FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

わざと膣内の快感スポットを外す女

 世の中には、いくらセックスしても中イキできない、という悩みを抱えた女性がいる一方で、イカされすぎて、自分が先にダウンしてしまうので、敢えてイカないようにしている女性もいる。
 どうするかというと、男にスラストされている時に、わざと腰の角度を変えて、男のペニスが気持ちいいポイントに当たらないようにするのだ。

 まあ、普通のセックスではこういうことはあまりしない。しかし、相手のペニスが大きくて、快感ポイントを直撃するとか、絶倫な上にテクニシャンであるとか、あるいは若い男で性欲旺盛な場合、まともに相手をしていたら、女の体がもたない、というわけだ。あるいは、プロの女性も時にはこういうことをしているかも知れないね。
 
 ある程度、セックスの経験があり、中イキのできる女性なら、自分の膣内のどこが快感ポイントかは経験的に知っている。快感ポイントが分れば、逆にポイントでない部分も分るというわけだ。
 具体的には、膣の入り口、膣天井、そして子宮口の奧の上側が快感ポイントとなっている。このうち、膣の入り口は、挿入されている限り、避けようがない。まして太いペニスだと、どうしようもない。
 強いて快感を薄めるとすれば、膣口に力を入れないようにすることと思いがちだけど、これって逆に中イキへの近道となるので、逆効果だ。むしろ締め付けた方が、男には快感が増すので、結果的に男の射精も早くなるので、この方が楽だろう。

 膣天井への刺激を和らげるにはどうしたらいいか。正常位の場合、腰を持ち上げ気味にしてペニスが膣の下側、つまりお尻側に当たるようにすればいい。四つん這いバックなら、腰を上げ気味にする。実際、バックで突かれている女性がイキそうになると、無意識のうちに背中を丸めることをする。これも膣天井へのペニスの直撃を避けようとしている動きだ。女性上位なら、女の側からの調整の幅は広がる。要は、お尻側の部分にペニスが当たるようにすればいいわけだ。

 膣奥の快感スポットを外すには、浅めの挿入にすればいい。正常位の場合、腰を引き気味にするのも一つの方法だけど、より確実なのは、両脚の太股を閉じ気味にして男の挿入そのものを 「ブロック」 してしまう方法だ。もっとも、これはどちらかというと、プロの女性が使う手で、男にはフラストレーションが溜るので、あまりお勧めではない。

 より自然なのは、奥まで届かない体位ですることだ。当然、四つん這いバックは避けた方がいい。屈曲位も奧まで届きやすい体位だ。正常位なら女の両脚を閉じると、浅めの挿入となる。寝バックも浅めの挿入だけど、膣天井を直撃するので、快感そのものは強い。ベストは、女性上位になって浅めの挿入をすることかな。

 もっとも、こうした女の裏技が使えるのは、あまり経験のない男に限られる。慣れた男だと、腰の位置をずらす女の意図が分ってしまうので、意地悪をして、こちらも腰の角度を変えて、快感スポットを外さないようにする。
 それにしても、セックスって、お互いに慣れてくると、どちらがより相手に快感を与えているか、どちらが先にイクか、といった駆け引きをしているともいえる。そう、男と女でしているゲームのようなところがある。ただし、普通のゲームと違うのは、男も女も、やっていてもの凄く気持のいいゲーム、ということだ。




スポンサーサイト
[PR]

イクのを我慢する女

 なかなか膣でイケない、という悩みを抱えた女性がいるかと思えば、いつでも簡単にイケるという女性もいる。そんな女性の中には、わざとイクのを我慢する、という女性もいる。イケない女性にとっては、なんとも贅沢なことだ。

 なぜイクのを我慢するかというと、我慢して我慢して最後にイッタ方が、何倍も気持ちいいことを経験的に知っているからだ。これは、オナニーでも、セックスでも、同じ事が言える。

 オナニーの場合、クリへの刺激を続けながらも、敢えてイカないように我慢する。イキそうになったら、指の動きを緩めるか、止めたりする。これって、男の 「寸止めオナニー」 によく似ている。さらには、バイブを使ったオナニーでも、必死でイクのを我慢する。こちらの方がより難しいけど、我慢のしがいはある。

 我慢に我慢を重ねていても、いつか限界がくる。この時のオーガズムって、女性には堪らなく気持いいらしい。たとえて言うなら、コップ一杯にはった水が、表面張力で膨らみながらも、なんとかこぼれずにいる。ところが、最後、限界を超えると、水が溢れるのを止められないように、自分の意思ではどうしようもなく、強烈なオーガズムに全身が包み込まれていく。しかも、それはいつもよりも強く、長く続く。それだけに、余韻も長い。

 イクのを我慢できる女性なら、男が射精を我慢している時の気持が理解できると思う。オナニーにしろ、セックスにしろ、男にとっては射精するのはいとも簡単だ。勃起という体のスイッチさえ入れば、あとは気持のスイッチ (射精の決意といってもいい) 次第でいつでも射精できるからだ。  
 なので、男は射精を我慢することを覚える。これは決して、その方がより大きな快感があるからというわけではなく、射精するまでの過程を楽しみたいからだ。というのも、一旦、射精してしまうと、急速に快感も性欲も萎えてしまうからだ。この点が、女性がイクのを我慢するのと、大きく違う点だろう。

 オナニーでイクのを我慢する場合は、相手が電動のバイブでない限り、調整はしやすい。しかし、セックスとなると、相手の男がいるので、なかなか難しい。相手が下手過ぎては、我慢するどころではないし、逆にうま過ぎると、あっさりとイカされてしまうからだ。まあ、男も相手の女性の意図をくみ取って、イキそうなギリギリのところで腰を振ってあげればいい。

 セックスに慣れてきた男がよくやる 「焦らし」 というのも、同じ効果を狙ったものだ。但し、こちらは男が相手の女性のオーガズムをコントロールするものだ。要は、その逆のパターンもあって、女がイクのを我慢するというのもあり、というわけだ。敢えて名付ければ 「自己焦らし」 かな。
 これって、男に突かれながらも、実際には自分のオーガズムを自分でコントロールしているので、見た目とは裏腹に、ある意味、能動的なセックスだ。

 では、一体、どうやって自分でイクのを我慢するのか? これは 「中イキのためのFPメソッド」 と同じテクニックを使うのだ。イクためには、下腹部や股間に力を入れる、というのが中イキには不可欠だ。逆に、まだイキたくなければ、全身、とくに下腹部や股間の力を脱力し、だらんとして男のスラストを受け流していればいいのだ。
 でも、最後の最後に、自分ではイカないようにしていても、快感指数が徐々に上昇していき、ついにはコントロールできなくなり、男にイカされてしまう。女性にはその最後の 「敗北感」 がいいのかな。
 もっとも、これって、焦らされた後の快感というよりも、まさに 「絶対快感」 の原理によるオーガズムなので、別格の気持ちよさになるのも当然のことだ。




自分でもいこうとする女

 セックスでイキやすい女性って、オナニーの経験も豊富で、自分でも快感を高めていく方法を知っていて、それをセックスでも応用しているところがある。

 具体的にどうするのかというと、100%受け身になるのではなく、相手の動きに合せながら、自分でもお腹というか、股間の周りに力を入れていき、徐々に快感指数を上げていく。通常、ピークは突然に訪れるものではなく、徐々に飽和状態になっていき、最後に溢れ出すのだという。

 感じとしては、下半身から頭の方に、徐々に快感が登っていくのだという。これって、快感は下半身から発生しているが、オーガズムそのものは、脳で感じるものなので、肉体の摂理にかなったものともいえる。

 では、オーガズムに至るまでの、男と女の 「役割」 の比率はどれぐらいかというと、イメージとしては、50対50だとのこと。まあ、これが基本の割合だろう。

 相手のペニスが大きくて、快感スポットを直撃し、しかもこれを長時間つづけられると、女の側は自己努力の割合を減らしてもよく、80対20ぐらいになる。
 逆に、男のペニスとの相性が悪く、動きも満足のいくものでなければ、自分から男の上になって、自分から膣内の快感スポットを刺激するように動いたりする。こうなると、30対70と、逆転する。

 女にとって、セックスのうまい男というのは、男の方が的確に快感スポットを刺激してくれて、さほど自己努力をしなくても、オーガズムまで導いてくれる男だ。

 このように、セックスでイケる女って、割合は相手によって変わってくるものの、自分でも何らかのアクションを起こしているものだ。但し、原理として、男と女の 「役割」 の割合は、100対0にはなり得ても、0対100にはなり得ない。

 男が途中で動きを止めたり、さらには膣から抜いてしまったりしたら、いくら女性が頑張っても、オーガズムに至ることはできない。割合はさまざまでも、女のオーガズムには、男の役割が決定的な意味を持つ。

 実際、男がすぐに射精してしまって柔らかくなったり、あるいはそもそも勃起しないと、セックスそのものが成立しなくなるからだ。男と女は対称的であるようで、ことオーガズムに関しては、このように非対称な部分もあるということかな。




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: