FC2ブログ

女性のためのオーガズム教室

presented by ふしだらなペニス

奉仕系Mとしてのおしっこ飲み

 おしっこを飲ませる女にも、MとSがあるように、おしっこを飲む側の男にも、MとSがあると思う。SMクラブなんかは、その役割がはっきりとしていて分かりやすい。客におしっこを飲ませる女はどう見てもSだし (少なくともそれを装っている)、飲む側の男は完璧なMといっていいだろう。おしっこ系のAVも、ほとんど全てこの路線で、いやがる男の顔や口に容赦なくおしっこを浴びせるというのが多い。さらには、ペットボトルやチューブなどを使って、強制飲尿というのもある。

 ところが、僕に言わせると、おしっこを飲む男の全てが完全なM男かというと、そうでもないと思う。少なくとも僕はね。初めてのおしっこ飲みに挑戦した時には、M的な背徳感に対する好奇心がなかったとは言わない。しかし、実際におしっこを飲んであげると、女もそれまで味わったことのない興奮を覚え、自分の全てを受け入れてくれた、と感動もする。この女性の興奮と感動があるからこそ、おしっこを飲んであげることができるのだ。これって、単純なSやMの世界ではなく、「奉仕系M」 の世界だと思う。

 だから、好きでもない女のおしっこは決して飲むことはできない。あくまで好きになって、彼女を喜ばせてあげたい、と思わせる女でなければ、とてもできるものではない。誰のでもいいから飲みたい、というわけでは決してない。
 それに、いくら慣れても、おしっこそのものは、決しておいしいものではない。薄味のならまだいいとしても、濃いやつだと、しょっぱいし、苦いし、アンモニア臭い。コップにとっておいたりして、時間が経ったものだと、とても喉を通るものではない。

 これは、残念ながら好きになった女性のおしっこでも、例外ではない。あくまで、興奮している生身の女性の尿道から直接、口の中にそそがれるからこそ、なんとか飲めるのであって、そうでなければ、なかなか辛いものがある。あと、自分でも興奮していることも、条件かな。なので、一度、射精してしまうと、口に受けることはできるけど、飲み込むとなると、やはり辛いものがあるかな。
 時には、おしっこを飲みながら。「おいしい」 と感じることもあることはある。あまりしょぱくないおしっこで、自分も相手の女性ももの凄く興奮している時など、そう感じることがあるけどね。これって、きっと精神的な要素が強いと思う。

 自分の興奮のためではなく、あくまで女を喜ばせようとして飲んでいることは、相手の女性にもしっかりと伝わる。というのも、無理やりに、まずいものを飲まされているのとは真逆だからだ。どういうことかというと、その女性を愛おしく思うあまり、その女性の体から出るもの全てが愛おしく思えてきて、自分の体内に入れるわけだから、一滴もこぼさず飲みたいと思うし、何よりも、おいしそうにゴクゴクと喉を鳴らしながら飲んでくれるからだ。

 全て飲み終わった後に、おしっこだらけの股間を舐めてあげるのも、ヘアーや大陰唇についたおしっこの滴まで、全て飲み込んであげたいからだ。そんなお掃除クンニをされたら、女としては、感動しない訳がない。ほとんどの女性は、飲んでもらったあとに、心から 「ありがとう」 と言ってくれる。S壌は決してそんなことを言わない。

 ただ、面白いのは、初めておしっこを飲まれた女は、恥ずかしくてたまらず、どちらかというと、Mっ気を刺激される。ところが、慣れてくると、男におしっこを飲ませるという、精神的な快感に目覚めていき、かなりSよりになっていく。逆に、男の場合も、最初は女に恥ずかしさの極致を味あわせてあげよう、興奮させ、喜ばせよてあげよう、という、どちらかというとSよりな立場からスタートしても、徐々に、おしっこまで飲んでしまっている自分に興奮していき、Mよりにシフトしていくことは確かだ。

 それでも、好きでもない女のおしっこはやはり飲めないし、完全な自己満足というか、自分の興奮のためだけに飲むことはない。自分でも背徳的な興奮を味わっていることは間違いないけど、やはり相手の女性に興奮して、気持ち良くなって欲しい、異次元の快感を体験して欲しい、という気持ちが消えることはない。まあ、正直いうと、この両方の比率は、50対50という感じかな。

 おしっこを男に飲まれた女性の体験談なんかを読んでいると、Sな男も少数いるけど、どちらかとうと真性のMな男が多いようで、僕のような奉仕系のMの男は、それほどいないようだ。でも、こうした 「対等」 な関係のプレーというのも、男女ともに、SとMの両方を味わえるわけだから、悪くないと思うけどね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

    posted at 00:00 | おしっこの快感 | CM(0)
「夢のある場所」

 ネットで過去の情報記事を読んでいたら、「女性の正しい尿の拭き取り方」 というのがあった。朝の情報番組 「あさイチ」 (NHK総合 2017年11月13日放送) が、産婦人科医へのインタビューで、女性の正しい尿の拭き取り方などを紹介するという内容だ。とりわけ女性が更年期を迎えると、尿漏れのせいか、下着が匂うという問題に対し、実はおしっこの拭き方に問題がある、という文脈で語られている。

 男がおしっこをしても、亀頭をかるく揺するだけで大方の滴はとれてしまうので、トイレット・ペーパーで拭くということはしない (もっとも、包茎の場合、皮の中におしっこの滴が溜まるので、これが悪臭の原因となることはある。これを防ぐには、トイレット・ペーパーで拭くよりも、包茎から脱皮するしかない)。

 なので、男としては、女性がおしっこをした時に、どうやってトイレット・ペーパーで拭いているのか、って凄く興味がある。というか、そもそもなぜ女性はおしっこをした後に、トイレット・ペーパーで拭く必要があるのかも、実感として分らない。女性がトイレに入ると、決まって 「カランカラン」 と大量のトイレット・ペーパーを引っ張って、大量のトイレット・ペーパーを使うのかが、男には理解できないのだ。

 ついでにいうと、おしっこをしている音をかき消すために、おしっこと同時に水洗を流すのも、理解出来ないね。もちろん、おしっこの後にもまた流すわけで、水の無駄遣いの何物でもない。それを解決するために、擬似音を出す 「音姫」 なる機能がついているのもある。男の場合、おしっこを豪快に出すことに快感があるし、その音を恥ずかしいとは思わない。むしろチョロチョロっとしか出ない方が恥ずかしいぐらいだ。これって、射精の豪快さをイメージさせるのかな。

 恐らく、女の場合、膀胱から尿道までの距離が短いこと、男以上におしっこを溜めること、便坐に座ると水面との距離が近いので大きな音がする、などの理由で、女性の方が音に気を使うのかな。まあ、確かにこれからセックスしようとする女性がトイレに入り、「ジャー」 という豪快な音でおしっこをするのを聞いたら、男としては少し引いてしまうというのはあるけどね。

 さて、本題の 「女性の正しい尿の拭き取り方」 に話を戻そう。結論からいうと、よく言われる 「お尻側から前に拭く」 (この方が衛生的) のが正解ではなく、トイレット・ペーパーを股間にあてたら、5~10秒、じっとしているのがベストということだ。おしっこで濡れたトイレット・ペーパーを擦ると、尿道回りの粘膜を傷つけてしまい、アンモニアが粘膜にはいって炎症を起こし、悪臭がでてしまうという。
 それと、小さな紙ずくが尿道や膣に入り込む可能性もあり、勧められないとのこと。確かに、クンニをしようとして股間を開いた時に、トイレット・ペーパーの紙くずが丸まってヘアーにこびりついていることって、たまにあるからね。

 洋式トイレの座り方にもコツがあり、正しい座り方は、大きく股を開いて、前傾姿勢を取ることだという。両脚を合わせたままおしっこをすると、一部が逆噴射して膣の中に入ってしまい、不潔になるとのこと。

 男としては、なるほどね、という感想だけど、この記事を取り上げたのは、このことを紹介したかった訳ではなく、紹介した医師 (女性) と有働アナウンサーとの間に交わされた以下のコメントだ。
医師 「もうちょっと夢のある場所だったと思うのですけど、年齢とともにどう手入れすればいいのかという場所になっていきます」
有働 「夢のある場所って良い表現ですね。ずっと夢のある場所にしておきたい」

 まあ、最初に 「夢のある場所」 と言ったのは女性の医師の方であるが、それにしみじみと賛同した有働アナウンサーの反応も、聞いていてドキっとするほど意味深だ。
 「夢のある場所」 か。これは若い時は 「夢のある場所」 だったのに、年を取ると、おしっこ臭を気にしなければならなくなる、「やっかいな場所」 という対比で語られたことばだけど、それにしても 「夢のある場所」 とはよく言ったものだ。

 女性にとって、特に若い女性にとっては、あそこって 「夢のある場所」 なんだ。処女の時には、オナニーを覚えて、密かな快感を味わう。そして男のペニスを挿入されることを想像する。童貞の男にとっても、女性のあそこは 「夢のある場所」 だ。だからこそ、まだ見ぬあそこを舐めたいと思うし、ペニスを挿入してみたいと思う。
 そして、実際に生まれて初めて、クンニをされると、女性はあそこが男にとっても 「夢のある場所」 であることが分る。ましてや、ペニスを勃起させて必死に入れてこようとする男を見れば、いかにそこが男にとって 「夢のある場所」 であるかが実感できる。

 男にとっての 「夢のある場所」 は、女にとっても 「夢のある場所」 だ。なぜって、男にクンニされて初めて、指とは違う快感に酔いしれるし、セックスを体験し、オナニーとは次元の違う快感を覚える。そして妊娠、出産となると、そこは未来につづく、「夢のある場所」 となる。
 その場所を、年を取ってしまっても、「夢のある場所」 にしておきたい、という発言は、もっと意味深だ。それって、年を取っても、男が舐めたくなるような場所、ペニスを勃起させて入れてこようとする場所であり続けたい、という願いでもあるからだ。そしていつまでも、女の快感を与えてくれる場所であってほしい、という意味だからね。
 確かに、女の方が 「夢のある場所」 であることを諦めてしまったら、男にとっても 「夢のある場所」 ではなくなってしまうからね。




    posted at 00:00 | セックスのイメージ | CM(0)
中だしクラブ

 セックスも好きだけど、とにかく何人もの男の溢れるほどの精液を、膣の中に生で注ぎ込まれるのが好きでたまらないという女がいる。そんな女の為の秘密クラブに行ったことがある。

 部屋にはいると、全裸で目隠しをされた女が、すでに発情しきった様子で、股間を大きく開き、ソファーに軽く縛り付けられていた。マンコは興奮からか、びっしょりと濡れて、ヒクヒクしている。それを見たとたん、僕のペニスはもうギンギンに。

 ズボンをおろす男らの音と荒い息に、女の腰がくねる。予告も何もない。ただ黙ってひたすらオマンコにペニスを突っ込み、中に射精すればよかった。一人目の男が黙って入れた。瞬間、女の腰が痙攣している。なんと挿入と同時にイッタようだ。男も興奮していたのか、すぐに射精したようだ。女は精液を吸い取るような腰の動きをしている。本当に膣内射精が好きなようだ。名残惜しむように男がまだ固いペニスをスポンと抜いた。愛液でべっとりと濡れているけど、精液はついていない。

 射精の時は、奥深くに入れて、一気に出し、出している間はスラストをしないように言われた。その方が、膣の奥に精液が溜まるし、出し入れで精液が外にこぼれ出るのを防げるからだった。一度出すと、女の両脚を上に掲げて、精液を膣の奥に送り込む。

 すぐに次の男が入れた。女の腰がまた動く。耐えきれなくなって2人目の男もすぐに出した。一人何回でも出していいので、我慢することはない。男は女を喜ばせようなどとは考えず、ひたすら自分の快感を追求し、出したくなったら我慢せずにすぐに出していい。
だから、フィニッシュでピッチを早める必要もなく、ゆっくりと出し入れし、そのままイキたくなったらイッてよかった。女にとっては男がいつイクのか分からない。突然、ペニスがピクピクと動いて、暖かい精液が流し込まれる。それがまた女には、ただの快楽の穴として自分の膣が使われているようで、そのいたぶられている感覚がいいそうだ。

 僕の番になった。さすがに膣の中は愛液や前の男の精液でヌルヌルだった。しかし感じているのか、グイグイと締め付けてきて、今まで味わったことのないような膣内の感覚だった。他の男に見られているということもあるし、なによりも女の興奮が乗り移り、すぐに射精してしまった。ドクドクと大量の精液が流れていくのが分かる。こんな射精感も初めてだ。抜くと、さすがにトロリと照れてきた。すぐに脚を上げてこぼさないようにした。

 先に出した男たちは、人がやっているのを見ているわけだが、その間にまたムクムクと回復してくる。回復した男からまたやってよかった。二回目、三回目となると、個人差があってインターバルがあいてしまう。その間、女はなるべく股間から精液を垂らさないようにして次の男が入れてくれるのを待っている。そして予告なしに誰かのペニスがねじ込まれる。この繰り返しで、2時間近くが経ったろうか。さすがに男たちももう出なくなったみたい。

 男らが帰ると、係の者が女の膣にタンポンをいれ、ナプキンをかぶせてパンティーを履かせる。そして女はフラフラした足取りで服を着て、帰っていった。実は、男たちが入れ替わり立ち替わり入れているところをビデオに撮ってあり、帰り際、女に渡される。

 女は家に帰り、ナプキンに染みこんだ精液の匂いを嗅ぎ、精液で膨らんだタンポンを引き抜いて、まだ垂れてくる精液でビショビショのマンコに指を入れながら、男たちに無差別に入れられている自分の姿を見ながら、またオナニーするのだという。




    posted at 00:00 | 女性向けのフーゾク | CM(0)
フェラの止め時 クンニの止め時(2)

 なお、アナリングスの場合は、クンニのように簡単にイクこともないし、クンニとはまた違った気持ちよさがあるので、生まれて初めてのアナリングスで恥ずかしがる場合を除いては、女から制止することはまずない。

 これが、アナリングスをしている男にとっての問題となる。アナリングスって、クンニほど舐め方のバリエーションもなく、唇と舌のコンビネーションというよりは、舌先だけを尖らせて酷使するので、クンニ以上に疲れるのだ。しかも長時間続けても、女がイクことはないので、止め時に困ってしまう。

 今まで、最大で30分ぐらい、アナリングスを続けたことがあったが、その時は女もうっとりして、最後はウトウトしてきたので、やっと「そろそろ止めてもいいかな」と舌を離したものだった。まあ、アナリングスの場合は、そこから指入れなど、お尻の穴の開発に移行してもいいけどね。それか、バックからおまんこに挿入してしまうことかな。

 それ故、アナリングスの快感を知っている女は、途中で男が止めてしまうことに、物足りなさが残るものだ。できるものなら、ずっとこのまま舐め続けてもらいたい、とね。時には、男の側も覚悟を決めて、女から「もういい」と制止されるまで、何時間でもアナリングスをしてあげたいものだね。

 最後にシックスナインだけど、今まで書いてきたように、男と女には同じオーガズムでも連続性に大きな違いがある。こうした違いがある男女がお互いの性器を舐め合うので、止め時はもっと複雑になってくる。

 男としては射精は避けたいけど、おまんこは気が済むまで舐め続けていたい、というのが本音だろう。しかし、女にはこの男の本音がわからないので、なんとかイカせようと必死にフェラをするけど、おまんこを舐められると気持ちよくてフェラに集中できなくなる。結果として、女はどうしていいかが分らず、長時間のシックスナインを好まない、という傾向がある。

 この矛盾を解決するには、横向きのシックスナインになって、女には必ずしも射精させなくていい、ということを言い聞かせ、あとは男が好きなだけ舐めればいい。横向きのシックスナインのいいところは、男女とも、長時間、続けても疲れないことだ。おまけに、おまんこのほか、顔を出せば、お尻の穴まで舌先が届く。いわば、アナリングス・シックスナインに切り替えることもできる。

 この場合は、挿入を考えず、女を何回もイカせ、男も射精してしまっても、なおもシックスナインを続ける、というのがエロイかな。さらには、互いのおしっこも飲みあい、最後は疲れて、互いの性器に吸いつきながらそのまま眠りにつく、なんてのもいいかな。




プロフィール

Author:ふしだらなペニス(FP)のプロフィールは「読者の皆様へ」をお読みください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ

QRコード

QR

現在の閲覧者数: