FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

膣口のきつさを堪能するスラスト

 小柄な女子大生のYちゃん。小柄だけに、おっぱいもAカップと小さいけど、お尻も小さい。まあ、ロリ好きには堪らない体かも知れない。お尻も小さいので、あそこもキツキツだ。それでも、それなりにセックスの経験があるからか、初めて僕とセックスした時も、なんとか僕の大きなペニスを受け入れることが出来た。

 とは言っても、最初に膣口のきついところで何度も押し戻される感覚があり、簡単には入らなかったけどね。経験から、ここはもう無理やりにでも、グイグイと押し込むしかないというのを知っていたので、バタバタする彼女を押さえつけて、なんとか膣口を通過することができた。入ってしまえば、後はもうこちらのものだけどね。それでも、入れている間中、「痛いよ~」「大きすぎ!」「やばい!」「もう無理!」とか叫び続けていたけど。

 初回が生だったのも、よかったかな。スキンを着けていたら、滑ってしまい、とてもあの狭い中を入っていくことはできなかったかも。なので、以降、いつも生で入れさせれくれるようになった。もちろん、最後はお腹だしだけど。
 そもそも中イキを経験したことがない子で、クンニでも滅多にいったことがないという。オナニーもしない。そんな子なので、僕が挿入して頑張って腰を振ってても、なかなかイキそうにない。あまり長時間、続けていると、痛がってくるので、適当なとことで射精するようにしている。

 マックスの硬さで入れようとすると痛がるので、ある時、8分立ちの状態で挿入してみた。それでもなかなか入らない。数回のトライのあと、何とか亀頭部分が入った。いや、このきつい膣口を亀頭が通過する時って男にとっても気持ちいい。その後、奥まで入れるが、基本的に浅めの膣で、奥までいれると行き止まり感があって、亀頭もあまり気持ちよくはない。

 そこで、奧を突いてイカせることは諦めたし、中イキもそのうちにイケればいいかな、ぐらいのつもりでスラストをするようになった。そうなると相手をイカせる必要もないので、こちらの好きなように動くようになった。いろいろ試してみた結果、やはり一番、僕にとって気持ちいいのは、亀頭まで抜いて、また膣口のきつい部分を通過する時だ。なので徹底的にこの快感を味わうことにした。

 一旦抜き、亀頭部分が膣口の外に出たところで、またグイっと押し込む。ザラザラしたきつい粘膜が亀頭の粘膜にまとわりつき、やがて亀頭がそこを通過すると、棹の部分にきつい粘膜が届く。そこから先はあまり快感がないので、棹の半分ぐらいまでが入ったところで、またゆっくりと抜く。そしてまた同じ事を繰り返す。
 面白いのは、抜く時は、彼女もそれほど痛がらないし、僕もそれほどの快感はない。というか、亀頭部分までが外に出た感覚もあまりない。ところがそこからまた押し込む時に、最初の挿入と同じ快感がある。彼女の方も、何度も繰り返しているのにも関わらず、その都度、のけぞっている。

 さすがに、これを何回も繰り返していると、「どうして、毎回、抜くの!?」と言ってくる。痛いわけではないけど、辛いという。まあ、それでも怒らないのは、それなりの快感を味わっているからかな。僕の方もこれを繰り返していると、すぐに柔らかめだったペニスもマックスの硬さになってくる。その変化に彼女も気が付いたようで、「あっちょと、大きいんだけど……」と声を上げる。

 これを30回も繰り返しただろうか。入れる度に、彼女も下半身に力が入ってしまうのか、疲れてくるようで、「もう疲れた、無理だって、お願い、射精して」と懇願してくる。さすがに僕の方も射精感がこみ上げてきたので、射精することに。最後は、棹を中程までいれた状態で、大きく早くストロークし、精液が漏れ出る直前に抜いてお腹に噴射した。溜っていたせいか、生の刺激のせいか、精液を噴射する度に、「ビシッ!ビシッ!」と音を立てながら、彼女の首の方まで何度も飛んで行った。

 いや、相手をイカせようとしないスラストって、男のわがままが通るので、好き勝手にできてしまう。彼女の膣の最大限の魅力を引き出すには、奥まで突くのではなく、膣口のきつさを堪能するのが一番だ。しかし、これって射精の為に膣を使っているに過ぎない、いわゆる「膣コキ」になっているかな。
 どちらにしろ、中イキできない彼女からみれば、自分の膣の一番気持ちいいところを、男に存分に味わってもらって、射精までしてもらうのだから、満足はしているようだった。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
究極のスラスト(2)往復運動からローリング運動へ

 スラストにおいて、膣内のペニスは確かにピストン運動をしているが、その背後には体幹による波状運動がある。そしてこの波状運動がピストン運動に変換され、それが再び膣内において波状運動として認識されること、そしてこの波状運動こそが、女性のオーガズムが波状に訪れることの理由である、と書いた。

 この原理を理解したならば、究極のスラストへ向うにはどうしたらいいかが、見えてくるというものだ。それは、波状運動から往復運動へ、往復運動から波状運動への二回の変換の際に生じるロスをゼロにすることだ。
 つまり、体幹部分での波状運動を、膣の中のペニスにもそのまま伝達することだ。具体的には、直線的に突いたり引いたりするのではなく、大きくつぶれた楕円のような動きをするのだ。一本の線から、ほんの少し膨らみをもった細長い立体にするのだ。その結果、膣内のペニスの動きは、往復運動からローリング運動となる。

 立体なので、その軌跡はほぼ無限に存在する。正常位であれば、膣の上側を擦りながら奥まで到達したら、膣の下側を擦るように引くとか、その逆でもいい。あるいは、側位であれば、膣の右側を擦りながら奥まで到達したら、左側を擦るように引くというように。 この微妙な変化は、スラストされている女性にもはっきりと感じ取ることができる。もっとも、そのためには、ペニスに一定の硬さがないとダメだけどね。

 ポイントは、体位がなんであれ、女性の膣内の快感エリア(お腹側)を意識しながら、滑るように押し込むなり、擦るように引くなどの動きを意識的に行うことだ。
 あと、男のペニスの裏側に男の快感エリアが集中しているので、ペニスの裏側を擦りつけるように引くと、射精が早まるという傾向がある。まあ、それだけ男にも強い快感があるので、早めに射精したいときの裏技としても使える。

 こうした立体的なスラストのもう一つのメリットは、ペニスが奧まで届いた時の感触の違いにある。直線的な突きだと、ただピンポイントで突かれるだけだが、立体的に突かれると、膣奥の快感エリアを面でとらえ、その面をなぶるように亀頭が動いていくことになる。長いペニスでも、こうした動きだと痛みが和らぐし、快感の時間も長くなる。

 いずれにせよ、ローリング運動による立体的なスラストをされると、女性は膣内で往復運動を波状運動に変換する必要もないので、ダイレクトに快感が波状に訪れることになる。それだけにオーガズムも早く訪れるし、快感も高まる。女の膣にペニスしか与えることのできない快感をもたらすのは、激しい突きだけではなく、膣の中をしなやかに動き回るペニスの絶妙な動きだ。

 往復運動とローリング運動の違いは、やっている本人の自覚というか、意識が大切だが、端から見ていても分る。それは、往復運動が突いて引くという二拍子なのに対し、ローリング運動は円運動なので、一回転の一拍子、あるいはリズムを自在に変えられるという点では無拍子となる。

 もっとも、こうした波打つようなしなやかな腰の動きをするには、男の側の体幹の柔らかさと、しなやかな筋肉、そしてその脱力が不可欠だ。男の体幹が硬ければ、体幹自体の動きが波状にならず、往復運動になってしまうからだ。
 あと、欲を言えば、男の波状運動を受止める側の女性も、体が柔らかいことが理想かな。騎乗位はもちろんだけど、正常位であっても、下側から女も腰をローリング運動できれば、相乗効果がでるからだ。
 こうした波状運動は、挿入をしてスラストを始めた時や、徐々に快感が高間っていく過程でもっとも威力を発揮する。

 スローセックスの場合なら、最後までローリング運動によって大きな波を送り続けることで、女性がオーガズムに達することがきるが、通常のセックスなら、リズムの間隔も自然と短くなっていくものだ。
 四つん這いバックでの 「パンパン」 と音がでるような激しい突きがそれにあたる。一度もイッタことのない女性を強引にイカせるには、四つん這いバックで激しく突きまくるというのも有効だ。これはリズム早めることによって、つまり波状運動の波を小さくすることによって、オーガズムに至りやすくなるからだ。こうした場合は、ローリング運動である必要はないというか、できない。

 もう一つ、男がローリング運動を止める時がある。それが射精に向けたラストスパートだ。この時ばかりは、直線的な早い動きとなる。このモードの変化は、女にも分る。だからこそ、男の射精が近いことを察知すると、それにあわせて自分の快感も高まり、同時オーガズムを目指すことだできるのだ。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
究極のスラスト(1)往復運動の背後にある波状運動

 男のスラストというと、ピストン運動を連想しがちだ。これって、入っては出る、単調な動きで、往復運動といえる。しかし、それはペニスという性器が膣内で動く運動に限っての話だ。

 実際のスラストでは、体幹を中心に全身の骨格と筋肉を波打つように使わないと、ペニスの往復運動もできない。腰を前後に動かすには、太股から腰、そして背骨にかけての骨格と腹筋や背筋、お尻の筋肉を連動させながら、滑らかに動かしている。水泳でいえば、ドルフィンキックをしているようなものだ。つまり、おまんこにペニスを差し込みながらドルフィンキックをしている、ようなものだ。

 しかも、一回の突きでは終わらないので、これを途切れることなく行ない続ける必要がある。そのためには、滑らかな動きと、一定のリズムが必要だ。従って、スラストというのは、腰の動き自体も波動運動であるが、それが連続するという点でも、波動運動といえる。

 このように、スラストは単なるピストン運動ではなく、この波動運動がその背後にあるのだ。いわば、波動運動としての体幹の動きが、ペニスの往復運動を生み出している。あるいは、体幹の波動運動がペニスの往復運動に変換されている、ともいえよう。
 ところで、波動運動と聞いて、女性ならピンとくるものがある。それは、オーガズムも、波のようにやってくるということだ。小さな波がやがて大きな波のうねりとなって体中を襲い、最後に大きな波に全身が飲み込まれてしまう。

 なぜ女性のオーガズムは波状に訪れるのか? それは、男のスラストが、その発生において波状運動であるからだ。そして往復運動に変換されたペニスの突きは、リズミカルに繰り返される。このリズムが女性の膣内で、再び波状運動として認識されるのだ。

 スラストの度に、少しずつ、しかし確実に快感の波が全身に押し寄せてくる。この感覚は、リズムのあるスラストによって初めて得られるものだ。例えば、バイブや電マでのオナニーでは、こうした波状運動による波は発生しない(正確に言うと、機械が生み出すリズムがあまりに早すぎて、波状というより直線的な快感となる)。

 しかも、男の射精が近づくと、腰の動きも速くなる。波のリズムが早まり、一気に高みに登り詰める。オーガズムに向うこうしたリズムの変化も、生身の男がするスラストのなせる技だ。

 しかし男のスラストもついに停止する瞬間がくる。射精がそれだ。女は男の波動運動の停止が、男のオーガズムの合図であることを知る。もっとも、射精が始まると、別な波動運動が始まる。それは尿道を通過する精液が一定のリズムでもってなされるからだ。
 女は男のこの精液の噴射のリズムをも、感じ取る。そしてその瞬間にオーガズムに達することすらある。生の中だしなら、温かい精液を感知できるが、たとえスキン越しであっても、男のペニスの躍動を感じとることができるのだ。これが男が女に与える最後の波状運動かな。

 女のオーガズムはこのように波状に訪れるが、ピークを過ぎても、また波状に遠のいていく。なので、女の場合、一度いっても、また同じリズムの波状運動が繰り返されると、すぐに次のオーガズムに達することができる。女が何度も連続していけるのも、この波状のリズムと関係しているようだ。ここが、ピークを過ぎると直線的に減退していく男のオーガズムと違うところかな。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
弧を描く男のスラスト

 男のスラストって、多くの男女は、ペニスが真っ直ぐに前後に動いていると思っている。しかし、これは違う。正確にいうと、男が、身体を真っ直ぐにした状態から腰を前に突き出す動きをすると、微妙な角度ではあるけど、弧を登るような動きとなる。例えて言うなら、中華鍋の底からせり上がった縁に向って登っていく感じかな。

 これは、股関節の制約からこうなってしまう。反対に、身体を真っ直ぐにした状態から腰を後側に引くと、弧を反対側に登る動きとなる。例えて言うなら、中華鍋の底からせり上がった反対側の縁に向って登っていく感じかな。そんな、と思う人は、全裸になった上で、鏡の前で横向きに立ち、腰を前後に動かしてみるといい。

 さて、この原理を実際のスラストでどのように生かしたらいいか? そもそも、多くの男は、突くこばかり考えて、腰を引く動作をあまり意識してしていない。つまり、前後に振っているようで、実は前に突きだしているだけだ。この動きでは、女の膣を上側に持ち上げる(正常位の場合)ような動きとなる。文字通り、「突き上げる」というやつだ。これはこれで膣壁も擦られるし、奧も突かれる。
 しかし、膣内の粘膜や膣口を刺激したかったら、引くことも大事だ。垂直の状態からさらに突きだしたのと同じぐらいに後に腰を引くのだ。こすると、今度は膣の下側に(正常位の場合)強い力が加わりながら、ペニスが抜けていく感じだ。

 引きながら膣壁や膣口を刺激し、突きながら膣天井を擦り、最後の子宮口を上に持ち上げるようなスラスト。この組み合わせが女にとってベストであることは間違いない。スラストをしていて、ついつい引くことに意識がいかなくなったら、この弧を描くスラストのことを思い浮かべることだ。

 正常位以外の体位だとどうか。座位だと、基本的に正常位を起こした形になるけど、激しい動きができないので、あまり変化はないかもしれない。それに男は突くことも引くこともできないので、動きは女の側からするしかない。側位だと、突いても引いても、膣の横壁を擦ることになる。四つん這いバックだと、当る位置は正常位の反対となる。
 女性上位だと、男は腰を引くことができないので、できるとしても突き上げるだけだ。女性上位の方がイキやすいという女性は、男によけいな所を突かれるよりも、自分で気持ちいいところに当てることができるからだろう。

 但し、これはペニスが真っ直ぐであると仮定した時の話だ。日本刀のように上に反り返っていたり、バナナのように下側に反り返っていたら、膣内で当る場所は微妙に違って来る。上に反り返っているなら、正常位だと上側への突き上げが強調されるだろうし、反対に下側に反っていると、より複雑な動きとなる。もちろん、これはペニスがカチカチという前提であって、柔らかければ、あまり意味はない。加えて、女性が上付きか下付かでも変わってくる。
 このように一口にスラストといっても、実は相手との相性によって複雑な組み合わせとなる。それでも、腰の動きは、緩やかな弧を描く、という基本は変わらない。




    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: