FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

手を握られただけで濡れる女

 デート中からすでに女性への前戯は始まっている。会った瞬間に目を見つめる、気持を表わす一言、肩を引きよせる、頭や髪を撫でる、背中や腰に手を回す、そして手を握る。何も路上でキスをしなくても、これだけのことで、女性に体にはスイッチが入ってしまうものだ。会話の他にも、女性にとっては、体に触れられることが大きな刺激となることは男でも容易に想像がつく。

 しかし、ほとんどの男は、手を握ることも、女性には性的な刺激になっていることにあまり気がついていない。男が街中で手を握るのは、女性への前戯というよりも、行動をリードしたい、常に繋がっていたい、一人で独占したい、それを周りの人間に誇示したい、という気持からだ。

 もちろん、女性にもその気持は伝わるけど、実はそれ以外の「効果」が女性にはある。それは男の手に触れた瞬間、「これからこの手で愛撫してもらえるんだ」という予感だ。いつもの愛撫を思い出し、期待から股間が濡れてきてしまう。

 もっとも、女性にそうした 「条件反射」 を引き起こさせるためには、普段から手や指による愛撫をたっぷりとしておかないとだめだ。手の平で全身を撫でる、後からおっぱいを揉む、お尻や太股の内側に手を這わせる。あるいは、指先で乳首をはさむ、股間の割れ目にそって中指を食い込ませる、指先でクリをはさむ、膣の中に指先を忍び込ませる。手や指による愛撫は、いくらでもある。
 挿入しなくたって、手や指だけで女をオーガズムに導くこともできるぐらいだ。女性が男の細くて美しい手に萌えるのは、それがやさしく繊細な愛撫への期待を持たせてくれるからだ。

 こうした手による愛撫を繰り返しておくと、手を握った時も、その微妙な動きで女性はさまざまな想像をはたらかせ、さらに股間を濡らすことになる。
 例えば、手をギューと握られると、きつく抱きしめられる自分を想像する。手の平を重ねるように握ると、体を重ねられる自分を想像する。指先で手の平をくすぐると、くすぐったいところを愛撫されている自分を想像する。指の付け根を指先でなぞると、乳首やクリを愛撫されている自分を想像する。こうした動きをするときは、人前では顔を見ないでするのもやむを得ないけど、より効果的なのはやはり、目を見つめながらすることだ。

 同じことは女性から男性への動きにも言える。あるとき、手を握りながら歩いていたら、女性の方から手をリズミカルに「ギュギュギュ」と軽く握ってきたことがあった。「ん? これは何の動きだ? どこかで体験したような……」 そう、勃起したペニスを「ギュギュギュ」と握られる感覚と同じだ! このように、男は女の手の動きを、全てペニスへの刺激として想像する。一方、女の方は、男の手の動きを、おっぱいや股間を含め、全身への刺激として想像するのだ。手による手への愛撫が如何に効果的かは、これで分るというものだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 膣が濡れる | CM(0)
男よりも汚れやすい女性の股間

 クンニ好きな男、匂いフェチとしては、女性の股間はおりものや愛液で汚れていた方が嬉しい、と書いた。しかし、この汚れ具合だけど、もちろん、程度問題ではある。汚れていれば汚れているほどいいと、マニアックな男なら言うかも知れないけど、普通の男はそうではない。やはり、適度な匂いというのがある。何日も風呂に入らず、着替えもしていなければ、強烈な匂いで、限りなく悪臭になってしまう。

 それもそのはず、女性の股間って、そのままにしておくと、男以上に汚れてしまい、不潔になる部位だからだ。それは、ペニスが体の外に出ている男と違い、女性の外性器というのは、半分は体の内側に隠れている、という構造的な理由による。膣口も普段は小陰唇で挟まれて見えないし、クリトリスもそうだ。おまけに、割れ目を密封するような小さくてぴっちりとしたパンティーを履くから、よけいに蒸れてくる。

 おまけに、分泌される体液が男と違う。男の場合、亀頭の先から出るのは、おしっこ、我慢汁、そして精液だけだ。おしっこは女も同じだけど、男と違い、おしっこの滴がどうしても小陰唇まわりや陰毛についてしまう。女がトイレでトイレット・ペーパーをガラガラと長めにとって股間を拭くのはこのためだ。
 加えて、男になはい、おりものがある。これは生理前となると、かなりきつい匂いとなる。動き回れば汗もでる。そして生理がはじまると、もうすさまじいまでの汚れようとなる。また、性的に興奮すると、男の我慢汁に相当する、愛液も出る。こちらは無色透明で、おりもののように、下着を黄色に染めたり、強烈な匂いはしないが、それでも乾くと下着がゴワゴワとはなる。

 毎日、丁寧にお風呂で股間を開き、小陰唇をしっかりと開いてシャワーで洗わないと、女でも白い恥膏が溜まることがある。恥膏が溜まる場所は、小陰唇と大陰唇との間にある溝の部分だ。時には、左右均等に、きれいに白い恥膏が5センチぐらいの長さで隠れていることもある。女性も、オナニーをするようになると、自分の股間に意識がいくようになるのか、清潔に保つようになる。まあ、自分でもオナニーの度に匂うからそうせざるを得なくなるけどね。ましてや、セックスをするようになると、さらに清潔に保つようになるものだ。

 男の場合、真性包茎だと、似たような状況となる。おしっこの滴や汗、老廃物などが包皮の中に溜まっていき、時には白い恥膏となって亀頭の裏側の筋のところに溜っていく。こうなると、もう悪臭を放つだけだ。手入れをしない女の股間もこんな感じだ。

 しかし、男の場合、大人になるに従い、仮性包茎となって皮を剥けるようになると、亀頭部分も露出するので風呂できれいに洗うようになる。さらに皮が完全にめくれるようになると、常に亀頭が露出しているので、恥膏を溜めようたって溜めようがない。
 なので、男としては、大人になると、恥膏も溜まらず、性器は常にきれいに保たれるようになる、と思いがちだ。しかし、女の股間は大人になっても、構造的な変化があるわけではないので、意識して清潔にしない限り、汚れたままとなるわけだ。

 昔、子供っぽい女性のことを 「小便臭い女」 と言ったものだった。文字通り、股間が小便臭かったのだろう。そんな股間でいるというのは、まだ男を知らない女、というニュアンスもあった。最近では、初体験の年齢も低年齢化し、おませな女の子が多くなった。まあ、女性の股間が常に清潔に保たれているのは、男のためだけでなく、本人のためにもいいことではあるけどね。




    posted at 00:00 | 膣が濡れる | CM(0)

真珠の滴

12.06.2016
真珠の滴

 興奮したおまんこの濡れ方にもいろいろある。体質や体調、生理の周期などのほか、興奮状態などによって個人でも一定というわけではない。

 パンティーを脱がそうとすると、まるでおしっこでも漏らしてしまったのではないか、というぐらいに股間部分がびしょびしょになっているのもあれば、白くネバネバした愛液が小陰唇にまとわりついていて、パンティーを脱がすと糸を引くように伸びるものまでさまざまだ。
 前者はどちらかというと無味無臭で水っぽく、後者はおりものも混ざっているのか、メスっぽい匂いがきつい。匂いとしては後者の方が男を刺激するが、お漏らししたみたいに濡らしている股間も興奮ものだ。

 この中間にある濡れ方の一つに、膣内に白っぽい愛液が溜まっているというのがある。デートの最中のキスとか、部屋に入ってからの愛撫やセックスへの期待から、膣奥から濃いめの愛液が分泌され、膣口にあふれ出そうになっている。

 女性を下着姿にしてベッドに横たえ、いざクンニをしようとパンティーを脱がすと、ほんの少し開きかけた小陰唇の下の部分の隙間から、溜まりに溜まった愛液が丸い滴となってこぼれ出そうになっている。
 初めてこの光景を目にしたときには、膣口からまるで白い真珠の玉がこぼれ出そうな感じで、美しいとさへ思った。しかし、白い塊が崩れてお尻の方に流れ出そうになったので、すぐさま股間に吸い付き、白い真珠ごと飲み込んだ。おいしかったし、興奮したね。その後も残りの愛液を吸い取るかのように、舌先を膣内に入れて、チューチューと吸い付いた。
 クンニする時って、普通は小陰唇あたりから舐め始め、愛液があふれ出てきたあたりから、愛液を啜り飲んだりはするけど、いきなり愛液を吸い取るクンニというのも初めてした。

 女ももの凄く興奮していると、膣の中から愛液が溜まっていって、それが膣口に集まってくる。小陰唇が閉じている限りは、なんとか流出を防いでいるけど、小陰唇が開いた瞬間、こぼれ出てくる。適度の量と粘度があれば、真珠の玉のようになるし、もっと大量だと、トロトロとこぼれだし、お尻の穴の方に伝わってくる。

 処女のような清楚な女性が、閉じた小陰唇の隙間から真珠の玉を覗かせる姿も、美しくて興奮するが、発情した女性が男の目の前で股間を開き、イヤらしく口を開けた膣口から 白い愛液をドロッと垂らす姿も興奮ものだ。どちらのパターンであれ、男なら 「ああ、もったいない!」 とお尻に垂れていく前に、股間に吸い付き、狂ったように舐め回すはずだ。




    posted at 12:00 | 膣が濡れる | CM(0)
濡れやすくなる条件

 濡れやすい女性っている。これって、体調や個人差かと思っていたら、どうやら体内の水分と密接に関係しているとのこと。生命の維持に水分は不可欠であるが、女性の膣が濡れるというのも、体内の水分と関係しているとは思わなかったね。

 というのも、女性が興奮した時に膣内に分泌される体液の正体は、膣の周りにある血管から分泌されるものだからだ。正確には、水分と血液の中にある血漿という成分からなる。つまり、愛液も、オシッコが血液の老廃物であるのと同じで、もともとは血液からなっているのだ。

 美容のためにも水分を大量にとって、いっぱいオシッコとして老廃物を体外に出すのがいい、といわれているけど、愛液の分泌も同じ原理で、体内の水分が不足している脱水状態では出にくくなるわけだ。女性なら経験的に、寝起きとか、風呂上がり、スポーツの直後など、脱水状態の時には、性的な刺激を受けてもあまり濡れない、ということを知っている。

 女性の潮噴きもこれと関連がありそうだ。よく、大量に潮を噴かされると、体が脱水症状になってしまうという。一度でいいから潮を噴いてみたい、と思っている女性は多い。そのためには、はじめから脱水状態では噴けるはずがない。

 逆に言うと、濡れやすくするには、あるいは潮を噴くためには、常に水分補給を心がける必要がある、ということだ。デートの時から、女性は男の前でトイレにいくことがないよう、水分を取らないことが多い。これって、エッチの前の準備としては、逆のことをしていることになる。

 むしろ、沢山水分をとって、それをオシッコとして出すのではなく、膣内の愛液として、あるいは潮として、さらには激しい動きによって、汗として体外に放出するぐらいの気持でいいということだ。男としては、女が大量の愛液や潮や汗を出してくれるのは嬉しいものだ。たとえオシッコとして放出されたって、男は嫌いじゃないしね。

 エッチの前の水分補給という点では、お酒も効果的だ。もっともお酒の場合は、水分補給のほかに、血行がよくなって膣が濡れやすくなるという効果もある。女がお酒を飲むとエッチしたくなるというのは、これが肉体的な理由だったということだ。




    posted at 12:00 | 膣が濡れる | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: