FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

女のイキ顔が見える正常位が好き

 女性の中には、バックよりも、男の顔が見える正常位が好き、という人が多い。正常位だと、男の顔が見えるので、男の興奮状態や、気持よさそうにしている顔、あるいは射精を必死に我慢している顔などが見えるので、安心するし、興奮もするというこだ(「男の顔が見える正常位が好き」【セックスの体位ー正常位】)。そして、それは男も同じで、女のイキそうになる顔から、イッている間の顔、さらにイッた後の顔まで、しっかりと見ることができる。僕も途中でバックもするけど、最後のフィニッシュは正常位で迎えるのが好きなのはこれがあるからかな、と書いた。

 このことをもう少し、詳しく書いてみたい。というのも、ある時期、色々な体位に凝って、バックや側位、駅弁などいろいろな体位を試していたことがあり、正常位で射精を迎える、ということが少なくなってきていた。女性の方も、「バックの時にイキそうになっっちゃたよ」と言うと、「射精してくれればよかったのに」との答え。女性としては、いつもの正常位ではなく、途中のバックで男が射精してくれると、「そんなに興奮していたのね」と嬉しくも、可愛くも思えるようだ。こんな会話を交わしてからは、バックや側位など、正常位以外の体位で射精することが多くなった。

 ところが、ある時、今度は正常位のバリエーションを極めてみよう、と正常位に凝った時期があった。当然、射精も正常位でする。ひさしぶりにじっくりと正常位を楽しんでみると、やはり正常位もいいもんだな、とつくづく思うようになった。

 特に「抱きしめ正常位」だと、密着感もあるし、抱き心地がいい。それに女の両手を背中に回されたり、両脚を腰に絡められたりしたら、「男冥利に尽きる」というか、男としても堪らなくなるね。だって、これって中出しを求められているようなものだからだ、たとえスキンをつけていてもね。しかも、おっぱいも舐めようと思えばできるし、好きなだけキスもできる。
 さらに、スラストの角度によっては、比較的長持ちするニュートラル・スラストにすることもできるし、射精にもっていきたければ、男の快感エリアであるペニスの裏側を強く擦りつけることもできる。意外とバリエーションもあり、挿入の深さの調整も自由自在だ。

 しかし、正常位の最大の楽しみは、なんと言っても、女の顔をマジマジと見ることができることだ。入れられた瞬間の切なそうな顔、スラストの度に気持ちよさそうな顔になっていく過程、絶頂トラックに乗った瞬間も分る。そしてちょっと苦しそうな顔となる、イキ顔もしっかりと見ることができる。さらには、イッタ後の、何ともいえない、エロくて美しい顔もね。心身ともに満たされた女だけがつくりえる顔。女性のこの時の顔って、まるで観音様のようで、セックスでイッタ直後しか絶対にみることのできない顔だ。

 もっとも、男が女のイキ顔をみているということは、同じように女も男のイキ顔をみていることになる。そしてそれが女にはとてもセクシーに映っている、ということも男には分る。なので、互いのイキ顔を見せ合うのが、正常位ということになるかな。
 こんなことができる体位って、正常位以外にあるだろうか。対面の女性上位や座位、駅弁も顔を見ようと思えば見えなくもないが、やはり正常位にはかなわない。バックや側位となるとまず無理だ。

 男にとって、正常位の魅力は他にもある。Mっ気のある女性はバックが好きだけど、その理由は「犯されている感」が強いからだ。これは男にもいえて、バックで突いている時って、男としても「犯している感」がある。これはこれで興奮するのだけど、なんか一方的で、コミュニケーションのフィードバックが足りないのだ。それはなぜか?

 これは全てのセックスに言えることだけど、真性のレイプを除いたら、セックスというのは女性の同意がないと成立しない。女が心と体(股間)を開いて初めて、男は挿入が可能だし、持続的なスラストができるし、射精まですることができる。それは、「犯されている感」が強いバックでも同じだ。
 ただ、女性の側の「同意」という意味では、バックよりも、正常位の方が強いように思う。なので、男としても、正々堂々と、正常位で抱きしめながらスラストをしている方が、心身共にその女性を「手に入れた」という感覚になるのだ。

 自分を受け入れてくれた女性の、気持ちよさそうな顔、そして恥ずかしくて人には見せられないイキ顔、さらにイッた直後の満ち足りた妖艶な顔………これらをマジマジと見ることができるのは、正常位しかない。
 抱きしめ会いながらの対面性交という正常位が可能になったのは、ヒトが立ち上がったからだけど、その長い過程で、ヒトは性器だけでなく、身体のあらゆるチャンネルを通して快楽をフィードバックし合うという、高度に文化的なコミュニケーションの方法を確立したのかもしれない。
 時にはバックや側位などの体位もいいが、やはり正常位というのは、男と女にとって、究極の体位と言えるかも知れない。




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    posted at 00:00 | セックスの体位 (正常位) | CM(0)
女がイキっぱなし状態になる必須条件

 女性がイキっぱなし状態になるには、女性の側のイクための 「自己努力」 が0% にならなければ訪れることはない、100% 相手に与えられる快感こそが 「イキっぱなし状態」 のための条件だ、と書いた。そういう状況になるのは、女性の側が 「感じるものか」 と体の力を抜くなり (無理やりのセックスなどで)、拘束された状態でのセックスなどがある。もう一つは、イカされ続けて、体に力が入らなくなった時だ (「イキっぱなし状態になるには」 【イキっぱなし状態】参照)。

 これ以外の女性の側の条件としては、最低限、オナニーでもいいからイクという感覚が分っていることがあげられる。それさえ分っていれば、初体験でも連続オーガズムや、さらにはイキっぱなし状態を体験することは可能だ。
 もちろん、女性の側が性的に十分に興奮していることも必要だ。事前の愛撫やクンニなども含め、すでに一度、オーガズムを迎えておいた方が助走にはなる。慣れてくれば、その日の最初のオーガズムから連続オーガズムを経て、イキっぱなし状態になることも可能だけどね。

 これらは皆、女の側の条件だが、女がイキっぱなし状態になるには、男の側にも条件がある。先ず、スラストで亀頭が快感エリアを的確に刺激していること、そのためには、ペニスに一定の大きさと硬さが不可欠ではあるけどね。大きなペニスが女をイキっぱなし状態にもっていきやすいのは、意識して角度など調整しなくても、ペニス全体がスラストの度に快感エリアを常に刺激しているからだ。

 そして、この状態で、男がマックスのスピードで、休むことなく突きまくることだ。これには相当の体力がいるし、射精を我慢する持続力も求められる。マックスのスピードだと、だいたい5分ぐらいが、男の体力的にも限界だろう。長くやれば長くやるほど、イキっぱなし状態の時間も長くなるが、イキっぱなし状態になった女は、時間の感覚が止まるので、どれぐらい長く続いたかは分らないけどね。
 なので、女をイキっぱなし状態にするには、射精の我慢がきく挿入して間もなくか、射精を覚悟したラストスパートの時ということが多い。うまくすれば、前後2回、イキっぱなし状態にもっていくこともできる。女からしたら、イキっぱなし状態でも男の射精はしっかりと感じ取れるので、やはり最後はイキっぱなし状態でいる女の膣内に豪快に射精してあげたいものだ。

 女をイキっぱなし状態にするには、向いた体位というのがある。男が女の体をがっちりと押さえ込めるほうがなりやすいからだ。実際、数分間のマックススピードで腰を振り続けるには、相手の体を押さえ込む必要があるし、自分も激しく動くために、ピストン運動の起点が必要となる。それに、こうした体位の方が、女にも「無理やりやられている感」が強く感じられ、精神的な興奮を倍増させる。具体的な体位は、正常位なら屈曲位、背後位なら、四つん這いバック、立ちバック、寝バック、側位なら「クロス側位」(女の下側の脚を男の両脚の下に伸ばし、上側の脚を上に上げる)かな。

 女性上位だと、女が直角に跨がっている限り、イキっぱなし状態にするのは難しい。だけど、男が女の上半身を抱きしめて下から突き上げれば可能ではある。しかし、はやり重力に反して5分間もマックスのスピードでつきまくるのはつらいので、正常位やバックにはかなわないかな。
 あとは、ちょっとした拘束感を出すために、両手を軽く縛ったりしても効果的だ。そんな状態でもしっかりと突きまくるには、男の側もそれなりのSっ気がないとできない。まあ、腰を痙攣させながら何度もイキ、絶叫している女を押さえ込みながら、容赦なくペニスを突きまくること自体、かなりのSっ気がないとできないことではあるけどね。




    posted at 00:00 | イキっぱなし状態 | CM(1)
男にとっての着衣性交

 男は女と比べ、着衣性交よりも全裸での性交を好む。この場合の全裸とは、相手の女性と自分の両方を意味する。相手が全裸の方がいいのは、綺麗な体を視覚的にも、触覚的にも堪能できるからだ。それに別なエッセーでも書いたように、相手の女性の完全な同意を得ている、という精神的な満足感もある。相手が100%同意しているセックスなら、ななにも焦ってさっさと済ませる必要はなく、自分のペースで好きなようにできる。
 自分も全裸でいたいのは、相手の体との密着感を求めるのと、激しく動く側の男として、全裸の方が動きやすいからだ。それにロングプレーとなると、汗もかくしね。

 ところが、女性、特にMっ気の強い女性の中には、全裸性交よりも着衣性交の方が萌える、という人もいる。こうした女性の性癖に答える為には、男としてもある程度、着衣性交を受け入れなければならない。ここで着衣性交に応じる側の男としての本音を披露したい。

 着衣性交といっても、体位によって印象はかなり違って来る。全裸性交に最も向いているのは、対面での結合であろう。つまり、正常位や座位などに向いている。逆に言うと、対面での性交は、少なくとも男からみて、最も着衣性交に向いていない体位ということになる。腰を振りながらも、女の衣服や下着を脱がしたくなる。せっかくのエロい体の全てを見ることができない。おっぱいも半分だけ。気持ちよさそうにしている顔は見られるものの、密着感も少ない。たとえ自分は全裸になっても、女が着衣のままだと、密着感のなさは改善されない。

 対して、背面からの挿入の場合、かなり情況は変ってくる。立ちバックや四つん這いバックならまだ受け入れられる。というのも、背面からの性交って、そもそも密着感が少ないから、この点での不満はない。それに、女が着衣のままでも、白くてエロいお尻や太股、腰のくびれ、女の頭と振り乱した髪が十分に見える。これだけ見えれば、上着を着ていても十分に視覚的に興奮する。それに四つん這いバックの場合、ペニスを出し入れしている結合部やお尻の穴も丸見えだ。

 唯一、女のイキ顔を見ることはできないけど、ガクガクと小刻みに震える腰とか、力が抜けて崩れ落ちるさまとか、振り乱す髪、シーツを握る手など、女の全身から女が感じている気持ちよさを読み取ることだできる。さらに、ギューっと締め付けてくる膣内の動きの変化など、男には顔が見えないだけに、それ以外の情報にかえって集中できる。

 なので、される側の女がどう感じているかは別として、着衣性交が好きな女には、四つん這いバックが、双方満足できてお勧めの体位といえる。四つん這いバックの唯一の欠点は、射精したあと、寝バックに崩れた時の、密着感がないことかな。しかし、双方に気持ちのいいオーガズムがあれば、十分だけどね。




    posted at 00:00 | 着衣性交 | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: