FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

ペニスが感じる膣の感触 (2)

 ペニスを一番奥までいれると、亀頭部分にまたいろいろな情報がもたらされる。もちろん、これも個人差がある。膣の浅い、深いのほか、ペニスの長さと、亀頭部分の硬さも影響してくる。ペニスがいくら長くても、亀頭部分がやわらかいと、あまり感じ取るることができないからだ。

 たとえ膣がそれほど浅くなくても、硬くて長いペニスだと、亀頭が膣の奧に当たる感触がある。奥深くに入れたまま、グリグリと動かしていくと、コリコリとした突起に当たる感触がある。子宮口だ。

 ペニスが十分に長いと、子宮口よりもさらに奧まで亀頭がのめり込んでいく。コリコリとした子宮口以外は、柔らかな粘膜の壁という感じで、押せば押しただけ、へこんでいく。膣の浅い女性だと、あきらかに壁につきあたり、それ以上入らない、という感じになる。こうなると、女性も軽い痛みを覚えるハズだ。

 膣奥自体は、亀頭の先頭部分が押されるだけで、それほど特別な快感があるわけではない。粘膜もツルツルしている。しかし、これこそが、女性にとって 「奧まで届く」 「奧が痺れるような感じ」 「イタキモ」 と感じるやつだ。
 しかし、膣がものすごく深い女性だと、突き当たる感覚がなく、やはり物足りない。なので、亀頭の先頭部分が押されるというのは、射精にとっては不可欠の刺激にはなっていると思う。実際、小刻な動きでも、亀頭への刺激が手伝って、射精までできるからだ。

 このように、小さなスラストだと、亀頭部分への刺激で射精できる。大きなストロークをした場合、膣口の締め付け感が常に棹の部分を襲う。ましてや粘膜がザラザラしていると、なおさら強い刺激となる。さらに、亀頭が抜けるぐらいまで引き戻すと、再挿入の刺激も加わって、ものすごい刺激となる。

 膣内の濡れ具合は、見なくてもペニスはちゃんと感知できる。ヌルヌル感が増し、滑りがよくなるからだ。時には 「ヌチャヌチャ」 という音も聞こえる。こうなると、スラストによって愛液が白っぽく泡だってくる。ペニスにまとわりついた女の白い本気汁をみると、男としても凄く興奮するね。
 もっとも、あまりに愛液が出ると、滑りがよすぎて、刺激が足りなくなることもある。それでも、男としては、愛液は多いほど興奮するかな。

 あと、膣内の熱も、ペニスは敏感に感じ取る。というか、熱いほど、快感となってペニス、とりわけ亀頭部分に伝わってくる。ビチョビチョに濡れて、熱くなっている膣内ほど、男のペニスを興奮させ、快感を倍増させ、射精を促す膣内ってないね。膣口の締め付けとか、粘膜のザラザラ感というのは、二の次かな。 




    posted at 12:00 | 膣の中のペニス (男から) | CM(0)
見てから食べるか、見る前に食べるか 

 初めてセックスする男女にとって、互いに相手の性器への期待は、挿入の瞬間にピークに達する。もっとも、男のペニスの場合は、女性は勃起した状態を目で確かめることができるので、大きさや形状から、挿入後の感触については大体の予想はつく。それにフェラをしたり、手で握ったりすれば、その硬さも事前に分かる。

 逆に男からみて、女性のおまんこは、挿入したらどんな味なのかは、見ただけでは全く分らない。膣口を指で広げたりすれば、多少、膣の大きさの推測はできるが、それでも入り口付近だけなので、奧の情況は分らない。
 指を入れれば、膣内の情報をかなり得ることができる。中のきつさとか、粘膜のヒダヒダの状態などはある程度分かるが、やはり指と実際のペニスとは感じ方が違う。

 このように、相手の性器に対する事前情報は、圧倒的に女の方が得やすい。それだけに大きく、硬いペニスを目にすると、女は挿入された時の期待を膨らませる。そして、往々にして、見た目の印象は、裏切られることがない。

 しかも、女はペニスを入れられた瞬間に全ての情報を感知してしまう。大きさ、硬さ、奥まで届くか、そして最大のポイントは膣内の快感スポットをしっかりと刺激しているかどうか。まあ、これは何も神経を集中させなくても、それまでのペニスでは刺激されることのなかった快感ポイントを刺激されるので、何もしていなくても、勝手に押し寄せる快感の波で、ペニスの良さが直ぐに分かる。

 逆に男の場合、膣の中の様子は見えないので、実際にペニスを入れてみないと、おまんこの中の味はわからない。なので、考えようによっては、男の方が、挿入前の期待度は高い。だからこそ男は挿入をしたがるし、その結果に新鮮な感動を覚える。
「わっ、すごいきつい!」
「わっ、中がすごく熱くて気持ちいい」
「わっ、中がザラザラして動かすと直ぐにイキそう!」
となるわけだ。

 もちろん、時には 「あれ?」 と思う時もある。意外と緩めだったり、思ったほど濡れていなかったり、膣が浅くて奥まで入れられないことなどが、時たまある。まあ、それを言葉に出したり、顔に出したりはしないけどね。
 おいしいと分かっておいしいものを食べる女と、味の予想がつかないものを食べる男。挿入前の期待は女の方が長く続くだろうが、男は事前の情報がないだけに、入れた時に味わう感動は大きい。




    posted at 12:00 | 膣の中のペニス (男から) | CM(0)
膣とペニスの境が消える瞬間

 生で挿入し、あれこれ体位を変えながら、長時間、突きまくっていると、膣の中が摩擦の熱で、トロトロになっていく。ペニスの方も、徐々に感覚が麻痺してきて、膣の粘膜に解け込んでいくかのような錯覚に陥ることがある。より二人の肉体の一体感を味わうには、最後は正常位がベストかな。きつく抱きしめながら、結合部の熱を上げていくかのように、ゆっくりと、それでいて力強いスラストをしながら、熱いキスを交わす。

 そして、射精を我慢することなく、一定のスラストを保ちながら、そのまま膣の奥深くに精液を放つ。膣奥に出された大量の熱い精液によって、二人の結合部はさらに 「溶解」 していく感覚に包まれる。どこまでが膣の粘膜で、男の亀頭がどこにあって、精液がその隙間のどこを漂っているのかもよく分らなくなる感覚。

 それでも、まだペニスの硬さが、その存在感を主張するかのように、トロトロの膣の中で、オスとして 「君臨」 している。しかし、時間の経過には勝てない。硬いペニスが徐々に柔らかくなっていく。その感覚は男にも女にも分る。そして、ペニスの硬さが、膣の柔らかさと同じぐらいになってくると、硬さだけで区別していた男と女の性器は、完全に解け合い、融合しあう。膣と対等な圧力が生み出す粘膜の融合。この時の一体感がたまらない。男もグッと腰を押しつけていると、数分間はこの感覚を維持でき、楽しめる。

 しかし、さらに時間が経つと、ペニスはさらに柔らかくなっていき、膣内の圧力に負けてしまうのかのように、どんどん小さくなっていく感覚が分る。

 硬い時は、膣の中で君臨し、女を泣かせたペニス。柔らかくなると、対等な関係になって解け合うけど、さらに小さくなると、今度は女に甘えるかのように、かわいらしく、熱い膣の中に何とか留まっている。

 この微妙な変化を、お互い、抱きしめ、キスしあいながら楽しめるのが、中だしの隠された醍醐味だ。これを楽しむことなく、直ぐに抜いてしまうなんて、もったいない話だね。
 それでもついに、ペニスが抜けてしまう時が訪れる。しかし、悲しむことはない。今度は、イヤらしく口を開けた膣口から精液がこぼれ出る瞬間を、互いに 「目撃」 するという、もう一つの一大スペクタクル・ショーが始まるからだ。




    posted at 12:00 | 膣の中のペニス (男から) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: