FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

体を密着されると幸せ感を味わう女

 女の上に乗り、ギューっと抱きしめると、「これ、大好き!」といってしがみついてくる女は多い。「正直、入れなくても、じっとこうしているだけでも幸せ」とのこと。男に愛されているという、安心感が女の心を落ち着かせるのだろう。しかし、男としては、挿入もしたい。どうしたら、この女の安心感、幸福感を維持しながら、挿入し、スラストを始めたらいいか?

 実はいい方法がある。横寝バックの姿勢で抱きしめ、ゆっくりと後から挿入するという手もあるが、同じような安心感を正常位でも与えてあげることが出来る。挿入の瞬間だけは、女の両脚をM字にして開脚するけど、入れたら直ぐに、抱きしめ正常位の姿勢になることだ。腰もまだ動かさず、女の上半身を抱きしめ、キスを交わす。

 女の両膝を折る屈曲位は、男にとっては、挿入の角度を調整しやすいし、腰も動かしやすい。いわば、スラストに最適の体位だ。しかし、女はそうは感じていない。何より、密着感がないのだ。さらに言えば、男の欲望に身を任せている感じしかない。愛されている感が少ないのだ。四つん這いバックなんかも同じ事が言えるかな。

 しかし、いつまでも抱きしめ正常位の姿勢でいては、思うようなスラストができない。しかしここでもいい方法がある。それは、「突くスラスト」ではなく、「引くスラスト」をすることだ。つまり、腰を打ち付けようとするのではなく、結合した状態から男が腰を後に引くスラストをすればいいのだ。この為には、腰の柔軟性が不可欠だけどね。

 もちろん、激しく突くことはできない。しかし、女にとっては、これで十分に気持ちいいのだ。男が意識して「引くスラスト」をしていることは、女にも分る。何よりも、膣への圧力のかかりかたが違うからだ。やさしい圧力といったらいいかな。一体感を保つために、男が普段とは違う、「引くスラスト」をしてくれているということに、女は十分な快感だけでなく、精神的な満足感をも得ているのである。

 激しい突きをともなうスラストに移行するのは、この一体感を存分にあじわった後でも遅くはないのだ。むしろ、最初の愛情たっぷりのセックスの余韻が、その後もずっと続くので、それ自体がいい心の前戯にもなっているのだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 全身愛撫術 | CM(0)
トンボ・タッチ

 おっぱいや股間などの性感帯に限らず、人間の皮膚って、ソフトに触られると、心地良さを感じるものだ。リンパ・マッサージを初めとして、マッサージそのものが心地いいのはこのためだ。とりわけ、心を許せる人に触れられると、触れられている皮膚だけでなく、心までなぜられているような落ち着きが出てくる。その結果、交感神経がゆるみ、リラックスモードになる。すると、免疫力も高まるということなので、一石二鳥だ。

 ところで、皮膚への触れ方だけど、実はこれにもテクがある。それはソフトであればあるほど心地いいということだ。強く叩かれたら、快感どころか不快に感じる。なので、限りなくソフトに触れることだ。特に、触れ始めが肝心だ。いくらその後にソフトに触れても、最初の接触が荒っぽいと、台無しだ。

 ではどうやったらソフトに触れることがきるか。それは先ず、指先から、軽く触れるか触れないかの時間を作って触れていくことだ。その時の感じは、まるでトンボが音もなく棒の上に止まるかのようにするのがいい。名付けて、トンボ・タッチだ。指先が触れたら、ゆっくりと手の平全体を密着させていく。この手の平全体というのもポイントだ。触れる面積が広がるだけでなく、なぜか安心感がでるのだ。恐らく、伝わる体温も面積が広い分だけ、多くなるのかな。

 このトンボ・タッチは、女性の肩や背中に手をやる時でも、頭やほっぺたに触れる時でも、どこでもいい。もちろん、性感帯に近い太股やお尻に触れる時にも効果的だ。さらには、ズバリ、おっぱいや股間に触れる時に使うと、効果てきめんだ。触られる女性にしてみたら、あまりのソフトな接触に、いつ触れられたのかも分らないぐらいで、気が付いたら二人の体の皮膚が密着していた、なんてのがいい。

 このトンボ・タッチ、キスや挿入に応用できればいいけど、どうもこれは手でのタッチにのみ使えそうだ。もっとも、やり方を応用することはできる。キスする時も、特にファースト・キスの場合、互いの唇を少しずつ近づけていき、最初は触れるか触れないかの距離を保ちながらゆっくりと唇を合せていくというのも、案外、エロいキスだし、印象に残るキスとなる。これって、クンニのファースト・タッチにも応用できそうだね。

 挿入の場合は、勃起したペニスの亀頭部分を膣の狭い穴の中に押し込まなければならないので、ソフトにという訳にはいかない。特に大きなペニスの場合、どうしても無理やりに押し込まざるを得ない。しかし、少なくとも、挿入前の段階で、このテクを使えなくはない。
 亀頭をあてがう時に、小陰唇の内側の粘膜に、そっと触れるか触れないかの距離で亀頭の先頭部分だけを接触させるのだ。挿入の前段階というより、亀頭で割れ目にキスをする感じかな。入れようとするそぶりを見せないことだ。腰を押し込まず、ただなんかの弾みで亀頭と膣口とが触れ合ってしまった、という感じがいい。

 その状態をしばらく続けた後、ゆっくりと接触する粘膜の面積を広げていくかのように、押し込んでいけばいい。できれば、男から押し込むよりも、焦らされた女が我慢できなくなって、腰をせり上げてきた結果、少しずつ、接触する面積が増え、最後は亀頭部分がすっぽりと飲み込まれてしまう、というような挿入がいいかな。もちろん、その為には、膣口もたっぷりと濡れていることが必要だけどね。あと、熱い粘膜の接触による快感を感じる取るには、やはり生でなければ無理かな。




    posted at 00:00 | 全身愛撫術 | CM(0)
首が性感帯という女性

 女性の体って、基本的に全身が性感帯となり得る。特に性的に興奮した時とか、一度、オーガズムに達すると、どこに触れても感じるようになる。自分でも、愛撫の際には、女性の全身を手でスリスリしたり、舐め回したりはしているし、新たな性感帯を見つけ出すようにはしている。背中のKスポットや、股間のBスポットなどがそれだ。

 ところが、この前、「首が性感帯なの」という女性と出会った。自分で言うぐらいだから、愛撫しない手はない。ということで、下着姿にしたところで、後から抱きしめ、首の後側(所謂うなじ)に熱い吐息をかけ、チュっとキスをしてみた。すると、身をよじって、甘い吐息を出すではないか。あまりの反応の良さに、続いて舐め回す。肩をすぼめて感じまくっている。

 女性の耳(男の場合もそうだけど)が性感帯なのは知っている。どのように感じるのかも、自分でも女性に耳を舐められた経験があるので、想像はつく。なので、耳と繋がっているうなじも性感帯というのは、理にかなっている。彼女の場合、耳はどうなのかなと、試しに耳に熱い吐息をかけ、舐めて見ると、それなりの反応はあるけど、特別に身をよじるほどでもない。しかし、再びうなじに戻ると、凄い反応が返ってくる。明らかに、彼女の場合、耳よりも首が性感帯となっていることは間違いなかった。

「首を舐められると、どんな感じなの?」
「くすぐったいけど、気持ちいいの………」とのこと。ならばと、ブラを取り、おっぱいを両手で包み込み、全身を後から抱きしめて身動きできない状態にして、徹底的に首を責めた。いや、今まで、これほどまでに首が感じる女性に出会ったことはなかった。
「首が性感帯って、珍しくない?」
「えっそうですか、女性はみんなそうだと思っていたけど」
どうやら、彼女は他の女性も皆、同じように首が感じるものだと思っていたようだ。いや、もしかしたら、彼女が正しくて、男が意識しなかっただけで、殆どの女性にとって首も大事な性感帯なのかも知れない。

 首がこれほど感じるなら、背中のKスポットも感じるかなと思い、両手でおっぱいを包み込みながら、背中のKスポットに舌先を押し付けてみた。
「実は、このあたりにも、快感スポットがあるんだけど………」
すると、初めてのKスポットへの愛撫に戸惑いながらも
「ああっ………確かに、なんかゾクゾクってくるかも………」
といいながら、身をよじっている。どうやら、背中のKスポットが感じる女性は、彼女のように首も性感帯になってる可能性が高い。

 いや、女の体を知り尽くしていたつもりでいたけど、まだまだだなと反省したね。それにしても、女の体って、本当に不思議だね。
 性感帯である首や新たに開発された背中のKスポットへの愛撫が効いたのか、その後のクンニでは、生まれて初めてクンニでのオーガズムを味あわせてあげることが出来た。しかも、連続で2回もね。そして続く挿入でも、何と生まれて初めてのオーガズムを味あわせてあげることができた。その夜、「大人の女になったような気がします」と感謝のメールをもらった。いや、新たな発見をさせてくれた訳だから、感謝しなければいけないのは、僕の方かな。




    posted at 00:00 | 全身愛撫術 | CM(0)
女の股間をトロトロにする鉄板全身愛撫術

 挿入に到るまでの愛撫って、肉体的に女の体を「挿入可能」な状態にもっていくだけでなく、心も「早く入れて欲しい」という状態にすることにある。言い換えると、普通のモードから、セックス・モードへの切り替えの過程でもある。このプロセスが自然でうまいほど、女は股間をトロトロにし、心を熱くする。もちろん、その過程にはいろいろなバリエーションがあり、やり方があるけど、ここでは鉄板の全身愛撫術を紹介しよう。

 先ずは自然に体を触れあうことだ。いきなりのキスも、時にはいいけど、先に体を触れあった後の方が、キスも自然体でできて、長いキスも不自然でなくなる。体の触れ方だけど、自分の思いや欲望をストレートに伝えたいのなら、壁ドンしながら正面から抱きしめるのもいいけど、まったりした雰囲気なら、服を着た上からの触れ合いがいい。女は「ドキドキ」よりも、ジワーっと心が温まるような、股間も気が付いたら濡れているような、そんな展開の方が酔うものだ。

 その為にはリラックスが不可欠なので、ソファーかベッドの上からスタートするのがいい。立った姿勢からスタートしたなら、これは早めに切り上げて、ソファーかベッドの上へ移動するのがいい。挿入まで行くのであれば、ベッドの上がベストかな。

 抱きしめるのは、断然、後側からか、斜め後側からが鉄則だ。背中って無防備だけど、そこを男の体で密着されると、安心感があるのだ。後から抱きしめるメリットの一つは、互いの目を直視できないことかな。感じている目、興奮している目を見ることは出来なくても、相手がどれだけ感じているかは、吐息で分るというもの。それ故、熱い吐息を耳やうなじに吹きかけたり、髪の香りを吸い込んだりすうだけでも、女には嬉しく、心地いいものだ。

 もう一つのメリットは、おっぱいを後から優しく包み込むことができることだ。最初は服の上からわざと乳首を外して抱きしめる。つまりおっぱいへの愛撫を意識しないのだ。たまに乳首に触れるぐらいがいい。後からだと、上着の脱がせやすいし、ブラも取りやすい。おっぱいや乳輪、乳首になんらかのコンプレックスを持っている女なら、後から裸にされておっぱいを愛撫されれば、なおさら後からの愛撫が効果的だ。

 ここからいよいよキスに入るけど、真後ろからだと女の首も痛くなるので、さりげなく男が女の右横側に移動する。この時、ただキスするのではなく、女の上半身を抱きしめながらキスをすること。もっと分りやすく言えば、お姫様だっこの姿勢でキスをすることだ。この違いは決定的だ。同じキスでも、ただ男の欲望にまかせたキスと、「大切にされている感」が濃厚なお姫様だっこの姿勢でのキスでは、女の心のとろけ方がまるで違う。女はいつくになっても、お姫様だっこが大好きだ。

 キスも最初は、最初はソフトなものから、女の反応を見ながら、徐々にハードなものにしていく。そしてキスの途中から、右手でおっぱいへの愛撫を加えていく。この時、男の左手は、女の肩を抱くか、頭を支えながら髪をとくなどして、決して休ませないこと。この二個所責め(左手を使えば三個所責め)の効果はてきめんで、女の吐息や体の反応で分る。

 しかし、これはまだ序の口。続いて、おっぱいを愛撫していた右手を女の股間にもっていくのだ。このころには、股間も濡れてきているので、女も拒否はできない。それどころか、「早く触って」と、待ち望んでいるぐらいだ。最初は下着の上からがいい。(スカートなら、まくり上げれば直ぐ出来る。問題は、ジーンズなどを履いている時だ。なので、女性がジーンズを履いている時は、ベッドに移動する際に、ジーンズだけは脱がしておいて、下着姿にしておくのがいい)

 この時、出来れば、男の体をずらし、左手で女の左のおっぱいを愛撫しながらだと、キス+左のおっぱい+股間の三点責めとなる。時には、キスから、女の右側のおっぱいに吸いついてもいい。こうなると、左右のおっぱい+股間の三点責めとなる。お姫様だっこの姿勢でこれをやられたら、女は堪らないだろうね。

 下着の上に手をやる際には、いきなり割れ目に指を這わせるのではなく、数本の指で股間全体をもみほぐすような動きをしながら、時に一本の指で割れ目をなぞったりする。指先が湿ってきたら、パンティーの中にそっと手の平を入れていく。最初は、ヘアーをお腹側からマッサージするように触れ、最後に割れ目にたどり着くというのがいい。濡れて、開き気味の小陰唇に間に中指を軽く乗せるだけで、激しいい動きはしない。せいぜい、女性がオナニーの際にするように、指を前後にゆっくりと動かしたり、左右に振ったりするぐらいかな。なので、クリも狙って責めることはしない。

 たっぷりと濡れていたら、指を浮かせたり沈めたりすることによって、「ピチャピチャ」という音がする。女には恥ずかしい音だけど、男には嬉しくなる音だ。女が恥ずかしがって何か言いそうなら、キスでそれをふさいでしまう。そうすると女も開き直って、さらに股間を濡らすというもの。イやらしさに火を付けたければ、指先の濡れた愛液を乳首に塗りたくって、舐め取ることかな。

 ここで男としては、指を膣内に入れたくなるものだが、入れるとしても、せいぜい第一関節までぐらいで留めておいた方がいい。女としては、軽い指入れだと、続くペニスの挿入を予感、期待するので、精神的な愛撫にもなる。股間への愛撫はあくまで愛撫であって、イカせるのが目的ではないからだ。もっとも、感じやすい女で、イキそうであれば、ここでイカせてあげてもいい。あるいは、焦らしたければ、イク一歩手前で愛撫を止めるという手もあるけどね。

 このあたりで、ブラもパンティーも脱がせ、女を全裸にする。もう女の方も抵抗はない。ここからは、女を横たわらせて、その姿勢から全身を舐め回すなり、股間に割ってはいって思う存分、クンニしてもいいし、シックスナインに移ってもいい。
 クンニやシックスナインで女がイったら、そのまま挿入するのがいい。もう愛撫には十分に時間をかけているので、入れ時だ。ピンクの粘膜の割れ目をベトベトにしながら、イヤらしく口を開いている女の股間を見て、入れたくならない男はいない。




    posted at 00:00 | 全身愛撫術 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: