FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

クンニで分る女性の快感エリア

 クンニの経験を積んでくると、クンニしただけで、その女性が膣にある快感エリアの中でも、特にどこが感じるかが、分かってくるものだ。この情報は、続く挿入とスラストに活かせるのでありがたい。

 具体的に言うと、クリトリスは誰でも性感帯だけど、感度は人によって違う。もの凄く敏感で、直ぐにイッテしまう女性は、概して体全体の感度が高いといっていいかな。クリを責めてもなかなかイカない女性というのは、中イキも難しいかも知れない。

 尿道口に舌先を伸ばした時に、快感を感じる女性なら、おしっこ系のプレーに期待が持てる。中には、尿道口がどこにあるかもよく知らない女性もいて、こういう女性だと、おしっこ系はあまり期待できない。しかし、尿道口への愛撫に敏感に反応する女性は、お漏らしの快感も知っていて、中には実際におしっこを我慢して、お漏らしオナニーをする女性もいる。こういう女性は、尿道口にも意識が行くのだ。

 膣口に舌先を差し込んでみるのも、色々な情報が分る。濡れた舌先なのに、痛がる女性なら、大きなペニスの挿入は難しいかな。反応がほとんどない女性も、あまり期待はできない。反対に、舌先を指し込んだ瞬間、凄いリアクションが返ってくる女性は、膣口の感度が非常に高い証拠だ。中には、膣口へ舌先を差し込んだだけで、イってしまう女性もいる。
 膣口が感じる女性は、挿入した時にも、膣口の高速ピストンがお勧めだ。きっと、これだけでイケるはずだ。膣天井と膣奥に関しては、残念ながら舌先も届かないので、情報を得ることは出来ない。こればかりは、ペニスを入れてみて探るしかないかな。膣口の感度は女性によってまちまちだけど、膣天井だけは、さすがにほとんど全ての女性にとっての快感エリアだ。膣奥となると、個人差があるかな。膣の深さとペニスの長さとの相性もあるし、生理の周期も関係してくるし(生理前後より、排卵日の方が膣全体が柔らかく熱を持つ)、セックスの経験も関係してくるからだ。

 クンニしていて、愛液がたっぷりと出る女性は(もっとも、これはうまいクンニをした場合の話だけど)、セックスでの期待も高い。その愛液を啜り飲まれることに敏感に反応する女性は、体液に対する態度も柔軟かな。精液も飲んでくれたり、おしっこ系のプレーにも抵抗が少ないかも。

 もう一つの情報源が、お尻の穴だ。アナリングスをしてみて、極端にくすぐったがったり、嫌がったりする女性は、アナル系のプレーはまず期待できない。反対に、あまり抵抗感なく、未知なる快感にどっぷりと浸かれる女性は、アナル系のプレーに期待が持てる。実際、生まれて初めてのアナリングスで、いきなりお尻の快感に目覚めてしまい、その日のうちにアナルセックスまで経験してしまった女性もいるぐらいだ。

 このように、実はクンニって、さまざまな情報を、男に与えてくれるものだ。ちょっとした反応だけど、男としては、そのかすかな反応をしっかりとキャッチできるように、常に五感のセンサーを働かせながら、おまんこを舐める必要があるのだ。女性からみたら、ただ気持ちいいだけだろうけど、男はクンニしながらも、こんな情報を集めているのだ。それも全て、挿入後も、如何に女性を気持ちよくさせるかを考えてのことなのだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

クンニ画像に興奮する訳

 近年はネット上で、無修正も含め、さまざまなエロ系の画像が手に入る。単なるヌードの時代は過ぎてしまい、主流はズバリ、セックスしている画像だ。もちろん、セックスしている画像を見ても、それなりに興奮はするけど、なぜか僕はクンニ画像が好きで、コレクションもしている。それは僕が単にクンニ好きなだけかもしれないけど、クンニ画像には、セックスしている画像にはない、エロさがあるのだ。この根源はなんだろうか?

 セックスしている画像を男がみた場合、男は普通、女と男の両方を見るかな。ただ、どちらかというと、挿入されている女の体や表情に目が行く。男優はあくまで黒子であって、男の裸など、あまり興味が無い。唯一の例外は、正常位でもバックでも、男の背中やお尻が丸見えの画像かな。なぜこのアングルがいいかというと、セックスしている男は、ビデオでも撮らない限り、決して自分で見ることの出来ない姿だからだ。

 女に目が行くとは言え、射精の瞬間の画像となると、さすがに男の体や性器にも目が行く。そして「ああ、あの気持ち良さを今、味わっているんだ………」と思って、多少の興奮はする。つまり、セックス画像の場合、男は男優の男が感じている快感も推測できるし、イカされている女の快感にも興味があるのだ。これは、セックスそのものが、男女とも快感を得る、双方向的なものだからだろう。なので、女性が見ても、イカされている女に同調することもあれば、一生懸命に腰を振っている男の姿に興奮もする。

 では、クンニ画像の場合はどうか?この場合は、セックス画像のように決して双方向的ではない。なぜなら、クンニされている女は快感を感じているけど、クンニしている男は、精神的な興奮を別にすれば、唇や舌先が快感を得ているわけではない。なので、クンニ画像の場合、男はクンニしている男の体や顔にはほとんど興味が無い。見ても興奮はしない。やはり男は黒子なのだ。時には、なんか大の男が女の顔に顔なんか埋めてしまって、情けないな、なんて気になることもある。自分も、女からこんな風に見られているのかな、なんてね。反対に、すごくいい女にクンニしている男を見ると、嫉妬はするけどね。

 だから、クンニ画像の場合、男の目はクンニされて、気持ちよさそうな表情の女の顔や、全身にいく。やらせや演技ではなく、本当に気持ちよさそうにしている女の表情や体って、男には刺激的だ。
 なぜかというと、クンニしている男って、視界に入るのは目の前のおまんこだけだ。声とかで女がどれだけ感じているかを推測するしかない。クンニでイっている女の顔を、クンニしている男は絶対に見ることができないのだ。対面の顔面騎乗なら、多少は見えるかも知れないけど、全体像ではない。ましてや、気持ちよさそうにしている女の体全体も、決してみることのできないものだ。

 だからこそ、クンニ画像を見ると、「クンニされている女って、こんな表情をしているんだ」というのが確認できて、面白いのだ。それは、画像を見ているだけで、勃起してしまうほど、興奮するものだ。時には、思わずペニスを擦って射精してしまうことすらある。 それにしても、女って、クンニされている時に、こんなに気持ちよさそうな表情をしているんだ、というのを確認するには、クンニ画像はいい勉強になるのだ。

 女からみたら、クンニ画像って、どうなんだろうね。やはりイカされている女の表情を見るのかな。でも、女からの視点だと、股間に顔を埋めている男の頭や顔を見るのも、実際に自分がクンニされていることを想像して、興奮するんだろうね。ならば、徹底的に女の目線にたった、女の為のクンニ画像というのがあってもいいと思うけどね。




レズの貝合わせがエンドレスな快感であることに学ぶ

 「貝合わせ」というのは、レズの女性が互いの両脚をクロスさせながら、互いの股間を擦りつけるプレーだ。本物のレズの「貝合わせ」を目の前で見たわけではないが、AVで見たことは何度かある。あんなの、AVだけの世界だとばかり思っていてけど、本当のレズの体験談を読んだりすると、本当にこのプレーをやるようだ。
 しかも、その姿勢には実にいろいろなバリエーションがあることも驚きだ。当然、全裸になり、股間も露出させてやるのかと思ったら、パンティを履いたままの着衣でもできるというので、驚きだ。

 貝合わせの基本の姿勢は、二人の女がお尻をつけて座り、上半身を後にそらせて両手でこれを支え、互いの両脚がクロスするように(側位、松葉崩しのように)、おまんこをピタリと合わせるものだ。ここから、座位のように互いに起き上がって抱きしめあうこともある。あるいは、反対に二人とも頭を反対側に寝かせて横たわる姿勢もある。互いに仰向けになってもいいし、横向きに寝てもいい。後者の場合、互いの足先が口元にくるので、指舐めを同時にできるメリットがある。互いの体が起き上がるほど、クリが直接触れあい、水平に横たわるほど、小陰唇どうしがピタリと合わさる。

 両脚をクロスさえすればいいので、貝合わせは正常位でもできなくはない。片方が横たわり、もう片方が直角正常位の姿勢で、寝ている女の片脚を真上に上げさせ、自分の脚をクロスさせて跨がるのだ。この角度だと、小陰唇どうしをピタリと擦り合せることはできないけど、クリどうしが当るので、これはこれで鋭い快感になるだろうね。もっと過激な姿勢は、一人がマングリ返しの姿勢になり、もう一人が立って上から股間を擦りつける、というのもある。

 レズの体験談を読むと、この貝合わせ、未知の快感で、そうとうに気持ちいいらしい。それはそうだろうな。一番敏感な粘膜の部分って、クンニされても気持ちいいが、この場合は、接触するのは舌先や唇どまりだ。しかし、互いのおまんこを擦り合せるとなると、大陰唇から小陰唇、そして膣前庭の粘膜、さらにはクリトリスまでをピタリと合わせることができるからだ。ずれて隙間があくことのない接触。こればかりは、クンニでも無理だ。貝合わせとはよく言ったものだ。因みに、男どうしの性器、つまり勃起したペニスの裏側どうしを擦り合せるプレーを「兜合せ」というらしい。これまたよく言ったものだね。

 貝合わせで、女性があっさりとイってしまうのも、納得がいくというものだ。しかも貝合わせの凄いところは、何度も何度も連続でオーガズムに達してしまう点にある。しかもその理由が面白い。互いの股間を擦り合せていても、必ずしも同時にイケるとは限らない。片方がイっても、もう片方は、もう少しでイキそうという場合、動きを止めることはしない。そしてもう片方がイッてしまっても、今度は最初のイッタ方が、続けられた刺激でまたイキそうになり、また腰を振る。こうして、互いのオーガズムにずれが生じる限り、股間の擦りつけは延々とエンドレスで続くという訳だ。

 なるほど、これはクンニする際にも、知っていていいことだ。舌先だけをを器用に動かしてオーガズムに導くのもいいけど、クンニのライバルは、あくまで貝合わせにある。なので、気持ちとしては、女性の股間と男の口とで、貝合わせをしているかのようなクンニが理想だろう。
 つまり、舌先だけでなく、唇も総動員して、なるべく接触する面積を広げ、おまんこ全体をまんべんなく包み込むようなクンニをすればいい。自分の唇がまるで女の小陰唇になったつもりで、相手の小陰唇に合せていくのだ。その上で、自在に動く舌先が活躍すれば、もしかしたら、貝合わせ以上の快感を与えてあげることが出来るかも知れない。

 クンニだと、どうしても舌先でイカせようとしてしまうけど、唇の役割も忘れてはいけない。舌先でクリを責めるのは、貝合わせの中の、クリどうしの擦りつけに相当する。しかし、貝合わせには、これ以外にも、小陰唇や膣前庭どうしの接触もあるのだ。この複合感覚が、貝合わせのオーガズムの特徴ではないかな。だからそ、クリに特化していないだけに、連続していけるのだと思う。

 もう一つのヒントは、このエンドレスなオーガズムだ。クンニだと、どうしても一度イカせると、男は止めてしまう。クンニ好きな男でも、せいぜい、2~3回がいいところだろう。なぜかというと、男は挿入したくなるからだ。貝合わせに匹敵する快感を与えてあげようとするなら、一度射精してしまうか、それとも初めから挿入を諦めて、ひたすらクンニに徹することかな。

 貝合わせで女性がエンドレスにイケるのは、クリ以外の刺激でもイクことがあるからと書いた。これも参考になる。確かにクリだけで連続してイカされると、さすがにくすぐったくなってくる。なので、一度、クリでイカせたら、次は尿道でイカせるなり、小陰唇でイカせるなり、ローテーションで変えていくことだ。あとは、一度イコうが、多少は無理やりにクンニを続けてしまうことだ。

 もう一つ、貝合わせをしている時に、オーガズムと同時に潮を噴いたり、おしっこを漏らしたりすることもあるらしい。これだって、クンニ中に、潮を吹かせたり、おしっこをお漏らしすることもある。しかも貝合わせでは絶対に出来ないことがある。それは潮なりおしっこを飲んであげることだ。

 クンニ優位説を唱える立場からすると、貝合わせの唯一の欠点は、挿入感ないことだ、と思っていたら、なんと双頭ディルドでこの欠点も簡単に解決してしまということに気が付いた。でも待てよ、双頭ディルドは勝手には動いてくれない。対して、ペニスの挿入は、いろいろな動きが可能だ。なので、貝合わせのようなクンニと、挿入とをセットにすれば、決してレズの貝合わせの快感に遜色ないと思うのだけど、どうだろう。




舐めることの本質

 クンニやフェラ、あるいはそれを同時に行うシックスナインなど、オーラルセックスというのは、舌で相手の性器を舐めるという行為である。なぜ、人は相手の性器を舐めるのか?この舐めるという行為にはどのような意味が隠されているのか?ここでは、舐めるという行為を生理学的に、そして哲学的に探ってみたい(ちょっと大げさかな)。

 舐めるといのは、舌先で撫でたり、ねぶるというのが本来の意味であろうが、食べ物などを舐めるとなると、その味を味わう、という意味になる。おいしそうなケーキを見て、「ちょっと舐めてみたくなる」 というのは、単に舌で舐めるのではなく、味わって見たい、という意味だ。この場合、舐められるのはケーキで、舐める側の人間が優位にたっていることからも分るように、舐めるには、相手よりも優位に立つという意味にもなる。「舐めてかかる」 という表現がこれに当たる。

 舐めるには、さらに 「総なめ」 「舐めるように見る」 の如く、くまなく及ぶという意味や、「辛酸を舐める」 の如く、経験を積むという意味もある。舐めるは嘗めるとも書く。嘗と書くと、秋に収穫された穀物を備える祭に意味にもなる。新嘗祭や大嘗祭がそれにあたる。これには、食物を味わうという意味があるのかな。

 ところで、人は、食べものだけでなく、体を舐めることもする。自分の体を舐めるのは、傷口を舐める時かな。これには唾液で殺菌する意味があり、舐めるとは傷を癒やす意味もある。なので、「互いに傷口を舐め合う」 というような比喩的な表現も生まれる。
 性的に成長すると、人は異性の体や性器をも舐めることをする。これには、おいしい食べ物を舐めるのと同じで、自然と舌先が伸びてしまうのだ。さらには、単に舐めるだけでなく味わうということもする。

 体の中でも一番多く舐めるのは、唇や乳首であろう。キスというのは、相手の唇や舌を舐める行為でもある。乳首を舐めるのは、実は大人になる前、男も女も赤ちゃんの時からやっている行為だ。男の場合、性的に成長すると、しばらく忘れていた行為を再開する。もちろん、今度は相手も違うし、目的も違うけどね。逆に女の場合は、性的に成長すると、男に舐められる立場に変わる。

 さらに性的な経験を積んでいくと、互いの性器を舐めるようになる。初めて間近に見る異性の性器、それをはじめて口にした時のゾクゾクという感覚は、空腹の時に巡り会ったおいしい料理をほおばる時の感動と似ている。涎が出るほどのご馳走。成長期の男女にとっては、異性の性器は涎が出るほど、おいしいものだ。

 性的な意味で相手を舐めるという行為には、自分の欲求を満たすだけでなく、相手への働きかけも生まれる。舐められるというのは、皮膚感覚にとっての快感であり、さらに性器の場合は、絶頂へと導くことすらできる。つまり、オーラルセックスは前戯でもあるし、絶頂までいけるという意味ではセックスに相当する。女性器を舐めるのがクンニであり、男性器を舐めるのがフェラ、そして互いに舐めあるのがシックスナインということになる。

 おいしい食べ物の場合は、最初は一舐めするかもしれないけど、最後はむしゃぶりつくように食べてしまう。しかし、体の場合、これをやるとカニバリズムになってしまうので、舐めたあとは、せいぜい甘噛みするぐらいだ。乳首を甘噛みされると、軽い痛みの中、相手に「食べられてしまう自分」に興奮する女性は多い。

 実際に食べるわけにはいかないけど、なんとか相手の体の一部を体内に取り込み、一体化したい。実際、あかちゃんの授乳は、乳を飲み込む為にやっているのだ。
 大人になってそれをかなえてくれるのが、相手の体液を飲み込むことによる一体化だ。キスは唾液の交換だし、クンニすれば愛液やおりものなどを飲み込むことができる。中には潮やおしっこまでも体内に取り込んでしまう男もいる。その時、男が味わっているのは、体内に取り込むことからくる、ゾクゾクとする興奮だ。これがあるからこそ、苦いおしっこも飲めてしまう。フェラも、射精までもっていけば、相手の精液を飲むことできる。

 シックスナインは、クンニとフェラを同時にやるわけだから、本来はものすごく愛情に満ち、興奮もするし、気持ちいいものだ。さらに互いに絶頂を迎え、精液や愛液、さらには潮やおしっこまでも飲み合えたら最高にゾクゾクする行為だろうね。
 ところで、体の中でも特に多く舐めるのが、唇や性器であること、言い換えると、キスのほか、オーラルセックスの種類がクンニ、フェラ、シックスナインというのには訳がある。それはこれらが粘膜で出来ている故に、舐める方も舐められる方も快感があるからだ。

 しかし人間が快感を感じるのはここだけではない。もっといえば全身が性感帯でもある。「全身舐め」がまさにそれだ。まあ、全身まで舐めなくても、足の指舐めやアナリングスが効果的なのは、経験した人なら分っていることだ。これ以外にも、うなじや首、背中、背中のKスポットなど、快感エリアがたくさんある。これらを舐めないで素通りしていくのはもったいない話かな。省略されがちなのは、前戯にたっぷりの時間をかけないからでもあるけどね。「舐める」 には 「尽くす」 の意味があるように、文字通り、全身を舐め尽くしてあげたいものだ。

 女体盛りとか、わかめ酒、あるいはクリームなどを全身に塗りたくって舐めとるプレーって、食べ物を食べる行為と、体を舐めまわす行為とが一体化するものだ。これも、経験した人にだけ分る、ゾクゾクした行為ではある。もっとも、そのやり方を工夫しないと、綺麗にはできないけどね。

 ここまでの話は、異性間のオーラルセックスを前提として書いているけど、もちろん、同性間でもこれは可能だ。さらにはニューハーフのように、トランス・ジェンダーの人もいる。僕はあまり経験がないけど、これはこれでまた非日常的な世界があるのだと思う。

 これと関連して、オーラルセックスにも、SとMの世界がある。言い換えると、「舐める側」と「舐めさせられる側」の違いだ。概して、舐める側が食べているわけで、優位に立っている。実際、クンニしている男は「おいしい」と思いながら舐めているし、実際にそのように口に出していいながら舐めることがある。あるいは、男がおいしそうに舐めていると、女の方から 「そんなとこ舐めて、おいしいの?」 と聞いてくることもある。よっぽどおいしそうに舐めているんだろうね。

 この立場を逆転させるのが、相手に舐めさせる行為だ。クンニなら強制的な顔面騎乗クンニ、フェラならイラマチオかな。実際、男に顔面騎乗であれ、M字開脚であれ、男に舐めさせている女はよく、「私のおまんこ、おいしい?」 と聞いてくる。これほど男をゾクゾクとさせる言葉もないかな。だって、これって、食べられているおいしいご馳走の方から、私っておいしい?と聞いてくるようなものだからだ。もっとも、これはSな女でなくても、聞いてくるけどね。

 このように、舐めるという行為は、あかちゃんの時期から行っており、実に根源的なものであるということが分る。舐める部位のバリエーションも多いし、そのテクとなると奧が深い。さらには食べ物を使うという遊びもあり得る。さらにどちらが優位に立つか、という役割もあるし、その転換もある。
 舐めるという行為を、挿入前の単なる前戯としてとらえるのは、あまりにもったいない話だ。男女とも、舐めるという行為にもっと注意を払い、バリエーションを増やし、テクを磨いていきたいものだ。そして 「経験を積む」 という意味での 「舐める」 を実践していきたいものだ。




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: