FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

女がイキっぱなし状態になる必須条件

 女性がイキっぱなし状態になるには、女性の側のイクための 「自己努力」 が0% にならなければ訪れることはない、100% 相手に与えられる快感こそが 「イキっぱなし状態」 のための条件だ、と書いた。そういう状況になるのは、女性の側が 「感じるものか」 と体の力を抜くなり (無理やりのセックスなどで)、拘束された状態でのセックスなどがある。もう一つは、イカされ続けて、体に力が入らなくなった時だ (「イキっぱなし状態になるには」 【イキっぱなし状態】参照)。

 これ以外の女性の側の条件としては、最低限、オナニーでもいいからイクという感覚が分っていることがあげられる。それさえ分っていれば、初体験でも連続オーガズムや、さらにはイキっぱなし状態を体験することは可能だ。
 もちろん、女性の側が性的に十分に興奮していることも必要だ。事前の愛撫やクンニなども含め、すでに一度、オーガズムを迎えておいた方が助走にはなる。慣れてくれば、その日の最初のオーガズムから連続オーガズムを経て、イキっぱなし状態になることも可能だけどね。

 これらは皆、女の側の条件だが、女がイキっぱなし状態になるには、男の側にも条件がある。先ず、スラストで亀頭が快感エリアを的確に刺激していること、そのためには、ペニスに一定の大きさと硬さが不可欠ではあるけどね。大きなペニスが女をイキっぱなし状態にもっていきやすいのは、意識して角度など調整しなくても、ペニス全体がスラストの度に快感エリアを常に刺激しているからだ。

 そして、この状態で、男がマックスのスピードで、休むことなく突きまくることだ。これには相当の体力がいるし、射精を我慢する持続力も求められる。マックスのスピードだと、だいたい5分ぐらいが、男の体力的にも限界だろう。長くやれば長くやるほど、イキっぱなし状態の時間も長くなるが、イキっぱなし状態になった女は、時間の感覚が止まるので、どれぐらい長く続いたかは分らないけどね。
 なので、女をイキっぱなし状態にするには、射精の我慢がきく挿入して間もなくか、射精を覚悟したラストスパートの時ということが多い。うまくすれば、前後2回、イキっぱなし状態にもっていくこともできる。女からしたら、イキっぱなし状態でも男の射精はしっかりと感じ取れるので、やはり最後はイキっぱなし状態でいる女の膣内に豪快に射精してあげたいものだ。

 女をイキっぱなし状態にするには、向いた体位というのがある。男が女の体をがっちりと押さえ込めるほうがなりやすいからだ。実際、数分間のマックススピードで腰を振り続けるには、相手の体を押さえ込む必要があるし、自分も激しく動くために、ピストン運動の起点が必要となる。それに、こうした体位の方が、女にも「無理やりやられている感」が強く感じられ、精神的な興奮を倍増させる。具体的な体位は、正常位なら屈曲位、背後位なら、四つん這いバック、立ちバック、寝バック、側位なら「クロス側位」(女の下側の脚を男の両脚の下に伸ばし、上側の脚を上に上げる)かな。

 女性上位だと、女が直角に跨がっている限り、イキっぱなし状態にするのは難しい。だけど、男が女の上半身を抱きしめて下から突き上げれば可能ではある。しかし、はやり重力に反して5分間もマックスのスピードでつきまくるのはつらいので、正常位やバックにはかなわないかな。
 あとは、ちょっとした拘束感を出すために、両手を軽く縛ったりしても効果的だ。そんな状態でもしっかりと突きまくるには、男の側もそれなりのSっ気がないとできない。まあ、腰を痙攣させながら何度もイキ、絶叫している女を押さえ込みながら、容赦なくペニスを突きまくること自体、かなりのSっ気がないとできないことではあるけどね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | イキっぱなし状態 | CM(0)
最高のオーガズム

 女のオーガズムには、いろいろなレベルがある。その中でも、「最高のオーガズム」 というのがある。これは、自分の意思でイクのではなく、あくまで男にイカされる快感によって生みだされる。

 よく、無理矢理にセックスされた情況で、女がイクものかと我慢している時に、男に有無を言わさずにイカされると、普段とは全く異なる、強烈な快感に襲われるという。しかし、実際にこういうことはそう起きないし、起きても困ることだ。まあ、こうした快感を「安全に」味わうためのプレーとして、「レイプごっこ」 というのがあることはある。
 しかし、そこまでしなくても、普段のセックスで、この原理を応用することにより、最高のオーガズムを味わうことは可能だ。

 どのようにするかというと、男に挿入され、スラストされても、女は、まるで嫌な男に無理矢理されているかのように、絶対に感じるものか、という気持になることだ。気持だけでなく、肉体的にもイカないようにする。どうするかというと、下半身の力を抜いて、完全に脱力し、男の突きを受け流すようにするのだ。女って、イク時って、股間に力を入れるもので、その反対をすればいい。
 こうしたセックスを続けていると、そこは生身の女の体、心では止めていても体は正直で、嫌が上でも快感曲線は上昇していく。

 この場合、スラストする男の側にも、ちょっとしたコツが必要だ。それは決して女をイカせようとは思わないことだ。あくまで、自分の快楽の 「道具」 として、突く。なので、女の快感スポットを探すようなスラストもしないし、奧への突きを混ぜることもしないし、超高速ピストンに切り替えたりもしない。
 ひたすら、一定のリズムで突くのだ。ピッチは普段よりもゆっくりの方がいい。イキそうになると、男って、スラストのピッチが上がるものだ。この変化を女も感じ取り、一緒に上り詰めようとする。なので、イキそになっても、決してピッチを変えず、淡々とスラストする。もしピッチを上げると、それに合せて女もイッてしまうので、イカせないためにも、ピッチは変えない。

 そして黙って、自分のペースで射精する。但し、実際にここで射精してしまうと、そこで終わってしまうので、このプレーをするには、複数の男がいることが理想だ。しかし、一人の男でこれをやることも、不可能ではない。女が最高のオーガズムを得るには、10分もあれば可能だから、男が長い時間、射精を我慢し続けることができればいい。
 どうしてもイキそうになったら、引き抜いて、快感曲線を下げないようにクンニをはさんでもいい。もし射精してしまったら、「抜かず二発」 持ち込むか、それが無理なら、バイブを借りる手もある。

 女の側としては、こういう情況が10分も続くと、イキたいのにイカせてもらえない、というもどかしさで一杯となる。「お願い、もうイカせて」 と、気が狂いそうになるけど、それでもイカせてもらえない。

 そんな 「快感地獄の世界」 がさらに続くと、女の体の中にある種の異変が起る。イキそうでイケない状態で、一定のリズムでペニスを突き続けられると、自分の意思とは関係なく、快感レベルがどんどん、上昇していく。そしてついに体が勝手にオーガズムに達してしまう。そうなったら最後、ペニスのスラストの度に、新しい絶頂の波が送り込まれ、イキっぱなし状態となる。意識は遠のき、視界も朦朧となる。絶叫を通り越して声も出ない。そうなると、白目をむいて、涎を垂らすまでとなる。快感の波がが全身を覆い尽くし、呼吸も困難となり、最後には気を失ってしまう。

 これが、女が味わうことのできる、最高のエクスタシーということだろう。失神するまでの快楽。男には味わえない、奥深い世界だ。しかしこれは何も、レイプまがいのプレーや、複数プレーでなくても、普段の一対一のセックスでも味わうことが可能だ。女の側の意識のコントロール (肉体的には下半身の力を抜く) と、男の側の協力 (一定のリズムのスラストと射精の我慢) で、十分に可能だ。
 
 実際、僕自身の経験の中でも、これに限りなく近い経験は何度かある。気を失い、ぐったりとして動かなくなった女の体って、ちょっと怖いぐらいだけど、その時の男の満足感といったら、普段とは格段のレベルだ。そして何より、意識が戻った時の女の表情や、男に抱きついてくる仕草が何とも言えなかったね。




    posted at 00:00 | イキっぱなし状態 | CM(0)

絶対快感

11.12.2016
絶対快感

 オーガズムの中には、「絶対快感」 ともいうべき、究極の快感世界がある。これは男にも、女にもあるが、どちらかというと、女性の方がオーガズムそのものの快感が高いこと、加えて通常のセックスでは男が主導権を握るため、女性の方がこの 「絶対快感」 を味わう機会は多いと思う。

 では、「絶対快感」 とは、一体、どんな快感か? 一言でいうなら、自分のペースで上り詰めるオーガズムではなく、自分の意思とは全く関係なしに、相手によって容赦なく与えられる快感を指す。

 話を分りやすくするために、オナニーから始めよう。オナニーの場合、イクのも、イクのを我慢するのも、自分でコントロールできる。これは男女とも同じだ。
 男の場合は、イクのは簡単だけど、一度イッテしまうと、もうそれで終りなので、寸止めオナニーというのをよくやる。これは快感レベルを高めるためにするというよりは、イキそうなレベルの快感を長時間、味わいたいがためにする。うまくコントロールすれば、男の場合でも、最後に最高レベルの快感が訪れることもなくはないが、多くの場合、最後は感覚も鈍くなってきて、トローリと溜まりに溜まった精液をはき出して終り、というパターンかな。

 ところが、女性の場合、男と違って、イクのを我慢したほど、快感レベルが上がっていく。オナニーに慣れた女性は、経験的にこのことを知っている。焦らしのテクというのは、女性には効果てきめんだ。そしてそれは自分に対してもできる。なので、女性がオナニーする場合、イキそうになったところで指やバイブの動きを止め、そしてまた上り詰める。これを繰り返し、ついに我慢できなくなったところで、最後に大きなオーガズムを迎える、という人も多い。

 こうしたオナニーで我慢に我慢を重ねていると、ついに上り詰めるのを押さえることができなくなり、オーガズムの波が勝手に全身を包み込む、という情況になる。こうして味わうオーガズムは、相手に与えられる 「絶対快感」 に近いものがある。 
 あるいは、自縛しておいてバイブを固定し、何度イッテも、もう止めてと思っても、バイブの電池が続く限りイカされ続ける、というオナニーも「絶対快感」 に近いものになる。

 こうした快感を、セックスによって、相手の男から与えられるのが、「絶対快感」 だ。オナニーでの 「絶対快感」 も凄い快感だけど、相手によって与えられる 「絶対快感」 は、より強烈なものとなる。普通の穏やかなセックスや、女性が主導権を握ったセックス(女性上位で自分から腰を動かしてイク)とは、まるでレベルの違う快感の波に襲われる。

 ところで、相手から与えられる場合の 「絶対快感」 にも、二つのタイプがあると思う。一つは、有無を言わさず、激しい腰の動きで相手に強引にイカされる快感だ。この場合、連続してオーガズムに達することも多く、これが続くと 「イキっぱなし」 の 「快楽地獄」 になることもある。女性のオナニーでいうと、自縛してバイブでイカされ続けるオーガズムに近い。意識が朦朧としたり失神までいくのは、こういう情況のもとだ。

 もう一つのタイプは、逆に、相手に徹底的に焦らされ、イキそうになると、動きを止められてしまい、イキたいのにイカせてもらえない、という状況の最後にやってくる快感だ。これは女性が焦らしに焦らすオナニーの時に味わう 「絶対快感」 と同じだが、相手に全てを委ねるだけにその効果が絶大だ。
 焦らすというのは、相手を敢てイカせないような腰の振り方をするということだ。従って、男の腰の動かし方が自分本位で、勝手に動いたり、勝手に抜いたり、さらには勝手に射精してしまう、なんていう場合も、結果として女には 「焦らし」 の効果を生む。但し、この場合には複数の男が必要だ。

 さらには、無理矢理のセックスで、女の方が 「感じるもんか、イクもんか」 と、全身の力を脱力して 「抵抗」 している場合にも、最後、心とは裏腹に体が反応してしまい、自らの意思とは無関係にオーガズムの波が押し寄せることがある。これも、異次元の快感レベルとなるようだ。寝ているところを男に襲われ、最後まで寝たふりをしながらイカされるのも、これに近い快感だ。

 この 「絶対快感」 を一度でも味わってしまうと、女のセックスは一変する。しかもこれって、情況による精神的な要素も加わってくるので、快感のレベルはどんどん上昇していく。
 
 まとめるなら、「絶対快感」 とは、自分の意思とは無関係に与えられる快感であり、それには、(1)相手の動きで容赦なく与えられる快感、(2)焦らされたあとに勝手に上り詰めてくる快感、とがある。さらに、(3)イクまいとしながらも体が勝手に反応してイカされるというタイプもある。

 (1)のタイプの絶対快感は、巨根でタフな男に突きまくられた時に味わうことができる。(2)のタイプは、女の快感のコントロールに長けたテクニシャンによって味わうことができる。あるいは、これを組み合わせ、前半に焦らしに焦らした後、後半はイッテもイッテも突きまくる、という手もある。こうなると、「イキっぱなし状態」 となってくる。

 オナニーに馴れた女なら、このどのタイプも自縛とバイブによって味わうことができる。そして、(1)よりは(2)の方が、より深い快感であることを知っている。しかし、自分で自分を拘束し、焦らすよりも、それらを相手にされる方が格段に深い快感となる。

 男たるもの、女のこうした 「絶対快感」 の原理を理解し、いろいろな方法で女に快感を与えてあげたいものだ。初心者は、とりあえず、(1)のタイプを目指すべきだろう。やがて確実に相手にオーガズムを与えられるようになったら、(2)のタイプにトライするのがいい。(2)は、普通の焦らしを取り入れたセックスだから、そう難しくはない。

 (3)のタイプは、そう機会があるわけではないし、リスクもある。それだけに、このタイプは 「究極の絶対快感」 といえるかも知れない。しかしこれを安全に味わうことができる。それは 「レイプごっこ」 や 「寝たふり」 などのプレーを取り入れることだ。これによって異次元の快感を疑似体験することは可能だ。その場合、自分でもイクまいと 「脱力」 することがポイントだ。つまり、「中イキのためのFPメソッド」 の真逆をすればいい。お腹に力を入れて 「中イキ」 ができるようになっている女性は、その裏返しである 「脱力」 によって 「究極の絶対快感」 も味わうこともできる、という訳だ。もっともそのためには、男の方もタフである必要があるけどね。




    posted at 12:00 | イキっぱなし状態 | CM(0)
通常の中イキとイキっぱなし状態の違い(1)

 通常の中イキと、イキっぱなし状態とでは、同じオーガズムでも、達し方や、快感の質に大きな違いがあるようだ。通常の中イキの場合、絶頂トラックに乗った時、イク寸前、オーガズム、そして下り坂というプロセスがある。女性の話をまとめると、以下のようになるかな。

 絶頂トラックに乗ると、恥骨の裏あたりから快感がジワーっと周辺に走り、その感覚が徐々に腹筋の裏側を通って広がっていく。イキたいという気持と、まだまだという気持とがせめぎ合うなか、不安定な状態をなんとかしようと、男の腕をつかんだり、シーツを握り締めたりする。快感は波のように押し寄せては、ほんの僅かだけ引き、また前よりもっと大きな快感の波が来る、というのを繰り返す。

 イク寸前になると、女性には 「来る」 という感覚が分かる。男でいうと、精液が上り詰め、射精1秒前の 「もう止められない」 という瞬間かな。全身に広がった快感が、ついに脳天にまで達する。背中が反り返り、両脚は内側に凝集する。息も出し切っていて、せまりくる快感で息を吸うこともできない。

 一瞬、快感の波が途絶えたかと思うと、それまでの数倍の快感の波が短時間に繰り返しやってくる。この時、お腹に力が入っているので、膣口やお尻の穴も弛緩する。快感の波に応じてなのか、筋肉の疲れからか、お腹の力が抜けると、膣口やお尻の穴もまた引き締まる。しかしこの動きは女性はコントロールできず、勝手に身体が反応するようだ。これが、男が体験する、オーガズムによる膣の痙攣というやつだ。

 イってる最中は、お腹の筋肉というか、下腹部が思いっきり引き締まり、そのまま開放できなくなる。押し寄せた快感に身体中がぴっしりと埋め尽くされた感覚になる。休の真ん中を貫く快感以外は、ほとんど何も感じなくなり、耳も聞こえなくなり、瞳を閉じているので視界も制限される。息も極浅くしかできず、ほとんど何も考えられなくなる。

 下り坂になると、それまでコントロールできなかった下腹部の引き締めが終わり、同時に頭の中の快感も薄まっていく。快感が去っていくと、感じた快感の分だけ、死んでもいいと言えるほどの幸福感で満たされていく。
 頭も麻痺しているので、まともに物が考えらない。休の方は背中と下腹部に太い快感の帯が残り、周期的に快感の波を送ってくるけど、もはや脳天までは届かない。この快感の帯は結構長い間残り、少しでも刺激を与えられると、また一気にイク直前のレベルまで快感の波が戻ってくる。

 一方、イキっぱなし状態というのは、これとは違ったプロセスを経るようだ。連続オーガズムを迎えて、快感の波が長時間、続くと、下腹部の真ん中当りに、こそばゆいような快感が生まれる。この快感は波状でやってくることはなく、ペニスが膣奥を突くたびに、快感がどんどん蓄積されていく感じらしい。
 その快感をしっかり受け止めようと、自然とお腹に力が入っていく。快感の蓄積が飽和状態に達すると、下腹部にギューっと力が入り、すぐにスーっと弛緩する。その瞬間、イキっぱなし状態に突入する。その間は、休が勝手に引きつったり弛緩したりを繰り返す。

 快感に波がない分、イった時の頭が真っ白になる時間も長く、イったまま戻れないような感じさえする。実際、すぐには戻れない事も多く、快感の拷問とも言える時間が続く。この時は、死んでもいいというよりも、本当に死んでしまうのでは感じる。
 もっとも、時間の感覚も止ってしまうので、実際のこの時間がどれだけ続いたのかは、女性には分からない。

 全身にカを入れたままなので、息も出来ず、酸欠状態となり、視界も消え、意識が遠のく事もある。快感が去るのに長い時間がかかり、その分だけ、長く幸福感に包まれる。明らかに通常の中イキとは違う快感であったと分かるが、疲労感も半端ではなく、時には腰が抜けて立てなくなることもある。




    posted at 12:00 | イキっぱなし状態 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: