FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

おいしそうに舐められると

 クンニ好きな男は、おまんこを舐めている時、心からおいしいと思いながら舐めているものだ。このことを意識するようになったのは、もう何十年も前のことかな。出会ったばかりの女性の股間に割って入り、シャワーも浴びていないおまんこを舐めていた時のこと。よっぽどおいしそうに舐めていたんだろうね。なかば呆れるように「ねえ、そんなとこ舐めておいしいの?」と聞かれたことがある。その時、「うん、おいしいよ!」と、舐めながら答えたのが、初めておまんこの「おいしさ」を意識した瞬間だった。

 その後も、おいしそうおに舐めているのは変わりないけど、多少の進展があった。それは、僕がM役となり、女性にクンニの奉仕をしている時に、僕の方から言葉責めをお願いするようになった。
「ねえ、『私のおまんこ、おいしい?』って、聞いて」
大抵の女性は、恥ずかしそうに小声で
「私のおまんこ、おいしい?」と聞いてくる。
僕はおまんこにむしゃぶりつきながらも、モグモグと
「うん、おい…しい」と答える。中には、「ほんと?」とか「おかしいよ……」という女性もいるけど、大多数の女性は、言葉には出さないけど、嬉しそうにしている。

 で、この前、いつものようにおいしそうに舐めながら、この言葉責めをお願いした時のこと。恥ずかしそうに
「私のおまんこ、おいしい?」と聞いてくるので
「うん、めっちゃおいしい!」とちょっと大げさに答え、むしゃぶりついた。
「おいしいんだ……」
「○○ちゃんのおまんこだったら、何時間でも舐めていたいな……」
「それやばいよ」
「ねえ、本当においしそうに舐めているの分かる?」
「うん、分るよ」
「分るんだ」
「おいしそうに舐めてくれて、すごく嬉しい………」との答えが返ってきた。

 これには僕も少し、感動してしまった。今まで、この言葉責めって、何回もしてきたけど、女性の口から「おいしそうに舐めてくれて、嬉しい」という言葉を直接聞いたことがなかったからだ。そうか、やっぱり女性は、男がイヤイヤ舐めているのか、本当においしそうに舐めているのかが分るし、おいしそうに舐められると、女として嬉しいものなんだ、というのが再確認できた。

 クンニで女性を気持ちよくさせるには、テクニックも大事だけど、心から嬉しいと思わせるには、おいしそうおに舐めるのが一番、ということだ。今まで、クンニしてきた女性は、言葉にこそださなかったけど、皆、女として嬉しく思ってくれたんだと思うと、これまでにクンニしてきた女性らのことが思い出されるね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

気持ちいい所を探すセンサーとしての亀頭

 通常の大きさのペニスは、男にとって単なる排尿器でしかない。しかし、一度、勃起すると、それはオスの生殖器に変貌する。勃起というのは、ペニスの棹の部分が血流によって充血する現象だけど、この時、亀頭部分も充血して膨らんでくる。そして真性包茎でなければ、勃起によって亀頭を被っていた皮もめくれ、ピンクの粘膜でできた亀頭部分が露出する。この変化が大事なのだ。

 というのも、勃起したとしても、棹の部分はほとんど快感がない。普段から空気に露出している皮膚でしかないからだ。もっとも、ニギニギされたり、握られた上で前後に擦られると、快感エリアである尿道にポンピングの刺激が送られるので、射精に至ることはある。しかし、これはあくまで尿道への間接的な刺激であって、皮膚感覚による気持ち良さではない。

 ところが、勃起して露出した亀頭部分は、粘膜なので、触れられるだけで気持ちいい。もちろん、濡れてなければ軽い痛みを覚えるが、男の我慢汁や唾液、あるいは女の唾液や愛液などで濡れてれていれば、もうそれだけで気持ちよく、射精にまでも至る。
 言い換えると、男のペニスは勃起して初めて、亀頭部分が快感のセンサーとしての機能を発揮するようになるのだ。

 そして触れられるだけで気持ちいい亀頭は、より快感を感じる対象を求めて、さまよう。これって、まるで嗅覚の鋭い動物が匂いで獲物を見つけ出すのと似ている。あるいは、触覚が敏感な動物が触手でもって獲物を捕らえるのと似ている。たとえ目隠しをされていても、亀頭は触れて気持ちいいものを求めるものなのだ。

 女の柔らかな手もいいけど、女の柔らかな唇も触れられて気持ちいいものだ。実際、目隠しをして、フェラのうまい女にねっとりとしたフェラをされたら、下手な挿入よりも何倍も気持ちいい。ましてや、スキンを着けての挿入と比べたら、断然、生フェラの方が気持いい。

 しかし、もっと気持ちいい場所は、おまこだ。こちらは、粘膜の亀頭部分だけでなく、棹全体も膣の粘膜にすっぽりと潜り込むことができるからだ。童貞の男でも、ペニスを勃起させ、亀頭の快感センサーが起動すると、教えられなくても、女の股間にある粘膜の穴に、突っ込みたいと思うものだ。亀頭を先導役として、女の体の中の粘膜の部分を探し出すのだ。まあ、粘膜という同類を求めるといってもいいし、この意味では、亀頭は「粘膜ハンター」かな。

 因みに、粘膜は亀頭だけではない。唇もそうだ。なので、キスって粘膜どうしの接触で、これも互いの粘膜がきもちのいい部分を探し求める結果でもある。顔を見合わせた二人が、どちらからともなく、唇を接近させ、そしてピタリと合わせる。こんなキスって、美しいというより、本来はエロイものだ。

 唇の粘膜は相手の唇だけでなく、相手の性器をも求める。クンニがそうであり、フェラがそうだ。クンニしている男は、おまんこの粘膜の感触を味わっているのだ。同様に、フェラが好きな女も、棹を舐めはするが、舐めておいしいのは亀頭部分だ。シックスナインは、男女がこれを同時に行うものだし、挿入してのキスは、男女の上の口と下の口を同時に重ね合わせる、究極の粘膜同士の合体だ。それが起るのも、粘膜である亀頭や膣口、そして男女の唇が快感センサーとなって、触れて気持ちのいい部位を互いに探し求めているからである。




    posted at 00:00 | 挿入について | CM(0)
看護学生 J(1)   


 とあることで、19歳の看護学生、Jと知り合った。かわいい顔をしているけど、するどい眼孔や男っぽい雰囲気から、Sッ気があるのではないかとピンと来た僕は、徐々にそちらの方に話を持っていった。男を責める面白さを話すと、案の定、興味津々という感じで、乗ってくる。
「これから試してみる?」
「いいよ」
ということで、早々にホテルへ。トントン拍子で話が進んでしまったため、これといったグッズも持っていなかった。
 とりあえず、キスしながら裸にする。小柄だけど、おっぱいの張りもあり、乳首も立っていて分かりやすい。
 聞くとおしっこしが溜っているという。今まで、お風呂で男の人の前で放尿するところは見せたことがあるけど、男の顔にかけたりしたことはないという。おしっこするところを見られただけでも、恥ずかしかったという。
「じゃ、今日はもっと凄いことする?」
「何々?」
「僕が一滴もこぼさず飲んであげる」
「ホント?」
そ言いながらも、なんか嬉しそう。その前に、定番のマラビンタをしてもらうことに。
 彼女の前でパンツを下ろし、全裸になって半立ちのペニスを露出する。
「じゃ、おしっこ飲む前に、マラビンタして」
「何、マラビンタって?」
「おちんちん、ビンタするの」
「えっ、どうやってやんの?」
「こんな感じで」と手を取ってやらせる。
「ひやー」と言いながらも楽しそう。
臨場感を出すために、壁にもたれ、大の字に縛られたかのように、両手を挙げて万歳の格好をする。始めは恐る恐るビンタをしているけど、
「もっと強くやって」というと、本気で「バシン」と音がするぐらいに叩いてくる。半立ちだったペニスがムクムクと大きくなり、叩かれる度に、左右に振り子のように揺れる。
「痛くないの?」
「イタキモ」
10発ぐらい、本気で叩かれただろうか。根っからのSっ気があるようで、頼みもしないのに、金玉をグリグリと揉んでくる。じきに、ペニスが完全勃起状態に。
「どう、面白い?」
「うん、いい」
「どう、おっきくない?」
「うん、おっきい。凄い」
「これだけ大きいと、攻め甲斐があるんじゃない」
「うん、あるね」
というと、これまた頼みもしないのに、カチカチのペニスをなぶるように濃厚なフェラをしてくる。パンパンに張った亀頭にねっとりとまとわりつく舌や唇が気持ちいい。

 続いて、ベッドに横たわる。
「また、マラビンタして」と頼むと、こんどは最初から容赦ない。ときたま、玉に手が当たって、マジで痛い。でもこれがホントのイタキモだ。
「足でもやって」と頼むと、足でペニスを下から蹴り上げてくる。これって、手でやられるよりも、男にとっては屈辱的で、Mっ気をそそられる。
「面白い?」
「面白い」
「これ、やったことある?」
「ないよ」
嬉しそうな彼女の顔を見て
「やっぱ、Sっ気あるんじゃない?」
「そうみたい、なんか出てきちゃった」
「こんなことさせてくれる男、そういないぞ」
「うん、いないね」
 今度は、彼女のパンティーの匂いを嗅ぎたくなった。
「じゃ、パンティー履いたまま、顔の上に跨がってきて、匂い嗅がして」
その前に、タオルで目隠しをしてもらう。
視界が遮られた状態で、彼女の股間が顔に迫ってくる。パンティー越しに、いやらしい女に匂いがプンプンしている。おもいきり深呼吸して、エッチな匂いを思う存分、吸い込む。
「ヘンタイ………」とぽつりと漏らす彼女。これで彼女にも火がついたのか
「ドヘンタイ……」と吐き捨てるように言うと、顔の上に圧力をかけて乗ってくる。
「つぶしちゃうよ」
息ができないけど、それがまたいい。女の匂いに顔中がいっぱいになる。
 彼女の股間が上がってところで、
「パンツ脱いで、裏返して、汚れたところ、匂い嗅がして」
「マジで? ホントに?」
と言いながらも、言われたとおりにしてくれる。匂いだけでなく、舌を伸ばして汚れをなめとろうとすると、
「私のパンツ、濡れちゃうじゃない」とあまり乗り気で無い。
「じゃ、直接、舐めさせて」と頼むと、そのまま股間を押しつけてくる。
洗っていないおまんこを直になめられるなんて、至福の時間だ。彼女も「あっ うっんんっ」と気持ちよさそうなよがり声を上げている。
「お尻の穴も舐めさせて」
「えっ………」と言いながらも、お尻を持ってくる。しかし位置がうまく合わないので
「反対側向いて」と頼む。この方がお尻の穴は舐めやすい。
「あっ、これ、いい」というや、「あっ うっん んっ ん」と気持ちよさそうなよがり声を上げている。これまた気持ちよさそう。
「生まれて初めて舐められたの?」
「初めてだよ」
「気持ちいいの、知らなかったでしょう」
「知らなかった。凄い。びっくり」
ならばと、10分ぐらい、たっぷりとアナル舐めの奉仕をする。続いて、
「足の指も舐めさせて」
「どうやって」
「口にもってきて」
「やったことある?」
「ないよ」
これまた、初めての体験で、気持ち良さそう。
「どう、気持ちいい?」
「うん、いい、やばい」
そこからまた顔面騎乗してもらう。さすがにおまんこはもうヌルヌルになっている。そのままテクをフル動員して、クンニでイカせてあげることに。
「うん ン あっ はっ ン」
「イキそう?」
「ヤバイ、マジ、イキそう」
しばらくして、よがり声が止まった。「イク」とは言わずにイクタイプの子のようだ。
「いま、いっちゃた?」
「うん」

 堪らなくなって、挿入したくなる。聞くと、ペニスでイッタこともないという。スキンをつけて直ぐに挿入したけど、よく考えたら、まだおしっこが残っていた。射精してしまうと、飲めなくなるので、一旦抜いて、おしっこを飲ませてもらうことに。
 起き上がって、ベッドの上におちているパンツを拾って、おまんこが当たる部分をみると、凄い汚れよう。どうりで強烈な匂いがしたわけだ。
「こんなにパンツ汚れてんじゃん、これを舐めさせたな」
「だって」
まあ、それがいいんだけどね。
「よし、おしっこ、飲ませて」
「いいよ」
「大量に出る?」
「男の口に出したことある?」
「ないよ。ちょっと待って、どうやって出したらいいんだろう」
「顔の上に跨がってきて。で、普通におしっこするように出していいよ」
「分かった。出てるか分らない」
尿道口をした先で確認していると
「そうやったら出ない」
ということで、舌先を離して待っていると、チョロチョロと出てきた後、ジャーと出てきた。口の中が一杯になるころになって「あっ、出た出た」と告げてくる。女には、最初の出だしがよくわかなないのかな。
その後、ドンドンと出続ける。その度に喉をゴクゴクと鳴らしながら、飲み込む。
「結構出ると思う、これ」
彼女の言うとおり、凄い量だ。飲んでいるのを知って
「えっ凄い えっ凄い」と驚いている。なおも出続けるおしっこ。20回ぐらいは、ゴクゴクと飲んだだろうか。やがて流れが途絶えた。凄い量のおしっこを飲まされてしまったと、驚きながらも、深呼吸し、乱れた息を整え、お掃除クンニをしようと股間を舐め始めると、彼女が腰を浮かせる。
「へんね、出なくなっちゃた」
このタイミングで深呼吸していると、なんとまたおしっこがジャーとこぼれ出した。
「あっ、出る」
あわててまた唇をつけ、口の中に溜めては、ゴクゴクと飲みほす。
「すごい! 結構、出てない?」
今回も20回ぐらい、ゴクゴク飲んだだろうか、合計で40回、量にしたらコップ二杯分ぐらいはありそうだ。今までの新記録かも。
「やばい、凄い」
彼女の方は、全て飲まれてことで、興奮状態だった。
「熱い、すごいね、興奮した」
「飲まれているの、分かった?」
「うん、ゴクゴクって落とした」
「殆どこぼれていないでしょう」
「うん、こぼれていない」
「僕も興奮した」」
「なんか、初めての感覚」
「正直いうと、今まで飲んだ中で一番、量、多かった」
「ほんと、ごめんね」

僕のペニスはおしっこを飲んだ興奮から、もうカチカチだった。直ぐにスキンをつけて、速効で挿入する。彼女の中も濡れ濡れだった。抱きついてキスをしようとすると、キスを嫌がる。まあ、そうだろうな。
 そのまま激しく腰を振り、一気に射精すると、彼女の股間や太股がガクガクと小刻みに震えている。
「えっ、もしかして、今、イッタ?」
「うん、なんかイッタみたい」
「やった、凄いじゃない、生まれて初めて中イキしたんだ」
「そうみたい」
さすがに、S女として、あれだけのプレーをし、最後はおしっこまで全部、飲ませたわけだから興奮しない訳がない。僕のペニスの大きさやテクもあっただろうけど、なによりも彼女が興奮しきっていたことが、生まれて初めてのセックスでのオーガズム体験に繋がったと思う。彼女としても大満足の体験だったけど、僕にとっても、肉体的にも、精神的にも、大満足の体験だった。
 また、次回も、ハードに責めてもらう約束をして、その日は別れた。




    posted at 00:00 | 体験談-ライトSM | CM(0)
立体的クンニ   

 「立体的クンニ」というのは、僕が命名したクンニのテクニックだ。なぜ、このテクに気がついたかというと、ある日、おまんこのクパッ画像のアップを見ていて、「おまんこって、大陰唇で左右に広げると、こんなに立体的になっているんだ」というのを発見し、これをクンニに応用したらどうかな、と思ったことにに始まる。なお、女性器が立体的になっているのは、考えてみれば、穴なので当然のことではある。

 閉じたり、開脚したぐらいでは、まだおまんこは平面的だけど、大陰唇を左右に広げると、とたんに小陰唇や膣前庭、膣口などに奥行きが生まれ、立体的な造形になるのだ。まるで、二次元から三次元に転換したのかと思うほどの変化だ。というか、こちらが本来の姿で、普段は閉じ気味にして粘膜や膣口を保護しているのだろう。

 これについては、「究極のクンニテクー立体的クンニをする裏技(イメージ編)」【クンニのテクニック(上級編)】を参照のこと。そして、それを実際に試してみたら、効果てきめんだったのだ。これについては、「究極のクンニテクー立体的クンニをする裏技(実践編)」【クンニのテクニック(上級編)】を参照のこと。

 それまで、女性器の各パーツを丁寧に舐め上げるテクを紹介し、自分でも磨いてきたけど、このテクも、大陰唇を指で左右に広げておまんこを立体的にして初めて、生きてくるということが分った。以来、このテクを試し、そのための舌先の動かし方も研究してきた。これについては、「立体的クンニの為の舌先の繊細な使い方(1)」「立体的クンニの為の舌先の繊細な使い方(2)【クンニのテクニック(上級編)】を参照のこと。

 立体的クンニは、俗っぽくいうと、「くぱっクンニ」になるかな。しかし「くぱっ」というのは、女性が自分の指でするものなので、男が自分の指でする場合は、やはり立体的クンニの方がいいかな。もし、女性の側から自分の指で大陰唇を開いて、男に舐めさせる場合なら、「くぱっクンニ」と呼ぶのがいいかな。

 立体的クンニの最大の利点は、普段、空気に触れていない小陰唇の外側や内側、さらに膣前庭まわりや膣口、クリをおおっている三角形のフードなどが露出することにある。これらを露出させた上で、それぞれのパーツを丁寧に、舐め上げていくのだ。
 舐め方としては、溝の部分(大陰唇と小陰唇の間、大陰唇とクリを被っている三角形のフードとの間)は、尖らせた舌先をツーっとなぞるのがいいが、小陰唇の内側の粘膜や膣前庭の粘膜は、自然と内側から舐め上げる形になる。

 全体の舐める順序としては、小陰唇の外側、小陰唇の内側、小陰唇と膣前庭との隙間、尿道口、膣口、膣内というように、外側から内側に移っていくのがいい。女性にとっても、徐々に、女性器の核心へと近づいてくる感覚だろう。それにともなって感度も増していくしね。

 立体的クンニを男のフェラにたとえるなら、通常のクンニが包茎のままの亀頭を皮の外側から舐めるのに対し、立体的クンニは、包皮を後にめくって、亀頭の粘膜やカリの根元のくびれ、そして裏筋などを直接舐めるのに相当する。これほどの違いが、女にもあると思うと、男としてもイメージしやすいだろう。

 以前からクンニしていたとある女性に、初めてこの立体的クンニのテクを使ってみたとこと、彼女もあまりの違いに驚いていた。そこで、ただ両手で太股を広げてのクンニと、大陰唇を左右の指で広げての立体的クンニの両方を試してみたことがある。
 彼女のコメントは、「やっぱり全然違う!」とのこと。
「どっちが気持ちいい?」
「広げた方が断然、気持ちいい!」
このことばで立体的クンニの凄さを確信した。
「いままで、こんなクンニ、されたことない」
「そうなんだ」
「だって、指で広げてから舐めてくる人、いないも」
とのこと。やはり普通は、両膝は広げても、大陰唇を広げてクンニする男はいないよね。

 立体的クンニのメリットは、最後にイカせる時にも絶大の効果がある。最後はクリへの高速レロレロでイカせるのが定番だけど、この時も、指で大陰唇を左右に広げておいて、下側からクリに向って舌先を動かすと、感度がまるで違うのだ。イキやすくなるので、絶頂トラックに乗せやすいし、直ぐにイカせることもできれば、逆に焦らすこともできる。
 立体的クンニ。日本中の、いや世界中の男がこのキーワードを覚えてくれ、実践してくれば、どれだけの女性が、ワンランク上のクンニの快感を味わうことができることか。




    posted at 00:00 | 新語辞典 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: