FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

男の性欲の根源にあるもの

 男の性欲の根源は、ずっと射精欲にあると思っていた。性的に成熟すると、男の場合、女を知らなくても、オナニーを経験しなくても、自然な生理現象として勃起はするし、夢精までする。一度、精通を経験すると、あとはひたすら射精の快感を求めて、オナニーなりセックスに励むことになる。その根底にあるのは、間違いなく、射精欲だ。そして射精欲の根底にあるのは、あのキーンとなるような快感を味わいたい、という欲求だ。そのためには、射精するしかないからね。

 しかしながら、オナニーでの射精を繰り返していると、やがて女の体にペニスを入れてみたい、女の体の中で射精したい、という欲求が強くなってくる。そう、挿入欲といってもいいし、セックスしたいという欲求が強くなるのだ。
 しかし、精通を挿入と同時に経験できる男はほとんどおらず、大半は先に射精欲を知り、その後に挿入欲に目覚める。一生、童貞でいると、ひたすらオナニーでの射精の快感を追求することになるけど、セックスを覚えるようになると、射精欲と挿入欲とが一致するようになる。

 ところで、長年、セックスを繰り返していると、男の場合、若い頃のような強烈な射精感というのが薄れてくることも事実だ。あるいは連続して射精すると、辛くなってくる。それでも女を抱きたくなる時がある。となると、男の性欲の根源は、実は射精欲にあるのではなく、挿入欲にあるのかな、と思うようになる。実際、クンニ好きな男は、射精できなくても、ひたすらクンニすることで精神的な快感を得ているものだ。
 「最悪それとも最高の組み合わせ?」で書いたように、挿入して女をイカせることができれば、射精できなくても、男は何らかの満足感がある。喩えて言えば、女が自分はイケなくても、自分の体で男がイッテくれると嬉しい、というのに近いかな。

 しかし、たとえ射精を求めなくても、挿入を果たすには勃起が大前提となる。なので、男には勃起欲というのもある。立たなくなったら、もう男として終り、使い物にならないからだ。だから、挿入できなくても、あるいは射精できなくても、定期的に勃起させて、オスとしての機能を維持したい気持ちになる。

 ところがだ、男には、たとえ勃起せず、挿入ができなくても、女と触れあっていたい、という欲求がある。挿入を前提としないクンニがそうだ。おしっこプレーだけで興奮して満足する男もいる。となると、男の性欲の根源にあるのは、どうやら、勃起欲でも射精欲でも、挿入欲でもなさそうだ。勃起しなくなっても、女を求める男はいる。
 ということは、たとえ射精できなくても、勃起せず挿入できなくても、男の性欲は衰えないというわけだ。それもそのはず、快感というのは、亀頭ではなく、実は脳で感じているものだからだ。脳にその機能が残されている限り、男の性欲は消えることがないのだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | 男の性欲・女の性欲 | CM(0)
イカせようとしないクンニで開発された新たなテク

 クンニが大好きというSちゃん。この日は、最初から徹底的に焦らしてあげようと考えていた。イキそうになったら止めて、またクンニを再開するというのを、何度も何度も繰り返すつもりでいた。最後、耐えきれなくなってイカせてと懇願してくるのか、その後でイカせたら、おもいっきり激しくイクのか、あるいは激しくイカせたら、連続してイカせまくって、別な快楽地獄に導いてしまうのか、あるいは最後までイカせないで終るのか、すべて出たとこ勝負でやってみることに。

 長時間のクンニに備えて、裸でいる二人が寒くならないように部屋の暖房を温めぎみにする。Sちゃんには舐めているところが見えるように、背中に枕を置いて、ベッド脇にM字開脚してもらう。そして僕が床に座り、股間に顔を埋めるというスタイルだ。そしていよいよクンニが始まった。時間的な余裕があるので、最初は股間を大きく開いて、じっくりと観察し、メスっぽい匂いをたっぷりと嗅がせてもらう。

 初めから全くイカせようとしないでクンニをすると、実にクンニに余裕が出てくるというのが分った。イカせる必要がないというか、イカせてはいけないので、ただ自分が好きなように舐めればいい訳だからね。時には、舐めるのを中断したっていい。女の快感曲線が下がってしまおうが、関係ない。

 最初はいつものように、太股の内側からせめ、大陰唇、大陰唇と小陰唇の隙間、小陰唇の内側、というように、順を追っての立体的クンニのフルコースをやってみた。そうして最後にクリに移ると、さすがに早くもイキそうになる。いつもなら、ここからラストスパートをかけて一気にイカせるのだけど、今日はイカせてはいけない。かといって、イキそうになったら、責めていたクリから唇を離すだけでは能がない。

 そこで他の愛撫方法をトライしてみるしかなかった。太股もやや太めで、小陰唇もそれほど大きくなく、おまけにほぼパイパンだったので、股を大きく広げると、おまんこ全体が面状になった。そこで唇の間から舌先を少しだしながら、その面の上を滑るように左右に動いて見た。さらに上下に動き、最後はグルングルンと回転してみた。
 前から「ナメクジ舐め」のテクは開発していたが、今回はそれをやりながら、面状になったおまんこ全体を、まるで「ルンバ」のように、不規則にグルグルと回る感じだ。ルンバと違うのは、床の汚れを吸い取るのではなく、唾液や愛液で床にワックスを塗る感じかな。

 これって、前にも短時間ならやったことがあるけど、今回のように長時間やり続けるのは初めてだった。やっている方も、唇から顔の下側全体が唾液や愛液でヌルヌルになって気持いい。最後は、顔全体をおまんこに擦りつけた。顔面騎乗クンニの時に、女に顔の上でおまんこを回転させ、顔中に愛液を塗ってもらうということをよくするけど、その逆を自分からする感じだ。

 その合間に、膣中に舌先を差し込んだり、尿道口をチロチロとしたり、クリに吸いついたりと、もう好き放題に舐める。さすがにクリを責めると、イキそうになるので、さっと舌先を他に移動させる。膣中に舌先を入れることもいままでよくやってきたけど、今回は、その時間を長くやってみた。股を大きく開いて奧深くに差し込んだり、中で舌先を硬くし手縮めたり広げたり、360度の角度で膣口の粘膜をすくい上げたりとね。さすがにこれを長時間つづけると、女の方も、舌先の刺激を求めて、腰をムズムズとしてくる。

 次に考えたのが、このべったりとおまんこに顔をなすりつけるのとは対極にある舐め方だ。それは興奮して膨れあがったクリめがけて、尖らせた舌先の先っぽだけを使って舐めるやり方だ。触れていいのはクリと舌先だけだ。伸ばした舌先の先で、まるでクリの頭をかすめるように触れるのだ。イメージとしては、大きなペニスをフェラしたくても口の中にはいらないため、舌先で亀頭の先っぽをチロチロっと舐める感じかな。

 普通のクンニでこれをやったら、いやいや汚いおまんこを舐めているように取られかねないが、おもいっきりイヤらしいクンニをした後なので、テクとしてやっているというのが女にも伝わる。予想に反した愛撫方法に、女の意識も自然とクリにいく。そこに間歇的に、ふいに濡れてザラザラした舌先が触れるわけだから、女としてはたまらないだろうね。これも角度を変えて、繰り返した。時に、ふいに唇全体でクリに吸いつき、おもいっきりバキュームをかけたりという変則的なテクも入れる。

 最初のころは、焦らされているのに気がつき、「イカせて欲しい」とか言っていたけど、彼女の方も、経験したことのない長時間のクンニに、すっかりと身を任せて、味わったことのない快感を楽しんでいるようだった。もう30分以上はこうやって舐め続けていただろうか。僕はもう焦らしをやめることにした。焦らしというのは、いつかイカせるものだけど、僕はクンニではイカせないことに切り替えたのだ。

 そこで次なる愛撫として、目の前でヒクヒクとしているお尻の穴に舌先を伸ばしていった。生まれて初めての体験のようで、さすがに一段と高いよがり声を上げる彼女。これもしつこく、あらゆるアナリングスのテクを使って、20分近く、舐め回しただろうか。しまいには、お尻の穴も緩んできて、舌先が深く入るぐらいになった。

 しかし、この場に及んで我慢できなくなってしまったのは、僕の方だった。さっきからペニスは勃起したままヒクヒクとしている。またクンニに切り替えて、ぐったりしている彼女の上にシックスナインの形で覆い被さった。僕の意図を察して、ペニスを握り、口に運ぶ彼女。しかしクリを責めると、フェラも止まってしまう。この姿勢から、横向きのシックスナインになり、さらに互いの性器を舐めあう。

 このままだと、彼女か僕がイキそうになってしまう。そこで起き上がり、そのままうっとりとしている彼女の濡れた膣に、ゆっくりと挿入していった。長いクンニが前戯となったのか、焦らし効果があったのか、挿入されて四つん這いバックになったところで、彼女は腰を激しく痙攣させながら、その日、最初のオーガズムを迎えることになった。クンニでイカせてから挿入、というのが今までのパターンだったけど、敢えてクンニではイカせないというのもあるということが分った。
 そして何よりの収穫は、「ルンバ舐め」の開発と、「舌先によるクリかすめ」のテクを見つけたことかな。




    posted at 00:00 | 体験談-クンニ | CM(0)
抜かれてからイク女

 不思議なイキ方をする女性にであった。20歳のSちゃん。クンニでさんざん焦らした後に、いざ生での挿入となった。ザラザラとしてまとわりつくような中の粘膜が熱く亀頭や棹の部分を包み込む。やはり生は格段に気持ちいい。それは彼女も同じだったようで、ゆっくりと互いの生の性器の感触を味わうように、スローなスタートを切った。

 反面、気持ちはいいんだけど、絶頂トラックには乗りにくかった。そこで側位に変えてみる。正常位とは違って、膣天井に亀頭が当るので、よがり声も大きくなるが、イキそうになかった。というか、久しぶりの生の感触に、こちらがイキそうになってしまったので、一旦抜いて、四つん這いバックにした。

 大きめの白い綺麗なお尻に、大きなペニスが潜り込んでいく。いつみてもいい眺めだ。どうやら、彼女にはバックが一番、気持ちいい所に当るようで、やさしく大きなストロークでスラストしながら、奧をグリグリしたり、入口を高速ピストンしたりしてみる。なかでも、亀頭を下側に擦る、膣天井への刺激が効くみたいなので、これを繰り返していると、一気に最初のオーガズムへ。腰がガクガクと痙攣してペニスがギューっとちぎられそうになる。大きなお尻ごと痙攣を始めたので、抜けないように必死にくらいついていくだけで精一杯だった。

 すると彼女の方から意外な一言が。「抜いて!」 と切なそうに訴えてくる。男としてはイッテいる膣内をペニスで味わっていたいところだし、女性もイッテいる間は抜いて欲しくないものだとばかり思っていた。「痛いのかな?」 と思って、言われるたとおりに 「スポン」 と抜いてあげた。すると、なんと彼女の腰がさらに激しく痙攣し、20秒ちかく、オーガズムに浸っているではないか。

 「???」 一瞬、何が起ったのか、自分でも理解出来なかった。入れている時に確かにイッタと思ったのに、抜いてからもさらにイキ続けるって、どういうこと?しかも、抜いてからの方が痙攣も激しく、時間も長いって、どういうこと?とりあえず「すごい、まだイキ続けているの?」としか言えなかった。痙攣の途中で腰が砕け、寝バック状態になってしまった彼女。

 その後ろ姿に萌えてしまい、また生のペニスを挿入した。抵抗できない彼女。今度は後からきつく抱きしめながら、また激しく腰を振る。これだと深くまでは入らないけど、亀頭が膣天井を直撃しているはずだ。案の定、ものの数分でまた絶頂トラックに。彼女は黙ってイクタイプのようで、腰の痙攣が始まった。今度は上から覆い被さっているので抜けることもない。するとまた彼女から 「抜いて!」 との一言が。言われるままに抜くと、また先ほどと同じように、さらに激しくガクガクと腰を痙攣させながらイキ続ける彼女。しかも先ほどよりも深いオーガズムなのか、まるでまな板の上の生きた蝦みたいに、ピョコンピョコンと跳ね上がっている。

 同じものを2回も見せられて、最初のが例外的ではなかったということが分った。いろいろな女性をイカせてきたけど、こんなイキかたをする女性は初めて見た。さすがに彼女の興奮がこちらにも乗り移り、射精が我慢できなくなる。久しぶりの生の気持ち良さもあったかな。最後は正常位で射精することにした。正常位にしたのは、膣外射精しやすいのと、同じ現象が正常位でも起るのか、確認してみたかったというのもある。

 射精にむけてのラストスパートをかけると、すでに2回もイッテいるせいか、彼女もすぐにイキそうになっているのが分る。しかし、僕の方が我慢できなかった。安全をとって 「スポン」 と抜いて、お腹の上に熱い精液を噴出した。とその時、なんと彼女の腰が激しく痙攣を始め、遅れてオーガズムに達したようだった。痙攣している間、股間に当っている金玉がユラユラと揺すられる感覚だった。

 横たわった後、このことを彼女に聞いてみた。 「抜いてからイク女って、初めてだよ」 と。彼女の答えは、挿入された状態でオーガズムを迎えると、完全にはイケないのだという。なんかイケそうでイケない状態が続いているような感覚なのだという。まあ、潮を噴きそうで噴けない状態に、あるいはおしっこが出そうなのに出ない状態に似ているのかな。だから、抜いてもらうと、すっきりと気持ちよくイケるのだという。
「だけど、膣の中が空っぽでもイケるの?」
「抜かれる時の刺激でイケるの」 とのこと。さらに詳しく聞いてみると、抜かれた直後、登り棒オナの時のように、股間に力を入れると、自力でイケるのだという。男のペニスによる刺激でイク直前まで高めておいて、これに抜かれる刺激と自力を組み合わせることによって、オーガズムに達するという訳だ。そういう事だったのか。やっと謎が解けた。どうりでイッテいる間が長く続く訳だ。

 最後の正常位の時も、膣外射精のために抜いた刺激で、イッテしまったらしい。彼女としては、「抜いて」 と頼まなくてもちょうどいいタイミングで抜いてもらったことになる。
「もし、イキそうになっても抜いてもらえなかったら、どうなるの?」
「ずっとイキそうでイケない状態が続く感じ、だから抜いて欲しくなるの」
「しかし、そういうイキ方だと、なかなかセックスでイケないのでは?」
「私、敏感だからすぐにイケるの。前のカレシも早漏だったけど、いつも膣外射精で抜かれる瞬間にイッテいたの」 とのこと。もしかしたら、彼女のこうした性癖は、早漏の男とセックスを繰り返したがために、自然と身についてしまったのかも知れない。
「なるほど、だけどそれだと一回のセックスで一回しかイケないじゃない」
「一回イケばもう疲れちゃう」
「じゃあ、三回もイッタというのはあまりないの?」
「はじめてかも」

 いや、世の中にはいろいろなイキ方をする女性がいるものだ、という勉強になった。膣内にペニスがなくたって、女性はちゃんと中イキできるのだ。ペニスの動きは、そのための助走に過ぎないのかな。これを体験できたのも、彼女が 「抜いて」 と頼んできたのを、ちゃんと聞いてあげたからかな。




    posted at 00:00 | 女のオーガズム | CM(0)
プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: