FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

奥まで突くのは、何度もイカせて膣内をほぐしてから

 ある程度大きなペニスだと、初めて入れる女性は、まず挿入の際に痛がるかな。特に僕のは、先が太くなっているいわゆる「コブラ型」なので、なおさらだ。
 きつい膣口を何とか通過しても、膣奥まで突くと、ここも痛がる女性も多い。なんせ、18センチあるし、亀頭部分までカチカチなので。生まれて初めて感じる圧迫感に、最初から「奧が気持ちいい」という女性は、2~3割かな。

 そんな時は、無理をしないように、正常位で挿入したら、まずは入口の高速ピストンでイカせてあげるようにしている。そして側位にもちこみ、ここで初めて膣天井を刺激してあげ、膣天井でイカせてあげる。角度によっては、側位でも痛がる女性がいるので、こういう時は無理をせず、すぐに四つん這いバックに切り替える。

 四つん這いバックって、実は非常にユーティリティーの高い体位だ。挿入さえできれば、女性の膣内の快感エリアのどこでも、自在に突ける。
 最初は無難に入口の高速ピストンをお見舞いする。コツはあまり深く入れないことだ。おおきくゆっくりとしたストロークから、徐々にスピードを上げていく。絶頂トラックに乗せるまでは、スピードを緩めないことだ。一度、絶頂トラックに乗せてしまえば、もうこちらのもの。何度でも面白いようにイカせることができる。

 続いて、女性の両脚を少し広げさせて、やや上側から突くと、もう一つの快感エリアである膣天井を亀頭が直撃する。女の反応が一段、上がるので、ポイントを突いていか否かは直ぐに分る。あるいは、「おしっこもらしそう」と訴えてくる女性もいる。そんな時は「おしっこじゃなくて、潮だって」と説明し、突き続けることだ。
 もし側位でも一度イキ、膣天井でイケることが分っていれば、バックにしてから、いきなり、膣天井を刺激してもいい。そこで何度かイカせた後、休憩を兼ねて、スローなストロークに切り替え、おもむろに膣口の高速ピストンに切り替える、という手もある。

 ごく稀に、膣口の高速ピストンよりは、膣天井の方が感じるという女性もいる。順序はどうであれ、感じる方をさぐって、そこを徹底的に責める。もし両方が感じるなら、両方を交互に責めるという手もある。

 こうして何度かいかせたあと、いよいよ、膣奥まで押し込んでみる。最初は痛がっていた女性も、この段階になると、膣内もほぐれてくるのか、快感で麻痺してくるのか、痛がる女性はほとんどいなくなる。それどころか、「奧、気持ちいい………」などと、声を振り絞るように訴えてくる。「最初に痛がったのは何だったんだ」と思ってしまうほど、あっけなく奧の気持ち良さに目覚めてしまう。こうなると、もう膣口、膣天井、膣奥と、3個所のどこででも、自在にイカせまくることができる。

 最後、僕は正常位で抱きしめ合いながら射精することが多いけど、バックから正常位にし、奥まで突きまくっても、もう女性は痛がるどころか、感じまくっている。特に射精に向けてラストスパートをかける時とか、射精の瞬間とかは、どうしても奥まで突いてしまう。しかし、このような手順を踏んでいれば、もう奥まで突いても痛がらないので、思う存分、奥まで突きまくることができる。それどころか、奥まで突かれる快感に目覚めているので、女性にとっても、膣口の高速ピストンと膣天井を擦りながら、膣奥まで突かれるので、堪らない快感となるようだ。




スポンサーサイト
[PR]

    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(1)
スラストでイカせるには、適度の異物感も必要

 「究極の挿入方法」【挿入のテクニック】で紹介したように、女が理想とする挿入は、異物感のない、極々自然な合体で、気持ち良さを味わっている打ちに、気が付いたら合体していた、というものだ。これはこれで試してみる価値もあるが、反面、男女ともに物足りなさが残ることもある。体が溶け合いすぎて、心地良さはあるものの、「オスの生殖器をメスの生殖器に差し込んだ」という強烈な感覚はない。実際、自然すぎて、普段の挿入に比べたら、心地良さはあるも、強烈な快感はないぐらいだ。

 こういう挿入って、セカンドバージンの女性とセックスする時とか、本当に愛し合っている二人の初めての合体の時にはいいかも知れないけど、快楽を追求するセックスでは、少し、刺激が足りないと思うこともある。そんな時は、一旦抜き、体位を変えて仕切り直しをすれば、普通の挿入モードに戻す子ができる。

 それにしても、女が理想とする、異物感ゼロの「究極の挿入方法」なのに、物足りなさが残るとは、一体、どういうことだろうか。これが女の体の不思議なところだ。結論からいうと、快楽のためには、多少の異物感も必要だということだ。「グイグイ」っと、容赦なく入り込んでくるオスの生殖器。その感覚に女のMっ気が呼び覚まされる。男としても、いつ入れたのか分らないような挿入よりも、意図的にこのタイミングで「入れるぞ」ともくろんで入れる方が、征服欲も満たされる。

 これって、女性(男性の場合も同じだけど)の快感は、50対50ではなく、与えられる快感の方が強い、ということだ。横たわる男のペニスに女から跨がると女が100となるし、男から挿入すると男が100となる。対して、「究極の挿入方法」って、挿入方法としては、究極の50対50だと思う。しかし、これだと、どちらが主導権を握っているのか、どちらがどちらをイカせようとしているのか、曖昧となってしまう。この曖昧さが、強烈な快感を呼び起こさないのだ。

 時に、女性がやや無理やりの挿入に、Mっ気を刺激されて、普段とは違う深いオーガズムに達してしまう、というのはよく聞く話だ。こんな時の無理やりの挿入って、女性にとっては究極の異物感しかない。しかし、これが女性には被征服感となって、快感が増幅してしまう、なんてことが起る。

 言い換えると、全ての挿入には、100対0から、0対100までの幅があるというこまあ、逆レイプでもない限り、大抵は男が80で女が20位かな。女も興奮して濡れていて、膣が男の性器を求めていれば、20の値がさらに高まっていく。
 しかし、現実には、50対50という比率はなかなか存在しないものだ。逆に言うと、これって、ものすごくレアなことでもある。なので、時間があるなら、「究極の挿入方法」を実践し、50対50の挿入の先に、どんなオーガズムの世界があるのか体験してみるのもいいかもしれない。いわゆるポリネシアン・セックス、つまりスロー・セックスって、この「究極の挿入方法」からはじめないと、本物ではないだろうね。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
快感エリアへの刺激はピンポイントよりも、面を流せ

 女性の膣内の快感エリアは大きく分けて、膣口、膣天井、そして子宮口のお腹側と三つある。以前は快感ポイントという言い方をしていたが、最近は、快感エリアと言うべきだと思うようになった。なぜかというと、これらの快感を感じるところは、決してピンポイントの小さいものではなく、広いエリアであるからだ。「Gスポット」なる誤解を招く表現も、まるで膣内で快感を感じるところが小さな点でしかない、という先入観を植え付けているかも知れない。

 膣口がいい例で、円を描いている膣口は、円のどこもまんべんなく気持ちいいし、入口の数ミリだけが気持ちいいわけではない。数センチの幅で奥側まで快感を感じることができる。膣天井も同様で、快感を感じるのは、直径1センチの点ではなく、横3センチ×縦5センチぐらいの広いエリアだ。子宮のお腹側も、決して小さな点ではなく、広がりがある。もっとも、子宮口だは、お腹側半分しか快感を感じない。お尻側半分は奥まで突かれても痛いだけなので、注意が必要だ。

 セックスに慣れた男だと、指であれ、ペニスであれ、快感エリアを意識的に刺激するようにする。この体位なら、この角度で挿入すれば、確実に膣天井を直撃するはずだ、とね。これは間違っていない。刺激される女も、男が意識的に快感を感じるポイントを突いてきているというのは分る。そしてこれで十分に女はオーガズムに達することができる。

 しかし、スラストの技術には、さらに上がある。最初に書いたように、快感を感じるのはポイントではなく、エリアだ。女としては、エリア内の一個所を執拗に刺激されるのも悪くはないが、欲を言えば、エリア全体をなぞるように刺激されると、快感に幅がでるし、快感の総量も増える。しかもこの方が受ける側としても、マイルドなのだ。

 どういうことかというと、四つん這いバックにせよ、側位にせよ、亀頭が膣天井エリア内の一個所だけを突かれるのって、気持ちいいんだけど、あまりそこだけを強く突かれると、イタキモというか、不安になってくるという。
 それに対して、亀頭が快感エリア内をスライドしていくように「面」でなぞられると、亀頭の衝撃をエリア全体で受け流すことができるので、そうした不安もない。それにこの方がエリア全体をまんべんなく刺激されるので、快感も長く続くし、総量も多くなる。

 では、どのようにすれば点ではなく、面を刺激できるか? これは体位にもよるし、男性器の形状や硬さ、女性の膣の形状や深さにもよるので、一概にいえない。膣天井に関して言えば、亀頭の先が膣内の一個所を突く感覚ではなく、膣天井を滑っていくような感覚を得られているのなら、女性も同じような感覚になっているということだ。

 膣口なら、膣口の全体をまんべんなく刺激することだ。もっとも、大きくて太いペニスだと、何も特別なことをしなくても、そうなるんだけどね。子宮口のお腹側も、一個所を繰り返し突くのではなく、亀頭の先が奥まで届いたところで、亀頭にまとわりついた粘膜全体をグルングルンと回してあげるような動きがいいかな。
 
 膣内って、男にとってはもの凄く気持ちいいところなので、一旦、入れてしまったら、特に生で入れてしまったら、ついついがむしゃらに突きがちで、なかなかこういう点までは意識がいかないものだ。挿入を終えたら、直ぐに動き出さず、「点を突くのではなく、面を滑らせる」ということを思いだして、意識してやってみるといい。女にはその微妙な動きの違いが、しっかりと伝わるものだ。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: