FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

わざと膣内の快感スポットを外す女

 世の中には、いくらセックスしても中イキできない、という悩みを抱えた女性がいる一方で、イカされすぎて、自分が先にダウンしてしまうので、敢えてイカないようにしている女性もいる。
 どうするかというと、男にスラストされている時に、わざと腰の角度を変えて、男のペニスが気持ちいいポイントに当たらないようにするのだ。

 まあ、普通のセックスではこういうことはあまりしない。しかし、相手のペニスが大きくて、快感ポイントを直撃するとか、絶倫な上にテクニシャンであるとか、あるいは若い男で性欲旺盛な場合、まともに相手をしていたら、女の体がもたない、というわけだ。あるいは、プロの女性も時にはこういうことをしているかも知れないね。
 
 ある程度、セックスの経験があり、中イキのできる女性なら、自分の膣内のどこが快感ポイントかは経験的に知っている。快感ポイントが分れば、逆にポイントでない部分も分るというわけだ。
 具体的には、膣の入り口、膣天井、そして子宮口の奧の上側が快感ポイントとなっている。このうち、膣の入り口は、挿入されている限り、避けようがない。まして太いペニスだと、どうしようもない。
 強いて快感を薄めるとすれば、膣口に力を入れないようにすることと思いがちだけど、これって逆に中イキへの近道となるので、逆効果だ。むしろ締め付けた方が、男には快感が増すので、結果的に男の射精も早くなるので、この方が楽だろう。

 膣天井への刺激を和らげるにはどうしたらいいか。正常位の場合、腰を持ち上げ気味にしてペニスが膣の下側、つまりお尻側に当たるようにすればいい。四つん這いバックなら、腰を上げ気味にする。実際、バックで突かれている女性がイキそうになると、無意識のうちに背中を丸めることをする。これも膣天井へのペニスの直撃を避けようとしている動きだ。女性上位なら、女の側からの調整の幅は広がる。要は、お尻側の部分にペニスが当たるようにすればいいわけだ。

 膣奥の快感スポットを外すには、浅めの挿入にすればいい。正常位の場合、腰を引き気味にするのも一つの方法だけど、より確実なのは、両脚の太股を閉じ気味にして男の挿入そのものを 「ブロック」 してしまう方法だ。もっとも、これはどちらかというと、プロの女性が使う手で、男にはフラストレーションが溜るので、あまりお勧めではない。

 より自然なのは、奥まで届かない体位ですることだ。当然、四つん這いバックは避けた方がいい。屈曲位も奧まで届きやすい体位だ。正常位なら女の両脚を閉じると、浅めの挿入となる。寝バックも浅めの挿入だけど、膣天井を直撃するので、快感そのものは強い。ベストは、女性上位になって浅めの挿入をすることかな。

 もっとも、こうした女の裏技が使えるのは、あまり経験のない男に限られる。慣れた男だと、腰の位置をずらす女の意図が分ってしまうので、意地悪をして、こちらも腰の角度を変えて、快感スポットを外さないようにする。
 それにしても、セックスって、お互いに慣れてくると、どちらがより相手に快感を与えているか、どちらが先にイクか、といった駆け引きをしているともいえる。そう、男と女でしているゲームのようなところがある。ただし、普通のゲームと違うのは、男も女も、やっていてもの凄く気持のいいゲーム、ということだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

男に強引に与えられるオーガズム

 オナニーをまったくしないわけではなく、それなりに 「気持ちいい」 という感覚は分かる。だけど、なぜかイクことができない、という女性は多い。そういう女性は、セックスしても気持ちいい、というのはあるけど、どうしてもイクことができない、という悩みを抱えていることが多い。
 
 女性一人では、どうしてもその 「一線」 を越えられない。しかしこれは、当然のことだ。男にはこうした 「一線」 がない。勃起したペニスを擦っていれば、誰でも自動的に射精に至る。時には、擦らなくたって、勝手に射精することすらあるからだ。しかし、女性のオーガズムは全く違う。ほっておいて勝手にイクなんてことは絶対にない。
 
 この一線を自分で越えることはなかなか難しい。オナニーでも自縛して、バイブを固定し、男に無理矢理やられていることを想定して、深い連続オーガズムを求める女性がいる。こういうふうに、自分で一線を越えようと思ったら、ちょっとした工夫が必要だ。しかし、一度もオーガズムに達したことのない女性には、こんな工夫は思いつくこともない。
 
 オナニーにしても、クリトリスの快感を知ってはいても、しばらくオナニーしていると、だんだんと気持ちいいというよりは、くすぐったくなってきて、やめてしまう女性は多い。あるいは、なんだか怖くなって、途中でやめてしまう、ということもあるだろう。
 ところが、男に指や舌でクリトリスを愛撫してもらう場合、男は決して途中でやめたりしない。そもそも女がくすぐったがっているのか、気持ちいいのかは分からない。さらには痛がっているのか、気持ちいいのかも分からない。
 それに男としては、なんとしてもイカせたいと思うので、相手が完全にイッタと確信できるまでは、愛撫を続けるものだ。
「もうだめ..お願い...止めて...」 と言われても、止めない。そしてあっさりと初めてのオーガズムに達してしまう。

 自分の指を膣の中に入れるというのは、慣れるまでは多少の抵抗があるだろう。慣れてきても、長時間、出し入れしていると、腕が疲れてくる。愛液もこぼれ出てきて、途中で戦意喪失、イクことなく、指でのオナニーも止めてしまう女性は多い。
 ところが、これも男だと、途中で止めたりはしない。もちろん、腕も筋肉がパンパンに張るほど疲れてくる。それでも腕が疲れたからと、途中で止めるわけにはいかない。こうして、男の指で初めて潮を噴いたり、初めてのオーガズムを味わう、という女性は多い。

 このように、男にやってもらうと、いとも簡単に、この一線を越えてしまうものだ。セックスは男と女でするもの。女はただ、男に身を任せて、この一線を超えればいいだけなのだ。




女性が動いて得る快感の限界

 女性には、女性上位が苦手というタイプと、自分の気持ちいいように動けるので好き、というタイプに大別される。苦手な女性は、どう動いたらいいか分からないというのが多く、好きな女性は、快感スポットに当たるよう自分で調整できるからいい、というのが多い。前者の場合、女性上位ではイキにくく、後者の場合は、女性上位の方がイキやすいというケースが多い。

 このように、一口に女性上位といっても、その受け止め方は女性によって大きな違いがある。だけど、女性上位の姿勢で、男が女の上半身を抱きよせ、下から激しく突き上げると、どの女性も例外なく、強烈な快感に襲われ、簡単にオーガズムに達してしまう。その時の感じ方は、女性上位が好きな女性が自分から動いてオーガズムに達した時と比べ、格段に上だ。

 これは何を意味しているのだろうか? とある女性に、 「 寝たままロディオをされた時って、どうしてそんなに気持ちがいいの? 」 と聞いたことがある。 「 膣のどこどこに当たるから 」 という答えを予期していたら、意外にも、 「 女性上位みたいに自分で動くのだと、途中で疲れてきて動きを止めてしまうけど、寝たままロディオだと、男にされるので、快感が連続して、半端な気持ち良さではないです 」 というものだった。  

 実は、この答えに重要なヒントが隠されている。女性上位も寝たままロディオも、動きとしてはよく似ている。重力のかかり方に違いはあるけど、膣内の快感スポットに当たる感覚はほぼ同じだ。なのに、女性上位よりは、寝たままロディオの方が格段に気持ちいい、というのはなぜか? それは、女が動くか、男が動くかの違いから来ている。

 女にとって、自分で動いて得る快感よりは、男に与えてもらう快感の方が格段に強いのだ。何故って、女は自分で動く必要がなく、体力と神経を全て与えられる快感に集中すればいいからだ。汗を流しながら10分も20分も腰を振り続けるのは、男にさせればいいのだ。男は、それを喜んでする。セックスに慣れてくると、腰を振るのは女を気持ち良くさせる意味も出てくるけど、基本的に男が腰を振るのは自分が気持いいからであり、セックスの目的である射精に不可欠だからだ。
 そして動き続ける男も、さすがに射精の瞬間だけは、腰の動きが自然と止まる。つかの間の快感を味わうには、動きは不要だからだ。逆に言うと、常にじっとして男に与えられる快感を味わっている女って、男が射精している数秒間の快感を、長時間、味わっていることになる。女っていいな。
    
 その上、男に与えられる快感は、自分でコントロールすることができない。続けるも、休むも、止めるも、再開するも、男次第だ。自分からの動きだと、一回イッて、もういいかなと休むところを、男は止めることなく突き続けてくる。なので、連続オーガズムなんてのは、基本的には男に強引に与えられるものだ。

 女性上位が好きな女性からは、それでも自分で動いた方が気持ちいい、という反論があるかも知れない。しかしそれは男が下手なだけであって、自分で動いた時と同じ快感スポットを男に突いてもらえば、全てを男に任せた方がいいに決まっている。
 なので、多くの女性、とりわけあまり経験のない女性が、女性上位が苦手というのは、当然のことであり、理にかなっている。男にたっぷりと気持よくされ、オーガズムを与えてもらえば、何も無理をして女性上位なんかする必要もないわけだ。

 男たるもの、頼みもしないのに女の方から上にまたがってきて、腰を振られたら、 「 あなたの動きだと、気持ち良くないの 」 と言われているようなものだと、思うべし。もしそうされたら、女が疲れて動きが止まった時に、女の上半身を抱き寄せ、下から猛烈に突きまくって、結合の姿勢が何であれ、男から与えられる快感の方が、何倍も気持ちいいことを思い知らせてやりたいものだ。




オーガズムとは随意から不随意への転換

 人間の体の動きって、自らの意思で動かすことのできる、随意なものと、自律神経によって自動的に動いている、不随意なものとがある。
 心臓や胃腸の動きは、自律神経によって自動的に動いているもので、自分の意思で動かしているのではない。だからこそ、寝ていている間も、体内を血液が流れ、消化活動をしているのだ。但し、呼吸だけは、自律神経で動いているものの、自分の意思でコントロールしようと思えばすることができる。深呼吸がこれにあたる。

 そこで本題だけど、性的な快感を得ようと、オナニーなり、セックスをする場合、これは自らの意思で始めるものだ。
 分かりやすいように、男のオナニーによる射精でみてみよう。男がオナニーする時は、意識してペニスを勃起させ、手を動かして快感ポイントを刺激し、上り詰める。しかし、あるポイントまで上り詰めると、もうあとは自分の意思ではコントロールできなくなる。射精する寸前の状態だ。
 で、射精が始まってしまうと、もう自分の意思ではどうしようもない。随意から不随意へ転換した瞬間だ。あとは、生理現象によって、ペニスの根元の痙攣による精液の間歇的な噴射に身を任せるしかない。おしっこは途中で止めることができても、射精だけは、始まってしまうと、自分の意思では絶対に止められない。

 この境は、本当に紙一重の世界で、何とか意識をそらして、射精を我慢することもできなくはない。寸止めオナニーを楽しむ男は、この紙一重の世界をいったり来たりしているのだ。しかしこれに失敗すると、ドクドクと精液がこぼれ出す。一旦、噴出が始まったら、もう誰にも止められない。 

 つまり、オーガズムとは、随意から不随意に転換した瞬間に訪れる、ということだ。言い換えると、オーガズムは、随意から不随意へ転換することしか生まれないということだ。いわば、意識から無意識への世界への転換だ。オーガズムに浸っている間、えも言われぬ気持ちよさに襲われるのはこのためだ。

 例外は、男の夢精かな。これは寝ている間に、生理的な現象として勝手に起るので、しようとしてできるものでもないし、しないようにしていても起きてしまう。まるでおしっこをお漏らしするかのように、精液が流れ出すのだ。つまり、随意の部分が全くなく、いきなり不随意の部分から始まる。それだけに、自分の意思ではどうしようもないものであり、ひたすら体内を貫通する快感に耐えるしかない。これって、神から突然に与えられた、快楽のプレゼントみたいなものだ。

 こうした、オーガズムの真理は、女性にも言える。イケる女性は、オナニーであろうと、セックスであろうと、常に、随意から不随意への転換を経験しているのだ。 初めてイク体験をする女性が、「何か怖い気がする」 と感じるのは、自分の意思ではコントロールできない世界に、肉体が入り込みそうな気がするからだろう。不安になって男にしがみついたり、シーツを握り締めたりするのもそのためだ。
 もっとも、イッてしまうと、そこはもう不随意の世界なので、急に 「ガクン」 と体の全身から力が抜ける。そして、膣で深くイッた証として、膣内がピクピクと間歇的に痙攣する。オーガズムそのものが不随意なため、この膣の痙攣も不随意現象なので、女は自覚すらできない。

 こうしてみると、イケきやすい女性というのは、この随意から不随意への転換を何度も繰り返しているので、怖がることなく、すんなりと転換していることになる。また、一回のセックスで何度もオーガズムに達する女性は、この転換を何度も繰り返しているわけだ。さらに、 「イキっぱなし状態」 というのは、転換している間もなく、スイッチが入りっぱなしとなり、常に不随意の世界に留まっていることになる。

 逆に、イキにくい女性というのは、あるいは一度もイッたことのない女性というのは、この随意から不随意への転換が、うまくできないということだと思う。とはいえ、この転換は、男の夢精を除き、勝手に起るわけではない。それなりの性的な興奮と刺激が繰り返されて初めて、転換を促すだけのエネルギーが溜まっていくのだ。
 大きなジャンプには長い助走が必要なのと似ている。なので、自然とこの転換が起るまで、たっぷりとした刺激を自分の体に与えてあげることかな。それは自分でもできるけど、男に与えてもらうのが一番だ。なぜって、男はそのために存在しているようなものだからね。




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: