FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

民宿の一夜

 高校生の夏休み、友達と房総の民宿にいった時のことである。夜中、女の押し殺したようなよがり声に目が覚める。隣の部屋で宿の若夫婦がセックスをしている! 夕食を作ってくれた奥さんは、20代前半と若く、小柄でおとなしそうな女性だった。あの奥さんが、すぐ隣の部屋で、セックスをしている! 息を押し殺してしてやっていたのだろうが、ついに声が漏れてしまったようだ。客が隣で寝ているのを知っているくせに、あんな声を出すぐらいだから、よっぽど気持ちいいんだろう。

 生のセックスの声は、まだ童貞だった僕には、刺激が強すぎた。眠くてしょうがないのに、耳の感覚が異常に研ぎ澄まされ、ペニスはあっという間にカチカチに勃起していた。イク瞬間をとらえようと、ペニスを握りながら聞き耳をたてていると、よがり声はじきに収まり、何の音もしなくなった。旦那の射精の瞬間も聞き取れなかった。
 すると、赤ん坊が泣きだした。間髪入れず、別な部屋からおばあさんがふすまを開け、夫婦の部屋の中に入り、赤ん坊を抱いてあやし始めた。とまどう夫婦の気配が聞こえた。

 あのタイミングだとまだ下半身はつながっていたかも知れない。おばあさんもあの声で起こされていたのだろう。 「毎晩のセックス、聞こえてるわよ」 と言わんばかりの、嫌みに近い入り方だった。
 いいところで割り込まれた若夫婦に同情しながら、気配を伺っていると、やがて赤ん坊も泣きやみ、ついに隣の部屋からは何の物音も聞こえなくなった。

 だけど、一度火照ってしまった体では眠りに戻れない。しばらくしてトイレに行くと、隣に洗濯場があった。妙に心和む家庭の生活の匂いがする。もしかして、と思って洗濯かごを見てみると、きちんと畳んだ服が積み上げてあった。一枚一枚、そっと服を持ち上げてみると、一番下に、あった! 白い小さなパンティーがきれいに畳んであった。奥さんのだ。畳んで一番下に隠しているってことは、誰かに見られるかも知れないというのを、まるで予期しているみたいだ。

 ワクワクしながら小さなパンティーを手に取った。僕のパンツの中ではペニスがまたむくむくと膨れ上がってくる。両端を広げて三角形にしてみる。こんなに小さいのが入るのか、というぐらい小さくて可愛らしかった。あの清楚な奥さんが、こんなセクシーなパンティーを履いているというのは意外だった。割れ目にあたる細い部分を裏返してみると、縦長に透明のネバネバしたシミがついている。それはまだ湿っていて、生暖かった。まだ脱いでから数時間も経っていないようだ。

 僕は何も考えずに、トランクスを膝までおろすと、すでに勃起しているペニスを、右手でしごき始めた。シミにそっと顔を近づけて、匂いをかいだ。かすかに甘酸っぱい匂いがする。さっきセックスをしていた奥さんのあそこから分泌された液だ。このパンティーがさっきまで覆っていたおまんこに、旦那のペニスが出たり入ったりし、あんなに気持ちいい声を上げていたんだ。そう思うと、興奮もひとしおだった。
 
 その匂いを胸一杯に吸い込みながら、ペニスを激しく擦った。興奮で腰が浮き上がり、爪先立ちになっていた。誰かが起きてきてもまずいので、快感を楽しむ時間はなかった。意を決して、舌先を伸ばしてシミの部分を舐め取った。これでスイッチが入ってしまったのか、精液が一気にせり上がってきた。最初の噴射が尿道を通過した瞬間、とっさにしごいた右手で亀頭の後ろのくびれを締め付け、なんとか精液が床にこぼれ出るのをせき止めた。続く噴射のたびに、快感で腰がヒクヒクしたが、精液がペニスの根元にどんどん溜まっていく妙な感覚だった。

 我に返ると、出口を失った精液が、尿道の中にいっぱい溜まって膨らんでいて、今にも穴の先からこぼれそうだった。どうしよう! その時、エッチな考えが思いついた。僕は顔に押しつけていたパンティーをペニスの先にもってきて、細くなっている布の内側にトロリと精液を放出した。それは白いパンティーに負けないぐらいに真っ白で、濃かった。数秒遅れで2回目の射精をしているようで妙な興奮があった。ネバネバした体液が布にこびりつき、薄い布越しに生暖かさが伝わってくる。残りの汁もパンティーの上に絞り出し、濡れてないところで鬼頭の穴をきれいにふき取った。

 小さなパンティーは僕の大量の精液でびっしょり濡れて重たかった。僕はパンティーを元のように畳むと、前のように服をかぶせた。どうせ洗濯するからわからないだろう。まだ硬いペニスをしまい込むようにトランクスをあげると、何事もなかったように部屋に戻った。洗濯場にいたのは2分ぐらいで、トイレにしては長かったかもしれない。

 あの奥さん、翌朝、洗濯するときに、パンティーがべっとりと濡れているのに気がつくだろうか?それとも朝になると、パンティーは黄色いシミを残しながらパリパリに乾いているだろうか? あれだけの量だから、きっとべっとりと濡れたまま、イヤらしい匂いを放っていたことだろう。結婚しているんだから、それが男の精液だということぐらい、すぐにわかるだろう。そしてそれが、昨日泊まった高校生のものだとも。
 隣の部屋で客が寝ているのに、旦那のペニスを入れられて、あんなイヤらしい声をもらす、奥さんがいけないんだ。悪いことをしたというよりは、すこしエッチなおみやげを残したような気分になった。いや、それは若い奥さんを抱いた旦那への、対抗心のようなものだったのかも知れない。
 翌朝、起きると、旦那はもう仕事に出かけていた。僕らは、何事もなかったように、奥さんの作ってくれた朝食を食べて、民宿を後にした。


 *********************


 今にして思うと、あえぎ声から判断して、セックスしたくなった旦那が、皆が寝しずまった深夜に、そっと挿入し、音をたてないようにゆっくりと動いていたのだと思う。奥さんも、客が隣りの部屋で寝ているので、必死に声を押さえていたけど、あまりの気持よさに、思わず声がもれてしまったのだろう。それだけに卑猥なよがり声だった。
 その後はスラストの音も聞こえなかったので、旦那もすぐに射精したようで、奥さんも、オーガズムには至っていなかったと思う。母親も、さすがに二人が結合しているところには割って入れないので、終わったあとの処理をしているあたりに、入ったのだと思う。
 それと、奥さんも僕がトイレに立ったのが分かったはずで、もしかしてセックスの声を聞かれたかも、と思っただろう。トイレからすぐに出てこないことから、洗濯かごの中のパンティーが気になったかも。

 パンティーはその日、履いていたもので、風呂に入るときに着替えたのだろう。その時はまだ童貞だったので分からなかったけど、パンティーのシミは、おりものやおしっこではなかった。透明なネバネバしたものといえば、愛液だったはずだ。もしかすると、旦那には、隣の部屋に客が寝ている時にセックスしたがるという性癖があり、そのことを奥さんも知っていたので、セックスへの期待で股間を濡らしていたのかな。

 朝になって、精液で汚されたパンティーをみて、奥さんもセックスの声を聞かれたことを確信したと思う。これって、女性にとっては、二重に興奮することかも。洗濯場で、パンティーに残された若い男の精液の匂いを嗅ぎながら、エッチな気分になって、オナニーをしてくれたとしたら嬉しいけどね。おとなしそうな奥さんだったから、パンティーが精液で汚されたことは、旦那には黙っていたと思う。それは今も、僕と奥さんだけの秘密だ。



**********************


 さらに時間が経ったあと、いろいろと妄想してみた。もしかしたら、奥さんはセックスの声を聞かれたこと、それを聞いて僕が洗面所でオナニーをしたかもしれない、と感ずいていたかも。だとすると、朝一で洗濯物をチェックし、パンティーに付着した大量の精液を発見したかもしれない。その瞬間、セックスの声を聞かれたことを確信し、二重の意味で体がかーっと熱くなったことだろう。
 だけど、その場ではオナニーをせず、汚されたパンティーも洗濯せずにとっておいたと思う。そして朝食を作り、ドキドキしながらも二人に出してくれたのだろう。心なしか奥さんが恥ずかしそうにしていたのは、もう知っていたからかも。そして、「この二人の高校生のうち、どちらの精液なのかな?」 と思いながらも、僕らを見送ったあと、汚されたパンティーで激しくオナニーしたんじゃないかな、と思う。だったら、別れ際、「色々と、お世話になりました………」 って、意味深に礼を言っておけばよかったかな。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

忍び込みオナニー

 高校生のころ、親戚がやっているアパートに住んでいたことがあった。ある時から、僕は密かな楽しみを覚えてしまった。それは、一人で留守をしているとき、大家の合い鍵を持ち出して、女の部屋に忍び込むことだった。どこに部屋の鍵が置いてあるかは、住んでいると、分かってくるものだ。

 初めて入った部屋は、20代の若い女性できれいな人だった。ところが、部屋にはいってみると、かなり散らかっていて、脱ぎたてのパンストやパンティーが無造作に畳の上に置かれているのに驚いた。パンティーを裏返してみると、生理中のようで、所々に鮮血がこびりついてゴワゴワとしていた。匂いを嗅ぐと、乾いた血の匂いがして、色っぽいというよりは、なんだかすごいものを見てしまったと言う感じだった。

 ゴミ箱をみると、ティッシュにくるまれたものがあった。ほどいてみると、鮮血でよごれたナプキンがあった。まだ湿っていた。これだけで僕はすごい興奮してしまった。もっとすごいものがないかなと、ゴミ箱を底まであさったが、大したものはなかった。机の上には、書きかけの日記が開いたままおかれていた。読んでみると、男の事が書いてあり、なんだか彼女の私生活だけでなく、心の中まで覗いてしまったような罪悪感に襲われ、何もしないで部屋を出た。誰かにみつかりはしないか、という不安もあったし。

 これを機に、僕は何度が少ないチャンスに、女の子の部屋に忍び込むことがあった。一番すごかったのは、隣の部屋に、19才のぽっちゃりとした、かわいい子が引っ越してきたときだった。この子の部屋とは間に60センチくらいの隙間を挟んで、窗が向かい合う形になっていた。

 ある夏の暑い日のこと。クーラーなどない部屋では、窓を閉めていてはとても寝れないような、熱帯夜だった。彼女も、隣が大家の親戚の息子ということで、安心もしていたのだろう。深夜まで勉強していた僕は、寝しなに、そっと彼女の窓を覗いてみた。なんと彼女の窓が10センチほど開いていて、明りをつけたまま寝ている彼女の体の一部が見えた。

 僕は音をたてないように、数ミリずつ窓をあけていき、長い時間をかけて、30センチはばまで広げた。Tシャツにパンティー一枚の姿の彼女が現れた。ブラをしていないことは、シャツの上からみてとれた。めくれたTシャツから、ふくよかな女の肌が覗いている。小さな三角形のパンティーからはみ出すようにこぼれている、むっちりとした下半身が悩ましかった。僕は、服をはぎ取るように全裸になり、窓をのぞきながら、すでにカチンカチンのペニスをしごいていた。

 時々寝返りを打ったりしているが、起きる気配はない。彼女の体が動く度、彼女の手が動く度に、僕は目を見張った。そのうち、彼女の右手がパンティーの上から割れ目にのび、あそこを触っている。びっくりした。エッチな夢を見ているのだろうか。射精の衝動に駆られながらも、我慢しながら、見続けていた。もっとすごいことが起こるのかもしれない、つまり彼女が寝ながらオナニーをするのではと、僕は射精をこらえ、ひたすら音もたてず、彼女の裸体をみていた。僕が知らない男なら、とっくに襲っていただろう。

 全裸でペニスを窓から突き出して握りしめながら、どれだけの時間がたっただろうか。寝不足で、目はうつろになってきたが、ペニスだけは、異常な興奮で、数時間も勃起しっぱなしだった。そのうち、彼女の動きがとまり、オナニーをする可能性はなくなった。
 ふと、外を見ると、なんと夜が白々と明けてきた。限界に達した僕は、寝ている彼女の裸体を見ながら、大量の精液を窓に向ってぶちまけた。彼女の窗までは届かなかったけど、下にあるプラスチックの被いに音を立てながら落ちていった。そして眠い目を擦りながら、また静かに窓を締めて、眠りについた。


***************


 それから、なんと数日後のこと。いつもは閉めている彼女の部屋のカーテンが少し開いていて、僕の窓から覗くと、黄色の小さなかわいらしいパンティーが、なぜかハンガーにかけられて、壁にかかっているのが見えた。それは数日前のあの夜、彼女が履いていたパンティーだった。何時間も見続けたやつなので、しっかりと覚えていた。僕はそのパンティーを手に取って見たくて、いてもたってもいられなかった。

 彼女がいない間にと、僕はドキドキしならがもすぐに彼女の部屋に忍び込んだ。合い鍵で部屋に入るなり、ワクワクしながら、すぐにそのパンティーを手に取った。意外なことに、それはまだ洗濯されていなかった。裏返してみると、べっとりとシミがついて汚れている。すでに乾いていたが、匂いを嗅ぐと、強烈な匂いで頭がクラクラした。あんなかわいい子でも、こんなにパンティーを汚すんだ、おまんこからこんなにイヤラシイ匂いを出しているんだと、ちょっとショックだった。

「なんで汚れたままのパンティーをハンガーに吊しているのだろう? いや、いくら気に入っているからといって、ハンガーに吊すかな?」
「それとも僕に見えるようにわざと置いていったのかな? もしかして、僕が窗を開けてオナニーしていたのを途中で気が付いていたのかな?」
「だとすると、僕へのサービス心で、わざと汚れたままのパンティーを見えるように吊しているのかな? これって、誘惑されている?」

 いろいろな思いが交差するが、長居はできなかった。不思議に思いながらも、僕は汚れたパンティーを手にしながら、速効でパンツを下ろし、カチカチのペニスを露出させた。なんか、僕が忍び込んで匂いを嗅ぐことを見透かされているような気になり、罠にはまってしまったような、甘美な敗北感に襲われながらも、早く終わらせなければという思いもあった。

 左手で彼女のパンティーを顔に近づけ、強烈な匂いを吸い込みながら、右手でしごいていると、あっという間に射精感がこみ上げてきた。快感を楽しむ余裕もなく、直ぐに精液が尿道を通過する感覚があった。だけど出すところがない!畳の上に出すわけにもいかない。僕はとっさに右手でペニスの棹をきつく握りしめて、精液がこぼれ出るのを押さえ、パンティーを手放すと、左手の手の平に自分の精液を受け止めた。真っ白でこってりとした精液は熱かった。それをパンティーになすりつけたい衝動を抑えながら、台所で洗い流した。

 パンティーをもとのハンガーにかける時、動かされていないかが分るような仕掛けがされてなかったかと、心配になったけど、なさそうだった。
 なぜ、彼女は汚れたパンティーを僕の部屋から見えるように、わざわざハンガーにかけていたのだろうか?今でも謎のままだ。それ以降、汚れたものであれ、新品であれ、パンティーがハンガーに吊されていることはなかった。


***************


 後で考えたら、やはり彼女は最後の方で一瞬、目が覚めたのではないかと思う。射精した精液が落ちる音や匂い、あるいは窗を閉める時の音で、寝ている姿を覗かれたことに気が付いたのかも知れない。だから、わざわざその時に履いていたパンティーを、洗濯する前に、僕の部屋から見えるようにハンガーにかけて、僕をからかったのかも知れない。でも、さすがに僕に部屋に入ってこられて、その強烈な匂いを直接、嗅がれるとは想像していなかったと思う。そして僕がその匂いを嗅ぎながら、大量の精液を彼女の部屋で噴出させたことも。




女子トイレ

06.28.2018
女子トイレ

 とある真夏のこと、旅行者として海外のある大学の寮に泊まったことがある。部屋を探しているとき、同じフロアーに、女子用の洗濯場とトイレがあることに気がついた。
 その夜は蒸し暑い夜で、夜遅くに目を覚ましてしまった。寝付かれなかった僕は、なぜかエッチな気分になり、同じフロアーに女子の洗濯場があったのを思い出し、忍び足で洗濯場へいってみた。

 期待通り、シャツに混じって、ブラジャーやパンティーが何枚か干してあった。洗い場には、洗面器の中にパンティーが何枚かつけたあった。きっと汚れが落ちないやつなのだろう、一枚一枚、指で摘んで取り出してみたが、水浸しの重たいパーティーには全く興奮はしなかった。

 そこで、干してあるなかで一番可愛らしいパンティーを物色した。どれも洗濯しているから、残念ながら、汚れもなく、匂いもない。そうこうしていると、誰かの足音が! 
 見つかってはやばいと思い、あわててパンティーをもったまま、近くの個室の中に隠れた。深夜、電気をつけてもいないのにドアの鍵をするのも変なので、ドアを閉めただけにする。だけど、いつ入って来られるかという不安があり、手でそっとドアを押さえていた。

 女の子は二人連れで、なにやら話をしている。僕は、じっと息を潜めながら、外の様子をうかがっていた。幸い、彼女たちはトイレに来たのではなかった。トイレの中に僕がいることは全く気がついていないようだった。安心した僕は、ドアから手を離し、自分のパンツを下ろすと、すでに勃起していたペニスを、ドア一枚夾んで女の子に見せつけるように露出した。そんな自分に興奮すると、僕はさらに音をたてないように、Tシャツも脱ぎ、全裸になった。スリッパも脱いで裸足になった。そして彼女たちに見せるかのように、ペニスを突き出しながら、カチカチになったペニスをいやらしくしごいていた。

 二人がいるうちに射精してしまえ、と思いつくと、僕は、左手でパンティーで口にもっていき、興奮した息を消すかのように、深呼吸し、右手でペニスをしごいた。物音も声も出してはいけないという状況が興奮を誘う。射精が近づいてきた。ドアの向こうにいる二人の女の子にひっかけるように、ペニスをつきだした。お尻に最初の痙攣がはしり、精液が白い線となって飛び出し、コンクリートの床に落ちていった。あわててパンティーをペニスにもっていき、残りの精液を割れ目が当たるところにひっかけ、手についた精液をパンティーでふき取った。

 彼女たちは、話しながら、洗濯をはじめたようだった。しばらくは出られそうになかった。ペニスはまだ興奮で硬いままだった。精液がしみてきたべっとりとしたパンティーを、鼻に近づけて匂いを嗅いでみる。自分の精液だが、何とも言えない、いやらしい匂いだ。
 僕は、さっきの興奮をもう一度味わいたくなってしまい、今度は精液の匂いを嗅ぎなから、またペニスをしごきだした。さっき出したばかりなのに、僕はあっという間に、二人の話し声を聞きながら、2回目の射精をした。もう一度、パンティーに精液をひっかけ、パンティーの濡れていないところでペニスをきれいに拭いた。

 僕は、二度も射精したので、すっきりしたが、まだ出ることはできなかった。全裸のまま、女子トイレの中で、女の子が部屋を出ていくのを待つしかなかった。小さくなっていくペニスを感じながら、自分の精液でびっしょりと濡れたパンティーを握りしめたまま...




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: