FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

アナリングスの 「危険な誘惑」

 世の中には女のお尻の穴を舐められる男と、舐められない男とがいる。同時に、お尻の穴を舐められたことのある女と、舐められたことのない女とがいる。それぞれの正確な割合は分らないけど、おそらく男女とも、つまり舐められる男、舐められたことのある女とも、その割合は多く見積もっても半分以下、実際には1割ぐらいかな。その根拠は、女性にアナリングスをしてあげた場合、それまでにされたとのある女性は1割もいなかったからだ。女性が1割なら、舐める男も同じぐらいの割合だろう。

 それほどまでに、アナリングスって、クンニやフェラと比べたら、ポピュラーなものではないと思う。それはそうだろうね、なんたってうんちの出る穴を舌で舐めちゃうんだから、普通では考えられない行為だろうね。

 人間の体って、ある意味、チューブで出来ているとはよく言われることだ。そのいい例が、口と肛門だ。口から入った食べ物は、胃腸を経て消化吸収され、最後に肛門から排泄される。だから、胴体ってこのチューブの回りにいろいろな臓器がまとわりついているに過ぎないとも言える。
 この理屈でいえば、ペニスもおしっこや精液を排出するためのチューブともいえる。ちなみに、おしっこの場合は、腎臓で濾過された血液の老廃物なので、水分や栄養素は口から入るとは言え、うんちとは違うものだ。なので、同じスカトロに分類されることが多いおしっこプレーだけど、うんちプレーと比べたら、まだ一線を超えているとは言いがたい。おしっこまではいけても、うんちまでは無理、という人が多いのはこのせいだ。

 これは当然のことだ。うんちには大腸菌がうようよしているし、そもそも口に入れるべきものではない。強烈な悪臭は、それが人体に危険なものであることのサインでもある。そのうんちが出るお尻の穴を舐めるというのは、たとえ綺麗にしていたとしても、衛生的にリスクがある。それでもなぜ、その危険をものともせずに、アナリングスをするのか?

 それは、アナリングスが得も言われぬ快感を相手に与えるから、というだけでは説明できない。どうやらお尻の穴を舐めるという行為自体に、何ともいえぬ、危険な香りというか、最高の背徳感と最高の愛情表現が隠されているからだと思う。

 キスは、口と口を合わせる行為だ。粘膜の接触はそれだけでも快感を伴うけど、これって、互いの、食べ物を入れる 「上の口」 (チューブの入口) を合体させる行為でもある。それが意味するのは、食べ物を共有する関係であるということを確認しあうことでもある。実際、口移しや咀嚼プレーなどはそれを現実化したものだ。キスはエロチックな行為ではあるけど、背徳感はそれほどない。むしろ、「甘い誘惑」 だ。

 例え食べ物を分け合っても、うんちはそれぞれの肛門から出される。たとえ、そのうんちを口にすることは出来なくても、せめてその 「下の口」 (チューブの出口) と一体化したい、という願望が生まれる (実際、スカトロプレーには、互いの肛門をチューブで繋いでうんちの交換をするというのがある)。これを実現するのがアナリングスだ。

 だから、アナリングスって、他者のチューブの出口と自分のチューブの入口とを繋ぐ行為でもあるのだ。たとえ、うんちが出ることはなくても、少なくともそのリスクはある。実際、苦みを感じることも多い。そんなことをしている自分に、あるいはされている自分に、限りない背徳感と、興奮を覚える。キスが 「甘い誘惑」 なら、アナリングスは 「危険な誘惑」 だ。

 それ故に、アナリングスされる側にとっては、最大の愛を感じる。 「くすぐったいから止めて、汚いから止めて」 と訴えてくるのは最初のうちだけで、そのうち、その快感と愛情を受け入れるようになるものだ。クンニにはない、ゾクゾクとした快感と背徳感にやみつきとなってしまう。

 クンニやフェラは、自分の 「上の口」 と相手の性器とを合体させる行為だし、アナルセックスは自分の 「下の口」 と相手の性器とを合体させる行為だ。しかし、性器である、おまんこやペニスは、距離的には近くにあっても、肛門とは生理的な構造が全く違う。膣からはおりものや経血、愛液が、ペニスからは精液が出ても、うんちは出ない。つまり、男女との性器は、口と対比される人体の穴ではないのだ。確かに、尿道からはおしっこが出るが、これは先ほど書いたように、うんちとは違うものだ。
 なお、シックスナインは、互いの 「上の口」 で互いの性器を愛撫しあう行為だ。体勢的にはつらいけど、シックスナインの姿勢で互いにアナリングスをしあうことも、出来なくはない。シックスナインも卑猥だけど、相互アナリングスは、「危険な誘惑」 を共有しあう点で、もっと刺激的だ。

 世の中には、このクンニやフェラをしない人もいるけど、これってもったいない話だ。しかし、アナリングスを知っている人間からいわせれば、アナリングスの世界を知らないで一生を終えるのも、これまたもったいない話なのだ。「危険な誘惑」 なだけに、敷居は高いが、一度味わってしまうと、病みつきになるかもね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | アナリングス | CM(0)
まんぐり返しアナリングス

 僕は普通のクンニでは、まんぐり返しをやることはほとんどない。なんかみるからにAV的な姿勢だし、長時間のクンニが好きな僕としては、姿勢的にも女性に負担がかかってしまう。それにこの姿勢では、クンニの舌使いに集中しずらいし、実際にイカせるのは、そう簡単でもなさそうだ。

 ところがだ、ことアナリングスとなると、話は違って来る。女性にとっての恥ずかしさ、という点では、まんぐり返しクンニと同じであるが、もともとアナリングスなんてクンニ以上に恥ずかしい行為なので、これは問題でない。まあ、長時間は姿勢的に辛いだろうから、長時間のアナリングスは難しいかな。

 それでもまんぐり返しアナリングスには、それなりのメリットがある。それは第一に、お尻の穴が真上を向いているので、お尻を両手で左右に広げることにより、お尻の穴を最大限に広げることができることだ。穴を広げるメリットは、もちろん、舌先を深く差し込むことができる点にある。その深さは、M字開脚やバックでは絶対に到達しないものだ。それだけ、女の感度も増すというわけだ。

 第二のメリットは、女の顔を見ながらできるということだ。M字開脚もそうだけど、バックとなるとまず女性の顔を見ることはできない。恥ずかしそうにしている女の顔、感じている女の顔を見ることができるというのは、舐めていてモチベーションが上がる。
 女もお尻の穴を舐められている所、舐めている男の顔が見えるので、恥ずかしさはいつも以上だ。

 第三のメリットは、お尻の穴の窪みが天井を向いているので、男の唾液がお尻から垂れていくことなく、穴の中に溜まっていくことかな。ある程度溜まってきたところで、お尻の穴をグイっと広げると、少しは穴の中に唾液が入っていく感じがする。そしてそれを吸い出すように、また舐め取るということが楽しめる。

 まんぐり返しアナリングスの姿勢としては、男が女の背中側から舐めるのがいいかな。何よりも女の顔を正視できるし、女のお尻も左右に広げやすい。反対側でも、お尻を左右に広げるのは簡単だが、これだと女の顔を見ることが出来なくなる。まあ、ペニスを女の顔の上にもってきて愛撫してもらうなり、男のお尻の穴も舐めてもらうというような場合は、この向きでもいいけどね。なお、女の体の横から舐めるのは、穴も広げにくいし、特にメリットはない。
 できるだけ、長時間、まんぐり返しアナリングスを続けたければ、女性の負担を減らすために、肩の下に枕をおいて上に上げた下半身を支えて上げるのがいい。



    posted at 00:00 | アナリングス | CM(0)
アナリングスのテクニックの意外な盲点

 アナリングスのテクとして、最もポピュラーなのは、両手でお尻を広げた上で、中心から外側に向ってシワシワを一本一本、舌先でなぞるように舐め上げていく方法か、シワシワの粘膜の全体を円を描くように舌先でクルクルと回転させる方法だ。実際にやってみるとよく分るけど、女の反応はシワシワを一本一本舐めるよりも、この回転させる方がすごい。回転は右周りをしたら、左回りもいい。

 きっとシワシワそのものは普段、空気に触れていないだけに、快感センサーが集まっているのだろう。それを一本一本、舐め上げられるというのはかなりの快感だろうけど、舌
先をクルクルと回転されると、そのシワシワに連続的に快感が送り込まれる感じなんだろ
うね。スラストに例えるなら、ゆっくりと膣癖を味わうようなストロークに対して、高速ピストンで有無を言わさず快感を連続的に送り込まれる感じかな。

 そして極めつけのテクは、クンニで膣穴に舌先を押し込むのと同様、お尻の穴に尖らせた舌先をねじ込むというやつだ。この為には、両手でおしりの穴を思いっきり広げておく必要がある。これをするには、男にもある程度の覚悟がいる。多少、洗ってあるお尻でも、舌先を奥までねじ込むと、ちょっとして苦みが舌先に走ることもあるしね。上級者になると、奥まで差し込んだ状態から、角度をつけて引き抜き、シワシワ舐めに繋げてもいい。あるいは、引いたところでクルクルと穴の粘膜全体の回転運動に繋げてもいい。

 これらはかなりの上級テクであるけど、なんか大事なもの、基本的なものを忘れている気がする。それは何か? 一番、分りやすいのはクンニの基本的を思い出してみることだ。いきなりシワシワを舐めたり、穴に舌先を差し込むのって、クンニで言えば、いきなりクリに吸いついたり、膣口に舌を差し込むようなものだ。その前に、小陰唇や大陰唇、さらにはヘアー舐めがあったではないか。そう、いきなり本命に迫らず、回りからじっくりと攻めていくことだ。

 アナリングスの場合も、回りから攻めていくというのが王道だ。いきなりお尻の穴にいかず、お尻の穴の周辺から舐め回していくのだ。つまり粘膜ではない部分から舐めていく。この段階だと、女は必ずしもアナリングスを予想しない。そして徐々に粘膜部分に移動していく。このあたりで「もしかして、お尻の穴も舐める気なの?」となる。しかし、まだ完全には粘膜部分に以降せず、皮膚と粘膜との境界を行ったりきたりする。舐め方も一方向ではなく、あらゆる角度から、まんべんなく、粘膜回りを舐め回していく。お尻の緊張が取れてきたあたりで、粘膜への愛撫に移行すれば、粘膜も緩んできているので、効果抜群だ。

 もう一つ、忘れられがちなテクが、バキュームだ。クンニしていて、クリに吸いつくことをよくするけど、愛液が溢れ出してきたら、膣口に吸いついて、愛液を啜るようなこともする。これをアナリングスでもするのだ。どのようにするかというと、お尻の粘膜全体に吸いつき、「キュー」 っと強力なバキュームをかけるのだ。イメージとしては、中のものを吸い出す感じかな。実際にでてくることはないけど、女としても、「なんか出ちゃいそう」 と羞恥心を刺激される。これを繰り返していると、男としても本当に中のものを吸い出して、口で受けてみたい気持ちになるから不思議だ。




    posted at 01:00 | アナリングス | CM(0)
キスとアナリングス

 女の柔らかでピンク色の唇って、よく股間の割れ目と対比される。実際、適度に発達した小陰唇が性的な興奮で充血して膨らんでくると、まるで女の唇のようでもある。横向きに広がっているのが縦に広がっているだけの違いかな。なので、目をつむって横向きのクンニをしていると、まるで女の唇に吸いついているかのような感覚になる。さらに唇と同じように、その濡れた粘膜は奧の空洞へと男の舌を誘う。そして奧に進み、クンニを続けていると、唾液に代わって愛液やおりものが男の舌先を通って男の口の中に広がっていく。

 このように、唇と小陰唇ってよく対比される。その奧でいえば、喉と膣口の対比(喉にペニスを差し込むのがイラマチオであり、膣口にペニスを差し込むのがセックス)でもある。言い換えると、キスとクンニの対称性ということだろう。
 しかしながら、解剖学的にいうと、これは違う。唇と対比されるべきは、膣ではなく、実は肛門だ。

 ヒトは口から食物を摂取し、肛門から排泄物を出す。本来、口は、話をするためでも、キスをするための器官でもなく、生きていく上で必要な食物を体内に入れるための器官であった。そして体内に入ったものは体外に出さなければならない。それが肛門だ。つまり、ヒトの口って、食道や胃腸をへて、肛門まで繋がっている。いわば、体内を通過している、一本の筒、あるいはチューブのようなものだ(ちなみに、人体というのは、全てチューブで出来上がっているという見方もできる。血管にしてもリンパにしても、尿管にしてもね。そして精液もペニスの中を通っている尿管というチューブを通って膣内に送り込まれる。ペニスそのものも、構造的にはチューブなのだ)。

 口というのは、本来、肛門と並んで、生きていくために不可欠の器官であり、ある意味、動物的なものだ。それ故に、口と肛門は恥ずかしい部位でもある。女性は小さな口で上品に食べる姿が美しいとされる。大きな口を開けて食べる姿は見苦しいし、人前であくびをする時は、口元を手で隠す。実際、口紅で赤色を強調された女の濡れた唇って、かなりエロいものだ。
 出口である肛門の方は、口以上に恥ずかしい部位だ。特に排泄行為をする時がそうだ。それゆえ、女性にとっては、おしっこをする姿を見られるのって、かなり恥ずかし行為だけど、排泄行為となると、その恥ずかしさはおしっこの比ではない。ある意味、おまんこやおまんこの穴を見られるよりも恥ずかしい行為だ。

 その恥ずかし口を閉じる機能を持っている唇に、男が自分の唇を重ね合わせる行為がキスだ。本来、キスも人前でする行為ではない。それは唇そのものが恥ずかし部位であるだけでなく、二つの恥ずかしい部位が重ね合わされるのだから、もっと恥ずかしい行為となる。それに何よりも粘膜の接触からくる快感にうっとりとなる姿を人前で見せるというのも、恥ずかしいものだ。

 そしてもっと恥ずかしい部位である肛門に、唇を合せる行為がアナリングスだ。これがいかに女性にとって恥ずかしい行為であるかは、言うまでもないだろう。キスですら、人前ではできない恥ずかしさがあるのに、肛門に唇を合せるのだから。キスが愛の表現として許される行為であるのに対し、アナリングスには常に背徳的なイメージが伴う。アナリングスには常に排泄物もしくはその一部を口で受止める、というリスクがともなう。これがアナリングスの持っている、背徳感の深層を成している。まあ、この背徳感がまたアナリングスの魅力なんだけどね。

 キスとアナリングス、一見するとまるで関係のない行為のようにみえて、実はキスとアナリングスとは対極にある行為だ。しかし多くの人はキスはしても、アナリングスを楽しむ人はそう多くはない。女の体を全てを愛してあげるなら、口から肛門までを愛してあげるべきだと思うけどね。これって、究極の愛撫であるし、一度でもされたことのある女は一生忘れることが出来ない出来事となる。




    posted at 00:00 | アナリングス | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: