FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

飲尿プレーの100人切り

 「千人切り」 という言葉がある。セックスにおいては、文字通り、1000人の相手とセックスをすることだ。しかし現実には、こんな記録はAV男優を長年やらない限り、難しいだろう。だけど、100人切りなら、普通の男でも頑張れば可能かな。
 ところで、おしっこフェチの男の体験談を読んでいたら、なんと飲尿プレーの100人切りを達成した男の体験談が載っていた。いや、100人ものおしっこを飲むなんて、強者だな、とその時は感心したものだった。

 その時の衝撃というか、対抗心というのか、実は自分でも、おしっこプレーをした女性との体験は、メモをするようになった。まあ、それだけ飲尿プレーというのは、印象深いということだろうね。
 だけども残念ながら、まだ100人切りまでは達していない。やはり相手のあることだし、体調もあるかな。自分でも免疫力が高くなっていると自覚できる時でしか、飲尿プレーって、出来るものでもないしね。

 いつか、100人に達したら、また報告してもいいけど、とりあえず、今までの経験からいって、おしっこを飲ませてくれた女性は例外なく、股間を別な体液で濡らすほど興奮し、未知なる快感に震え、そして自分を女として受け入れてくれたことに感謝してくれた。中には自分のおしっこを飲ませる快感に目覚めてしまって、その後、会う度に飲ませてもらった女性もいるぐらいだ。

 それにしても、おしっこフェチになってしまった僕でも、スタートが遅かったせいか、なかなか100人までには達しない。実際に100人に達した男がいるとすれば、相当のマニアだと思うね。でも世の中、広いから、もしかしたら、おしっこの1000人切りを目指している男もいるかもしれないね。あるいは、もう達成してしまっている男がいるかも。いたとしたら、素直に凄いなと思うし、羨ましいと思うな。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | おしっこの快感(飲む男) | CM(0)
キスマーク

 俗にキスマークとういのは、二種類ある。一つは、口紅を塗った唇で触れることによって着く、唇と同型のマーク、もう一つは、皮膚を強く吸引することによってつく、皮膚が赤くなったものである。前者はエロイというよりもかわいいが、後者は見た目に美しいわけでもない。それもそのはずで、これは一種の内出血で、医学的には吸引性皮下出血という。キスマークというのは、実は和製英語で、後者のキスマークを、英語では hickey とか、love biteと言う。

 キスの合間や、愛撫の際に、ちょっと強めに吸いつくと、すぐに出来てしまう。よくつけるのは、首筋だけど、柔らかな皮膚であれば、どこにでもつけることが出来る。肩や胸につけることもできるし、お腹や太股の内側につけることもできる。
 首筋の場合は、服を着ていても、分る人には分るので、他の場所とは意味合いが違って来る。秘密の場所という点では、太股の内側も、もっとシリアスだけどね。

 キスマークは、男が女につけることもあれば、その逆もある。主な理由は、自分の女、あるいは男、という「印」を体に残しておきたい、というものだ。中には軽い悪戯心でやることもあるだろう。好きな人にキスマークをつけられ、家に帰って鏡をみて思い出す、というのならほほえましいかも知れないけど、好きでもない男につけられたり、浮気相手につけられたりすると、トラブルのもととなる。そうでなくても、仕事にさしさわりが出る場合もある。

 もっとも、キスマークは、つけられたことのある人、あるいはつけたことのある人でないと、それがキスマークとは気が付かないかも知れない。夏であれば、蚊に刺された跡のようにも見えなくもないが、数匹の蚊に並んでさされないと、キスマークのようにはならないかな。
 初めてつけられた場合、キスマークをつけられているというのも分らないかも知れない。激しいキスの応酬や愛撫のさなかに、「チュー」っと首筋を吸われただけで、簡単についてしまうからだ。

 なので、男女とも、キスマークをつけられて困惑する人も多い。たとえ好きな人につけられたとしても、家族や職場の人に気が付かれるのも恥ずかしいしね。キスマークはほっておけばもとに戻るけど、素早く消したい場合には、お風呂に入ってキスマークの周辺を温め、マッサージをするか、女性の場合は化粧で隠すことになる。

 僕も若い頃はしたこともあったけど、最近はあまりしないかな。愛情表現の一つだとしても、愛情というよりは独占欲のように思えるし、やり方も一方的で、不意打ちをかけるみたいだからだ。女性に接近した時に、たとえ付き合っていない女性であっても、首筋にキスマークがつけられているのを見るのはあまりいい気はしないかな。その女を自分のものにしたかったら、そんなやり方よりも、もっと別な方法があると思うのだけどね。




    posted at 00:00 | キスのエッセー | CM(0)
読者の皆様へ

 2013年にサイト再開以来、これまで7年間も毎日、更新を続けてきました。当初は1000回を目標としていました。 「平成の千夜一夜物語」 をめざしていたというのもあります。しかし、今や、2200回をこえる更新となりました。
 さすがに、 「2000一夜物語」 は長すぎるでしょう。自分でも、書いていて、「あれ、これと似たような事、前に書いたかな?」 と思うことも度々ありました。

 いろいろな体験をするごとに、新しいアイデア、新しいテク、新しい発見があり、それらを文章にしてきました。当初からこのサイトは、ある女性読者から 「セックスのデパート」 と言われたほど、いろいろな分野にわたってうんちくを傾けてきました。
 お陰で、より細部にまで思考がまわり、誰も考えたこともないような内容、誰も書いたことのないような文章を書いてくることができました。

 書きためていくに従って、項目も徐々に細分化され、現在では140を超えるまでになってしまいました。反面、初めてこのサイトを訪れた人から見たら、あまりの情報量に、どこから手をつけたらいいんだ、全部読まなければ全貌が見えてこないのか、と思われる事でしょう。
 新たに 「名エッセー集」 と題し、自薦ですが名エッセーを選んだのも、読者の便を考えてのことでした。しかしそれとて、多くの分量になってしまいました。

 この数年、ネット上では画像から動画へのシフトし、文章となると敬遠されるようになっているきらいもあります。サイト訪問者の数も、以前ほどではなくなりつつあります。しかし、文章でしか表せないものというのがあり、僕は文章のそうした力というもの信じています。ですので、分る人にだけ、分ってもらえればそれで十分だ、という思いで書いてきました。

 ですが、さすがにこれだけ長い年月の、毎日の更新は、超売れっ子作家でもこなすことはないでしょう。自分としては、ほぼ言いたいことは言い尽くしたという感もありますし、正直、負担にならかったと言った嘘になるでしょう。
 しかし、まだまだ書いていきたいこともあります。新たな体験をすれば、また新たな発見もあるでしょう。そこで、4月を期に、日々の更新から、不定期の更新に変えたいと思います。当面、週に一回の更新はしていきます。長年続いたサイトを維持するための一つの方法とご理解ください。

 同時に、これまで書いてきたものを整理し直したり、新たにサイト案内をつくるなり、エッセンスをまとめるなりもしていきます。また、ベスト集を出版するということも考えています。
 毎日、サイトはチェックしていますので、コメントなど、お気軽にどうぞ。また、クンニやセックスによるオーガズムの 「実技指導」 に興味がある人は、是非、メアドを残していって下さい(笑)。時間があれば、対応させていただきます。


 2019.04.04
 FPこと ふしだらなペニス




    posted at 00:00 | 読者の皆様へ | CM(0)
側位をやる意味

 セックスを覚えたての頃は、セックスするたびにあれこれと新しい体位に挑戦していたものだ。しかし、やがて落ち着いてくると、セックスの基本体位は、正常位、バック、女性上位の三つだと思うようになった。そして、実際、ロングプレーとなっても、この三つのバリエーションが基本だった。ところが、ある時、側位の思いもよらぬ効果に、側位こそが基本の体位に加えられるべきだと思うようになった。

 側位には側位でしか感じることのできない快感が女にはあるのだ。正常位も女性上位 (対面の場合) も、女が寝ているか、男が寝ているかの違いで、基本的に膣とペニスが擦れる角度や位置はそれほど大差ない。ところが、側位となると、まるで違う。女性が横になって寝ているので、スラストすると、亀頭部分の側面が膣内の性感エリアである膣天井を擦るように圧迫していくことができるのだ。

 膣天井を圧迫したければ、四つん這いバックで男が中腰になって腰を持ち上げ気味にして ( 「膣天井直撃四つん這いバック」)、上から下に向って突けば、確かにできる。しかしこの姿勢の欠点は、中腰の男には辛い姿勢で長時間は難しい。また、それゆえにスラストの精度も落ちるし、膣天井の面を優しくなぞるよりも、奧を激しく突いてしまう。正常位でも、ペニスが上向きな場合、腰の角度を調整すれば膣天井をなぞることもできなくはない。

 しかし、どれも側位の効果には遠く及ばない。側位の場合、女性の膣天井は横に向いている。対して、男が正上位の姿勢でペニスを挿入すると、亀頭の上側でも下側でもなく、横側が膣天井に当るのだ。正常位で膣天井を亀頭で押し込んでいくのは難しいし、バックだと繊細な動きができない。それが難しい理由の一つは、ペニスの棹って、上下には簡単に動いてしまうからだ。対して、横方向の動きは、まだコントロールしやすい。

 もっとも、せっかく側位にしても、ニュートラル・スラストで突いては、意味がない。膣天井を亀頭が押し込んでいくように、角度をつけるのだ。もし女性が左肩を下に横たわっている場合、男としては女の体と並行ではなく、やや女のお尻側から、女のお腹側に向ってスラストできるように体の位置をずらすのだ。

 そうすると、亀頭が膣天井を押し込みながら滑って奧に入っていく感覚を、亀頭自身も感じ取ることが出来る。角度としては、10~15度がいいところだ。これ以上に角度をつけると、逆にピンポイントで亀頭が膣天井を押してしまい、面ではなく点だけの快感になってしまうので、余り効果的ではない。こればかりは、女性の反応をみながら、その女性にあった最適な角度を探り出していくのがいい。

 僕の場合、ペニスが大きく硬い、というのもあるけど、側位に持ち込むと、10秒から15秒であっさりとオーガズムに持ち込むことができる。いわば、必殺技だ。正常位で挿入して、反応が今ひとつの場合など、さっと側位に変えて、膣天井を直撃すると、あっさりとイカせることができる。それほどまでに側位って、効果的な体位だと思っている。一度イクと、後はもう、どの体位でもイキまくりとなる。

 素人の投稿ビデオをみていると、側位で突いているのに、なかなか女がイカない。よがり声からして、別段、不感症の女というわけでもない。よくみると、男のお尻に角度がついていない。つまりペニスの挿入がニュートラル・スラストになっていて、角度がついていないのだ。これでは膣天井を亀頭が擦ることもない。見た目だけは側位だけど、これでは側位をやる意味が分っていない。たった10度の角度の差なんだけどね。

 ついでにいうと、なかなか女がイカないビデオを見ていると、男はリズミカルに突いてはいるのだけど、ややピッチが遅く、突き方も甘い。車のエンジンのピストンの動きでいうと、まるでアイドリング状態か、アクセルを踏まずにクリ―ピングで発進しただけの状態だ。これでは女はイケない。まあ、これは何も側位に限らず、あらゆる体位でのスラストに言えることだけどね。女がイッタ直後なら、軽くアイドリング状態で互いの息を整え、次のアクセル全開にそなえるというのも分るけど、これからイカせようとするなら、これでは無理だ。

 突く側でも、「さあ、女を絶頂トラックに乗せるぞ」 という気合いがないとだめだ。その気合によって、ピッチがほんの少し早くなったり、奧深くまで突くなど、突き方にも真剣さが出てくる。気持ちのこもった突きは、女には重量感のあるペニスとして感じられるのだ。実際、激しい突きは、男の射精を引きよせるので、男としても射精のリスク覚悟で突きまくるわけだから、その迫力が女にも伝わるのだ。側位で15秒も突いていながら女がイカないとしたら、突き方に問題があると思った方がいいだろう。




    posted at 00:00 | セックスの体位(側位) | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: