FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

「横向きクンニ」のお勧めの姿勢

 今まで、いろいろなクンニのテクを磨いてきたが。その中で、「横向きクンニ」も何度かトライしてきたが、今ひとつ、しっくりこなかった(「横向きクンニ」のさまざまな姿勢に関しては、「『横向きクンニ』のさまざまな姿勢」【クンニの姿勢】を参照のこと)。

 女性が横向きになる「パラレル横向きクンニ」の場合、長時間は女性の側が姿勢的に疲れてしまい、オーガズムに至ることもできなかった。それに男の側も片手で女の上側の脚を上に支えなければならないので、男の側の負担もある。
 女が仰向けに寝る「クロス横向きクンニ」だと、女は楽なのだけど、する男の側の負担も、「パラレル横向きクンニ」同様にある。特に長時間続けていると、首が痛くなるかな。

 そんな時、ふとしたことでいい姿勢を思いついた。それは、ベッドの上に仰向けに横たわった女性に、いざ、クンニをしようとした時だった。長時間のクンニになることが分って居たので、いつものように僕がベッド脇に跪く形になった。普段なら、女性の股間をベッド脇に向けるのだけど、その時、たまたま女性がベッド脇にほぼ並行(やや股間側が脇に近い角度)に寝ていたので、これなら「横向きクンニ」ができるのでは、と思ったわけだ。今までの「横向きクンニ」って、自分もベッドの上に乗っていたけど、どうしてベッド脇に並行に寝てもらって、自分が床に跪く姿勢を思いつかなかったのか、と目から鱗が落ちる思いだった。

 僕の左手の腕で女性の右脚を上に上げるように押さえると、簡単に綺麗なM字開脚になる。その上で、まるでいろいろなテクとその効果を確認するかのように、さまざまな舐め方をトライしてみた。
 先ずは立体クンニの定番である、指先で大陰唇を開いての小陰唇の外側と内側の溝を舌先を横に這わすようにして動かしてみた。特に意識して舌先を尖らせなくても、横向きだと舌先の尖った部分がスーっと溝に吸い込まれていく。溝舐めには最適だ。

 続いてクリを被っている三角形のフードも同様に、上側の底辺から頂点にいって下側の底辺に降り、またその逆で帰ってみる。明らかに横向きの方が繊細な動きができる。続いて、膣前庭の粘膜も同様になぞってみる。
 される女性は、すでに僕のクンニで何度もイッタことのある女性だったが、明らかに今までと違う感覚に驚いているようだった。

「今までと、違い分る?」
「何となく………」
そこで体を少しズレしてひねり、顔を縦にして、いつもの舌先が割れ目にそって上下になる動きをしてあげ、また横舐めに戻った。
「どちらがいい?」
「縦もいいけど、横もいいかな」
「何が違う?」
「縦だと、一回一回、舌先が離れるけど、横だと、舌先がずーっと途切れなく動いている」

 いや、これは新発見だった。確かに、縦舐めだと、ペロペロとする度に舌先が一瞬だけ離れるけど、横舐めだと、まるでハーモニカを吹いて要るみたいに、舌先が一瞬たりとも離れないのだ。なるほど、これが利点か、と思った僕は、大陰唇からスタートし、小陰唇の溝、内側、クリを被っている三角形のフード、膣前庭とジグザグになるように連続して舐め上げてみた。こんな芸当は縦舐めでは決して出来ない。おまけに、小陰唇を唇に挟んで吸い上げたり、吸い上げたまま横にずらしたりの動きも、横向きだと簡単にできる。

 さらに驚いたのは、これだと舌先が全く疲れないのだ。少し疲れてきたら、顔を横に振るだけで、同じ動きができる。それに跪いた姿勢なので、首も疲れることがない。長時間向きなのだ。それと、イカせようと思えば、クリを被っている三角形のフードを、今度は舌先を上下に高速で動かすことによって、イカせることもできる。特にクリが敏感な女性には、間接的な刺激となってもってこいだ。

 唯一のマイナス点は、膣口に舌先を深く入れることができないことだ。なぜって、男の鼻が女の太股に当ってしまうのだ。これ以外は、全く問題がない。
 このままクリでイカせてもよかったが、その女性はまだ中イキしたことがなく、ペニスを入れて欲しくなるようにさせるには、僕としても膣口に舌先を深く入れたかった。そこでその姿勢から、女性の股間を少しづらし、僕も体を横にずらして、ここからいつもの縦舐めのクンニに移行した。

 この姿勢でやってみて思うのは、膣口に舌先を入れることが出来るということの、凄さだった。おまけに、舌先を入れている時って、さきほどまで邪魔だった鼻が、ちょうどクリに当っている。膣内の濡れ具合も分るし、膣口から膣前庭を経てクリまでを一気に舐め上げることもできる。そして仕上げのクリへの刺激も、縦横、臨機応変に切り替えられる。縦舐めに切り替えてからものの数分で、その日、最初のオーガズムに達した彼女。

 一回で両方の舐め方を試してみて思ったのは、やはり縦舐めの方が、総合的に見て、優位に立っているということだった。だけど、横舐めのシームレスな刺激も、女性にとっては新鮮なはずだ。なので、縦舐めの「前戯」として、横舐めを取り入れる価値は十分にあると、確信したのだった。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | クンニの体位 | CM(0)
「横向きクンニ」のさまざまな姿勢

 「横向きクンニ」というのは、僕がつけた名前だけど、女性の股間に対して、男の顔が横向きになるような姿勢でするクンニの総称だ。「総称」と書いたのは、側位同様、「横向きクンニ」にもさまざまな姿勢がある。

 バリエーションの構成要素としては、女性の体の姿勢によって大きく二つに分けられる。一つは、女性が横向きに寝る姿勢、もう一つは女性が仰向けに寝る姿勢だ。
 女性が横向きに寝た場合、女性の体と男の体とが直角になるようにして、男が女の股間に顔を埋めることになる。男の向きとしては、女の後側(お尻側)から股間に密着する(対面)のと、前側(クリトリス側)から密着する(背面)のとがある。

 どちら向きからにせよ、この姿勢(「パラレル横向きクンニ」と名付けることにする)だと、女性の両脚はM字開脚にするしかなく、男の手で上側の片脚を持ち上げるのも容易ではないので、自然と股間は閉じ気味になる。このため、クリなら責めることができるが、小陰唇の内側や外側、膣口などへの愛撫はやりにくくなる。視覚的な効果としては、男の体が見える「対面での横向きクンニ」の方があるが、意外性では男の体が見えない「背面での横向きクンニ」が優れている。また、アナリングスも背面からの方が舌先が届きやすい。

 もう一つの女性対面が仰向けに寝る姿勢を「クロス横向きクンニ」と名付けよう。この場合の男の体の向きは、対面か背面ではなく、単に右側か左側かの問題となるので、大差なくなる。
 「クロス横向きクンニ」の最大の特徴は、男の舌を横向きにも動かせることだ。「パラレル横向きクンニ」だと、舌をペロペロと上下に舐めると、膣口からクリに向って舐め上げることになる。横向きに動かすこともできなくはないが、この技が効果的なのは、クリを被っている三角形のフードをレロレロと高速で揺することぐらいかな。しかも、横向きの動きを高速でするのって、上下動よりも疲れるので長時間は難しい。

 対して、「クロス横向きクンニ」だと、舌先を左右にゆっくりと動かすと、割れ目にそって膣口からクリへと縦に刺激を送ることができる。もちろん、高速で長時間やると疲れるが、ゆっくりとなら問題ない。さらに、舌を動かさなくても、顔を左右に軽く振るだけで、この動きと同じ効果が出る。もちろん、「クロス横向きクンニ」でも、舌先を上下に動かすこともできる。この場合は、小陰唇を横からなぞる形なるが、最大の効果は、やはりクリを被っている三角形のフードを高速でレロレロと動かす時だ。

 このように、「パラレル横向きクンニ」と「クロス横向きクンニ」は、見た目は同じように見えるが、女性の体が横向きになるか、仰向けになるかの違いによって、男の舌の動きが、縦方向に向いているか、横方向に向いているかの、大きな違いが生まれる。本来の「横向きクンニ」の醍醐味というか、存在意義は、「クロス横向きクンニ」にあるといえよう。しかも、女性にとってもの横向きよりは、仰向けの姿勢の方が楽だし、リラックスできるというメリットもある。加えて、男も上側の片手をおっぱいまで伸ばすことが可能なので、乳首を同時愛撫することもできる。

 なお、女性が横向きに寝る「パラレル横向きクンニ」(とりわけ背面からの姿勢)だと、女が両脚を閉じ気味にして男の頭をロックしたり、さらには片手を男の頭に回して、股間に押しつけたりもできるので、S嬢がM男をいたぶるには向いている姿勢といえる。

 もうひとつ、アクロバティックな姿勢としては、女が横たわるのではなく、跪くか、立った状態で体を横に向け、その股間に男が横から割って入る「横向きクンニ」もある。女も上体を台などで支える必要もあるし、男も女の上側の脚を高く上がるように支えなければならないので、長時間は難しいが、女に恥ずかしさを与える上では、効果的な姿勢だ。これを「立ち横向きクンニ」と名付けておこう。
 この場合も、対面と背面とがあるが、実際にできる姿勢としてはその中間の向きになる。なので、男が顔を寝かし気味にすれば、舌先の動きは割れ目にそって横向きに向いているし、起こし気味にすれば、割れ目に対して縦の動きに向くことになる。




    posted at 00:00 | クンニの体位 | CM(0)
大開脚クンニ VS V字開脚クンニ

 大開脚クンニというのは、女がソファーに座り、文字通り、両脚を180度近くまで水平に広げた状態で、男が股間にわってはいってクンニするというものだ。対して、V字開脚クンニは、大開脚という点では同じだけど、女性の両脚の形が水平ではなく、文字通りV字にした状態でクンニするというものだ。どちらも、アクロバティックといえば、アクロバティックなクンニではある。

 但し、大開脚クンニは女性の体が相当に柔軟でないと、やりてくてもやる機会がない。というか、自分でもそこまで体の柔らかい女性にクンニした経験がないので、する側もされる側もどんな感じなのかは、体験したことがないので分らない。おそらく、股間に視線や意識が集中するので、それなりの興奮と快感があるのだとは思う。この姿勢でもイク事は可能だろうけど、残念ながらその経験がないので、どんなオーガズムなのかは、分らない。

 しかしV字開脚クンニはときたまやるので、どんなものかは分る。そもそもV字開脚にするのは、駅弁のあと、ベッドに移動して女性を下ろし、その流れで両脚をV字開脚し、スラストをするというのが多かった。この姿勢、実は女性にはもの凄く恥ずかしい姿勢なので、Mっ気を刺激するにはもってこいだ。この姿勢でも簡単にイカせることができる。というのも、両脚を大きく開くと、股間の膣が左右に大きく引っ張られるため、実は膣内が締まるのだ。そのせいで、いつものスラストでも感度が上がるという訳だ。

 それはさておき、この効果的なV字開脚を、クンニで応用しない手はない、と思い、最近では、よく入れるようにしている。いきなりV字開脚クンニから始めるのもいいけど、初めての女性なら、最初はM字開脚クンニからスタートし、何回かイッテ、羞恥心も薄れ、さらなる快感を求めるようになった時に、V字開脚クンニに移行するのが、いいかな。

 いくらそれまでM字開脚クンニで男に股間を晒し、イカされていても、V字開脚クンニをされると、女としては、もの凄く恥ずかしいものだ。「やだ、恥ずかしい………」と言ってくる女も多い。
 そう、V字開脚クンニの第一のメリットは、この女の羞恥心を刺激することにある。それと、180度の水平開脚は、よっぽど体が柔らかくないとできないが、V字開脚ならなんとかできる。中には、綺麗なV字にならなくて、膝が曲がってしまう女性もいるが、それでもV字開脚はV字開脚だ。

 V字開脚クンニにもっていくには、女性から自ら両脚を腕でかかえてすることもできるが、よっぽどのS女でない限り、女からこの姿勢をとることはない。なので、男が両手で女の両足首を以て、無理やりにV字開脚にしてしまうことだ。
 V字開脚クンニのメリットは、水平開脚同様、股間が開いて、割れ目やクリが露出しやすくなることかな。なので、男としても舐めやすくなる。それと、クリの存在感が強調されるので、クンニされていても、女の意識がクリにいく、という効果もある。

 V字開脚クンニだと、快感が高かまって絶頂トラックに乗っても、女から股間に力を入れることができないので、イキそうでイケないもどかしさがある。自分のペースでイケないのだ。そして突然にやってくるオーガズム。それを恥ずかしげもない姿勢をしながら、男の目の前で迎えることに、M字開脚クンニにはない興奮がる。

 なので、V字開脚クンニを始めたら、一度はイかせてあげたいものだ。次回から、クセになるかもね。V字開脚クンニのもう一つの良さは、V字に掲げた両脚を後側に倒すと、お尻の穴が露わになることだ。ここで予告なしのアナリングスをするのもいい。くすぐったがっても、恥ずかしがっても、無理やりに舐めれてしまうお尻の穴。V字開脚クンニには、こんなおまけもついていのだ。




    posted at 00:00 | クンニの体位 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: