FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

キスして気持ちいい女はフェラされても気持ちいい

 キスしていて、「あれ、何か気持ちいいな」という女性がいる。柔らかな粘膜の刺激に、こちらの唇の粘膜もとろけそうで、脳がトロンとしてくる。もちろん、若くてかわいい女性だと、男も心底から乗ってくるけど、それだけではない。もっといえば、さほどのテクニックがなくても、何故か、唇をただ合わせているだけで、だだ膚感覚からの信号だけでとにかく気持ちいいのだ。
 
 概して、薄めの唇よりは、もったりとした「たらこ唇」の方が、キスしていても接地面が増えるので、刺激は大きくなる。同様に、唇の大きさも、小さな「おちょく口」よりは、歌手のように大きな口の方が、接地面も増すので、気持ちよさが増す。もっとも、あまりに大きすぎると、こちらの口がの見込まれてしまいそうな恐怖感がないわけでもないけど。
 
 しかし、こういうキスしていて気持ちいい女性って、実は唇の大きさや形状ではない。それはズバリ、唇がもの凄く柔らかい女性だ。唇の柔らかさは、見た目でもなんとか判断できるけど、実際のところはキスしてみないと分らない。たとえ唇が小さめでも、唇の粘膜が柔らかければ柔らかいほど、気持ちいいのだ。男の側の唇も粘膜なので、相手の女性の唇のきめの細かさが、実によく分るのだ。恐らく、きめが細かいほど、唇が感じる触感も増え、それだけ脳に送られる信号も多くなるのだと思う。

 こうした粘膜の柔らかさは、生まれ持った個性もあるだろうが、概して、年齢が若い程、柔らかい。若いだけに、キスのテクニックはほどんどないが、とにかくどんなテクも、柔らかな唇に勝るものはない。もちろん、これにテクが加われば凄いことになるんだろうけど。でも、柔らかな唇には朴な少女っぽさがお似合いなので、あまり大人びたテクはかえってイメージが合わないかな。

 柔らかな唇の中でも、この前、「超」柔らかな唇の女性に出会った。まだ19歳と若いと言うこともあるけど、生まれながらに柔らかいようだ。キスに感動したあと、そんな女性にフェラしてもらった時だった。これが何とも言えない、気持ち良さなのだ。亀頭も粘膜なので、キスと同様、ただ亀頭に柔らかな唇が触れているだけで、もうとろけそうな気持ち良さなのだ。ただ上下に動かすだけで、テクも何もないのだけど、それだけでも、それまで味わったことのない気持ち良さなのだ。ほんの数秒で射精してしまうほどの気持ちよさだ。

 粘膜がこれだけ柔らかいのなら、おまんこの粘膜も柔らかいかなと、クンニをしてみたけど、小陰唇をはじめ、膣内の粘膜は特段、柔らかめというわけでもなかった。なので、クンニは早々に切り上げ、キスとフェラを射精するまで、たっぷりと味あわせてもらった。 唇がこれほどまでに柔らかいと、キスだけでなく、フェラも信じられないほどに気持ちいい、というのは初めての経験だった。もしかしたら、ロリコン趣味の男って、こうした粘膜の柔らかな感触を知っていて、病みつきになっているのかなとも思ってものだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 体験談-フェラチオ・口内射精 | CM(0)
恐るべし、舌ピアスの威力

 日本では耳にピアスをしている女性は多いけど、臍ピアスとなると、もう少し少ないかな。さらに舌にピアスをしている女性となると、もっと少ない。中には唇にもピアスをしている場合もある。よく、痛くないな、と思うが、舌にピアスをした女性に聞くと、舌には筋肉が集まっているので、麻酔をかけないと痛くて穴を開けられないという。術後も1ヶ月ぐらいは痛かったとのこと。また、普段の食事でも不便を感じるとのこと。

 そこまでしてなんで舌にピアスを入れるのか、男としては理由が分らないものだが、あるとき、その意味を理解した。とある女性としばらくの時間をおいて二回目に会い、フェラをしてもらっていた時だった。初めて会った時にも、フェラをしてもらった記憶はあるが、とりたててうまかったという印象はなかった。ところが、今回はなぜか気持ちいいのだ。すぐに半立ち状態だったペニスがフル勃起になった。
「あれ? なんか今日、気持ちいいな……」
「そう?」
「あれからテクを磨いた?」
「ピアスいれたから………」
「ピアス?」
そう聞くと、彼女はフェラをやめて舌をベロンと伸ばして見せた。なんと、前回はなかったピアスがあるではないか。舌先から1センチぐらいの中央部分に、直径5ミリぐらいの金属の丸い突起が見える。舌の裏側にも同様の突起がある。前後の突起を結んでいる細い棒状のものも1センチぐらいあるので、金属の突起部分は上下左右に動くようになっている。それを見て、そうか、この突起がちょうど男の快感ポイントである裏筋を刺激するんだ、というのが分った。

 メカニズムを理解してから、もう一度フェラしてもらった。今回は、裏筋に意識を集中してみる。なるほど、舌先を前後に動かす度に、舌の上の金属の突起が亀頭の下側から棹の裏側にグリグリと当るのが分った。金属とはいえ表目はツルツルに加工しているし、微妙に前後左右に遊びがあるので、痛みのような違和感はまったくない。むしろ、言われてみて初めて金属と分る程度の刺激だ。
 それが、ミリ単位のピンポイントで、快感ポイントである裏筋を圧迫するので、堪らない刺激だ。この刺激に、亀頭を包み込んでいる唇のねっとりとした刺激が加わるわけだから気持ちいい訳だ。正直、今まで味わったことのない快感だった。

 その日は、そこからいつものように生で挿入を楽しんだ。しかし今日は膣外射精ではなく、中で出したかったので、途中からスキンをつけて再挿入した。しかし、やはり生と比べると、刺激も今ひとつだ。それに膣内も愛液でベトベトとなり、刺激がたりなかった。
 これではなかなか射精しそうになかったので、一旦、抜いた。正直いうと、先ほどのフェラの快感が忘れられなかったのかもしれない。思い切ってスキンを取り、
「またさっきのフェラして」と口元に持っていった。
「ゴムの匂いがするんだけど……」
といいながらも、またフェラをしてくれる。これが実に気持ちいいのだ。生挿入にはかなわないにしても、スキンを着けた挿入よりも何倍も気持ちいい。またもやマックスの勃起状態に。

「いや、正直、これ、気持ちいい……」
「ほんと、うれしいい」
「なんかクセになりそう」
「そんなに?」
「フェラした男、みんな気持ちいいって言わない?」
「うん、みんな気持ちいいって言ってくれるよ」
「やっぱりね」

いや、舌ピアスって、こんな思わぬ効果があるとは知らなかった。これって、まるで男がペニスに真珠を埋め込むのと同じではないか。
「舌ピアスしている女性って、皆、フェラのためにしているの?」
「そうだと思うよ」
「じゃ、これから舌ピアスしている女性に出会ったら、見る目が違って来るね」
「まあ、私はピアスそのものが好きだというのもあるけど、9割がたはフェラのためだと思うけど」

 いや、正直、この年になって初めての体験だった。どんなにフェラテクを磨いた女性でも、あの舌先の金属が裏筋を直撃する刺激は作り出せないだろうな。もっとも、舌ピアスをしてしまうと、ファラの基本的なテクを磨かなくても、それだけで裏筋を刺激できてしまうので、ショートカットではある。それと、フェラのやり方が、亀頭に吸いついて舌先のピアスで裏筋を刺激する、というワンパターンになりがちになる。でも、それだけでも十分に気持ちいいから贅沢はいえないかな。
 理想は、先ず、フェラテクを磨いた上で、舌ピアスをつけて、さらに武装することだろうね。男に例えれば、スラストの基本的なテクを磨いた上で、ペニスに真珠を埋め込んだ方が効果倍増、というところかな。

 たった一個のピアスでこんなに気持ちよくなるなら、もっとつければいい、ということになる。もっとも、舌の左右につけても、ペニスの裏筋を刺激することはできないので、追加でつけるとしたら、センターラインにそって、奧の方に二つ目、三つ目をつけることかな。しかし、それだとさすがに食事の時に不便だろうね。それにしても、そこまでしてフェラで男を喜ばせたい、という女心がいじらしいというか、イヤらしいね。
 正直、これを書いている今も、あの裏筋に当るピアスの感触が忘れられないで、勃起しちゃっている。マジでクセになりそうな快感だ。はまってしまったらどうしよう(笑)。




    posted at 00:00 | 体験談-フェラチオ・口内射精 | CM(0)
シックスナインでの同時オーガズム

 シックスナインしながら男が射精するというのは、今まで何回も経験があるけど、シックスナインでの同時オーガズムというのを、この前、はじめて経験した。クンニをしたあと、正常位やバックで何回もイカせた後、一旦、抜いて小休止となった。
 その後、ペニスが少し柔らかくなってしまったのを見た女がフェラをしてきた。すぐに硬くなってきたので、こちらもおまんこを舐めてあげたくなり、女が上になるシックスナインになった。ところが彼女のフェラが予想以上に気持ちよく、もう何回も中イキさせてあげたので、今日はこのままイクのもいいかな、と思った。

「このままだとイキそうだよ」 と告げると、まるで射精させたがっているかのように、激しいフェラをしてくる。
「フェラでイカせたことある?」 と聞くと、
「一度も無い」 との返事。
ということは、口に出されたことが一度もないということじゃない?このままいけば、僕が彼女にとって生まれて初めて口内射精された男になる! そう思うと、僕の気持ちも固まった。

 このまま射精するなら、思う存分、シックスナインを楽しみたいと思った。そんな時は横向きのシックスナインに限る。それに女が上のシックスナインだと、射精の時にペニスが真上を向いているので、重力がかかるせいか、精液が勢いよく飛んでいかないという欠点もある。それと、射精の瞬間にペニスの棹を足の指側に押されると、射精感も弱くなってしまう。反対側、つまりお腹側に押されるぶんには気持ち良さが増すんだけど、これが分っている女性は少ないかな。

 横向きのシックスナインは彼女も初めてのようで、最初は理解できなかったけど、慣れてくると、リラックスしながらフェラに専念してくる。彼女としても、生まれて初めてフェラで男をイカせることになるかと思うと、興奮からか一生懸命男になっている。僕にとっても、女の小陰唇やその奧の粘膜と膣穴、さらにはお尻の穴まで丸見えで、好きなようにあちこちをペロペロと舐めながらも、「それにしても俺って、なんでこんなにおまんこが好きなんだろう………」 とか自問しながら、舐めてしまう。

 射精を決め込んだ僕は、無理に射精しようとも、また故意に射精を我慢することもしないことにした。ただ、彼女のフェラに身を任せ、自然に射精の時がくる瞬間を待つことにした。そしてそれまでの間、じっくりとクンニを楽しむことにした。そのうち、彼女の感度が上がってくる。ふと、この時、もしかしたらシックスナインでの同時オーガズムが体験できるかも知れない、と思った。
「ああ、いっちゃいそう……一緒にイコウ!」
と声をかけ、ひたすらクリを刺激して彼女をイカせるようにした。幸い、まだ射精感はこみ上げてこない。射精のタイミングを計りながらも、クリを責め続けていると、彼女の股間がガクガクと震え出す。そろそろイキそうだという所で、僕も射精すべく、下半身に力をいれ、射精を促した。先にイッタのは彼女の方だった。小刻みに痙攣する股間にしがみつきながら、クリに吸いついていると、ようやく僕の射精が始まった。まだ彼女がイッテいる間に、僕の大量の精液が彼女の口の中に流しこまれていくのが分った。溜めていただけに、7~8回も噴射が続いた。彼女はこぼさないように唇に力を入れて、たっぷりの精液を溜めたまま、僕の亀頭をくわえ込んで何やら、モグモグ言っている。

 全ての精液を出し切ったところで、彼女のオーガズムの嵐も去ったようだった。賢者モードになった二人。僕の目の前には、メスっぽい匂いを放つ、充血した股間の粘膜がだらしなく口を開けており、彼女の口の中には、さっきまで僕の体内にあった精液が大量に流れ込んでいた。いや、生まれて初めてのシックスナインでの同時オーガズムだった。こんなのもあるんだ、という感じかな。ただ射精するよりは、何倍も興奮度が高いかな。

 やがてペニスから口を離すと、こぼさないようにして彼女がティッシュを取り、精液を吐き出した。
「いっぱい出たでしょう」
「え、わかんない」
そうか、生まれて初めての口内射精なので、普通の男がどれぐらい出すのか、比べられないんだろうね。
「一緒にイケたね」
「うん、私の方がほんの少し、早かったけど」
「そうだったね。どう、生まれて初めて口に出された感想は?」
「なんか、もう、受止めるので必死だったから、よくわかんなかった」
「生まれて初めてフェラでイカせたんだ」
「そういうことになるかな」
「自分のフェラテクに自信持っていいんじゃない」
「そうなの」

まあ、生まれて初めてって、そんなもんだろうね。それにしても、何であれ、生まれて初めての体験って、初々しくていいね。生まれて初めてペニスでの中イキを味あわせてあげたのも僕だし、顔面騎乗クンニで何度もイカされたのも僕が初めてだし、アナルを長時間舐められたのも僕が初めてだし、口で精液を受止めたのも僕が初めてだった。




    posted at 00:00 | 体験談-フェラチオ・口内射精 | CM(0)
生まれて初めての口内射精

 マッサージから全身リップサービス、足の指舐め、生まれて初めてのアナル舐めを経験し、さらには指による中イキと、クンニによるクリイキも生まれて初めて経験したという女子大生のCちゃん。セックスではイケるけど、指で膣内を刺激されてイッタのも、クンニでイッタのも生まれて初めてということで感激している。
 セックスではイケるのに、クンニではイッタことがない、という女性は案外といるものだ。聞いてみると、オナニーもほとんどしないという。こういう女性は、クリをいじって自分でイク感覚を覚える前に、ペニスを挿入されて、先に中イキを覚えてしまうのだろう。まあ、クンニのうまい男に巡り会わなかったということもるだろうけどね。

 それはともかく、さんざん、彼女を気持ち良くさせてあげたので、今度は僕を気持ち良くさせてくれることになった。横寝バックからの挿入を楽しんだ後、僕の大好きな横向き69でそのまま口内射精してみたくなった。
「そのままお口の中に出していい?」
「うん、いいよ」ときた。
いきなり出すと、驚く女性も多いので、口内に出す時は、必ず事前に了解を得ることにしている。それに、出る精液の量も半端ないので、女性にも心構えが必要だからだ。「生まれて初めてクンニでイカせてくれたので、それぐらい何でもないですよ」という気持ちになっているのが、僕にも伝わってきた。

 口を大きく開けて、大きなペニスの先を苦しそうにくわえながらフェラをしてくれる彼女。僕の目の前で口を開いているおまんこは、クンニの時にあふれ出ていたトロトロの愛液も流れ出てしまったのか、乾いてしまっていた。し切り直しとばかり、濡れた唇と舌で舐め回すと、メスっぽい匂いが口いっぱいに広がる。膣口に舌先が入ったり、クリを吸いつかれると、身をよじり、よがり声を上げる彼女。
 
 彼女の匂いと反応に、すぐにフル勃起状態となり、射精感がこみ上げてくる。ここで我慢をする必要はなかった。僕は自分の脳内スイッチが入るように、狂ったように股間を舐め回し、その時を待った。やがて尿道を熱くしながら、粘りけのある塊りが尿道を駆け上っていく感覚があった。溜っていたこともあったけど、最初の噴射の量は、いつもの射精よりも多い気がした。彼女はフェラの動きをとめ、じっとして僕の噴射を口で受止めてくれている。

 三回ほど気持ちのいい噴射が続いた時だった。うなり声と共に、突然、彼女の口が亀頭から離れる感覚があった。しかし一度始まった噴射はもう止められない。四回目、五回目の噴射は彼女の口元や首にかかり、残りは、彼女が亀頭の先を向けたおっぱいに飛び出していくのが分った。突然、空中に放り出されてしまったペニスは、宙ぶらりんではあったが、口を離す時の亀頭への摩擦と、棹の裏側を握られた刺激から、それまでとは違った感触があり、それなりに気持ちのいい射精ではあった。

 射精の余韻に浸った後、体を起こすと、口を半分あけたまま、溜った精液をこぼさないようにしている彼女の姿があった。その口元や首にもこってりと精液がこびりつき、さらに両方のおっぱいにも精液がかかり、そこから垂れた精液がシーツに大きなシミを作っていた。いつも量が多いが、今日は特別に多い気がした。

 ティッシュを取ってあげ、しゃべれるようになった彼女の第一声は、「ごめんなさい、びっくりしちゃって、離しちゃった」だった。僕はてっきり、あまりの精液の量の多さで、口の中が一杯になってしまって、思わず口を離したんだと思っていた。それに横向きだと、口をうまくすぼめないとこぼれ出てしまうし、容量も垂直の時の半分ぐらいに減るからね。そこで「大丈夫だよ、口の中が一杯になってしまった?」と聞き返した。ところが意外な答えが返ってきた。
「実は、私、あまりフェラというか、こういう経験がないんです」
「えっ? フェラはあまりしないの?」
「元彼にも、少しはしたけど、恥ずかしいから自分からはあまりしたことがないんです」
「じゃ、口内射精もあまり経験ないの?」
「今のが初めてなんです………」
「えっ そうだったの? それなら、あまりの量の多さに驚いたでしょう」
「量もすごかったけど、ビュッ ビュッ ビュッって飛び出してきて、喉の奥に当る感覚にびっくりしちゃって、それで思わず口を離してしまって……」
「そうだったんだ。まあ、口を離すまでの噴射量が、だいたい普通の男の精液の量だけどね。今日はその三倍はあったからね」
「なにもかもすごいですね」

 お礼にとばかり、僕はおっぱいを濡らしている精液を舐め取るように、乳輪から乳首を舐め舐めしてあげた。苦い味が口に広がる。こんなことをされたこともないだろう。それにしても、口元やおっぱいを僕の精液で濡らしながら、乳首を舐められてのけぞる女って、本当にエロいね。
 いやはや、生まれて初めての口内射精とは思わなかった。正直、自分が彼女の口内に精液を放った最初の男になれた訳で、素直に嬉しいね。口内射精の初体験としては、強烈な印象となったことだろう。これからも口内射精を経験する機会があるだろうが、このインパクトを超える口内射精はきっとないだろうね。




    posted at 12:00 | 体験談-フェラチオ・口内射精 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: