一旦、唇を離して、くすぐったさを感じない膣口に差し込んであげることかな。クリでイッタ直後に、別系統の快感源である膣口に舌先を入れられると、女としては何とも言えない快感に包まれるようだ。男としても、たっぷりの新鮮な愛液で乾いた喉を潤すこともできるしね。
 クンニを再開するまでは、30秒から1分は待った方がいいかな。「もうダメ」といいながらも、本当に拒否する女はいない。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | クンニのテクニック(中級編) | CM(0)
小陰唇が非常に発達した女性へのクンニ

 今までかなりの数の女性にクンニをしてきた。ということは、かなりの数の女性器を見てきたことになる。体験からいうと、6割ぐらいの女性の外性器は標準的な形状だ。残りの4割は、小陰唇が標準よりも小さいか、大きい女性ということになる。

 小陰唇が未発達でほとんど無いというか、あっても大陰唇に押されて隠れてしまっている女性が2割ぐらいかな。この場合、正直、小陰唇そのものをいろいろな方法で舐めることができないので、物足りなさがあるが、かすかに見え隠れする小陰唇自体の感度は凄いので、愛撫の効果は小さくない。それと膣口に舌先を差し込むには、じゃまがないので、ストレートに奥まで入る、というメリットもある。

 そして反対に小陰唇が非常に発達していて、ところによっては1~2センチもビラビラがせり出している女性が2割ぐらいかな。ビラビラはクリ側は小さく、膣口側にいくに従って大きくなるものだ。その厚みも、紙みたいに薄い女性から、3~5ミリぐらいの厚みがあるものまでさまざまだ。中には片側だけ大きくなっている女性もいるけど、基本的には左右対称になっている。大きくはみ出したビラビラの場合、先のほうは黒っぽく色づいていることが多いかな。特に厚みのある場合、その傾向が強いかな。

 小陰唇が未発達な女性って、なんか少女的でロリコンにはいいかも知れない。反対に、小陰唇が十分に発達していると、なんか成熟した大人の女というイメージで、エロさというよりも、卑猥さが出てくるかな。クンニ好きな男としては、やはり小陰唇も適度に発達している方が、小陰唇の外側や内側の窪みも舐められるし、小陰唇そのものを唇で甘噛みして引っ張ったり、ハーモニカを吹くようにスライドしたりと、いろいろと楽しめるのでいいかな。

 ところで、先日、これまで会ってきた女性の中でも、最大級に小陰唇が発達している女性にクンニする機会があった。一番長くなっている膣口側だと、優に3~4センチはあるのではないか、というぐらいに発達しているのだ。長いだけあって厚みも5~6ミリはあり、先の方は黒ずんでいる。立ち上がった状態だと、股間の真ん中からぴたりと閉じた小陰唇が3~4センチ、下に伸びた状態になる。

 その時は、乳首が感じるというので、さんざん乳首を責め、パンティーにシミができるほど濡らしてからのクンニとなった。目の前で股間を開いた時、正直、「うわー凄いな」と思ってしまった。きっと初めての男だとあまりの迫力にたじろぐだろうが、僕としては、初めての体験にワクワクしてしまった。

 といっても、責め方はいつもと変わらず、太股の付け根の部分からスタートするフルコースをお見舞いする。ところがだ、得意のナメクジ舐めをしても、あまり反応がない。クンニではイッタことがないということだったので、感度が低いのかもしれない。その後、大きな小陰唇を指で引っ張りながら、大陰唇と小陰唇の間の溝を舐めあげる。さすがに、この部分は長い小陰唇で隠れているせいか、それなりの反応があった。

 しかし小陰唇の内側となると、また反応が今ひとつだった。小陰唇そのものが長いと、自分では奧の粘膜を刺激しているつもりでも、そこまで届いていないのかも知れない。
 続いて小陰唇を唇で甘噛みし、横にスライドしたり、引っ張ったりしてみたけど、これには全くの反応がなかった。思うに、小陰唇が大きな女性は、普段からビラビラも空気に触れているので、粘膜ではなくなっているからだろう。

 ならばと、膣前庭の粘膜を舐めようとすると、大きな小陰唇に邪魔されるのか、そもそも深みのある膣なのか、なかなか膣前庭まで届かない。しかも小陰唇の内側は乳首舐めの愛液でヌルヌルになっていて、押さえる指もツルツルと滑ってしまう。いつもなら簡単に膣前庭の粘膜や尿道口、それに膣口と処女膜の残りまで露出できるのに、それができないのだ。正直、これにはある種のフラストレーションがあったかな。目標が見えなければ、もてるテクを使えないからだ。

 膣前庭や尿道口、膣口への刺激を早々に切り上げ、クリに移ることにした。ところが、小陰唇が発達している女性はクリの上を覆っている三角形のフードも発達していて、なかなかクリに舌先が届かない。なんとか下側からクリをめがけて舐めあげるのだけど、どうもフードに邪魔されてか、ポイントがずれてしまっているようだった。ならばと、フードの上から横舐めにしたり、吸いついてバキュームをかけたりしてみた。

 普通ならとっくにイッテいるはずなのに、なかなかイカない。ついに、最後は禁断のテクというか、片方手のの指で小陰唇を左右に開き、もう片方の手の指でクリを覆っている三角形のフードを上に引っ張って、小さなクリの突起を露出させ、そこをめがけて直接的な刺激を送ってみた。感じてはいるのだけど、はやりイケない。
 結局、この日はクンニでイカせることができなかった。今までの経験やテクでは対応できないケースというのもあるものだなと思った。

 一つ言えることは、小陰唇が非常に発達した女性の場合、普段、空気に触れている小陰唇の先の方は愛撫しても効果がないということだ。あるとしたら、小陰唇と大陰唇の間の溝かな。それと膣口への愛撫は、奥まで届かないにしても、それなりの効果はあるので諦めないことだ。あと、クリを攻めるには、例外的に両手の指を使って、小陰唇やクリを覆っているフードを左右や上に引っ張り上げて、クリを露出させた上で、的確な刺激を送ることかな。次回のクンニまで、攻略法を考えておかないと。うまいテクがみつかったら、また報告したい。




    posted at 00:00 | クンニのテクニック(中級編) | CM(0)
イキやすい女性向けのクンニ

 中イキしやすい女性がいれば、なかなかイカない女性がいるように、クンニしていても、面白いようにすぐにイク女性と、いくら舐め続けてもなかなかイカない女性とがいる。長時間のクンニでもイキにくい女性というのは、男にとっては「難敵」だ。というのも、長時間のクンニは姿勢だけでなく、舌先も疲れてくる。イッテくれればそれが「止め時」になるけど、いつまでたってもイッテくれないと、止めるに止められなくなってしまう。
 
 こうなったら、最後は体力の続く限り、ひたすらクリを刺激し続けるしかない。この時に使うテクが、舌先でクリに吸いついたり、クリを左右もしくは上下に高速でレロレロと動かすやり方だ。もう人間バイブレーターになった気分で、自我どころか人間性をも忘れてひたすら動かすしかない。さすがにその捨て身の執念が通じるのか、なんとかイカせることができるものだ。

 しかしながら、この最後で最強のテクは、クンニでイキやすい女性には刺激が強すぎる。とにかく短時間で何回もイクのが目的なら、この高速レロレロでもいいけど、イキやすい女性にはオーバー・スペックなテクとなる。これではイクまでの過程をゆっくりと楽しむことができなくなってしまうのだ。そういう女性に最適なテクがある。
 それはクリを攻めることは同じでも、あくまでゆっくりと優しく舐め上げることだ。この際のポイントは、男の唾液や女の愛液をたっぷりと塗りたくるような舐め方をすることだ。

 最初のうちは唾液でもいいけど、女性が感じてくると、粘りけのある透明な愛液が膣口に溢れてくる。クリにばかり意識がいってしまうと、この愛液に気が付かなくなる。これを十分に活用することだ。時には膣口に舌先を運び、膣口に溢れている愛液を舌先ですくい上げるようにして、クリの周辺に塗りたくるのだ。それが唾液ではなく、自分の愛液であるということは女にも分る。それをクリに塗られることに、女としても興奮するものだ。

 この時、クリを刺激するように舌先を動かすのではなく、あくまで下から吸い上げた愛液をクリ周辺に塗り回すような動きがいい。つまり、クリの突起を中心に「ぐる~っ」とその回りに愛液が行き渡るように舌先を回転させるのだ。そしてまた愛液をすくっては、反対回りで回転させる。これをスムーズにするには、クリを覆っている表皮を指で左右に引っ張って露出させた方がやりやすい。こうすると、ただでさえ敏感なクリがなおさら前面にでるので、愛液で濡らしてよりやさしい間接的な愛撫を心がけたい。

 クンニで直ぐにイケる女性には、焦らしも必要ない。これは焦らしというよりも、オーガズムに登り詰めるまでの坂道の傾斜をゆっくりにして、それまでの過程をじっくりと味わってもらうことに主眼を置いたテクなのである。




    posted at 00:00 | クンニのテクニック(中級編) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: