FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

このページ内の記事タイトルリスト

読者の皆様へ

 2013年にサイト再開以来、これまで7年間も毎日、更新を続けてきました。当初は1000回を目標としていました。 「平成の千夜一夜物語」 をめざしていたというのもあります。しかし、今や、2200回をこえる更新となりました。
 さすがに、 「2000一夜物語」 は長すぎるでしょう。自分でも、書いていて、「あれ、これと似たような事、前に書いたかな?」 と思うことも度々ありました。

 いろいろな体験をするごとに、新しいアイデア、新しいテク、新しい発見があり、それらを文章にしてきました。当初からこのサイトは、ある女性読者から 「セックスのデパート」 と言われたほど、いろいろな分野にわたってうんちくを傾けてきました。
 お陰で、より細部にまで思考がまわり、誰も考えたこともないような内容、誰も書いたことのないような文章を書いてくることができました。

 書きためていくに従って、項目も徐々に細分化され、現在では140を超えるまでになってしまいました。反面、初めてこのサイトを訪れた人から見たら、あまりの情報量に、どこから手をつけたらいいんだ、全部読まなければ全貌が見えてこないのか、と思われる事でしょう。
 新たに 「名エッセー集」 と題し、自薦ですが名エッセーを選んだのも、読者の便を考えてのことでした。しかしそれとて、多くの分量になってしまいました。

 この数年、ネット上では画像から動画へのシフトし、文章となると敬遠されるようになっているきらいもあります。サイト訪問者の数も、以前ほどではなくなりつつあります。しかし、文章でしか表せないものというのがあり、僕は文章のそうした力というもの信じています。ですので、分る人にだけ、分ってもらえればそれで十分だ、という思いで書いてきました。

 ですが、さすがにこれだけ長い年月の、毎日の更新は、超売れっ子作家でもこなすことはないでしょう。自分としては、ほぼ言いたいことは言い尽くしたという感もありますし、正直、負担にならかったと言った嘘になるでしょう。
 しかし、まだまだ書いていきたいこともあります。新たな体験をすれば、また新たな発見もあるでしょう。そこで、4月を期に、日々の更新から、不定期の更新に変えたいと思います。当面、週に一回の更新はしていきます。長年続いたサイトを維持するための一つの方法とご理解ください。

 同時に、これまで書いてきたものを整理し直したり、新たにサイト案内をつくるなり、エッセンスをまとめるなりもしていきます。また、ベスト集を出版するということも考えています。
 毎日、サイトはチェックしていますので、コメントなど、お気軽にどうぞ。また、クンニやセックスによるオーガズムの 「実技指導」 に興味がある人は、是非、メアドを残していって下さい(笑)。時間があれば、対応させていただきます。


 2019.04.04
 FPこと ふしだらなペニス




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 読者の皆様へ | CM(0)
ふしだらなペニス

 小学生で初めて精通したとき、股間のペニスはオシッコをするだけの道具ではないことを知った。以来、オシッコに代わって精液を、オナニーのたびにまき散らしてきました。これはペニスを持って生まれてきた男だけの快楽であり、特権であると思いました。

 大人になって初めてのセックスで女性をイカせたとき、ペニスは女性のためにあることを知った。以来、惜しみなくこのペニスを、女性の方々に提供してまいりました。これは大きなペニスを持って生まれた男の、役得であり、使命であると悟りました。

 初めてクンニで女性をイカせたとき、ペニスだけが女性を絶頂に導くものではないことを知った。以来、セックスのたびに、絶頂に震える女性の股間を、舌と唇で味わってきました。そしてこの二つのテクの融合が、女性をより深い絶頂に導くことを知りました。

 以来、クンニを重ねるごとに女性の絶頂によってその楽しみを教えられ、我がペニスもさらに多くの女性の膣に鍛えられ、一段と磨きをかけていただきました。自嘲もこめて、自ら 「ふしだらなペニス」 と呼ぶ所以であります。


 このサイトは、そんな私の愛と冒険の遍歴を綴った、私的なブログです。数多くの体験を通して、勃起や射精といったペニスの本質、男と女のオーガズム、女性を深いオーガズムに導くセックスのテクニックなどを、今日まで極めてまいりました。体験談とあわせ、それらもエッセーやテクニック集として、女性への感謝の気持ちを込めてご披露したいと思います。

 このサイトを通して、一人でも多くの女性読者が、股間を熱くし、そして膣を濡らしながら、男のペニスや、セックスの快楽について、より理解を深めて頂ければと思います。


(version 1 前書き)

FP


    posted at 17:12 | 読者の皆様へ | CM(0)
女性のためのオーガズム教室ーサイト再開にあたって

 かつて、こんな書き出しで、 「ふしだらなペニス」 というサイトを開いていました。数年間の間に相当数のアクセスがあり、セックスでイケないという女性読者の相談にのったり、時には 「実技指導(?)」 をしたりと、それなりに楽しい時間を過ごすことができました(笑)。しかし2年近くにおよぶ連日の更新で、書きたいことをだいたい書いてしまったため、これも幕を閉じさせて頂きました。

 その後は、しばらくおとなしくしておりましたが、やはり股間の 「ふしだらなペニス」 が、再び頭をムクムクともたげてきてしまい(笑)、ここで再度、サイトを立ち上げることにしました。

 そこで、新たにサイトを再開するにあたっては、クンニとセックスでのオーガズムに焦点をあててみました。ブログとはいえ、日記ではありません。これまでの体験から学んだ、女性がオーガズムを得るにはどうしたらいいか、そのためのテクニックやエッセーなどを、惜しみなく紹介していきます。また、エッセーやテクニックのほか、Hなお遊び集や幻想短編集なども掲載していきます。

 かつての読者の方々、新しくご覧になる読者の方々、お気軽にコメントをお寄せ下さい。コメントはどの記事でもかまいません。投稿の際、「管理者だけが閲覧可能」 を選択しておけば、第三者に見られることはありません。管理者の承諾なしにはコメントは公開されない設定となっています。

 今回も、いつまで続くか分かりませんが、ひとつおつきあい下さい。
 

(version 2 前書き)

FP


    posted at 17:12 | 読者の皆様へ | CM(0)
女性のイケないという悩み

 今までの経験を振り返ると、女性のもつ悩みで多かったのが、セックスでイケない、というものでした。具体的にいうと
(1) オナニーでもセックスでも、イクというのがよくわからない。
(2) 指とかクンニではイクことができるが、ペニスを挿入されたセックスではイッたことがない。
 この他にも、
(3) クンニが大好きだけど、望むように舐めてくれない、クンニでイッてみたい。
(4) 潮をふく、というのを体験してみたい。
(5) 連続オーガズムを体験し、失神するほどの深いオーガズムを体験してみたい。
という願望を持っている女性も多いようです。

(1) のイクということ自体が分からない、という女性は意外と多いようです。しかも定期的にセックスをしている女性に多い。もういい、と諦めている女性も中にはいるようですが、セックスの気持ちよさを知っているだけに、何としてもイッてみたい、と願う女性は多いようです。全女性の1/3ぐらいはいるのではないかと思います。

(2) 指やクンニではイケるけど、セックスではイケない、という女性も意外と多いようです。これは言い換えれば、クリトリスではイケるけど、膣でイケない、ということです。膣の方がより深いオーガズムを得られる、と聞いているだけに、一度体験してみたい、というのは当然のことですが、特定のパートナーがいる場合には、セックスでイケないというのは、もっと深刻です。
 これは男女のコミュニケーションにかかわる問題でもあるからです。男としても、いくらがんばってもイカせられないと、楽しさは半減するし、プライドも傷ついてしまいます。女としても、自分の体には何か欠陥があるのではと、一人悩んでしまう。そしてイケないことがプレッシャーになり、セックスそのものが苦痛になってしまうこともあるようです。おまけに、こんな悩みを聞いてくれるところもないし、イケるようにしてくれるところもない。そんな悩みをかかえた人も全女性の1/3ぐらいはいるようです。

 大きなペニスを持って生まれた男として、多少なりとも経験をつんだ男として、イケないという女性に出会うと、人一倍、イカせてあげたい、という気持が強くなり、その度にイケない女性をイカせようと、テクニックを磨いてきました。
 今まで、(1) と (2) のタイプの女性に、イクという快感を味あわせてあげてきました。その一部は体験談で披露していますが、 「女性読者との体験談」 でも披露していきたいと思います。プライベートな体験談を公開しているのは、自慢したいからではなく、テクニックの裏付けをお見せするためです。
 初めてイッた時の女性の喜びようと言ったら、男冥利に尽きるものであります。そして一人でも多くの女性にオーガズムを体験させてあげたい、と願うようになりました。

 また、セックスでイケると言う女性でも、実際に味わっているオーガズムの深さはまちまちです。連続オーガズムで下半身が軽く痙攣し、腰が抜けるほどの快感を味あわせてあげると、「今までのセックスって、何だったんだろう...」 「これまでのセックスがなんだか子供っぽくみえる...」 という感想をもらす女性も結構います。
 (3) (4) (5) のタイプの女性との体験談や、より深いオーガズムを与えるためのテクニックも紹介しているのは、そのためです。セックスはつくづく奥の深いものだと思います。そしてセックスで得られる快感も。すでにイケるという女性でも、あなたのまだ知らない、もっと深い快感が待っているかも知れません。


(version 1 女性読者の方々へ)

FP


    posted at 17:12 | 読者の皆様へ | CM(3)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: