FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

素股

12.03.2017
素股

 「素股」(すまた)というのは、膣にペニスを挿入することなく、女性が股間(主に小陰唇)を使ってペニスを刺激し、射精までもっていくプレーのことで、本番ができないイメクラなどでよく使われる、フィニッシュのテクニックだ。
 普通は、男が仰向けに寝て、勃起したペニスをお腹側に寝かせるようにもっていく。その上に女性が跨がり、ペニスの裏側を小陰唇で挟み込むようにして固定し、腰を前後に揺する、というのが多いかな。
 濡れていないと滑りも悪いし、快感もあまりないが、男の我慢汁や女の愛液が出ていれば、それだけで十分だ。どうしても滑りが悪いときは、ローションをつけることもある。

 男にしてみれば、快感スポットであるペニスの裏側や亀頭部分を、柔らかな小陰唇で刺激されるので、かなり気持ちいい。おまけにペニス全体への圧迫刺激も加わるので、ものの数分で射精させられてしまう。
 気持ちがいいのは、やっている女の方も同じだろうが、亀頭が入らないように注意しながらしているし、あくまで男を責める側なので、自分がイクということはあまりない。もし不覚にもイッテしまったら、それこそ男に入れられてしまうしね。しかし女性の側が気を緩め、その気になれば、女性でもイクことが可能だ。

 女性が腰をどれだけ前後に振るかによって、素股の快感は大きく変る。思い切り前の方、つまり亀頭側に移動させると、柔らかな小陰唇が亀頭の裏側を圧迫する形になる。粘膜どうしの接触なので、これは気持ちいい。
 さらに前の方に移動すれば、膣口のへこんだ部分に亀頭がはまり込む。そこから腰を引かれると、亀頭が膣口を乗り越える段差を感じ、さらにクリトリスにも触れる感覚がある。

 こういうきわどい素股だと、目をつむれば、まるで挿入しているかのような感覚にすらなる。しかし、これにはリスクもある。女が腰に角度をつけたり、男が腰を引いて亀頭を起こすようにすると、女が腰を引いた時に、亀頭部分が膣口に「ニュル」っと入り込むことがあるからだ。まあ、入っても先っぽの数センチだけど、生でやっているだけに、その禁断の快感に、互いに抜くのは難しいかな。

 逆に、リスクを回避するあまり、亀頭部分まで腰を動かさないと、男としては快感は半減する。棹の裏側への刺激だけとなってしまい、粘膜どうしの接触がなくなってしまうからだ。まあ、これでも長時間、続けられると、射精してしまうけどね。

 男の側からみたら、素股をするには、小陰唇は発達している方がいい。大きめのビラビラがペニスの裏側や亀頭部分を被うように包み込んでくれるからだ。当然、割れ目は縦に長い方がいい。あと、クリトリスも大きめの方が、亀頭にも当たりやすいのでいい。

 女の側からみたら、ペニスは長い方がやりやすい。あと、硬さも硬い方がいい。小さいと、目標を捉えにくいし、硬さも十分でないと、圧迫刺激をかけることができない。理想は、大きくて長く、亀頭も発達したペニスが最大限に勃起していることかな。自分から圧迫刺激をしなくても、ペニスの方から上に「ピョコン」と跳ね上がってくるような、弾力のあるペニスだと、女の方も楽しいだろうね。
 まあ、そんなペニスの出会ったら、女の方から、うっかりと入ってしまった振りをして、挿入してしまうことだろうね。

 素股は、お腹への射精で終わる。この時の精液って、なぜかトロトロで、真っ白の濃い精液がお腹の上に「ドピュドピュ」と飛び出る。20センチぐらいは飛ぶけど、不思議と顔までは飛んでこない。きっと、ペニスの裏側を圧迫されているからだろうね。

 射精の瞬間はさすがに、女も腰を引いて、膣口と亀頭との距離を開けるようにする。なので、男としては、射精している間、亀頭への粘膜の刺激が途切れてしまうので、多少の不満は残る。それでも、女に主導権を握られた射精であること、熱い精液を自分のお腹に放出するところを見ることができるので、それなりに気持ちはいいかな。
 でも、やはりそこまで粘膜の接触をするなら、中に入れさせてもいいじゃない、と思ってしまう。素股は、あくまで膣内射精の、代替でしかない。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 男の快感を倍増させる女のテク | CM(0)
背中は男にとっても性感帯

 女性の体の中でも、背中って忘れてならない性感帯の一つだ。どうしても表のおっぱいやクリトリスに目が行きがちだけど、背中からうなじ、耳にかけては、人体の表側にはない、独特の気持ち良さがある。
 これらの部位って、人によってはくすぐったい、と感じる。このくすぐったさが、快感と表裏一体になっているんだけどね。背中やうなじ、そして耳の周り、耳の穴に向かって、軽く息を吹きかけただけでも、ゾクゾクっとするほどの快感がある。間接的なだけに、何とも言えない心地良さがあるのだ。

 女性の背中を愛撫するには、うつぶせに寝た女性を、マッサージしてあげるようにして、少しずつ、通常のマッサージから性感マッサージへと移行していくのが自然だ。腰の部分は、凝っている女性なら、押されて筋肉がほぐれて気持ちいいが、背中となると、明らかに筋肉のほぐれではなく、表面の皮膚感覚が気持ちよくなる。特に腰よりではなく、肩胛骨から上側、肩や首に近づくほど、気持ち良さが増す。これらを軽く手でマッサージしてあげるのもいいが、ベストの愛撫方は、唾液で濡らした舌先をチョロチョロと這わせることかな。

 ところで、背中って、男にとっても性感帯だ。時には、男がうつぶせに寝て、女性に背中を愛撫してもらうといい。やってもらうと分かるけど、うつぶせになると、相手の顔が見えなくなるので、それだけで、次になにをされるのだろう、どんな愛撫をしてくるのかな、という期待が膨らむ。

 男と違って、女性に背中を愛撫されると、柔らかな肢体、おっぱいの膨らみ、サラサラとした長い髪などが、背中に触れ、それだけで心地いい。これらに甘い吐息と、熱い舌先が這い回るので、男でもゾクゾクとする気持ち良さがある。特に、人の唾液って、こんなに熱かったっけ? と思うほど、唾液で濡れた小さな舌先でチョロチョロと舐め回されると、堪らなくなる。

 実際に自分がされてみると、背中でもどの部位が特に感じるのか、どういう舐め方がいいのか、などが手に取るように分かる。それを今度は、彼女にお返ししてあげればいいのだ。そして何よりも、背中がこんなにも感じるところなのか、というのをしっかりと認識する意味でも、自分も体験してみるといい。
 もっとも、男と女の大きな違いは、男はいくら背中を愛撫されても、我慢汁が出たり、射精したりはしないが、女は股間が濡れてくるし、限りなくオーガズムに近い状態になっていくということだ。なので、男への愛撫は短時間で十分だけど、女の背中への愛撫は、長い時間、続ければ続けるほど、効果的だ。




    posted at 00:00 | 男の快感を倍増させる女のテク | CM(0)
男が萌える能動的な女の仕草

 男が自分を気持ちよくしてくれ、何度もイカせてくれると、女としてもそれに応えたいと思うものだ。例えば、フェラのテクニックを磨いて男を喜ばせたい、さらには膣トレをして、男のペニスを気持ちよくさせたい、などと女は考えるものだ。昔風に言うと、「床上手な女」になって、男を虜にしたいとね。

 女のこうした気もちは、男としても嬉しいけど、あまり過剰にテクを磨く必要はないかな。プロの女性ではないのでね。男の正直な気持ちとしては、心と体を解放して、思いっきりスケベな女になってくれれば、それでいいんだけどね。

 そうは言っても、女性としては、何かやるべき事があるんじゃないか、それは何なのか、教えて欲しい、とよく聞かれる。
 それに対する答えは、セックスにおいて能動的な仕草をすることかな。キスって、男からするものだと男は思っているので、女から不意にキスされると、びっくりすると同時に、嬉しくもある。もっとも、女からいきなりのディープキスは、男も引いてしまうので、軽く「チュ」というキスがいい。すると、必ず、男の方からディープキスのお返しが来るはずだ。

 あるいは、男に頼まれる前に、まだ柔らかいペニスを口でくわえてくれると、男としては一気にテンションが上がる。この時に特別なテクはいらない。ぎこちなくても、そうした女の気もちが、男にはぐっとくるのだ。
 男が正常位で挿入してきたら、女から両手を回して抱きつかれると、男としては堪らないね。ただきつく抱きついてくるだけでもいいけど、時には、背中や腰をいたわるように、スリスリとされると心も和んでくる。これは年上の女性向きかな。

 正常位など、対面で合体している時には、女からキスを求めるのもいい。この時ばかりは、おもいっきりいやらしく、ディープキスでいい。
 挿入しても男がじっとして動かない時に、女の方から「もう待ちきれない」とばかり、下から腰をせり上げてきたりされると、男のスイッチも一気に入ってしまう。もっとも、あまり激しく女が動くと、なんか男のペニスをディルド代わりに使っているような感覚になるので、あくまで「おねだり」するようなゆっくりとした腰の動きがかわいいかな。

 さらに男が射精モードに入って、激しく腰を振ってきたら、男の腰に両脚を絡めてこられると、瞬時に男もヒートアップする。生なら「中に出して」というサインだし、たとえコンドームをつけていたとしても、これをされると、嬉しくなる。いつも以上の精液が出る気がするから不思議だ。

 男が射精し、自分の体の上でぐったりとなっている時は、背中に回していた手で汗をぬぐうようにしてくれると嬉しいね。額の汗も手で拭ってくれるともっと嬉しいかな。だって、女のためにかいた汗だものね。
 そしてこの時ばかりは、若い女性でも、男の背中や腰を手でスリスリしてくれても何の違和感もない。感謝の気持ちを込めて、ナデナデしてくれると、男としても頑張った甲斐があるというもの。この時に言葉はいらない。そして女の方からキスを求められると、またやりたくなってしまうほどだ。

 そして極めつけは、お掃除フェラかな。生であれ、スキンをつけていてであれ、精液で濡れたペニスを、慈しむように口に含んでくれると、恥ずかしやら、気持ちいいやらで、何とも後味のいい射精となる。たとえ、精液をゴックンするのが苦手でも、このお掃除フェラは、それに相当する感動を男に与えてくれるものだ。

 このような、ちょっとした女からの能動的な仕草だけで、男は萌えるものだ。なぜって、何もしてこないと、男としては、自分のことをあまり気に入っていないのかな、あるいは、今日はのっていないのかな、気持ちが入っていないのかな、などと考えてしまう。そうなると、男としても気持ちが入らず、さっさと終わらせてしまいたくもなる。
 逆に、女からこうした仕草をされると、女も興奮しているんだ、セックスを楽しんでいるんだ、という気持ちが伝わってくる。男としては、それだけで十分なのだ。




    posted at 00:00 | 男の快感を倍増させる女のテク | CM(0)
指叩き手コキ

 普通、手コキというと、ローションをつけてやるものだ。いくら我慢汁が出ていようと、それだけでは亀頭や棹全体を濡らすには不十分で、その状態で手で擦ると、気持ちいいよりも痛みが出るからだ。
 ところが、指は使いようで、敢て乾いた状態でやる手コキもある。また、これは男が自分でペニスを勃起させたり、あるいは勃起したペニスの勃起状態を維持したりするのにも応用がきく。もちろん、そのまま射精までもっていくこともできる。これが粘膜への直接的な刺激ではないだけに、なかなか新鮮な快感だ。

 ではどのようにするか。男が自分でする場合を説明しよう。女性がやるには、男の後ろ側に回って同じようにやればいい。
 ペニスを露出させたら、右手を軽く広げて、ペニスを遠巻きに包み込む。この時、人差し指から薬指までの3本を軽くそろえるようにす曲げる。そして小指を思い切り閉じて、開き気味の3本の指と小指の第二関節の裏側との間にペニスの棹を挟むのだ。そうしながら、真っ直ぐ伸ばした親指の腹で亀頭の上側をスルスルと刺激するのだ。

 まったく勃起しておらず、「ふにゃちん」だと、すっぽりと手の平の中に収まってしまうし、3本の指と小指で挟んでニギニギしても、柔らかく動くだけだ。しかしこれを続けていると、少しずつ硬さを増してくる。コツは小指の第二関節の裏側で押さえながら、3本の指の腹でペニスの棹の部分を軽く叩くような感じかな。

 やがて棹に芯が出てきたら、棹に叩きつける3本の指を同時にではなく、一本づつ時間差を置いて叩く。それと叩きながら前後の動きも入れる。また親指の腹による亀頭の上側への刺激も加える。あまり強く擦ると痛いので、軽く先端からカリ首にむかって「サッ」っとなぞるようにする。要は、5本の指を総動員して、複雑な動きを素早くする。目をつむっていたら、どんな動きをされているのか分からないような動きがいい。

 勃起が最大限になったら、叩く指の力を強くしていき、さらに強い刺激を与える。このころには、ペニスの長さも最大になるので、手の指で包み込める範囲は、棹の前半部分となる。この部分こと男の快感スポットが集中しているので、さらに刺激が効果的となる。勃起を維持したいだけなら、指の刺激を調整して快感レベルを上げず、勃起を維持するだけの刺激に留めることもできる。反対に、刺激を強くしていくと、射精までできる。粘膜へのウエットでやさしい刺激とは違う、ハードにペニスを虐められる感じかな。その責めに耐えかねて精液を思いっきり噴射してしまうような感覚もたまにはいい。




    posted at 00:00 | 男の快感を倍増させる女のテク | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: