FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

スラストでイカせるには、適度の異物感も必要

 「究極の挿入方法」【挿入のテクニック】で紹介したように、女が理想とする挿入は、異物感のない、極々自然な合体で、気持ち良さを味わっている打ちに、気が付いたら合体していた、というものだ。これはこれで試してみる価値もあるが、反面、男女ともに物足りなさが残ることもある。体が溶け合いすぎて、心地良さはあるものの、「オスの生殖器をメスの生殖器に差し込んだ」という強烈な感覚はない。実際、自然すぎて、普段の挿入に比べたら、心地良さはあるも、強烈な快感はないぐらいだ。

 こういう挿入って、セカンドバージンの女性とセックスする時とか、本当に愛し合っている二人の初めての合体の時にはいいかも知れないけど、快楽を追求するセックスでは、少し、刺激が足りないと思うこともある。そんな時は、一旦抜き、体位を変えて仕切り直しをすれば、普通の挿入モードに戻す子ができる。

 それにしても、女が理想とする、異物感ゼロの「究極の挿入方法」なのに、物足りなさが残るとは、一体、どういうことだろうか。これが女の体の不思議なところだ。結論からいうと、快楽のためには、多少の異物感も必要だということだ。「グイグイ」っと、容赦なく入り込んでくるオスの生殖器。その感覚に女のMっ気が呼び覚まされる。男としても、いつ入れたのか分らないような挿入よりも、意図的にこのタイミングで「入れるぞ」ともくろんで入れる方が、征服欲も満たされる。

 これって、女性(男性の場合も同じだけど)の快感は、50対50ではなく、与えられる快感の方が強い、ということだ。横たわる男のペニスに女から跨がると女が100となるし、男から挿入すると男が100となる。対して、「究極の挿入方法」って、挿入方法としては、究極の50対50だと思う。しかし、これだと、どちらが主導権を握っているのか、どちらがどちらをイカせようとしているのか、曖昧となってしまう。この曖昧さが、強烈な快感を呼び起こさないのだ。

 時に、女性がやや無理やりの挿入に、Mっ気を刺激されて、普段とは違う深いオーガズムに達してしまう、というのはよく聞く話だ。こんな時の無理やりの挿入って、女性にとっては究極の異物感しかない。しかし、これが女性には被征服感となって、快感が増幅してしまう、なんてことが起る。

 言い換えると、全ての挿入には、100対0から、0対100までの幅があるというこまあ、逆レイプでもない限り、大抵は男が80で女が20位かな。女も興奮して濡れていて、膣が男の性器を求めていれば、20の値がさらに高まっていく。
 しかし、現実には、50対50という比率はなかなか存在しないものだ。逆に言うと、これって、ものすごくレアなことでもある。なので、時間があるなら、「究極の挿入方法」を実践し、50対50の挿入の先に、どんなオーガズムの世界があるのか体験してみるのもいいかもしれない。いわゆるポリネシアン・セックス、つまりスロー・セックスって、この「究極の挿入方法」からはじめないと、本物ではないだろうね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | スラストの技術 (上級編) | CM(0)
おしっこの直飲みという行為

 おしっこプレーにもいろいろなバリエーションがあるけど、中でも飲尿プレーはコアとなるディープなプレーだ。その中でも、男が女の尿道口に唇を密着させて飲む「直飲み」は飲尿プレーの中でもコアとなるものだ。

 直飲みのいいところは、男にとっても直接、尿道口に吸いつくというのを口実にして、おまんこを舐め回すことができる点だ。尿道口から1センチ離した口に注ぎ込まれるのとは、まったく別物だ。直飲みだと、おまんこの匂いや味、興奮による愛液も事前に味わうことができるし、飲み終えた後のお掃除クンニもさせてもらえる。
 これは、飲まれる女にも言えて、お漏らしする快感に、男の柔らかな唇が尿道口まわりに加わるので、男の口におしっこをする、それを飲まれてしまうという精神的な快感の他に、物理的な快感も加わる。

 それと、男にとっての何よりのメリットは、おしっこが空気に全く触れることがないので、おしっこの匂いもあまり感じないことかな。もちろん、空気に触れないだけでなく、時間も経ないので、細菌の繁殖もない。
 それもそのはず、直飲みだと、女の膀胱の中にあった液体が、たった3秒後には男の胃の中に移動するのだ。これって、奇跡的というか、感動的なことでもある。

 それだけに、空腹時にしょっぱくて濃いおしっこを、大量に、しかも一気に飲み込むと、蒸留酒を飲み込んだ時のように、胃が焼ける感覚に近いものがある。これを僕は「おしっこ焼け」と呼んでいる。これを防ぐには、空腹時には飲尿プレーをしないことだ。タイミング的に食事前の時間の場合は、プレーの前に油性の食品を少量、胃の中に入れておくと、いいかな。

 おしっこプレーのコアにある飲尿プレー、そのコアにあるのが直飲みだ。なので、おしっこプレーで一番エロイのは、この直飲みだと思っている。飲む方も、飲まれる方も、そして見る方もね。そして直飲みの中でも、最もエロイのは、やはり大量の濃いおしっこを一滴も零さず飲み干すことかな。それいもおいしそうに、何事もなくね。

 さらにエロイのは、間髪いれず、別な女のおしっこも直飲みすることかな。味も濃さも違うおしっこが、胃の中で混ざり合う。二人のおしっこを連続して飲み込むと、さっきまで別々の膀胱にあったおしっこが自分の体内で一つになるのだ。これって、普通では起こりえない、感動的なことだ。その非日常的な興奮に、男の勃起したペニスから手も触れず精液が噴射してしまう………これが最高にエロいシーンだと思うんだけどね。 
 




    posted at 00:00 | おしっこの快感(飲む男) | CM(0)
バックが犯されている気がするのは、相手が見えないから(2)

 バックで突かれる女が興奮するのは、バックが動物的な体位であるだけでなく、相手が見えないからだ、と書いた。この「相手が見えない」という制限って、実はある程度、回避することが可能だ。
 一つは、体勢としては少し苦しいけど、女性が上半身をねじって振り向き、いて男とキスをすることだ。しかし、これとて男の全体が見えるわけではなく、せいぜい男の顔が見える程度だ。それでも愛情の表現としてのキスをされるという安心感はあるし、粘膜の接触という快感も付加される。

 もう一つの方法は、鏡を使うことだ。四つん這いバックだと、ベッドの前か横に大きな鏡がないと全体を映し出すことは難しい。しかし、立ちバックの場合、大きな鏡があるところまで結合したまま移動すれば、セックスしている全体を映し出すことができる。横に向けば、入れている男のペニスまで見えるし、女の正面を鏡に向ければ、男の姿は女の体に隠れ気味になるけど、髪を乱して気持ちよさそうな顔をしている女の前身が映し出される。

 これは僕もよくやるけど、決まって女は「恥ずかしい………」と言って、鏡を正視しようとはしないものだ。この心理が男にはわかりにくいのだけど、バックで犯されている感覚になっている女の気持ちが分れば、女が恥ずかしがる心理も理解出来るというもの。
 つまり、鏡に映っているのは、ただセックスしている自分ではないのだ。見えない相手に犯されているのに、快感やさらなる期待感もあって拒絶しようとしない自分の姿を見せつけられることに、恥ずかしさを覚えているのだ。

 なので、この女の羞恥心を煽りたかったら、鏡は積極的に使うべきだ。できるものなら、イク瞬間の自分の姿まで、女にみせつけてあげることかな。もっとも、イキそうになると女は顔を下に向けてしまうので、両腕を引っ張るなどして、顔を上げさせる小細工も必要だけどね。

 バックで入れられている女が期待していのは、ズバリ、オーガズムだと書いた。実は、これって、バックでの男の射精にもいえるのだ。
 男にとってのバックって、数ある体位変換の中の一つでしかない。普通は、正常位から入れることが多いので、そこから側位に移ったり、四つん這いバックに移ったりすることが多い。そこから騎乗位になったり、背面から対面に戻って、座位を経て駅弁になったりするけど、最後は正常位で抱き合って射精、というパターンが多いかな。

 なので、男は四つん這いバックで女をイカせることは考えても、自分が射精しようとは考えないものだ。射精しそうになっても、必死で我慢する。腰の動きを止めたり、一旦、抜いたりしてね。女にも、男の意図が分り、バックでは射精するつもりがないんだな、というのが察知できる。

 そんなセックスの流れの中で、バックで思わず男が射精してしまうと、女としては必ずも失望はせず、逆に男がかわいく映るらしい。「そのつもりではなかったのに、私のおまんこ、我慢できずに射精してしまうほど、気持ちいいんだ…………」と悪い気はしないようだ。
 その事を知ってからは、僕はバックになって思わず射精しそうになったら、昔のように動きを止めたり、抜いてまで我慢することはせず、そのまま豪快に射精することにしている。予定よりも早い射精ではあっても、その前に女をイカせていれば問題はない。

 それに、この時の射精って、実に気持ちいいのだ。射精感がこみ上げてくるのを必死に我慢し、なんとか正常位まで持ち込み、正常位で射精しても、バックの時のような興奮や、気持ち良さが薄れてしまう、ということがよくあった。こんなことなら、さっきのバックの時に射精してしまえばよかった、とね。

 予期せぬバックでの射精に女が、失望どころか、逆に興奮するのは、バックで突かれている女の期待感が、オーガズムにあるからだ。それは自分自身のオーガズムだけでなく、男のオーガズムも実は含まれているのだ。見えない相手が自分の中で射精してしまうという興奮って、正常位などでは味わえない感覚だ。

 こうした女の心理が分ってくると、僕は以前のように、正常位での射精に拘らなくなった。時には、最後に四つん這いバックに移り、何度もイカせたあと、寝バックにもつれこんだ状態で、背後からきつく抱きしめながら、豪快に射精することが多くなったかな。




    posted at 00:00 | セックスの体位 (バック) | CM(0)
バックが犯されている気がするのは、相手が見えないから(1)

 背後位(バック)って、立ちバックであれ、四つん這いバックであれ、男から見ても動物的な体位だ。その理由は、動物が行う交尾と同じスタイルだからと自分なりに考えていた。 
 ところがだ、とある女性とセックスをしていて、四つん這いバックになった時だった。
「バック好き?」
「好き」
「バックって、なんか犯されている気分にならない?」
「うん、なる。見えないから」という答えが返ってきた。
そうか、そんな単純な理由だったのか、と思わず思ってしまった。

 男にとっては、正常位であれ、騎乗位であれ、バックであれ、しっかりと女を見ている。なので、体位によって相手が見えなくなるというのは、アイマスクでもしない限り、あり得ない。しかし、女は体位によっては、相手が見えなくなるのだ。基本的に背面からの挿入は、見えなくなる。立ちバック、膝立ちバック、四つん這いバック、寝バック、横寝バック………どれも相手が見えなくなる。座位でも、騎乗位でも、背面になると、見えなくなる。

 つまり、背面性交って、女にとってはアイマスクをしなくても、あるいは部屋を暗くしなくても、相手が見えなくなってしまうということだ。確かに、スキンをつけて挿入していても、バックになった時に取り外して生で入れてしまうという確信犯もいる。女性によっては感触の違いでスキンを取られたというのが分る人もいるかも知れないが、興奮していきまくり、中もヌレヌレだと、分からないものだ。

 もっと言えば、(部屋に他の男が入ってきて)途中で男が交替しても、女には交替するところは見えず、入ってきたペニスの感触の違いから、別な男に入れられている、というのが分るだけだ。見えない分だけ、想像力も働き、さっきとは違うペニスの形状や硬さに意識が集中する。

 いつも相手を見ている男からしたら、この女の感覚は想像しにくい。たとえるなら、四つん這いバックでお尻を尽きだしていて、誰だか分らない女(時には男)に、いきなりお尻の穴に指やペニスバンドを入れられてしまうようなものだ。これって、確かにゾクゾクっとくるものがあるし、怖さと同時に、これから何をされてしまうんだろう、とうい不安の混じった期待感も出てくる。

 バックから入れられた女が、それを拒否せず、されるがままになっているのも、そうした期待感があるのだろう。女が深層で期待しているもの、それはズバリ、オーガズムだ。せっかくバックで入れられたのに、何も起らず、途中で抜かれてしまうことほど、興奮が冷めてしまうことはない。
 なので、バックで入れたら、最低、一回は女をイカせるまで、続けるべきだ。もっと言えば、四つん這いバックで何度もイカせて、最後は腰砕けになって寝バックに移行し、そこでもさらに突きまくって、女がギブアップするまで続けることなか。




    posted at 00:00 | セックスの体位 (バック) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: